シュツットガルト、遠藤航の相棒マンガラがコロナ陽性に

2021.10.16 07:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シュツットガルトは15日、ベルギー代表MFオレル・マンガラが新型コロナウイルスの検査で陽性となったことを発表した。

シュツットガルトでは10日前、ドイツ人GKファビアン・ブレドロウがコロナ陽性判定を受け、15日の検査で陰性となっていたが、新たにマンガラが陽性となってしまった。

MF遠藤航とボランチでコンビを組むマンガラは今季、負傷により出遅れていたが、リーグ戦ここ3試合は先発し、コンディションを上げていたところだった。

シュツットガルトは16日、ブンデスリーガ第8節でボルシアMG戦を戦う。



関連ニュース
thumb

伊藤がブンデス初ゴール、シュツットガルトが6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは26日、ブンデスリーガ第13節でマインツをホームに迎え、2-1で勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航とMF伊藤洋輝はフル出場している。 前節ドルトムントに善戦したものの敗れて3連敗となった16位シュツットガルト(勝ち点10)は、引き続き遠藤と伊藤が先発となった。 8位マインツ(勝ち点18)に対し、遠藤がボランチ、伊藤が左センターバックの[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは開始3分に決定機。マーモウシュがドリブルでボックス内に侵入してシュート。しかし、GKゼントナーのセーブに阻まれた。 その後、シュツットガルトがポゼッションを上げていた中、12分にピンチ。ロングカウンターを受けた流れからオニシウォに決定的なシュートを許すが、こちらもGKミュラーがセーブした。 すると21分、伊藤に嬉しいブンデス初ゴールが生まれる。マンガラのパスをボックス左に侵入した伊藤が右足でゴール右上へ見事なシュートを流し込んだ。 先制したシュツットガルトは26分、FKからPKを獲得しかける。GKゼントナーのパンチングがマヴロパノスの頭に当たったかと思われたが、正当なプレーだったとしてVARの末にノーファウル判定となった。 すると39分、CKから同点とされる。ハックのヘディングシュートが決まり、シュツットガルトは同点とされて前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にフェルスターが決定的なシュートを浴びせたシュツットガルトは、51分に勝ち越す。マンガラのパスを受けたボックス左のソサがニア上にシュートを突き刺した。 ソサのブンデス初ゴールでリードしたシュツットガルトが主導権を握ったまま、試合は終盤へ。マインツの反撃を許さず時間を進めた中、85分には昨季までワマンギトゥカの名でプレーしていた負傷明けのムヴァンパを投入。 2-1で逃げ切ったシュツットガルトが6試合ぶりの勝利を飾っている。 2021.11.27 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

尚志の17歳DFチェイス・アンリにシュツットガルトが本腰か? 伊藤洋輝の成功の再現を目指す

日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝が所属するシュツットガルトだが、新たな日本人選手獲得に動く可能性があるようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 過去にはFW岡崎慎司(現:カルタヘナ)やDF酒井高徳(現:ヴィッセル神戸)、MF細貝萌(現:ザスパクサツ群馬)も在籍するなど、日本人選手との関わりも強い。 そのシュツットガルトは、今年6月に磐田からレンタル移籍で獲得した伊藤が、当初の想定よりも戦力として計算できる事態に。Bチームの予定が、現在ではファーストチームのレギュラーに定着しており、レンタル期間終了後に完全移籍に切り替えたい考えを持っているようだ。 若手を見出す力に長け、ドルトムント時代にはMF香川真司(現:PAOKテッサロニキ)を見出したことでも知られるスヴェン・ミスリンタート氏がスポーツ・ディレクター(SD)を務めていることもあり、伊藤の成功の再現を狙っているとされている。 そんな中でシュツットガルトが注目しているのが、尚志高校に所属するDFチェイス・アンリ(17)とのことだ。 高校生ながら、その並外れた身体能力で高く評価され、10月には、U-22日本代表としてAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選を戦っていた。 また、所属の尚志高校では全国高校サッカー選手権大会の福島県予選決勝で、土壇場での勝ち越しゴールを記録するなど、勝負強さも持ち味だ。 『キッカー』によれば、9月にはセカンドチームのトレーニングにゲストとして参加。印象的なプレーを見せており、獲得を希望しているという。 アヤックスなど、若手育成に優れたチームも興味を示している中、伊藤の成功例を知るシュツットガルトがどこまで本気なのか。チェイス・アンリの決断に注目が集まる。 2021.11.26 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

磐田からレンタル中のDF伊藤洋輝、シュツットガルトは移籍金5000万円で完全移籍に切り替えか

ジュビロ磐田からレンタル移籍でシュツットガルトに加入したDF伊藤洋輝(22)だが、完全移籍に切り替わる予定だという。ドイツ『キッカー』が報じた。 伊藤は、今年6月に磐田からレンタル移籍でシュツットガルトへと加入。移籍期間は2022年6月30日までとなり、U-21チームでプレーする予定となっていた。 しかし、シーズン前のトレーニングキャンプで才能の高さを見せると、チーム事情もありDFBポカール1回戦のBFCディナモ戦でフル出場デビューを飾る。さらに、ブンデスリーガでも開幕戦からベンチ入りすると第3節のフライブルク戦でデビュー。10月16日の第8節ボルシアMG戦からは5試合連続で先発出場を果たすなど、いきなりファーストチームで出番を得ている。 今シーズン終了後には磐田へ帰還することとなる伊藤だが、シュツットガルトは来夏完全移籍で獲得することを計画しているとのこと。約10万ユーロ(約1290万円)でのレンタル移籍だったが、40万ユーロ(約5150万円)の移籍金で獲得するつもりのようだ。 2021.11.26 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

主将ロイス弾でドルトムントが公式戦連敗ストップ! 遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルトは善戦も3連敗…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第12節、ドルトムントvsシュツットガルトが20日にジグナル・イドゥナ・パルクで行われ、ホームのドルトムントが2-1で勝利した。なお、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝は共にフル出場した。 インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のRBライプツィヒ戦を1-2で落とした2位のドルトムント(勝ち点24)は、今季初の公式戦連敗。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のスポルティング・リスボン戦という重要な一戦を控える中、連敗ストップを狙った。 ローゼ監督はライプツィヒ戦からポングラチッチに代えて負傷明けのラファエウ・ゲレイロを起用し、並びを[3-4-3]から[4-2-3-1]に変更。1トップにマレン、2列目に右からロイス、ブラント、トルガン・アザールが並んだ。 対する16位のシュツットガルト(勝ち点10)は直近2連敗を含め4戦未勝利と苦境が続く。格上とのアウェイゲームでは遠藤、伊藤が共にスタメン出場となった。 立ち上がりからエンジン全開のドルトムントが流動的な2列目にベリンガムが効果的な絡みを見せて良い形で起点を作る。開始7分にはボックス手前左で得たFKの場面で、キッカーのロイスがドライブ回転をかけた見事なシュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れる。さらに、13分には右CKの二次攻撃から右に流れたブラントのクロスをゴール前でフリーのマレンが頭で合わすが、これを枠の右に外した。 一方、序盤の劣勢を何とか凌いだシュツットガルトは相手の高いラインの背後を意識した攻めでチャンスを窺う。15分にはボックス左に抜け出したソサからの精度の高いグラウンダーの折り返しにフェルスターが飛び込むが、ここはわずかに遅れてシュートを枠に飛ばせない。 以降はボールを握って押し込むドルトムント、カウンターで一発を狙うシュツットガルトという構図の下で緊迫感のある攻防が続く。安定した遅攻にカウンタープレスで優勢に試合を運ぶドルトムントだが、最後の場面で個人のミスや連携のズレがあり、決定機まであと一歩という状況が目立つ。 その後、38分には遠藤の見事なフィードからアウェイチームにこの試合最大の決定機。遠藤のフィードをボックス手前でマンガラが頭で落とすと、これに反応したクリバリがGKと一対一となるが、左足のボレーシュートはGKコベルのビッグセーブに遭い、先制点を奪うことはできなかった。 結局、ゴールレスで折り返した試合は互いに後半も同じメンバー、布陣でスタート。立ち上がりの47分には左サイドを持ち上がった伊藤の早いタイミングでのクロスをボックス右に走り込んだ遠藤が頭で合わすが、日本人ホットラインでのゴールとはならず。 後半に入ってなかなかリズムを掴み切れないドルトムントだったが、悩める新加入ストライカーが決定的な仕事を果たす。56分、ボックス手前中央で左サイドのラファエウ・ゲレイロから横パスを受けたマレンが右足を振り抜くと、DF伊藤にディフレクトしたボールがゴール左隅に決まった。 オランダ代表FWにブンデスリーガ初ゴールを献上したシュツットガルトだが、すぐさま反撃に出る。63分、アカンジの相手陣内への持ち上がりを潰したカウンターから伊藤、カラソルと縦へ繋いで背後を狙うマッシモにスルーパスが通る。ここでマッシモは冷静に内向きの仕掛けでDFフンメルスをかわして左足のシュートをゴール左隅へ流し込んだ。 これで1-1の振り出しに戻った中、ドルトムントは負傷明けのラファエウ・ゲレイロを下げてジャンを投入。対するシュツットガルトは負傷のカラソル、殊勲のマッシモを下げてナルティ、ブンデスリーガデビューの18歳FWティビディを投入した。 ホームで勝ち点3取りこぼしは許されないドルトムントは67分、失点に絡んだアカンジがボックス手前から強烈なミドルシュートを放つが、GKミュラーが指先で触ったボールはクロスバーを叩いた。 後半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、ドルトムントが圧巻の個の力で勝ち越しゴールを奪う。85分、シュツットガルトのセットプレーを撥ね返してのロングカウンターからロイスとアザールが相手陣内深くに侵攻。中央から左への斜めのランニングでロイスのスルーパスを引き出したアザールがボックス内で冷静にDFをかわして右足のシュート。これはGKの好守に阻まれたが、こぼれに詰めたロイスが冷静に流し込んだ。 その後、逃げ切り態勢に入ったドルトムントに対して、何とか勝ち点1を拾いたいシュツットガルトはリスクを冒した攻めで押し込んでいく。その中で伊藤や遠藤にフィニッシュのチャンスが訪れたが、これを決め切ることができない。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、苦しみながらも主将ロイスのゴールで勝ち切ったドルトムントが公式戦の連敗をストップ。一方、善戦も敗れたシュツットガルトはリーグ3連敗となった。 2021.11.21 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

シュツットガルト、長期離脱中のU-17オランダ代表FWサンコーと2026年まで契約延長

シュツットガルトは18日、U-17オランダ代表FWモハメド・サンコー(18)と2026年6月まで契約を延長したことを発表した。 2020年夏にストーク・シティの下部組織から加入し、今年4月にトップチームデビューを飾ったストライカーのサンコーは、8月14日に行われたブンデスリーガ開幕節のグロイター・フェルト戦(5-1で勝利)でヒザを負傷。関節胞とじん帯を含む、深刻なヒザの負傷を負い、全治9〜12カ月と診断された。 クラブのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるスヴェン・ミスリンタート氏は長期離脱中であるサンコーとの契約延長について「彼にはトップアタッカーになれるだけの資質を全て兼ね備えている。復帰に向けて精力的に取り組んでいるよ。復帰まで長い道のりだが、我々は完全なサポートをしたい」と期待を寄せた。 2021.11.18 23:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly