息ピッタリ…アルゼンチン代表のCB2人がPK失敗の相手を全力煽り「練習してたのかな」

2021.10.15 12:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチン代表DFのニコラス・オタメンディとDFクリスティアン・ロメロが息の合ったコンビネーションを見せた。アルゼンチンは日本時間15日にカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第6節でペルー代表と対戦。2人はセンターバックとしてコンビを組んだ。

試合はアルゼンチンが前半終了間際にFWラウタロ・マルティネスのゴールでアルゼンチンが先制するも、65分にPKを与えてしまう。決まれば同点に追いつかれるという場面だったが、キッカーを務めたMFジョシマール・ジョトゥンのキックはクロスバーに直撃して枠外へ飛んでいき、アルゼンチンはピンチを脱した。

その瞬間、こぼれ球を拾おうとボックス外から走り込んでいたオタメンディとロメロの2人は、ジョトゥンに近づくと、両側から煽るように叫んだ。さらに2人がジャンプするタイミングも同じで、事前に仕込んでいたのではないかと思えるほど息の合った煽りを見せた。

このシーンには、ファンからも「練習してたのかな」「完璧すぎる」「コンビネーションアタック」2人のコンビネーションに驚く声が多く上がっている。

2人には警告が出されることもなく、最大のピンチを脱したアルゼンチンはそのまま1-0で勝利。W杯出場に向けて順調に勝ち点を重ねている。

1 2

関連ニュース
thumb

マスチェラーノが監督初タイトルを獲得!U-20アルゼンチンを率いて大会制覇

元アルゼンチン代表のハビエル・マスチェラーノが、監督として初タイトルを手にした。 リーベル・プレートでプロキャリアをスタートし、リバプールやバルセロナなどで活躍したマスチェラーノ氏。中国の河北華夏を経てエストゥディアンテスに加入し母国復帰を果たすも、2020年11月に現役引退を表明した。 その後、セカンドキャリアとして、昨年1月にアルゼンチンサッカー協会(AFA)のテクニカル部門のディレクター職に就いていたが、今年からU-20アルゼンチン代表監督に就任。初の監督業をスタートさせた。 6月に行われたモーリスレベロトーナメント(旧トゥーロン国際大会)の5・6位決定戦では、U-19日本代表と対戦し、3-2で勝利していた中、今月はアルクディア国際ユースサッカートーナメント(COTIF)に出場。 同大会は1984年から毎年バレンシアのアルクディアで行われている大会で、クラブや代表問わず、20歳以下のチームが参加可能。2009年には日本代表も出場しており、3位で終えている。 8チームが参加した今大会はアルゼンチンの他、ウルグアイ代表やバレンシア、ビジャレアル、レバンテといったチームが出場した中、グループステージを突破したアルゼンチンやウルグアイ、レバンテ、バレンシアが準決勝に進出。アルゼンチンはレバンテを下し、決勝へ駒を進めた。 AFAのクラウディオ・タピア会長や、A代表のジオバニ・ロ・チェルソが見守る中行われた決勝戦は、ウルグアイとの南米同士の対決に。激戦が予想されたが、試合はアルゼンチンが圧倒。開始8分にアグスティン・ジアイ(サン・ロレンソ)のゴールで先制すると、後半にはイグナシオ・ダニエル・マエストロ・プッチ(アトレティコ・トゥクマン)、ブライアン・アギーレ(ニューウェルズ・オールドボーイズ)、ラウタロ・ナウエル・オバンド(アルヘンティノス・ジュニアーズ)がゴールを決め、4-0で完勝を収めた。 2012年、2018年に続く史上3度目の大会制覇を成し遂げたアルゼンチン。マスチェラーノ監督は指揮官転身から8カ月で初タイトルを手にすることになった。 2022.08.08 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

マラドーナの胸像が全く“似てない”と話題に…「シルベスター・スタローンか」「いやブルース・リーだ」

2020年に60歳で亡くなった元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏の胸像に注目が集まっている。 新たな像が披露目されたのはスペイン。バレンシア州にあるラルクディアで開催されているCOTIF・U-20国際ユースサッカートーナメントにおいて、U-20アルゼンチン代表vsバレンシアの試合前に公開された。 マラドーナ氏へのオマージュの一環として、アルゼンチンサッカー協会のクラウディオ・タピア会長が誇らしげに披露した胸像だったが、その再現度についてファンが紛糾する事態になっている。 『ESPN』がこの像を紹介すると、「マラドーナではない」、「これはひどい」、「マラドーナよりロッキーだ」、「ブルース・リーだな」、「どのマラドーナ?」、「ファレル・ウィリアムスがアフロになった」など様々な反応が寄せられている。 マラドーナ氏については、生前にも建てられた銅像が似ていないと話題になったことがあったが、その時は「銅像を建ててもらえること自体が嬉しいことだ」と感謝を示していた。 <span class="paragraph-title">【写真】似てないと話題のマラドーナ像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CgwMzD_sEW2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CgwMzD_sEW2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CgwMzD_sEW2/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.03 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

女性主審が襲われる事件発生…試合中に選手が主審の後頭部を殴打、倒れたところをキックの蛮行

サッカー界で衝撃的な事件が発生。選手が主審を後ろから殴るという暴行事件が発生した。スペイン『20minutos』が伝えた。 事件が起きたのはアルゼンチン。3部リーグに当たるテルセーラ・ディビシオンでのクラブ・デポルティボ・ウニベルシタリオとデポルティボ・ガルメンセの一戦だ。 試合中、選手同士の小競り合いが発生。この試合の主審を務めたマガリ・コルタディさんは、仲裁に入り、その中の選手1名に対してイエローカードを提示した。 しかし、次の瞬間、イエローカードを出された選手とは関係ないチームメイトが後方から猛然とダッシュ。コルタディさんの後頭部を殴りつけたのだ。 女性審判員であるコルタディさんは、無防備な状態で思い切り後ろから殴られたこともあり、そのまま地面に倒れて顔面を強打。女性副審が気が付き走っていたが間に合わず。近くにいた男性副審がその選手を遠ざけていた。 主審を襲ったのはガルメンセのクリスティアン・ティローネ。首の後ろあたりを殴ったとされ、さらに蹴っていたという報告も。コルタディさんは入院したが、軽傷だったためにすでに退院しているという。 暴行した選手が所属するデポルティボ・ガルメンセは声明を発表。今回の行為を強く非難した。 「今週日曜日、アドルフォ・ゴンザレス・シャーベスで行われた3部リーグのガルメンセvsインデペンデンシアで、ガルメンセの選手が女性審判に体当たりをしたことを受け、クラブは、このスポーツの精神に反するこの行為に強い反感を表明する」 「クラブは、暴行を受けた審判への連帯を表明し、謝罪し、サービスを提供し、あらゆる形態の暴力を根絶し、規律、仲間意識、献身、そして何よりも尊敬と寛容といった価値を持つスポーツ選手を育成するための活動を続けることを約束します」 <span class="paragraph-title">【動画】猛然とダッシュし主審の後頭部に強烈パンチ&キック</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Ocurrió en el segundo tiempo entre el Club Deportivo Universitario y el Deportivo Garmense, de la Tercera División de la Liga Regional Tresarroyense.<br><br><a href="https://twitter.com/NahuelPalma16?ref_src=twsrc%5Etfw">@NahuelPalma16</a><a href="https://twitter.com/hashtag/650AM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#650AM</a> <a href="https://t.co/3aBfZh7egO">pic.twitter.com/3aBfZh7egO</a></p>&mdash; Radio Uno 650 AM (@UNO650AM) <a href="https://twitter.com/UNO650AM/status/1554061079491248137?ref_src=twsrc%5Etfw">August 1, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.02 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

スタンドから投げ込まれたものが予想外、選手の顔に当たり担架も

アルゼンチンの1部リーグで奇妙なものがピッチに投げ込まれた。イギリス『デイリー・スター』など複数メディアが伝えた。 現地時間10日に行われたラシン・クラブvsインデペンディエンテは、1-0でラシン・クラブが勝利を収めたが、ホームチーム側と思われるファンから相手選手に対して物の投げ込みが行われた。 後半も開始して間もなくのこと。右コーナーフラッグにいたインデペンディエンテのレアンドロ・フェルナンデスは、投げ込まれたものが顔に当たり、その場にうずくまってしまった。投げ込まれたのは、なんと魚だった。 担架も出動したが、大事には至らず、L・フェルナンデスはプレーを続行。なお、魚種は特定されていないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】スタンドから投げ込まれた魚が選手の顔に命中</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Pues en el Racing vs Independiente a Leandro Fernández le aventaron un pescado <a href="https://t.co/x6gv4f6Czz">pic.twitter.com/x6gv4f6Czz</a></p>&mdash; Juan Manuel Figueroa (@jmanuelfigueroa) <a href="https://twitter.com/jmanuelfigueroa/status/1546245433214636032?ref_src=twsrc%5Etfw">July 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.21 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス獲得でアヤックスと合意、移籍金は最大94億円

マンチェスター・ユナイテッドは17日、アヤックスのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(24)の獲得でクラブ間合意に至ったことを発表した。 エリク・テン・ハグ新監督の下、数々の補強に乗り出しているユナイテッド。しかし、ここまではフェイエノールトのオランダ代表DFタレイル・マラシア、ブレントフォードのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの獲得に留まっている。 噂にあがる選手は多々いるものの、交渉がまとまらない中、テン・ハグ監督の教え子が加入することとなった。 ユナイテッド側は詳細を明かしていないが、アヤックスは詳細を発表。移籍金は5737万ユーロ(約80億1500万円)となり、ボーナス次第で最大1000万ユーロ(約14億円)が上乗せされることになるという。 なお、メディカルチェックと、個人の条件の合意が正式契約までにはまっている。 リサンドロ・マルティネスは、ニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織育ちで、母国のデフェンサ・イ・フスティカから2019年夏にアヤックスへと完全移籍した。 アヤックスではセンターバックとして公式戦118試合に出場し6ゴール6アシスト。エールディビジで74試合6ゴール5アシスト、チャンピオンズリーグで19試合1アシストを記録していた。なお、アヤックスとは3年間の契約が残っていた。 2022.07.17 23:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly