「付き合ってください」アーセナルで好調の岩渕真奈が公開したオフショットにファン興奮「惚れる」「カッコ良すぎ」

2021.10.12 12:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
なでしこジャパンのFW岩渕真奈が公開したショットが話題を呼んでいる。

今シーズンから加入したアーセナルでは、チームの好調に合わせて岩渕もゴールを量産。8月の月間最優秀ゴールに選ばれると、今月に入っては、今シーズンのFA女子スーパーリーグ(WSL)で初ゴールを記録していた。

新天地でも好調を維持し、ファーストチームの日本代表DF冨安健洋とともに、日本人2人がアーセナルのファンの心を掴んでいる中、インスタグラムにオフショットを公開。それが話題となっている。

ピッチで弾ける笑顔とは打って変わって、キリっと締まった表情の写真を掲載。岩渕は「撮らなきゃいけない動画撮ってた流れでちょっとだけかっこつけたら男の子みたいになりました笑」と、ボーイッシュな仕上がりになったことを報告した。

それもあってなのか、「今日は綺麗目な服と靴とアクセサリーと化粧品を買いに行ってきます…急遽必要って言われたけどなんにもなくて…あーーーめんどくさい」と投稿した写真とは真逆のものが必要だったと明かし、「生まれ変わったら次は男の子がいいです笑」と男子に憧れるとしていた。

イケメンショットには多くのファンもコメント。「惚れる」、「かっこよ」、「可愛いしかっこいい」、「カッコ良すぎ」、「イケメン」と称賛の声が。さらに「付き合ってください」とストレートなコメントも届き、ファンを興奮させていた。



1 2

関連ニュース
thumb

初陣は黒星、なでしこジャパン池田太監督が振り返る「色々な気づきがあったことが良かった」

なでしこジャパンの池田太監督が、初陣となったアイスランド女子代表戦を振り返った。 なでしこジャパンは25日、国際親善試合でアイスランド女子代表と対戦。池田新体制にとっての初陣となった試合だった、0-2で敗れた。 ボールを握るなでしこは、ポゼッションというところでは要所に良さを見せるも、ゴールに迫るシーンが作れない。すると相手の得意な形から失点。要所に良さも見せる中、後半にも失点し、0-2で敗戦となり、初陣を飾れなかった。 試合後、池田監督は試合を振り返り、敗戦したことを残念がった。 「0-2という結果は非常に残念に思いますし、こちらに来て短い準備の中、選手たちに共有し、トライしてもらうというところでは、選手のピッチでの取り組みが見られたことは1つ収穫として残ったところです」 そんな中、要所で見せていた組み立ての部分については「どうやって前進していこうかというところでは、早い準備を求めていましたし、サポートの角度も意識して連続していこうというところで、自陣から相手陣に入るところまではできた部分はあったと思います」とコメント。「最後のアタッキングサードでの停滞感、フィニッシュまで繋がるところの共有はまだまだというのが正直なところです」と、シュートシーンでの精度やアグレッシブさには物足りなさを感じたようだ。 ただ、2度目の合宿でありトレーニングもオランダ入りして2度しかしていない状況。その点を踏まえ、「もちろん、もっともっと合わせていく部分は必要だと思いますし、可能な選手たちだと思います。ただ、単純なミスも多いので、そこの精度も求めていきたいです」と、コンビネーションは上げられるとしながらも、プレー精度を上げたいと語った。 一方で、失点シーンは相手の得意な形でやられてしまった。その点については「試合開始から少し相手の中盤に対する守備の同時性が足りなく、展開されてしまう。大きな展開をされる前に我々が奪うというところは上げていきたいですし、展開された後の守備の粘り、組織の構築もこれから構築する必要があると思います」と語り、しっかりと修正したいとした。 この試合では、DF熊谷紗希(バイエルン)、FW岩渕真奈(アーセナル)はベンチ入りも起用されなかった。先発メンバーの選び方については「海外との対戦に関して、経験を積みながら、もちろん勝利を目指していましたが、選手の組み合わせ、ポテンシャルを見たいと思っていましたし、コンディションを含めた全体のバランス、見たい選手のバランスを考えてメンバーを選びました」とコメント。様々な要素を考えての選考とした。 その中で、これまでセンターバックで起用されていたDF宝田沙織(ワシントン・スピリット)を左サイドバックで起用した理由については「相手のワイドな選手にはスピードがストロングな選手がいたので、宝田選手のスピード、または高さというところのプラス要素を考えて起用しました」とコメント。プレーぶりについては「宝田選手のプレーに関しては、守備もそうですが、そこから出ていく推進力もそうですし、力を発揮してくれたと思います」と、一定の評価を下した。 このチームのコンセプトである「奪う」という点についても言及。ある程度できた部分もあったと、初陣での手応えを語った。 「前から守備に行くというところで、もちろん相手のボールの動かしに対して、相手の立ち位置に対してどう守備をしていくかというところで、2トップが相手の中盤を見ながら、アンカーを消していくというところもありましたし、我々のボランチがそこを見るということもありました」 「ピッチ内、または選手たちがそれを感じて、修正するというところもできたところもありました。もっともっとスムーズに早い段階でコミュニケーション取りながらやれた方がベストですが、色々な気づきがあったことが良かったです」 次はオランダ女子代表戦が控えている。そこに向けては「今の段階では自分たちが積み上げたものをまずはぶつけていこうと思っています」と、自分たちがどこまで通用するかを見たいとし、「アグレッシブなプレーを選手たちに求めたいですし、相手のやり方をもっと分析してやらなければと思っていますが、まずは積み上げてきているものをぶつけてみようと思っています」と、オランダ戦もスタイルを貫いて戦いたいと語った。 2021.11.26 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

新生なでしこジャパンの初陣はアイスランドに完敗…要所で見せた可能性を次節オランダ戦へ《国際親善試合》

なでしこジャパン(日本女子代表)は25日、国際親善試合のアイスランド女子代表戦をオランダのヤンマースタジアムで戦い、0-2で敗戦した。 2019年のフランス女子ワールドカップ(W杯)はベスト16、自国開催となった東京オリンピックをベスト8で終えたなでしこは、高倉麻子前監督の退任に伴い、池田太氏を新指揮官に招へい。 2カ月後にW杯予選を兼ねるAFC女子アジアカップインド2022を控える中、現在欧州遠征中のチームは、新体制初の対外試合となる今回の一戦でアイスランドと対戦した。 注目の新生なでしこの初陣のメンバーはGKに池田咲紀子、4バックに右から清水梨紗、南萌華、三宅史織、宝田沙織。中盤は右から成宮唯、猶本光、長野風花、長谷川唯。2トップに小林里歌子、植木理子のベレーザコンビが起用された。なお、26歳のMF成宮はこれが代表デビュー戦となった。 立ち上がりは自分たちでボールを握って右サイドでのコンビネーションを起点に相手を押し込む形を作ったなでしこ。 しかし、フィニッシュまであと一歩という状況が続くと、14分には中盤でのボールロストから右サイドのスベインディス・ジェーン・ヨンスドッティルに展開されると、そのままボックス右まで持ち込まれて右足のシュートを許す。シュートはGK池田の守備範囲だったものの、ボールを弾き切れずにゴール左隅へ決まった。 相手の狙いの形から先手を許したなでしこは、すぐさま反撃を開始。前からボールを奪いに行く積極性を見せつつ、ボックス付近で小林が続けてシュートまで持ち込んでいく。 一方、失点後の守備の局面では高さやフィジカルの優位性を生かすアイスランドのシンプルな背後への攻めやクロスに苦戦。とりわけ、スベインディス・ジェーン・ヨンスドッティルのロングスロー、セットプレーの局面で後手を踏む場面が散見。30分にはそのロングスローの流れからゴール前で混戦を作られると、アルベルツドッティルにクロスバー直撃のシュートを打たれるピンチも招いた。 その後、前半終盤にかけては内と外でボールを出し入れしながら長谷川らを起点としたコンビネーションで相手の堅守攻略を図るも、決定機らしい決定機を作れぬままハーフタイムを迎えた。 後半もスタートは同じメンバーで臨んだなでしこだが、幾度か良い背後への抜け出しを見せるものの、ことごとくオフサイドとなる。流れを変えたい池田監督は57分、成宮、猶本を下げて宮澤ひなた、隅田凜を最初の交代カードとして投入。この変更で若干攻撃のアプローチに変化が生まれるも、相手を脅かすまでには至らず。 逆に、70分には相手最終ラインからのフィードに反応したスベインディス・ジェーン・ヨンスドッティルに右サイドのスペースへ抜け出されると、そこからの折り返しを、ゴール前のベルグリンド・ビョルグ・ソルバルズドッティルにワンタッチで押し込まれ、1失点目と似たような形から痛恨の2失点目を喫した。 何とか一矢報いたいなでしこは76分に長谷川、小林を下げて林穂之香、田中美南を同時投入。以降もブレないスタイルで相手ゴールを目指したものの、最後まで攻撃の糸口を見いだせないままタイムアップを迎えた。 これまで3戦全勝だったアイスランド相手に完敗の新生なでしこは、池田新体制の初陣を飾ることはできず。今回の敗戦で出たチームとしての課題を短い期間に修正し、現地時間29日に行われるオランダ女子代表との一戦に臨むことになった。 なでしこジャパン 0-2 アイスランド女子代表 【アイスランド】 スベインディス・ジェーン・ヨンスドッティル(14分) ベルグリンド・ビョルグ・ソルバルズドッティル(70分) 2021.11.26 05:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【なでしこジャパンプレビュー】池田太監督は初陣を勝利で飾れるか? 戦術や相手の対策などは…【国際親善試合】

欧州遠征を行っている新生なでしこジャパンは25日、国際親善試合でアイスランド女子代表とオランダのヤンマースタジアムで対戦。池田太監督就任後、初の対外試合となる。 2019年のフランス女子ワールドカップ(W杯)はベスト16、自国開催となった東京オリンピックではベスト8と、近年のなでしこジャパンは欧米各国と水をあけられている。10月1日、高倉麻子前監督の退任に伴い、池田太氏がなでしこジャパンの新監督に就任。2018年にU-20日本女子代表を率いてU-20フランス女子W杯を制した実績の持ち主には、復権に向けて大きな期待が寄せられている。 各選手からもトレーニングの段階から監督の熱量は高いという声が聞かれた。今回のアイスランド戦が池田太体制初の実戦となるため、どのような戦い方を披露するのかに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">◆メンバー・戦術に変更は</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20211125_28_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎JFA/PR<hr></div> 10月の国内合宿では今年開幕したWEリーグで結果を残している選手に加え、先述のU-20W杯優勝メンバーも多数招集されている。代表未経験者というくくりではGK田中桃子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)とMF成宮唯(INAC神戸レオネッサ)がフレッシュと言えるだろう。2人とも引き続き今回の遠征メンバーに選出されている。 また、高倉監督時代には常に声がかかっていたMF中島依美(INAC神戸レオネッサ)や、セービングの点では国内トップともいえるGK山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)がメンバーから漏れたことも大きく異なる点だろう。 その他、初陣ということもあり、どのようなシステム・立ち位置で臨むかには大きな関心が寄せられる。これまでの日本は[4-4-2]をベースとすることが多く、池田太監督もU-20時代には[4-4-2]を採用していた。ただ、世界的には[4-3-3]を採用する国も増えており、WEリーグではINAC神戸やマイナビ仙台レディース、ジェフユナイテッド市原・千葉レディースなどが3バックを継続している。もちろん[4-4-2]が悪いという意味ではなく、選手の適性や相手とのかみ合わせなどを踏まえたうえでの戦術が求められるだろう。 気がかりなのはFW岩渕真奈(アーセナル/イングランド)の状態だ。アーセナルではベンチ外が続いており、代表合流後も別メニューで調整中。居ると居ないとでは明らかに攻撃の質が変わるだけに、可能ならばピッチに立ってもらいたい。 <span class="paragraph-title">◆キーワードは『奪いにいく守備』</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20211125_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©︎JFA/PR<hr></div> 合宿やこれまでのトレーニングを通じて多くの選手が口にしていることが、守備のチャレンジという点だ。過去のなでしこジャパンでは、ある程度引いて構えることが多かったが、池田太監督は「懐まで奪いにいく」守備を選手に求めているようだ。 DF清水梨紗(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は監督が「アグレッシブに前から取りに行くという戦術を持っている」と語っている。背後のスペースを気にし過ぎるよりは、運動量を生かして高い位置からプレッシャーを掛け、球際にも厳しくいくような守備戦術を採用する可能性が高そうだ。 指揮官自身も「相手陣内でボールを奪えればゴールに近いですし、奪い回数も増えてマイボールにして、攻撃回数を増やしたいというのがあるので、強調しています」と述べている。 前線から運動量多くプレッシャーを掛けるという面では、スピードもアグレッシブさもあるFW植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)や、ドイツで対人守備の重要性を認識したMF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)などは戦い方に合致しそうだ。MF林穂之香(AIKフットボール/スウェーデン)もコンタクトプレーでは引けを取らない。 また、リヨンやバイエルンではボランチでもプレーしたDF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ) は「チャンスがあれば代表でも」と口にしている。なでしこジャパンではセンターバックを務めることが多かったが、中盤の守備強度を上げるのであれば、ボランチ・熊谷もありだろう。”ピッチの中心”にチームの支柱を置くという効果も期待できる。 <span class="paragraph-title">◆アイスランドの戦い方は</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/get20211125_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> アイスランドとは対戦成績は日本の3戦3勝。2015、2017、2018年に、いずれもアルガルヴェ・カップで対戦している。 アイスランドのメンバーにはバイエルンで熊谷とともにプレーするグロディス・ヴィッゴスドッティルやカロリナ・ビルヒャルムスドッティルなどがいる。さらには長谷川唯や林のチームメイトも存在。なお、チームの中心であるサラ・ユナルスドッティルは産休中で招集されていない。 アイスランドの武器はクロスやセットプレーで、得点の多くはサイドからの攻撃によるものだ。FWスベインディス・ヨンスドッティル(クリシャンスタード/スウェーデン)はロングスローを得意としている情報も入っており、高さやフィジカルで劣る日本はボックス内での守備に手を焼きそうだ。 流れの中であれば、まずはクロスを上げさせない追い込み方をするなどの工夫が必要だろう。ボックス内ではタイトに体を当てて自由を奪い、セットプレー時であればサンドも考えていいかもしれない。いずれにせよ、日本のウィークポイントと重なるだけに、今後強豪国と対戦するにあたってのシミュレーションにもなるはずだ。 日本は2カ月後にW杯予選を兼ねるAFC女子アジアカップインド2022が控えている。先を見据えるという意味でも、初戦を勝って幸先の良いスタートを切りたいところだ。 2021.11.25 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

池田監督のサッカーをよく知るDF宝田沙織、FWからDFに変わるも「やり方が難しいということはない」

24日、翌日にアイスランド女子代表戦を控えたなでしこジャパンのDF宝田沙織(ワシントン・スピリット)がオンラインのメディア取材に応じた。 10月に池田太監督が就任し、新体制が発足したなでしこジャパン。10月には国内組だけで合宿を行い、今回のオランダ遠征では海外組5名が加わって、初陣を迎える。 遠征地のオランダではトレーニングを2日しか行えない状況。その中で、海外組として初めて合流した宝田は「池田監督になって初めての国際大会という中で、新メンバー、色々な選手とやれるので、まずはたくさんの人とコミュニケーションを取りながら1試合1試合を良いものにしていきたいと思います」と、新たなチームとしてしっかりとコミュニケーションを取りたいとした。 元々はFWでプレーし、現在はCBでプレーする宝田。今回もDFとしてプレーすることになるが「チームでも色々なポジションをやらせてもらっているので、代表でもどこで出ても自分らしくプレーできればと思っています」とコメント。「好きなポジションもありますけど、今はどこで出ても恐れずにやっていきたいと思っています」と、求められる場所でのプレーも問題ないとした。 ディフェンダーとしての経験も積んできている宝田は「去年からディフェンスをし出すことが多くなって、そこらへんからディフェンスへの意識だったり、やり方を学んできているので、そこは良い感じで切り替えられていると思います」と、自覚も徐々に出てきているようだ。 その宝田だが、池田監督が指揮した2018年のU-20女子ワールドカップで優勝したメンバーの1人。当時との監督の変化については「U-20の時も監督がすごくパワフルで元気というイメージが強かったですが、今も変わらず練習でも監督の熱を感じてあたらめて懐かしいなという気持ちです」と語り、あまり変わっていないと語った。 一方で自身は当時はFWとしてゴールを量産していた中、現在はCBとなっている。「U-20の時と言っていたこととはあまり変わっていないで、自分のポジションが変わっただけなので、やり方が難しいということはないです」と語り、コンセプト自体は変わらないため、難しさは感じていないようだ。 その池田監督が求めるサッカーで重要なことについては「全体的にアグレッシブで、全員サッカー、全員攻撃、球際でも気持ちで負けないということはチームとしてやっていることだと思います」と、アグレッシブさは攻守にわたって欠かせないようだ。 改めて東京オリンピックについて振り返った宝田は「出場時間がなかなかなくて、そういうところではもっとオリンピック後にはやっていかないという思いが強くなったのと、世界は進んでいて、技術もそうですし、フィジカル面でも成長しないとワールドカップで優勝するのは無理かなと思ったので、オリンピック後はレベルアップしなければいけないなと思いました」と、世界との差を感じた大会だったという。 この先目指す上で必要なことについては「まずはそこに選ばれるようにチームとしても、普段の練習も試合も結果を求めていかないといけないのと、優勝するためにはということを常に考えて行動することが大事です」とコメント。「フィジカル面だったり、海外に負けないような取り組みをしていきたいと思います」と、アメリカの地でさらに磨いていくことが大事だとした。 2021.11.24 23:55 Wed
twitterfacebook
thumb

久々の代表での試合を迎えるMF隅田凜「とにかくアグレッシブにチャレンジしていきたい」

24日、翌日にアイスランド女子代表戦を控えたなでしこジャパンのMF隅田凜(マイナビ仙台レディース)がオンラインのメディア取材に応じた。 10月に池田太監督が就任し、新体制が発足したなでしこジャパン。10月には国内組だけで合宿を行い、今回のオランダ遠征では海外組5名が加わって、初陣を迎える。 遠征地のオランダではトレーニングを2日しか行えない状況。その中で、隅田はこの試合でのテーマについて「新体制になって初めての海外との試合ということで、自分たちも海外組と合流して、新鮮なことが多い中での試合です」と語り、「考えすぎるというよりは、とにかくアグレッシブにチャレンジしていきたいですし、サッカーの部分でも合わないこともあると思いますが、それを試合の中でトライして修正してということをみんなで声を掛け合ってやりたいです」と、アグレッシブさを失わないでプレーしたいと語った。 今回の合宿ではミーティングにも時間を多く割いているが「毎日のミーティングでも最後のゴール前での崩しとかアイデアを共有して練習に入っています」と語る隅田。攻撃面でのテーマとしては「これまでの試合でも日本はボールを持っているけどゴールに行けないことが課題だと思うので、どんどん仕掛けるということと、ゴールを意識したプレーというのが必要だと思いますし、FWだけじゃなく、後ろからどんどん狙っていくじゃないですが、奪ってから早い攻撃は大事になってくると思います」と、チーム全体としてのアグレッシブな攻撃の意識は大事だとした。 来年1月には女子アジアカップがある中で、この2試合については「チームとしてもそうですが、自分自身も久しぶりに代表に呼んでもらって試合ができるので、まずは自分自身のアピールが大事だと思いますし、海外と戦う上でフィジカルの差はわかっているので、そこが課題で出ないように、サッカー的なことで良い課題が出るように、勝利を目指してやっていきますが、積極的なプレーを見せたいと思います」と、サッカー面の勝負をができるようにしたいと語った。 海外組とプレーすることの刺激については「(熊谷)紗希さんとか(長谷川)唯とかとは久しぶりに同じピッチでサッカーすることができて、海外の厳しい世界でやっているので、自分たちとは感覚的なものは同じでも違うところでやっているので、練習の中で守備の行き方などは細かく要求してくれます」と、ピッチ内のコミュニケーションが細かいところまで届くと明かした。 今回の2試合でトライしたいことについては「ヨーロッパ勢とアジアでは少し違うとは思いますが、海外と試合ができることは少ないチャンスなので、貴重な時間だと思いますし、個人としてもチームとしても、全員でトライしていって、勝利を目指すのはもちろんですが、全員で良い戦いをしたいと思います」とコメント。ただ、結果も大事だと言い「課題が出たら良いというわけではないですが、できなかったという後悔がないようにしたいです」と、悔いのない戦いをしたいと語った。 2021.11.24 23:42 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly