フライト時間はたった10分、 ユナイテッドが160kmの近距離を飛行機で移動の珍事

2021.10.16 19:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドの面々が、予想外の移動を強いられることとなった。イギリス『サン』が報じた。

インターナショナル・マッチウィークが明けての初戦。ユナイテッドは16日にプレミアリーグ第8節でレスター・シティと対戦する。

アウェイゲームに臨むユナイテッドは、4勝2分けで1敗の勝ち点14で4位に位置。一方のレスターは、2勝2分け3敗の勝ち点8で13位につけている。

ここ2試合はリーグ戦で勝利がないユナイテッド。そのアウェイゲームが行われるキングパワー・スタジアムは、100マイル(約160km)しか離れておらず、アウェイゲームでも近郊といえる。

しかし、ユナイテッドの面々はマンチェスター空港にそれぞれの自家用車で到着。ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスはポルシェの電気自動車で空港に現れるなど、選手たちが集まった。

選手たちがマンチェスター空港に集まった理由は、たった160kmの距離をプライベートジェットで移動するため。時間にして約10分間のフライトとなるが、ユナイテッドは空路で移動することとなった。

しかし、これはビッグクラブならではの移動というわけではない。その理由は、なんと金曜日に高速道路であるM6が閉鎖され、陸路での移動ができなくなったからだという。

思わぬ形で空路を使うこととなったユナイテッドの面々。近い距離でありながらも移動時間が大幅に減ることはプラスに働くだろうか。


関連ニュース
thumb

ユナイテッド、いよいよ新体制発足! ラングニック暫定監督は1年延長の可能性を示唆

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック新監督が、新天地での自身の役割について言及した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 成績不振で解任されたオーレ・グンナー・スールシャール監督の後任として、今季残りのシーズンの手綱を握ることになったラングニック新監督。指揮官としての半年間の任期を終えた後は、コンサルタントという立場でクラブに2年間とどまることになっている。 コンサルタントというからには、クラブ内部の全体的な改革が予想されるが、3日に就任後初の会見を行ったドイツ人監督は、大きな変更はないという印象を持っている模様。また、監督という役割に関しても、さらに1年延長する可能性があることをほのめかした。 「取締役会も私も、経営陣にそれほど多くの変更は必要ないだろうという同じ意見を持っている」 「チームがトップリーグで戦うのに十分な実力を持っているのは間違いない。トップ3は非常に安定していて、素晴らしいコーチ陣を擁しているが、それは我々も発展させなければならないことだ」 「ユルゲン(・クロップ)が来た時のリバプールは、今のマンチェスター・ユナイテッドほど良いチームではなかった」 「現時点では(監督は)一時的な役割であり、クラブが新しい人材を探していることは分かっている。ライプツィヒでのように上手くいけば、もう1年一緒に仕事を続けることを薦めるかもしれない」 2021.12.03 20:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ラングニック新監督がユナイテッド就任後初の記者会見、いきなりアーセナル戦に切り込む

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック新監督が、3日に就任後初の会見を行った。 オーレ・グンナー・スールシャール監督を成績不振で解雇したユナイテッドは、コーチのマイケル・キャリック氏に暫定監督を任せていた中で、ロコモティフ・モスクワでスポーツ部門と開発部門の責任者を務めていた智将ランゲニックの招へいに成功した。 先日には無事にイギリスの労働許可証を取得し、5日に本拠地オールド・トラッフォードで開催されるプレミアリーグ第15節のクリスタル・パレス戦で初采配を振るうことが決まった。 初陣に先駆けて、就任会見に臨んだラングニック新監督は、午前中に開かれた会見ということもあり、「早起きしてくれてありがとう」と一言目を発すると、意気込みを語ると同時に、3-2で勝利した先日のアーセナル戦を引き合いに出し、自身の目標を語った。 「みなさん、こんにちは。これは私の人生で最も朝の早い記者会見だ。日曜日に控える試合とトレーニングのため、他に選択肢がなかった。これから数日後、数週間後、数カ月後にまた出会えることを楽しみにしているよ」 「このクラブから連絡を受ける前から最近の試合は見ていた。このクラブとプレミアリーグで何が起こっているのかしっかり把握している。チームには才能の明日選手が豊富に揃っており、私の主な目標は、彼らに相応しいバランスを見つけ出すことだ」 「昨日の試合でさえ、2失点し、勝つには3点取らなければならなかった。譲歩し過ぎだ。チームを助けるため、より良いバランスをもたらすことが私のアプローチだ」 「昨日の試合はファンにとってはエキサイティングだったが、監督として求めるものではなかった。私は彼らのような優れた才能を持つ選手をサポートしたい」 2021.12.03 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

「外す気しない」C・ロナウドの“ど真ん中” PKにファンも衝撃「どんなメンタル」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが漢を見せた。 ユナイテッドは2日、プレミアリーグ第14節でアーセナルとオールド・トラフォードで対戦。前節のチェルシー戦でベンチスタートだったC・ロナウドは先発で起用される。 シーソーゲームとなった試合は、C・ロナウドのゴールもありながらも、2-2のイーブンに。一進一退の攻防を繰り広げていくなか、68分、左サイド深くで溜めたMFジェイドン・サンチョからのショートパスに反応したMFフレッジが後方からアーセナルMFマルティン・ウーデゴールにスライディングタックルを受けて倒れ込む。 主審は一度ノーファウルの判定を下したが、VAR担当からの助言を受けオン・フィールド・レビューを行うと、ユナイテッドにPKを与えた。そして、このプレッシャーがかかる場面で、名手C・ロナウドが中央へ強烈なシュートで決め切り、70分の勝ち越しゴールとした。 ここでど真ん中に蹴り込むC・ロナウドには、ファンも「外す気しない」、「どんなメンタルだよ」、「カッコよすぎる」、「ロナウド様」と驚きの様子。試合はこのゴールが決勝点となり、ユナイテッドがリーグ戦4試合ぶりの白星を飾った。 チェルシー戦でのベンチスタートに加え、欠席したバロンドール授賞式にまつわるゴタゴタなど周囲が騒いでいたが、結果で応えるいつも通りのC・ロナウドだった。 <span class="paragraph-title">【動画】クリスティアーノ・ロナウドがド真ん中にぶち込む瞬間を真後ろのアングルで!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="93mahgtS9g0";var video_start = 355;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.03 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがキャリア800得点の大台に! 2発アーセナル戦後のSNSに心境&決意記す

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがキャリア通算800ゴールの大台に乗せた。 ユナイテッドは2日に本拠地で行われたプレミアリーグ第14節でアーセナルと対戦。GKダビド・デ・ヘアとMFフレッジの交錯から先制を許す思わぬ展開を強いられてしまったが、前半のうちに追いつくと、3-2で逆転勝ちした。 そんな逆転劇の立役者になったのが2試合ぶりに先発したC・ロナウド。1-1の52分にFWマーカス・ラッシュフォードからの折り返しにゴール前で合わせると、PKのチャンスを獲得した2-2の70分にボールを真正面に蹴り込んだ。 リーグ4試合ぶりの一発となるこの試合の1ゴール目はデータ集計サイト『Opta』によると、クラブと代表をあわせたキャリア通算800得点目に。チームの勝利を手繰り寄せる2発目でキャリア通算ゴール数を「801」に伸ばした。 内訳はスポルティング・リスボンで「5」、レアル・マドリーで「450」、ユベントスで「101」、ポルトガル代表で「115」、そしてユナイテッドで「130」。今季はここまで公式戦17試合の出場で12得点2アシストを記録している。 アーセナル戦ではさすがの決定力や勝負強さだけでなく、ここ最近にわたり、意識の低さが議論を呼ぶ守備面でもプレッシングに率先する姿も顕著だったC・ロナウド。その姿勢はスタンドから観戦したラルフ・ラングニック新監督の目にどう映ったか。 なお、C・ロナウドは試合後、自身のSNSを更新。アーセナル戦での勝利を受けての心境を綴っている。 「僕らのマインドはすでに次の試合に向けられ、祝っている暇なんてない! 今日の勝利は軌道に乗るために大事だったが、目的地までまだまだ長い道のりだ…。とはいえ、チームメイト全員を祝福する。今夜のメンタリティは素晴らしかった! そしてサポーターのみんなにも特別な感謝の気持ちを伝えたい」 2021.12.03 12:17 Fri
twitterfacebook
thumb

「ガッカリしている」アウェイで3失点のアーセナル、指揮官は試合コントロールに「課題であり、教訓」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 2日、プレミアリーグ第14節でユナイテッドとアウェイで対戦したアーセナル。ビッグマッチに注目が集まるなか、13分に味方に足を踏まれたGKダビド・デ・ヘアが倒れている間に、エミール・スミス・ロウがゴールを決めて先制。しかし、44分に追いつかれると、52分にはクリスティアーノ・ロナウドにキャリア800ゴール目を決められ逆転を許してしまう。 ただ、ここから盛り返すと54分にマルティン・ウーデゴールが決めて同点に。そこからオープンな展開となると、70分にウーデゴールのタックルがPKとなりC・ロナウドに決められ勝ち越しを許す。その後はアーセナルが攻め立てるが最後までゴールを奪えず、3-2で逆転負けを喫した。 試合後、アルテタ監督はチームが戦えたことは評価したものの、同点に追いついた後の戦い方が良くなかったとコメントした。 「まず第一に、オールド・トラッフォードでプレーする上で、キャラクター、人間性、勇気を示すことができたことは喜ばしい」 「しかし、現実にはオールド・トラッフォードで3失点すると、結果を得るのはとても困難になる。試合が2-2になった時、我々は最高の瞬間を迎え、試合を完全にコントロールして優位に立っていた」 「そういった時こそ、次のステップを踏み、試合に勝たなければならなかったが、我々は1つのシーンをコントロールできず、オープンな展開からPKを与え、試合を捨ててしまった」 「我々はサッカーの試合に勝つためにここにいる。もっとふさわしかったと感じているのでガッカリしている」 「しかし、現実的に考えれば、我々があるタイミングでやっていたことを実行し、おそらく世界で最高のチームの1つに対してボックス内で守る場合は、彼らはとても多くのゴールと決定づけるクオリティを持っているので罰せられることになる」 「それが今日の課題であり、教訓であると思っている」 2021.12.03 11:18 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly