磐田U-18MF藤原健介が来季昇格! 「1日でも早くチームに貢献」

2021.10.15 14:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジュビロ磐田は15日、同クラブU-18でプレーするMF藤原健介(17)の来季加入内定を発表した。

藤原はU-15カテゴリーから磐田に籍を置く磐田東高校の3年生。「正確な技術を持ち、視野が広く展開力に優れており、前線に効果的なパスが出せる選手。高いレベルの中でも、堂々とプレーができるメンタリティを併せ持ち、セットプレーキッカーとしても高い能力を持つ」選手だという。

地元でもある磐田で来年からプロキャリアを歩み出す藤原はクラブ公式サイトを通じて、喜びの思いとともに意気込みを語っている。

「生まれ育ったこの町、そして小さい頃から見てきたクラブでキャリアをスタートできることを嬉しく思います。家族やこれまで関わってくださった関係者の皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、1日でも早くチームに貢献できるように頑張りたいと思います」


関連ニュース
thumb

磐田主砲ルキアンが22ゴールでJ2得点王! 京都FWピーター・ウタカを1得点差に抑えてトップスコアラーに

明治安田生命J2リーグの今季日程が5日の最終節をもって終了。ジュビロ磐田のFWルキアンがJ2得点王争いを制した。 出場停止の第36節こそ欠場したルキアンだが、それ以外の全試合に出場して、J2優勝でJ1昇格を決めたチームの主砲として稼働。第3節で初ゴールをマークすると、第5節から9節にかけて5戦連発の6得点した。第28節から第33節にかけても6戦連発の7ゴールを記録。計22ゴールを挙げ、初のJ2得点王に輝いた。 また、2位は優勝の磐田に次ぐ2位で12年ぶりのJ1昇格を果たした京都サンガF.C.で、今季も得点源として抜群の存在感を発揮したFWピーター・ウタカ。昨年に続く得点王が期待された37歳のフィニッシャーだが、昨季の10ゴールから大幅に得点数を伸ばしたルキアンにわずか1得点及ばずの21得点に終わった。 そのほか、3位は17ゴールをマークした東京ヴェルディのMF小池純輝。V・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオが15得点でその小池に続き、最終節で4ゴールと大暴れしたモンテディオ山形のFWヴィニシウス・アラウージョ、ジェフユナイテッド千葉のMF見木友哉が14得点で5位タイにランクインした。 ◆J2得点ランキング 【22】 ルキアン(ジュビロ磐田) 【21】 ピーター・ウタカ(京都サンガF.C.) 【17】 小池純輝(東京ヴェルディ) 【15】 エジガル・ジュニオ(V・ファーレン長崎) 【14】 ヴィニシウス・アラウージョ(モンテディオ山形) 見木友哉(ジェフユナイテッド千葉) 【13】 佐藤凌我(東京ヴェルディ) 谷口海斗(アルビレックス新潟) 上門知樹(ファジアーノ岡山) 【12】 中山仁斗(水戸ホーリーホック) 2021.12.05 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

J2優勝の磐田に吉報! 体調不良で休養していた鈴木監督が復帰 秋田戦で指揮へ

ジュビロ磐田は4日、5日に行われる明治安田J2リーグ最終節のブラウブリッツ秋田戦で鈴木政一監督が復帰することを報告した。 鈴木監督は10月27日に体調不良のため検査入院。同日に行われた天皇杯準々決勝の大分トリニータ戦も欠席し、以降の試合もヘッドコーチの服部年宏氏が指揮を執っていた。 その後、11月13日に無事退院。体調は良好だったものの、経過観察のためすぐに復帰とはならず。引き続き服部ヘッドコーチが監督代行を務めていたが、今月1日に初めて練習に参加していた。 磐田は今季ここまでリーグ戦41試合を戦い、26勝10分け5敗。第39節で3シーズンぶりのJ1昇格を決めていた。そして、第41節終了時点でJ2優勝が決定。秋田戦では有終の美を飾るべく、ホームサポーターの前で勝利を目指す。 2021.12.04 17:19 Sat
twitterfacebook
thumb

長野FW金園英学が現役引退…磐田でのプロ1年目で12得点「思い描いていたキャリアとは程遠い形になりました」

AC長野パルセイロは2日、FW金園英学(33)の現役引退を発表した。 大阪府出身の金園は、立正大淞南高校、関西大学を経て、2011年にジュビロ磐田へと入団した。 磐田ではルーキーイヤーから活躍。J1で28試合に出場し12得点を記録し、新人歴代3位(当時)のゴール数を記録。その実績もあり、2年目の2012年には日本代表にも選出された。 しかし、合宿中に骨折すると、復帰直前にも同箇所を骨折するなど、2年目はJ1で5試合の出場に終わった。3年目は30試合に出場し6得点を記録したが、4年目には出場機会が減少。2015年にベガルタ仙台へと完全移籍する。 その後は、2017年に北海道コンサドーレ札幌へと完全移籍すると、2018年にヴァンフォーレ甲府へと期限付き移籍。2019年からは完全移籍に切り替わり、今シーズンから長野でプレーしていた。 J1通算114試合26得点、J2通算64試合14得点、リーグカップ通算22試合7得点を記録。長野では、ここまでJ3で7試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 金園はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2021シーズンを最後に現役を引退することにしました」 「Jリーグ創世期のアルシンドのプレーに感銘を受け、小学校1年生で本格的にフットボールを始めてから30年弱、言葉に言い表す事のできないくらい幸せな時間でした。森ノ宮S.C、明倫クラブ、立正大学淞南高校サッカー部、関西大学体育会サッカー部、ジュビロ磐田、ベガルタ仙台、北海道コンサドーレ札幌、ヴァンフォーレ甲府、AC長野パルセイロで共に闘って下さった皆様、本当にありがとうございました」 「そして改めて、僕の可能性を信じ続けてくれた両親、最愛の妻、笑顔のプリティな子供達に感謝します」 「現役生活を振り返ると、怪我が多く、思い描いていたキャリアとは程遠い形になりましたが、それでも、前田遼一さんという男の中の男をはじめ、偉大な先輩方の背中を間近で見られたことで、人として大きく成長することが出来たと自負しています」 「今後は、この何事にも代えがたい素晴らしい経験を生かし、次のステージでも鍛錬を惜しまず『灰頭土面(かいとうどめん)』、全身全霊で頑張ります」 「最後になりますが、まだシーズンは終わっていません。週末に大事な試合が残っています。少しでもチームの力になれるよう全力で闘います。応援よろしくお願いします」 2021.12.02 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「チーム全員で」J2優勝の磐田FW大津祐樹がトロフィーリフトの制度に提言、扇原貴宏も反応「めちゃくちゃ賛成」

ジュビロ磐田の元日本代表FW大津祐樹が優勝セレモニー時のある制度について要望を明かした。 3シーズンぶりのJ1昇格を決めている磐田は、11月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第41節でザスパクサツ群馬戦で、0-0のドローと勝ち切れなかったものの、2位につける京都サンガF.C.もジェフユナイテッド千葉と引き分けたため、最終節を残してJ2優勝を果たしていた。 試合後には、セレモニーでシャーレを掲げて喜んでいた磐田イレブンだが、大津は11月30日に自身のツイッターを更新。とある要望を口にした。 「優勝してシャーレを掲げる時、その試合の18人しか入れないって制度。怪我や累積が重なると参加できない」 「18人だけではなくチーム全員でこの瞬間を共有したい。優勝する為にチームみんなで掴み取ったタイトルだからこそ、この制度が変わってくれると嬉しいなーって思ったので呟いてみてます。笑」 大津自身はセレモニーに参加していたが、群馬戦では今シーズンの磐田を支えたMF山本康裕やMF山田大記が欠場していたため、セレモニーでもチーム全員で祝いたい思いが強かったようだ。 このツイートには、横浜F・マリノス時代の同僚でもあるMF扇原貴宏も「めちゃくちゃ賛成です!笑」と反応。大津は「#両面経験するとなおさらよね」と、見守る方も経験するとみんなでトロフィーリフトをしたいと感じると返していた。 <span class="paragraph-title">【写真】優勝セレモニーでは確かに18人しかいない</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">優勝してシャーレを掲げる時、その試合の18人しか入れないって制度。<br>怪我や累積が重なると参加できない。<br>18人だけではなくチーム全員でこの瞬間を共有したい。優勝する為にチームみんなで掴み取ったタイトルだからこそ、この制度が変わってくれると嬉しいなーって思ったので呟いてみてます。笑 <a href="https://t.co/0UGJpWXPGK">pic.twitter.com/0UGJpWXPGK</a></p>&mdash; 大津祐樹/Yuki Otsu (@yukiotsu23) <a href="https://twitter.com/yukiotsu23/status/1465639062979571714?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.01 21:10 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】各カテゴリー最終節の今週末、9選手欠場…J1からは4名

Jリーグは29日、最新の出場停止選手情報を発表した。 各カテゴリーともに今週末が最終節となるJリーグ。その今回は9選手が出場停止対象となり、J1リーグからは鹿島アントラーズのMFレオ・シルバ、柏レイソルのDF上島拓巳、名古屋グランパスのMF長澤和輝、ヴィッセル神戸のMFセルジ・サンペールがそれぞれ警告の累積による1試合停止で最終節欠場が確定した。 J2リーグからはジェフユナイテッド千葉のDF小田逸稀、ジュビロ磐田のMF鈴木雄斗、FC琉球のDF李栄直。J3リーグからはカターレ富山のMF末木裕也、藤枝MYFCのDF川島將が次節を欠場する。 【明治安田生命J1リーグ】 MFレオ・シルバ(鹿島アントラーズ) 第38節 vsベガルタ仙台(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF上島拓巳(柏レイソル) 第38節 vs大分トリニータ(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF長澤和輝(名古屋グランパス) 第38節 vs浦和レッズ(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFセルジ・サンペール(ヴィッセル神戸) 第38節 vsサガン鳥栖(12/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF小田逸稀(ジェフユナイテッド千葉) 第42節 vsファジアーノ岡山(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF鈴木雄斗(ジュビロ磐田) 第42節 vsブラウブリッツ秋田(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF李栄直(FC琉球) 第42節 vs栃木SC(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF末木裕也(カターレ富山) 第30節 vs鹿児島ユナイテッドFC(12/5) 今回の停止:1試合停止 DF川島將(藤枝MYFC) 第30節 vsY.S.C.C.横浜(12/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.11.29 17:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly