富山が履正社高校GK平尾駿輝の来季加入内定を発表「信頼されるゴールキーパーを目指します」

2021.10.14 11:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
カターレ富山は14日、履正社高校のGK平尾駿輝(18)の来季加入内定を発表した。

平尾は大阪府出身。右利きで186cm、83kgの体格を誇る。

富山は平尾について「抜群の身体能力を武器にシュートストップやキックの精度が高いGK。技術面の吸収力・成長スピードは目を見張るものがあり、優れた人間性を兼ね備え、後方からのリーダーシップが期待できる将来有望株」とプレーの特長を紹介している。

平尾はクラブについてコメントしている。

「『平尾が守れば1点取れば勝てる』と言われるような信頼されるゴールキーパーを目指します」


関連ニュース
thumb

富山が2年目のGK田中勘太と契約満了「富山のJ2復帰、J1昇格を心から願っております」

カターレ富山は6日、GK田中勘太(23)との契約満了を発表した。 田中はベガルタ仙台の下部組織で育ち、ユースからびわこ成蹊スポーツ大学へと進学。2020年に富山へと入団した。 ルーキーイヤーの2020年は明治安田生命J3リーグで3試合に出場したものの、今シーズンは出番はなかった。 田中はクラブを通じてコメントしている。 「2年間という間でしたがいつも温かい応援ありがとうございました。カターレ富山では出場機会は少なくピッチでプレーする姿を皆さんにお見せすることは少なかったですが、サッカー選手として1人の人間として多くのことを学ばせて頂きました」 「こんな自分にいつも優しく接してくれたチームメイトの皆さんには本当に感謝しています。カターレ富山のJ2復帰、J1昇格を心から願っております。2年間本当にありがとうございました」 2021.12.06 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

富山、10番の花井聖と契約更新せず 「後悔はありません」

カターレ富山は6日、MF花井聖(32)との来季契約非更新による退団を発表した。 花井は下部組織時代から過ごす名古屋グランパスでプロデビュー後、徳島ヴォルティス、V・ファーレン長崎、ギラヴァンツ北九州を転々。2019年から富山に活躍の場を移した。 その初年度から主力としてプレーするなかで、2年目から背番号「10」に変更。だが、3年目は出番を減らして、明治安田生命J3リーグ15試合1得点、天皇杯2試合出場にとどまった。 3年を過ごした富山から契約満了で去る花井はクラブを通じて別れの挨拶をした。 「今シーズン限りでカターレ富山を退団することになりました。3年間応援していただきありがとうございました。3年前は富山のこと何も知らなくて、知ってる人もほとんどいなかったけど、この3年間で富山の素敵な場所をたくさん知り、たくさんの人と出会いました。3年前は何も知らなかった場所なのに、これで富山を離れると思うととても寂しく感じます」 「毎シーズン昇格という目標を掲げ、その目標を達成するために日々努力してきましたが昇格することが出来ずサポーターの皆さんには申し訳なく思っています。個人的には今シーズンの後半戦はなかなか試合に出られずチームの助けになれなかったことがとても悔しいですし心残りです。ですが3年間自分なりにカターレのために精一杯力を出し尽くしたつもりでいるので後悔はありません」 「もっと話したいことはあるのですが、文章が長すぎると皆さんも読む気なくしちゃうと思うのでこの辺にしておきます。最後にサポーターの皆さん、常に僕の背中を押してくれてありがとうございました。皆さんの声援のおかげで3年間頑張れました。お別れは寂しいですがまたどこかで会えるのを楽しみにしています」 「来年もカターレのために戦う選手たちには最大限の愛情を持って接してあげてください。負けることもあるでしょう。うまくいかないこともあるでしょう。文句を言うのは簡単です。ネガティブな言葉というのは選手の耳に入ってきたりもします。選手もスタッフもサポーターもひとつのチーム、家族です。うまくいかない、そういう時こそ皆さんの愛で前向きな声かけで背中を押してあげてください」 「成功も失敗も、良い時も悪い時も、共に感じ、分かち合い、共に進んでゆく、そんな素敵な関係であってほしいと願っています。皆さんが愛するクラブならばそうであるべきだと僕は思います。長くなりましたが、カターレ富山に関わる全ての皆さん、3年間本当にありがとうございました。今後のカターレ富山の躍進を心より願っています」 2021.12.06 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

J3得点王はキャリアハイの13得点を決めた岐阜MF川西翔太、宮崎の躍進支えた2人も上位に

明治安田生命J3リーグの全日程が5日に終了。FC岐阜のMF川西翔太が得点王に輝いた。 岐阜の背番号10を背負う川西は、今シーズンのJ3リーグで26試合に出場。2試合のみ欠場したが、自身のキャリアハイだった昨シーズンの10得点を上回り、13得点を記録。見事にJ3の得点ランキングで1位に立った。 チームは上位を争う時期もあったが、早々に昇格争いからは脱落。6位でフィニッシュしていた。 2位には今季からJ3に昇格したテゲバジャーロ宮崎のFW 藤岡浩介がランクイン。自身初のJリーグの舞台だった、全28試合に出場し10得点を記録。チームの3位躍進に大きく貢献していた。 3位には9得点で6人が並ぶ状況に。最終節でゴールを記録したガイナーレ鳥取のFW田口裕也や鹿児島ユナイテッドFCのFW米澤令衣も9得点として並ぶことに。その他、カターレ富山のFW大野耀平、テゲバジャーロ宮崎のFW梅田魁人、AC長野パルセイロのMF三田尚希、福島ユナイテッドFCのFW樋口寛規が並んだ。 ◆J3得点ランキング 【13】 川西翔太(FC岐阜) 【10】 藤岡浩介(テゲバジャーロ宮崎) 【9】 大野耀平(カターレ富山) 田口裕也(ガイナーレ鳥取) 米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 梅田魁人(テゲバジャーロ宮崎) 三田尚希(AC長野パルセイロ) 樋口寛規(福島ユナイテッドFC) 【8】 イスマイラ(福島ユナイテッドFC) 高橋利樹(ロアッソ熊本) 2021.12.05 17:28 Sun
twitterfacebook
thumb

富山が佐々木一輝と田中佑昌の今季退団を発表

カターレ富山は4日、MF佐々木一輝(30)とMF田中佑昌(35)の契約満了による今季の退団を発表した。 2013年に京都産業大学から徳島ヴォルティスに入団してプロキャリアをスタートさせた佐々木は、2017年から富山でプレー。ここまで明治安田J3リーグで通算50試合に出場して9ゴール1アシストを記録していたが、在籍5年目の今季は6試合の出場に留まっている。 田中はアビスパ福岡、ジェフユナイテッド千葉、ヴァンフォーレ甲府を経て2020年に富山に移籍。加入初年度となった昨季はリーグ戦16試合に出場して3ゴール2アシスト、今季は11試合で1ゴールを記録している。 両選手はクラブを通じて別れの言葉を残した。 ◆MF佐々木一輝 「今季限りでチームを退団することになりました。まずは、5年間応援していただきありがとうございました。ここでは語れないほど、色々な事がありました」 「昨年のコロナ禍で厳しい状況の中、胸スポンサーに名乗りを上げてくれた株式会社IACの茶山社長をはじめ、数々の企業の皆様。無観客の試合が続く中、画面を通して声援を送ってくれ、有観客の試合には足場の悪い日にもスタジアムに足を運んでくれたファン・サポーターの皆様。ホームの試合の前日には夜遅くまでスタジアムの設営をしてくれたフロント、ボランティアスタッフの皆様」 「名前をあげればキリが無いほどの人たちに支えられ、プレーすることができました。本当にありがとうございました!」 「そして1年目以降、怪我の多かった僕を5年間もチームに居させてくれたチームには本当に感謝しています。だからこそ、在籍している間にJ2に戻りたかった。慣れ親しんだ富山の人たちと、これ以上ない喜びを分かち合いたかった。悔しいの一言です。力になれず申し訳ありませんでした」 「今季は色々思うところはありましたが、それでもやっぱりここが好きだなぁ。と今、改めて感じています」 「目標達成できるよう今後のカターレ富山の躍進を願っております。日曜日のホーム最終戦絶対に勝ちましょう!最後に皆さんに会えるのを楽しみにしています。5年間本当にありがとうございました!」 ◆MF田中佑昌 「今シーズン限りでカターレ富山を退団する事になりました。2年間という短い期間でしたがカターレ富山の一員としてみなさんと共に闘えて幸せでした」 「唯一の心残りはカターレ富山をJ2復帰させる事ができなかったのがとても悔しいです。試合にもあまり出れずチームに貢献できなくて申し訳ないです。もっと他に自分がチームの為にできる事があったんじゃないか、若い選手達にもっと色んな事を伝えられたんじゃないかと思ってしまいます」 「家族みんなで応援してくれる方々や選手にいつも美味しいご飯を食べさせてくれるお店の方々など富山に来て素晴らしい人達と出会えてとてもいい経験もさせて頂きました。ありがとうございました」 「来年こそはカターレ富山が必ずJ2復帰できるように応援しています。そしてその為には皆さんのサポートが必要です。来シーズンもカターレ富山で戦う選手達を宜しくお願いします!」 「2年間沢山の熱い声援、応援本当にありがとうございました!」 2021.12.04 18:43 Sat
twitterfacebook
thumb

大﨑淳矢が富山を退団…地元でプレーできなかった悔しさ滲ませる「毎日が辛かった」

カターレ富山は4日、MF大﨑淳矢(30)が今季限りで退団することを発表した。 サンフレッチェ広島ユース出身の大﨑は、2種登録だった2009年にトップチームデビューを果たし、翌年から正式にプロキャリアをスタート。しかし、出場機会に恵まれなかったこともあり、2013年に期限付き移籍で当時J2の徳島に加入すると、主力としてJ1昇格に貢献した。 その後、期限付き移籍期間を含めて5年過ごした徳島を退団し、レノファ山口FCと栃木SCに加入。今季から地元クラブのカターレ富山に加わった。 だが、退団発表の4日現在で一度も出場しておらず、活躍を誓った地元でまさかの境遇に置かれてしまった。大﨑はクラブ公式サイトを通じて、その悔しさをあらわにした。 「この度カターレ富山を退団することになりました。地元という事もあり、富山に移籍する事が決まったときは、僕の全てをかけて戦うことを心に誓った日のことは今でも覚えてます」 「少しだけ僕の思いをきいてください」 「正直この1年苦しい事が多かったです。なかなか変わらない状況をどうにかしようと必死にもがき、突破口を必死にさがしました。それでも現状はかえられず正直毎日が辛かったです」 「それでも富山を盛り上げたい。富山を元気にしたいという思いでどうにか1年間やりきることができました」 「僕の大好きだった草島のグランド。その地で初めてプロサッカー選手に本気でなりたいと思いました。そしてこうして同じ場所にプロサッカー選手として戻ってこれて本当に幸せでした」 「僕のこれからはどうなるかわかりませんが、今やってる活動は続けてやっていきたいと思っています。自分が小さい頃にアローズ北陸の選手を見て夢を抱いたように、富山の子供たち、未来のカターレ戦士たちに夢を見させてあげたいからです。そして、愛する地元の為に」 「最後に、家族、両親、兄、そして今年亡くなったじいちゃん、ばあちゃんに地元でプレーする姿を見せてあげれなくて本当にごめん。だけど、本当に感謝しています。貴方達がいたからなんとか頑張れました。ありがとう」 「そして僕にかかわってくださった全ての方に心から感謝を伝えます。ありがとうございました」 2021.12.04 17:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly