息ピッタリ…アルゼンチン代表のCB2人がPK失敗の相手を全力煽り「練習してたのかな」

2021.10.15 12:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】ジャンプのタイミングと表情まで一緒!CB2人がピッタリと息の合ったコンビネーションで相手を煽る







1 2

関連ニュース
thumb

新監督初陣のウルグアイが6戦ぶり勝利で暫定4位に! ブラジルはアリソンが退場を2度免れる珍試合に《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第15節の3試合が現地時間27日に行われた。 注目を浴びたのはエクアドル代表vsブラジル代表の上位対決。3位のエクアドルが首位ブラジルを迎え撃ったビッグマッチは、すでに本戦出場を決めているブラジルが開始6分にMFカゼミロのゴールで先制する展開に。 さらに15分には、エクアドルGKアレクサンデル・ドミンゲスが、飛び出してきたブラジルFWマテウス・クーニャに足裏キックを見舞ってしまい一発退場。エクアドルは早くも数的不利を強いられることになった。 しかし、その5分後にブラジルもDFエメルソンが2枚目のイエローカードを受けて退場に。開始20分で10人対決という珍試合となる。 ただ、試合は激化の様相を呈する。26分にエクアドルのカウンターを防ぐべく、ブラジルGKアリソン・ベッカーがペナルティエリアを飛び出してボールをクリア。だが、この蹴り上げた足が相手FWエネル・バレンシアの顔面に入り、レッドカードが提示された。 ところがVARで確認した結果、アリソンは先にボールクリアを完了させていたとして、レッドカードからイエローカードに変更された。 その後、75分にCKからDFフェリックス・トーレスにヘディングシュートを決められ同点とされたブラジルは、再びVARに救われることになる。 1-1で迎えた後半アディショナルタイム、アリソンがゴール前のハイボールをパンチングでクリアしようとしたところ、猛然と突進してきたFWゴンサロ・プラタと接触し、主審はPKとイエローカードの判定を下す。 これでアリソンは2枚目のイエローカードで今度こそ退場になるはずだったが、VARで確認すると、先にアリソンがクリアしていたとして、ノーファウルの判定に変わった。 結局、試合は1-1で終了。エクアドルにとっては不満の残る結果となった。 11月の予選後、成績不振でオスカル・タバレス監督を解任し、元同国代表だったディエゴ・アロンソ氏を新監督に据えたウルグアイ代表は、パラグアイ代表戦で初陣を迎えた。 序盤からFWルイス・スアレスやDFディエゴ・ゴディンのシュートがクロスバーを叩くなどチャンスを作る中、後半立ち上がりに試合を動かす。スアレスが味方の浮き玉のパスに抜け出し、ボックス左から左足のシュートを突き刺した。 これが決勝点となり、敵地で0-1で勝利。6試合ぶりの白星を挙げたウルグアイは、暫定で4位に浮上している。 そのほか、チリ代表vsアルゼンチン代表は、FWアンヘル・ディ・マリアとFWラウタロ・マルティネスがゴールを挙げたアルゼンチンが、1-2で勝利している。 ◆第15節 ▽1/27 パラグアイ 0-1 ウルグアイ チリ 1-2 アルゼンチン エクアドル 1-1 ブラジル ▽1/28 コロンビア vs ペルー ベネズエラ vs ボリビア ◆順位表 勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点) 1位:ブラジル 36(14/11/3/0/28/5)★ 2位:アルゼンチン 32(14/9/5/0/22/7)★ 3位:エクアドル 24(15/7/3/5/24/14) 4位:ウルグアイ 19(15/5/4/6/15/21) ーーーーW杯出場 5位:コロンビア 17(14/3/8/3/16/17) ーーーー大陸間PO 6位:ペルー 17(14/5/2/7/15/20) 7位:チリ 16(15/4/4/7/16/18) 8位:ボリビア 15(14/4/3/7/20/28) 9位:パラグアイ 13(15/2/7/6/9/19) 10位:ベネズエラ 7(14/2/1/11/9/25) ★カタールW杯出場権獲得 2022.01.28 14:44 Fri
twitterfacebook
thumb

メッシのインスタフォロワー数が大台を突破! 本人もファンに感謝「3億人になりました。いつも応援してくれてありがとう!」

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのインスタグラムのフォロワー数が3億人を突破した。 写真や動画を投稿し、共有できるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の1つであるインスタグラム。今日、個人から組織に至るまで様々な利用がなされている。 日本では見栄えのよさを意味する「インスタ映え」という言葉も生まれ、2017年の流行語大賞にも選定された。 多くの著名人も利用しているインスタグラムだが、この度、メッシのフォロワー数が3億人を突破。本人も喜びと感謝の言葉を、そのインスタグラムに投稿している。 「もう3億人になりました。いつも応援してくれてありがとう!」 なお、『ライフスタイル・アジア』によれば、2022年1月の時点でメッシのフォロワー数は世界4位とのこと。1位はインスタグラム公式で約4億6000万人、2位はクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)で約3億8930万人、3位はモデルのカイリー・ジェンナーで約3億60万人で、これらに次ぐフォロワー数だ。日本人ではお笑い芸人の渡辺直美さんが約960万人で1位となっている。 3億人という数字はなかなかイメージしづらいかもしれない。参考までに、総務省の統計によると、2019年のアメリカの人口が約3億3000万人で世界3位、日本の人口は世界11位で約1億2600万人となっている。 もちろん、1人が複数のアカウントを所持することや組織からのフォローもあるため、実数で3億人がフォローしているわけではないだろう。それでも世界中から関心を持たれていることは疑いの余地がない。今後もメッシの一挙手一投足に、注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【写真】メッシから"3億人"へ感謝のメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZNA6y7McsX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZNA6y7McsX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZNA6y7McsX/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Leo Messi(@leomessi)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.27 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップが希望する正統派ストライカー、リーベルのアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレスに本腰

マンチェスター・シティが、リーベル・プレートの逸材獲得に動いているようだ。イギリス『BBC』が報じた。 シティが獲得を目指しているのは、アルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(21)とのこと。これまでもターゲットとして追いかけていることは度々報じられてきた。 フリアン・アルバレスは、リーベル・プレートの下部組織出身で、これまで公式戦96試合で36ゴール25アシストを記録している。 2021シーズンはリーグ戦で21試合に出場し18ゴール7アシスト。コパ・リベルタどーレスでも10試合2ゴール1アシストを記録。リーグ制覇を成し遂げていた。 また、アルゼンチン代表としても2021年のコパ・アメリカに参加。ゴールこそ決めていないが、新鋭として大きな期待が寄せられ、シティは予てから目をつけていた。 今年の終わりまでリーベル・プレートと契約を残しているが、シティは早く獲得したいと望んでいるとのこと。今夏の加入や来年1月の加入など様々な報道がある中で、今冬にも獲得する可能性もあるようだ。 ジョゼップ・グアルディオラ監督は、正統派ストライカーの獲得が急務と考えているとのこと。果たして、残りの少ない期間でどのような動きを見せるだろうか。 2022.01.25 19:40 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシ&ロメロが招集外…すでに本大会行き決定のアルゼンチン代表が発表《カタールW杯》

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は19日、1月と2月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨む、同国代表メンバーを発表した。 すでにブラジル代表と共に本大会出場を決めているアルゼンチンでは、新型コロナウイルス感染から回復間もないFWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)、長期離脱明けのDFクリスティアン・ロメロ(トッテナム)の主力2選手が招集外となった。 それでも、リオネル・スカローニ監督はFWパウロ・ディバラ(ユベントス)、FWラウタロ・マルティネス(インテル)、MFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)らその他の主力を順当に選出している。 アルゼンチンは1月27日にチリ代表とのアウェイゲーム、2月1日にコロンビア代表とのホームゲームに臨む。 ◆招集メンバー27名 GK フアン・ムッソ(アタランタ/イタリア) エミリアーノ・マルティネス(アストン・ビラ/イングランド) フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート) エステバン・アンドラーダ(モンテレイ/メキシコ) DF ニコラス・オタメンディ(ベンフィカ/ポルトガル) ナウエル・モリーナ(ウディネーゼ/イタリア) ルーカス・マルティネス・クアルタ(フィオレンティーナ/イタリア) リサンドロ・マルティネス(アヤックス/オランダ) ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ) ヘルマン・ペッセーラ(ベティス/スペイン) ゴンサロ・モンティエル(セビージャ/スペイン) マルコス・アクーニャ(セビージャ/スペイン) MF ジオバニ・ロ・チェルソ(トッテナム/イングランド) アレクシス・マク・アリステル(ブライトン/イングランド) ルーカス・オカンポス(セビージャ/スペイン) パプ・ゴメス(セビージャ/スペイン) ギド・ロドリゲス(ベティス/スペイン) ロドリゴ・デ・パウル(アトレティコ・マドリー/スペイン) アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリー/スペイン) レアンドロ・パレデス(パリ・サンジェルマン/フランス) アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス) FW パウロ・ディバラ(ユベントス/イタリア) ラウタロ・マルティネス(インテル/イタリア) ホアキン・コレア(インテル/イタリア) ニコラス・ゴンサレス(フィオレンティーナ/イタリア) エミリアーノ・ブエンディア(アストン・ビラ/イングランド) フリアン・アルバレス(リーベル・プレート) 2022.01.20 01:12 Thu
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表ロメロがコパ・アメリカのトロフィーを“タトゥー” に!トッテナムでは2人目

トッテナムのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロがコパ・アメリカ優勝の証を体に残した。 アルゼンチン代表はコパ・アメリカ2021で優勝。決勝では永遠のライバルであるブラジルを下し、1993年大会以来28年ぶりの南米王者に返り咲いた。 ロメロは大会期間中、負傷離脱もあったものの決勝を含む3試合に先発。自身が出場した試合はすべて無失点で終え、アルゼンチンの優勝に貢献していた。 その後の2021年11月に行われた代表戦の際の負傷で離脱が続いているロメロだが、11日にインスタグラムのストーリーズを更新。コパ・アメリカのトロフィーに口づけしている自身の写真とともに、右足のふくらはぎにそのトロフィーと背番号「13」のタトゥーを入れたことを明かした。 このビッグタイトルをタトゥーにしたのはロメロが初めてではなく、クラブでも同僚のMFジオバニ・ロ・チェルソ、そしてパリ・サンジェルマン(PSG)のMFレアンドロ・パレデスも同様にコパ・アメリカのトロフィーのタトゥーを施していた。 <span class="paragraph-title">【写真】ロメロの右足に刻まれたコパ・アメリカトロフィーのタトゥー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristian Romero of Argentina and Tottenham Hotspur got a tattoo of the Copa America. This via his Instagram. <a href="https://t.co/p4KUCJA6Is">pic.twitter.com/p4KUCJA6Is</a></p>&mdash; Roy Nemer (@RoyNemer) <a href="https://twitter.com/RoyNemer/status/1481058747531288580?ref_src=twsrc%5Etfw">January 12, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.13 07:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly