「トップモデルのよう」アフロはどこへ!? 元ユナイテッドのフェライニが髪形を一新!

2021.10.16 15:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】アフロからコーンロウに髪型を変えたフェライニ









1 2

関連ニュース
thumb

ニューカッスルが中国でプレーするフェライニに関心か?

ニューカッスルが山東泰山でプレーする元ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(34)の獲得を検討しているようだ。ベルギー『La Derniere Heure』が報じている。 今シーズンここまでわずかに1勝と降格圏の19位に低迷するニューカッスル。今冬の移籍市場ではアトレティコ・マドリーからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーを獲得したものの、今後の巻き返しに向けて手薄なセンターバック、主砲FWカラム・ウィルソンが負傷離脱した前線を中心に補強に動く構えだ。 そういった中、『La Derniere Heure』が報じるところによれば、ニューカッスルは中国でプレーする194cmの大型MFの獲得に強い関心を示しているようだ。 昨年6月に山東泰山と2025年12月までの新契約にサインしたフェライニだが、多くの問題を抱える中国リーグを離れることを検討している模様。そして、ガラタサライ、ベシクタシュのトルコの名門、カタールやUAEといった中東方面への移籍の可能性が取り沙汰されているようだ。 現時点でニューカッスル行きの可能性は微妙なところだが、2019年以来のイングランド帰還は実現するのか…。 フェライニは、スタンダール・リエージュやエバートン、マンチェスター・ユナイテッドでプレーした後、2019年2月に中国スーパーリーグの山東泰山に加入。同クラブでは公式戦80試合に出場し、30ゴール6アシストを記録。中国スーパーリーグ制覇と2度の国内カップ制覇に貢献している。 2022.01.11 23:53 Tue
twitterfacebook
thumb

山東泰山が11年ぶり4度目の中国王者に! フェライニが2ゴールに絡む大活躍

山東泰山は26日、中国スーパーリーグ・プレーオフ第5節で河北と対戦し、2-0で勝利した。この結果、2010年以来4度目のリーグ優勝を果たした。 16チームが2グループに分かれて行われるレギュラーシーズンにおいて、グループAを首位で終えた山東泰山。2グループの上位4チーム計8チームが集結するプレーオフは、それぞれ別グループの4クラブと2回対戦するレギュレーションとなっており、山東泰山は初戦の河北戦の5-0の勝利を皮切りに、グループB首位の長春亜泰や、2位の上海海港を相手に連勝を収めていった。 そして迎えた河北との2戦目。山東泰山は21分に右から上がったクロスのこぼれ球をMFマルアン・フェライニが押し込んで先制。83分にはフェライニのヘディングシュートがGKに弾かれたところをFWシュー・シンが詰めて追加点を奪い、2-0で勝利した。 この結果、かつて中国女子代表も指揮したハオ・ウェイ監督率いるチームが3試合を残して11年ぶり4度目のリーグ制覇を成し遂げた。 なお、山東泰山はこの後、来年1月9日に上海海港とのカップ戦決勝が控えている。 2021.12.27 16:53 Mon
twitterfacebook
thumb

元浦和FWレオナルドがわずか半年で山東泰山を退団…河北足球倶楽部がレンタルでの獲得を発表

中国スーパーリーグに所属する河北足球倶楽部は30日、山東泰山からブラジル人FWレオナルド(24)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 レオナルドは、2018年にサントスからガイナーレ鳥取へ加入すると明治安田J3で31試合に出場し24得点を記録し得点王を獲得。さらに2019年に移籍したアルビレックス新潟でも、明治安田J2で38試合に出場し28得点を記録。J2でも得点王に輝くと、浦和レッズへ活躍の場を移した。 浦和では明治安田J1で28試合に出場し11得点を記録。3年連続得点王はならなかったが、2桁得点をマークするなど一定の結果を残すと、今年2月に2026年までの5年契約で山東泰山へ電撃移籍。4月20日行われた開幕節の重慶力帆戦では、途中出場ながら移籍後初ゴールを記録したが、その後は出場した8試合で無得点に終わっていた。 そんな中、山東泰山は先日ブラジルのアトレチコ・パラナエンセからブラジル人DFジャジソンを獲得を発表。ジャジソンの加入により、レオナルドは外国人枠の関係で30日の第10節河南嵩山龍門戦でメンバー外となっており、中国の一部メディアでは、山東泰山からの退団が報じられていた。 (※写真は浦和レッズ在籍時のもの) 2021.07.30 23:10 Fri
twitterfacebook
thumb

中国でプレーするフェライニが欧州復帰? 恩師が率いるプレミアクラブ行きか?

現在は中国でプレーする元ベルギー代表MFマルアン・フェライニ(33)がアジアでのキャリアを終えることになるようだ。ベルギー『Voetbal24』が報じた。 フェライニは、スタンダール・リエージュやエバートン、マンチェスター・ユナイテッドでプレーした後、2019年2月に中国スーパーリーグの山東泰山に加入。アジアでのキャリアをスタートさせた。 山東泰山では中国スーパーリーグで34試合に出場し11ゴール4アシスト、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では8試合に出場し4ゴール1アシストを記録していた。 フェライニは山東泰山との契約が2021年12月末までとなっているが、現状シーズンがスタートしていないことや、クラブのAFCクラブライセンス規定違反によりACLの出場権が剥奪されるなど、問題を抱えている。 『Voetbal24』によると、フェライニは山東泰山との契約を早期解約する可能性があるとのこと。そして、ヨーロッパへと復帰する目論見があるようだ。 移籍先として浮上しているのはトッテナム。ユナイテッド時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が望んでいるとのことだ。モウリーニョ監督は満足いく結果は残せていないものの、解任することで多額の違約金が発生することもあり、来シーズンも指揮を執る予定だ。 フェライニはベルギー代表への復帰も目指しており、ユーロ2020には間に合わないものの、2022年12月のカタール・ワールドカップを目指す意向。中国移籍後は招集が一度もないだけに、ヨーロッパ復帰を検討しているとのことだ。 2021.04.12 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

中国の山東泰山が浦和FWレオナルドの正式加入を発表、隔離後に合流へ

中国スーパーリーグの山東泰山は22日、浦和レッズのブラジル人FWレオナルド(23)の移籍完了を発表した。 浦和も22日に移籍で合意したと発表していたが、山東泰山は移籍の手続きが完了し、チームに正式に加入したとしている。 なお、レオナルドは中国に到着し、新型コロナウイルスの感染防止対策として検疫期間に入るとのこと。その期間が終了後、チームに合流するとのことだ。 山東泰山はこれまで山東魯能として活動。今シーズンからチーム名を変更していた。 昨シーズンまでは元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレが在籍していたが、昨年限りで退団しパルマへと移籍。現在は元ベルギー代表MFマルアン・フェライニが在籍していることでも知られている。 今シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を持っていたものの、クラブの財政問題により出場資格を剥奪されていた。 レオナルドは、2018年にサントスからガイナーレ鳥取へ加入。明治安田J3で31試合に出場し24得点を記録し得点王に輝いた。2019年にアルビレックス新潟へ移籍すると、明治安田J2で38試合に出場し28得点を記録。J2でも得点王に輝くと、浦和へ活躍の場を移した。 浦和では明治安田J1で28試合に出場し11得点を記録。3年連続得点王はならなかったが、一定の結果を残していた。 2021.02.23 10:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly