長野のDF広瀬健太が左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断

2021.10.18 16:52 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
AC長野パルセイロは18日、DF広瀬健太の負傷を発表した。

クラブの発表によると、広瀬は9日に行われた明治安田生命J3リーグ第22節のY.S.C.C.横浜で負傷したとのことだ。

広瀬は検査の結果、左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたとのことだ。

広瀬は2020年から長野でプレー。今シーズンはJ3で19試合に出場し1得点を記録していた。


関連ニュース
thumb

J3得点王はキャリアハイの13得点を決めた岐阜MF川西翔太、宮崎の躍進支えた2人も上位に

明治安田生命J3リーグの全日程が5日に終了。FC岐阜のMF川西翔太が得点王に輝いた。 岐阜の背番号10を背負う川西は、今シーズンのJ3リーグで26試合に出場。2試合のみ欠場したが、自身のキャリアハイだった昨シーズンの10得点を上回り、13得点を記録。見事にJ3の得点ランキングで1位に立った。 チームは上位を争う時期もあったが、早々に昇格争いからは脱落。6位でフィニッシュしていた。 2位には今季からJ3に昇格したテゲバジャーロ宮崎のFW 藤岡浩介がランクイン。自身初のJリーグの舞台だった、全28試合に出場し10得点を記録。チームの3位躍進に大きく貢献していた。 3位には9得点で6人が並ぶ状況に。最終節でゴールを記録したガイナーレ鳥取のFW田口裕也や鹿児島ユナイテッドFCのFW米澤令衣も9得点として並ぶことに。その他、カターレ富山のFW大野耀平、テゲバジャーロ宮崎のFW梅田魁人、AC長野パルセイロのMF三田尚希、福島ユナイテッドFCのFW樋口寛規が並んだ。 ◆J3得点ランキング 【13】 川西翔太(FC岐阜) 【10】 藤岡浩介(テゲバジャーロ宮崎) 【9】 大野耀平(カターレ富山) 田口裕也(ガイナーレ鳥取) 米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 梅田魁人(テゲバジャーロ宮崎) 三田尚希(AC長野パルセイロ) 樋口寛規(福島ユナイテッドFC) 【8】 イスマイラ(福島ユナイテッドFC) 高橋利樹(ロアッソ熊本) 2021.12.05 17:28 Sun
twitterfacebook
thumb

長野FW金園英学が現役引退…磐田でのプロ1年目で12得点「思い描いていたキャリアとは程遠い形になりました」

AC長野パルセイロは2日、FW金園英学(33)の現役引退を発表した。 大阪府出身の金園は、立正大淞南高校、関西大学を経て、2011年にジュビロ磐田へと入団した。 磐田ではルーキーイヤーから活躍。J1で28試合に出場し12得点を記録し、新人歴代3位(当時)のゴール数を記録。その実績もあり、2年目の2012年には日本代表にも選出された。 しかし、合宿中に骨折すると、復帰直前にも同箇所を骨折するなど、2年目はJ1で5試合の出場に終わった。3年目は30試合に出場し6得点を記録したが、4年目には出場機会が減少。2015年にベガルタ仙台へと完全移籍する。 その後は、2017年に北海道コンサドーレ札幌へと完全移籍すると、2018年にヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍。2019年からは完全移籍に切り替わり、今シーズンから長野でプレーしていた。 J1通算114試合26得点、J2通算64試合14得点、リーグカップ通算22試合7得点を記録。長野では、ここまでJ3で7試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 金園はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2021シーズンを最後に現役を引退することにしました」 「Jリーグ創世期のアルシンドのプレーに感銘を受け、小学校1年生で本格的にフットボールを始めてから30年弱、言葉に言い表す事のできないくらい幸せな時間でした。森ノ宮S.C、明倫クラブ、立正大学淞南高校サッカー部、関西大学体育会サッカー部、ジュビロ磐田、ベガルタ仙台、北海道コンサドーレ札幌、ヴァンフォーレ甲府、AC長野パルセイロで共に闘って下さった皆様、本当にありがとうございました」 「そして改めて、僕の可能性を信じ続けてくれた両親、最愛の妻、笑顔のプリティな子供達に感謝します」 「現役生活を振り返ると、怪我が多く、思い描いていたキャリアとは程遠い形になりましたが、それでも、前田遼一さんという男の中の男をはじめ、偉大な先輩方の背中を間近で見られたことで、人として大きく成長することが出来たと自負しています」 「今後は、この何事にも代えがたい素晴らしい経験を生かし、次のステージでも鍛錬を惜しまず『灰頭土面(かいとうどめん)』、全身全霊で頑張ります」 「最後になりますが、まだシーズンは終わっていません。週末に大事な試合が残っています。少しでもチームの力になれるよう全力で闘います。応援よろしくお願いします」 2021.12.02 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

J3長野が今季加入のFW榊翔太との契約満了を発表「目標を達成出来ずに申し訳なく思います」

AC長野パルセイロは1日、FW榊翔太(28)との契約満了を発表した。 榊は北海道出身で、コンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)の下部組織出身。U-18から2012年にトップチームへと昇格した。 プロ1年目から出番をもらうと、J1で12試合に出場し2得点、リーグカップでは5試合で3得点を記録した。 しかし2年目以降はゴールを奪えず。2015年夏には本田圭佑が当時実質的オーナーを務めていたオーストリアのSVホルンへと完全移籍。コンスタントに出場機会を得るも、途中出場がメインで出場時間は短く、2017年夏に栃木SCへと完全移籍。今シーズンから長野でプレーしていた。 今シーズンは明治安田生命J3リーグで17試合に出場し2得点に終わっていた。 榊はクラブを通じてコメントしている。 「AC長野パルセイロに関わる全ての皆様、今シーズンたくさんのご支援・ご声援をいただきありがとうございました。契約満了に伴いチームを離れることになりました。J2昇格という目標を達成出来ずに申し訳なく思います」 「短い間でしたが、長野パルセイロでプレーをさせていただいた事にとても感謝しています」 「コロナ禍でファン・サポーターの皆様と直接交流する事は出来ませんでしたが、どんな時も温かく応援してくれる皆様のおかげで、充実した時間を過ごす事が出来ました。本当にありがとうございました!」 2021.12.01 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「これからはまた違う道を歩む」 元京都の長野DF内田恭兵が29歳で現役引退…本人意向で引退セレモニー行わず

AC長野パルセイロは30日、DF内田恭兵(29)の現役引退を発表した。 静岡県生まれの内田はジュビロ磐田下部組織出身で、関西大学に進学。2015年に京都サンガF.C.でプロキャリアをスタートさせ、2018年から長野に活躍の場を移した。 だが、ケガに泣かされ、加入初年度は出場なし。2年目の2019年は明治安田生命J3リーグ28試合(2得点)に出場したが、4年目の今季も1試合のプレーにとどまっている。 京都時代の3シーズンを含め、計7年間のプロ生活に終止符を打つ内田はクラブを通じて、別れの挨拶をした。 「今シーズンをもちまして、現役を引退することを決断いたしました。この先プロとして納得のいくプレーを続けていくことは困難であると自分自身感じ、この決断にいたりました。長野パルセイロの一員となってからは怪我に苦しみ、なかなか満足にプレーができず多くの方々に迷惑をお掛けしてしまい、申し訳なさと、悔しさで気持ちがいっぱいです」 「サッカー選手としては苦しい事の方が多くありましたが、長野に来たからこそ出会えた方々がたくさんいて、その方々との思い出は自分にとって何物にも代え難い大事な宝物です。サッカーを通してたくさんの事を経験でき、たくさんの人に出会うことができ、サッカーを続けてきて本当によかったと感じています」 「これからはまた違う道を歩むことになりますが、サッカーで学んだ事を活かし自分なりに頑張っていきたいと思います。最後になりますが、サッカーを始めてから23年間、自分を支えてくださいました全ての皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました」 なお、長野は5日にホームで行われる最終節でFC今治と対戦するが、内田本人の意向により、引退セレモニーを実施しないという。 2021.11.30 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

J3の長野が3選手との契約満了を発表

AC長野パルセイロは24日、DF大桃海斗(24)、GK寺沢優太(28)、MF上米良柊人(25)が契約満了により退団することを発表した。 大桃は帝京長岡高校から早稲田大学を経て、2020年に長野に入団。2シーズンで明治安田生命J3リーグで5試合の出場に終わっていた。 寺沢は都市大塩尻高校から関東学院大学を経て、2016年にドイツ6部のヒラル・ベルクハイムへと入団。5部リーグ昇格などを経験すると、2019年に奈良クラブへと完全移籍。2020年には沖縄SVへと移籍すると、2021年から長野に所属した。なお、Jリーグでの出場機会はなかった。 上米良は湘南工科大学附属高校から新潟医療福祉大学を経て2019年にSC相模原へと入団。2020年に長野へと加入した。 長野ではJ3通算19試合に出場し3得点。今シーズンは11試合で2得点を記録していた。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF大桃海斗 「この場を借りて皆様に報告させて頂きます。J2に昇格する為に、少しでもチームの勝利に貢献したかったですが、自分の力不足で思うような結果を出す事ができずに今シーズンでチームを去ることになりました」 「契約満了というとネガティブな印象があると思いますが、まだ今シーズン残り2試合ありますし自分自身は前向きに過ごしたいと思っています。そして、チームがどんな状況でも常に前を向いて応援してくれるファン・サポーターの皆様に感謝を表現するには、今シーズン残り2試合を勝利で締め括る事だと思います。その為に自分ができることを精一杯やり続けたいと思います」 「コロナ禍でのシーズンだった為、ファン・サポーターの皆様と交流する事ができませんでしたが、常に支えていただき感謝しています。2年間、本当にありがとうございました」 ◆GK寺沢優太 「契約満了に伴い今シーズンで長野を離れる事となりました。まず初めにAC長野パルセイロに関わる全ての皆様、ホームタウンの皆様、スポンサー企業様、ファン・サポーターの皆様にこの場を借りて感謝を申し上げます。1年間ありがとうございました」 「2021年1月25日、新入団会見でユニフォームに袖を通した時に感じました。『いよいよプロの"結果"の世界に足を踏み入れた』と。トップチーム、レディースチーム共に長野県出身者が活躍する中、ピッチの上から見ることしかできない自分の虚しさ、苦しさ、悔しさで食事が喉を通らなかったり寝つけない日さえありました。ただそういう時に物凄くワクワクする自分がいたんです。来る日も来る日もピッチ内外で誰よりもトレーニングして誰よりもサッカーの事を考えサッカーに向き合いましたが未だ出場は"0"。契約満了。チャンスをもらい結果を出せなければプロとして評価はされないし、必要ともされません。この結果は全て自分のプロとしての力不足で僕自身納得のいく当たり前の結果です」 「ただ、"成功"はできませんでしたが生まれ育ったこの長野で27歳という遅いプロキャリアのスタートでしたが新たな景色を見ることができ"成長"は確実にできた自信があります。そして何より多くの方々に出会い、ホームタウン活動を通し地域の方々、ファン・サポーターの皆様とコミュニケーションをとってクラブと歩み続けた一年は僕にとって幸せでかけがえのない財産です」 「最後になりますが、これからパルセイロのエンブレムを背負い戦う選手達にはこの環境が当たり前ではないと伝えたいです。グランドに行けばメニューが用意され、ケアしてもらいたければトレーナーチームがいる。週末になれば最高のスタジアムで最高のファン・サポーターがいる。そこには"多くの人の努力や支え"があります。そういった方々の思い、そしてやりたくてもやれない人の想いを背負い長野の為に戦ってもらいたいです」 「この1年間の苦しさ、悔しさ。一生忘れません。もう一度足元を見つめ直し、出直してきます。何度でも這い上がります。寺沢優太に関わってくれた全ての皆様。ありがとうございました」 ◆MF上米良柊人 「今シーズンを持ちましてAC長野パルセイロを離れる事になりました。1年半という短い期間でしたが、パルセイロで色々な経験や成長をさせてもらいました。正直個人的には悔しい気持ちのほうが多いですが、それでもどんな時でも応援してくれたファン・サポーターの皆さん、スポンサー様、パルセイロに関わる全ての方々に感謝しています。本当にありがとうございました。また、恵まれた環境の中で素晴らしい選手、スタッフとともに過ごすことができてとてもよかったです」 「まだ今後どうなるかはわかりませんが、パルセイロで経験できたことを次のステージで活かし、頑張りたいと思います」 「残りの試合も1つでも多く勝てるように自分らしく全力でプレーしたいと思います」 2021.11.24 19:07 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly