大ブーイングにも古巣への愛情は消えず、ドンナルンマが大きなミランのタトゥーを入れる!?

2021.10.15 07:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが古巣のタトゥーを施した。今夏に自身が育ったミランとの契約延長交渉が破談し、PSGへと移ったドンナルンマ。フリートランスファーだったとはいえ、ミランが提示した条件とさほど変わらない条件でPSGと契約したことで、ミラニスタの怒りを買ってしまっていた。

ミランの本拠地であるサン・シーロで行われた6日のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ準決勝では、先発出場したドンナルンマに対して大ブーイング。ハーフタイムには涙を流す姿も見られた。

ただ、ドンナルンマはファンの厳しい反応後も「動揺はしたけど(ファンの反応は)当然のこと。僕はここで育ち、常にミラノのファンだった。8年は簡単に忘れられない」と、母国のテレビ番組『レ・イエネ』にコメント。さらに、自身の右腕に施した大きなミランのエンブレムのタトゥーも披露した。

記者の「パリに着いたらどうするの?」という質問に「うーん、その時になったら分かるよ」とはぐらかし気味に答えたドンナルンマ。これは一時的に企画として入れられたものだが、果たして実際に入れることでミランへの忠誠を誓うのだろうか。

ただ、その場合には今度はPSGファンの反感を買わないかが心配ではあるが、15日のリーグ・アン第10節、ホームでのアンジェ戦ではタトゥーの行方にも注目したい。

1 2

関連ニュース
thumb

31歳バロテッリ、約3年半ぶりのイタリア代表招集へ

アダナ・デミルスポルに所属するFWマリオ・バロテッリ(31)が、イタリア代表に招集されるようだ。 今シーズンからトルコのアダナ・デミルスポルへと加入したバロテッリ。主力としてここまで公式戦20試合に出場し、8得点4アシストと好成績を残している。 そうした中、イタリア『スカイ』はトルコの地で復活の兆しを見せるバロテッリに、イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が接触したと報道。1月末のインターナショナルウィークに向けて2018年9月以来、約3年半ぶりの招集を受けることになるという。 若くしてインテルで華々しくキャリアをスタートしたバロテッリは、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールといった名立たるビッグクラブでプレー。イタリア代表としても36試合で14ゴールを記録し、21歳で臨んだユーロ2012では準決勝のドイツ代表戦で2ゴールを記録するなどの活躍でチームの準優勝に大きく貢献した。 しかし、以前から問題となっていた素行不良とともに、20代半ばに差し掛かったところで徐々にパフォーマンスが低下。近年は継続して結果を残せていない印象だが、インテルやシティでタッグを組んだマンチーニ監督のもと、アズーリで再び輝くことができるだろうか。 2022.01.22 22:09 Sat
twitterfacebook
thumb

これがバロテッリ流! ゴールを決めたチームメイトをハイキックで祝福「この男は本当にクレイジー」

トルコのアダナ・デミルスポルに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリの行動が、またしても大きな話題を振り撒いている。 今シーズンからスュペル・リグに昇格したアダナ・デミルスポルへと加入したバロテッリ。トルコでも傍若無人ぶりを発揮しており、8月の試合では途中交代に不満を持ったのか、ベンチに戻った後にすね当てを投げ付け、となりの選手へ八つ当たりのパンチを見舞った。 9月21日のベシクタシュ戦ではゴールを決めた際、過去に「脳がない」と指摘された相手指揮官、セルゲン・ヤルチン監督に対して自分の頭を指差して挑発するようなジェスチャーを見せ、8年越しの復讐などと話題をさらっていた。 そんな中、21日に行われたガラタサライ戦では、ゴールを決めたチームメイトに対して手荒な祝福。MFユヌス・アクギュンにぬるぬると近づいていくと、左ハイキックを側頭部にお見舞いして見せた。 バロテッリ流の祝福方法にはファンも驚きだ。「この男は本当にクレイジー」、「アダナスタイル」、「ペナルティだと思います」など、賛否が分かれることとなった。 バロテッリ自身はここまでリーグ戦17試合に出場し、6ゴールを記録。この日は得点を奪えなかったものの、MFユヌス・アクギュンの2ゴールでチームは2-0で勝利を収めた。今後もゴール後のバロテッリから目が離せない。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴールを決めたチームメイトにハイキックを見舞うバロテッリ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Mario Balotelli, Yunus Akgün&#39;ü tebrik ediyor! <a href="https://twitter.com/hashtag/Seviyoruz%C4%B0%C5%9Fte?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Seviyoruzİşte</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/ADSvGS?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ADSvGS</a> <a href="https://t.co/LMDIqhX5KP">pic.twitter.com/LMDIqhX5KP</a></p>&mdash; beIN SPORTS Türkiye (@beINSPORTS_TR) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_TR/status/1473357714713718788?ref_src=twsrc%5Etfw">December 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.22 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

UEFAネーションズリーグ2022-23の組み合わせが決定! ユーロ王者イタリアはドイツ、イングランド、ハンガリーと対戦

欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、2022年6月にスタートするUEFAネーションズリーグ2022-23のグループリーグ分け抽選会を行った。 2022年11月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)の影響で、例年より早い6月~9月に開催されるUEFAネイションズリーグ。既に、レギュレーションや出場する55カ国のリーグ分けが発表されており、今回はリーグ内でのグループ分けが決められた。 最上位のリーグAでは、前回王者フランスがデンマークやクロアチア、オーストリアと同じグループ1に入り、グループ2には初代王者のポルトガル、スペイン、スイス、チェコが同居。 また、グループ3に入ったユーロ2020王者イタリアは、ユーロ準優勝のイングランドやドイツ、ハンガリーと同居。FIFAランク首位のベルギーは、オランダ、ポーランド、ウェールズと同じグループ4に入った。 試合は2022年6月から9月の間にホーム&アウェイで試合が6試合が開催される。また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格。 リーグCについてはリーグDから昇格するチームが2チームのため、リーグC最下位4チームによるホーム&アウェイの降格プレーオフを行ない降格2チームを決定する。各リーグ内のグループ分けは以下のとおり。 【リーグA】 ◆グループ1 フランス、デンマーク、クロアチア、オーストリア ◆グループ2 スペイン、ポルトガル、スイス、チェコ ◆グループ3 イタリア、ドイツ、イングランド、ハンガリー ◆グループ4 ベルギー、オランダ、ポーランド、ウェールズ 【リーグB】 ◆グループ1 ウクライナ、スコットランド、アイルランド、アルメニア ◆グループ2 アイスランド、ロシア、イスラエル、アルバニア ◆グループ3 ボスニア・ヘルツェゴビナ、フィンランド、ルーマニア、モンテネグロ ◆グループ4 スウェーデン、ノルウェー、セルビア、スロベニア 【リーグC】 ◆グループ1 トルコ、ルクセンブルク、リトアニア、フェロー諸島 ◆グループ2 北アイルランド、ギリシャ、コソボ、キプロスorエストニア ◆グループ3 スロバキア、ベラルーシ、アゼルバイジャン、カザフスタンorモルドバ ◆グループ4 ブルガリア、北マケドニア、ジョージア、ジブラルタル 【リーグD】 ◆グループ1 リヒテンシュタインカザフスタンorモルドバ、アンドラ、ラトビア、リヒテンシュタイン ◆グループ2 マルタ、キプロスorエストニア、サンマリノ ※2020-21シーズンでリーグCの最下位となったカザフスタン、モルドバ、キプロス、エストニアについては2022年3月に行われる降格プレーアウトでリーグC残留かリーグD降格かが決定する。 2021.12.17 02:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ヤシン・トロフィーにユーロ優勝の伊代表守護神ドンナルンマ! 「大きな誇り」と喜びの心境

バロンドールを主催する『フランス・フットボール』が29日に授賞式をパリで執り行い、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマがヤシン・トロフィーを受賞した。 元ソビエト連邦代表でGKとして唯一バロンドールを受賞したレフ・ヤシン氏の名を冠して2019年から新設されたヤシン・トロフィー。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となったが、GK版のバロンドールとも評される同賞にイタリアの若き守護神ドンナルンマが輝いた。 ブラジル代表GKアリソン(リバプール)に続く受賞者となるドンナルンマは昨季、8年ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したミランで公式戦48試合に出場して、15回のクリーンシートを記録。イタリア代表でも今夏のユーロ2020で優勝に貢献し、個人も大会最優秀選手に輝いた。 チェルシーのCL優勝に貢献したセネガル代表GKエドゥアール・メンディや、アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラク、マンチェスター・シティのブラジル代表GKエデルソンらを抑えて、栄冠に輝いたドンナルンマは受賞後、SNSを通じて喜びの心境を語っている。 「ヤシン・トロフィーの受賞は大きな誇りだ。カステッランマーレ・ディ・スタービアで生まれ、ミランに行き、そして今やパリにいる。すごく長い道のりで、たくさんの変化もあった。人生は旅のようなものだ」 「そのなかで、いくつかの大きな夢をすでに叶えることができた。僕はラッキーな男だと思っている。この賞もそう思えるその1つだ。でも、ほかにもまだ追い求めたいことがたくさんある」 2021.11.30 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「まずはトルコ」イタリアとPOで同居もポルトガル代表指揮官は目の前の試合を見据える

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの組み合わせにコメントした。FIFAが伝えた。 欧州予選は11月の戦いをもって全ての日程が終了。W杯出場を決めた国がある一方で、プレーオフで残りの枠を争わなければいけない国も出てきた。 そんな中、26日に抽選が行われ、ユーロ2016を制したポルトガル代表が、ユーロ2020を制したイタリア代表とグループCで同居するという異例の事態となった。 今回プレーオフに進出する12カ国の中でFIFAランキングで上位の2カ国のどちらかしかW杯には出られないという状況となったわけだが、サントス監督はこの結果について言及。まずは初戦のトルコ代表戦が大事だと強調した。 「イタリアについて考えるに値しない。トルコに勝つことに集中することが大切だ。決勝に進んだ場合、どうやって勝つかを考え始める」 「もちろん、決勝はホームで行われるが、まずはトルコに勝たなければいけない。ホームでの試合は有利だ」 「観客が応援してくれることも重要だが、移動に時間をかけずに済むという点でもメリットがある」 2021.11.27 18:07 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly