UNL優勝のフランスが約14億円の賞金獲得! コロナ禍において大きな収入に

2021.10.11 22:38 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFAネーションズリーグで初優勝を果たしたフランス代表は、少なくない収入を得ることになった。フランス『レキップ』が伝えている。

フランスは10日にミラノで行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ決勝でスペイン代表に2-1の逆転勝利を収め、大会初優勝を果たした。

ディディエ・デシャン体制では2018年ロシア・ワールドカップに次ぐ2つ目のタイトルとなり、ベスト16敗退となったユーロ2020での失態を払しょくする重要な成果となった。だが、今回の優勝はそれだけでなく、コロナ禍において財政難に陥るフランスサッカー連盟(FFF)にとって財政面でも大きな助けとなったようだ。

『レキップ』が伝えるところによれば、フランスは今回の優勝によって1050万ユーロ(約13億7000万円)の収入を得ることになったという。その内訳は優勝賞金600万ユーロと、決勝進出チームが受け取る450万ユーロ。

さらに、フランスは今大会参加国に支給される225万ユーロと、トップカテゴリーのAグループに所属するボーナス225万ユーロの総額450万ユーロ(約5億9000万円)を別途受け取る。


関連ニュース
thumb

フランス代表が発表!セネガル代表でのプレーが噂されたカマラを初招集《UEFAネーションズリーグ》

フランスサッカー連盟(FFF)は19日、6月に行われるUEFAネーションズリーグ2022-23に向けたフランス代表メンバー24名を発表した。 ディディエ・デシャン監督は、UEFAネーションズリーグ2022-23の初陣に向けて守護神ウーゴ・ロリス(トッテナム)、DFラファエル・ヴァラン(マンチェスター・ユナイテッド)、MFエンゴロ・カンテ(チェルシー)、FWキリアン・エンバペ(パリ・サンジェルマン)、FWカリム・ベンゼマ(レアル・マドリー)ら主力を順当に選出。 また、セネガル代表でのプレーが噂されたMFブバカル・カマラ(マルセイユ)を初招集。一方、今夏の去就が注目されるMFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、FWオリヴィエ・ジルー(ミラン)が招集外となっている。 UEFAネーションズリーグ2022-23・リーグA・グループ1に属するフランスは、6月3日にデンマーク代表とホームで、6日にクロアチア代表とアウェイで、10日にオーストリア代表とアウェイで、13日にクロアチア代表とホームで対戦する。今回発表されたフランス代表メンバー24名は以下の通り。 ◆フランス代表メンバー24名 GK ウーゴ・ロリス(トッテナム/イングランド) アルフォンス・アレオラ(ウェストハム/イングランド) マイク・メニャン(ミラン/イタリア) DF ウィリアム・サリバ(マルセイユ) ジョナタン・クラウス(RCランス) プレスネル・キンペンベ(パリ・サンジェルマン) バンジャマン・パヴァール(バイエルン/ドイツ) リュカ・エルナンデス(バイエルン/ドイツ) テオ・エルナンデス(ミラン/イタリア) リュカ・ディーニュ(アストン・ビラ/イングランド) ラファエル・ヴァラン(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) ジュール・クンデ(セビージャ/スペイン) MF ブバカル・カマラ(マルセイユ)※ マテオ・ゲンドゥージ(マルセイユ) オレリアン・チュアメニ(モナコ) エンゴロ・カンテ(チェルシー/イングランド) アドリアン・ラビオ(ユベントス/イタリア) FW ウィサム・ベン・イェデル(モナコ) キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/スペイン) アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー/スペイン) キングスレー・コマン(バイエルン/ドイツ) ムサ・ディアビ(レバークーゼン/ドイツ) クリストファー・エンクンク(RBライプツィヒ/ドイツ) ※初招集 2022.05.19 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

セネガル代表に強力援軍! マルセイユMFブバカル・カマラが国籍変更を決断か

マルセイユのMFブバカル・カマラ(22)がセネガル代表としてのプレーを決断したようだ。フランス『レキップ』が報じている。 高い身体能力を生かしたボール奪取能力、守備範囲の広さに加え、展開力、ボールを運ぶ能力にも優れるリーグ・アン屈指の守備的MFとしての評価を高めるカマラ。 キャリアのスタートがセンターバックであったこともあり、ディフェンスラインでもプレー可能なユーティリティ性も売りの22歳は、今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドら多くのビッグクラブの関心を集めている。 その逸材MFはこれまで生まれ故郷のフランスの世代別代表でプレーしてきたが、現時点ではレ・ブルーからの招集はない。 そういった中、父親の生まれ故郷であるセネガルのサッカー連盟(FSF)は、以前からカマラの招集に向けて動いており、先日のアフリカ・ネーションズカップ優勝後にはアリウ・シセ監督が直接コンタクトを取り、説得を図っていたという。 マルセイユのチームメイトにFWバンバ・ディエング、MFパプ・グイエと同年代ですでにセネガル代表で活躍している2選手が在籍していることもあり、カマラはフランス代表ではなくセネガル代表でプレーする決意をすでに固めた模様。 現時点で確定ではないが、同選手がセネガル代表の一員としてカタール・ワールドカップに出場する可能性は非常に高いようだ。 現在、セネガル代表ではクリスタル・パレスMFシェイク・クヤテやパリ・サンジェルマンMFイドリサ・グイエ、レスターMFナンパリズ・メンディと30代前後の選手が中盤の主力を担っており、ここにカマラが加わると、良い形で世代交代を進めることができるはずだ。 2022.04.20 23:54 Wed
twitterfacebook
thumb

スウェーデン、スペイン、フランスがW杯出場権獲得《オーストラリア&ニュージーランド女子W杯》

2023年7月にオーストラリアとニュージーランドで行われる女子ワールドカップ(W杯)に関して、ヨーロッパの3カ国の出場が決定した。 現在は女子のインターナショナル・マッチデー(IMD)。なでしこジャパンは国内合宿を実施した。 ヨーロッパでは女子W杯予選が行われ、スウェーデン女子代表、スペイン女子代表、フランス女子代表が出場を決めた。 欧州予選は、9つのグループに分かれて予選が行われ、首位チームが出場。2位チームはプレーオフに進むこととなる。2位チームの上位3カ国はシード、残りの6カ国はプレーオフ1回戦を戦い、その後の決勝で出場権を争う。 スウェーデンは9大会連続9度目の出場。2019年のフランス女子W杯では3位の成績を残しており、東京オリンピックでは銀メダルを獲得し、オリンピックは2大会連続銀メダルを獲得している強豪だ。 スペインは、3大会連続3度目の出場。2021年の女子バロンドールであるアレクシア・プテジャス(バルセロナ)らを擁し、近年力をつけ、前回大会はベスト16まで勝ち進んだ。 フランスは、前回大会は開催国で4大会連続5度目の出場に。W杯は2大会連続のベスト8、東京五輪は出場を逃したが、リオ・デ・ジャネイロ五輪ではベスト8の成績を残している。 今大会から出場国が8カ国増え、男子と同じ32カ国に拡大。2023年7月20日から8月20日まで行われる。 ◆女子W杯出場決定国 【開催国】 オーストラリア(8大会連続8度目) ニュージーランド(5大会連続6度目) 【アジア】 中国(3大会連続8度目) 韓国(3大会連続4度目) 日本(9大会連続9度目) フィリピン(初出場) ベトナム(初出場) 【ヨーロッパ】 スウェーデン(9大会連続9度目) スペイン(3大会連続3度目) フランス(4大会連続5度目) 2022.04.13 14:58 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯王者フランス、UNLでW杯前に対戦するデンマークを警戒「明らかにグループで最強の敵」

2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を制したフランス代表のディディエ・デシャン監督が、カタールW杯の抽選結果にコメントした。フランス『レキップ』が伝えた。 1日、カタールのドーハでカタールW杯の組み合わせ抽選会が行われた。 ポット1に入っているフランスはグループDに入り、デンマーク代表、チュニジア代表、そしてアジアと南米の大陸間プレーオフの勝者と同居することが決まった。 デンマークは昨年行われたユーロ2020でベスト4に入った実力国。さらに、フランスは2022-23のUEFAネーションズリーグでリーグAのグループ1に入り、デンマークと同居。W杯前に異例の対戦が実現することとなった。 デシャン監督は、W杯の抽選結果についてコメント。「まずは受け入れる」と語り、カタールW杯の戦い方を考えるとした。 「まずはこのドローを受け入れる必要がある。もっと簡単だったかもしれないし、もっと大変だったかもしれない。色々とコメントすることはできるだろう」 「我々はデンマークをよく知っており、6月と9月に行われるネーションズリーグの2試合で、さらによく知ることができるだろう」 「また、プレーオフで6月まで決まらない未知のものがある。そして、しばらく対戦していないチュニジアもいる」 「(W杯では)11月22日、26日、30日にプレーすることは既にわかっている。スケジュールがどうなっているかは重要かもしれない。その幅はかなり広い。午後1時から10時まで試合がある。これについて少し考える」 またデンマークと同居したことについてもコメント。ネーションズリーグでの対戦は分析できるとしながらも、警戒を怠らなかった。 「この2試合は分析対象となる。お互いを知るチャンスが増えるだろう。しかし、彼らも利益を得ることになる。ネーションズリーグではどうなるか分からない。違う可能性もある」 「最後の対決は2カ月前の9月だ。通常は、ワールドカップの前に対戦国と相対することはない。これが今回の特徴だ」 「彼らは明らかにグループで最強の敵となる。ユーロの準決勝に進出しており、FIFAランキングも11位だ。デンマークはドイツより上にいる。リスペクトしているよ。いつものように、我々の分析において、最大限真剣に相手を見る」 2022.04.02 12:07 Sat
twitterfacebook
thumb

「彼が愛される理由だ」人気者のカンテ、バースデーサプライズにも“謙虚”な反応

チェルシーに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの誕生日をレ・ブルー(フランス代表の愛称)のチームメイトたちが祝った。 3月のインターナショナルマッチウィークでコートジボワール代表と南アフリカ代表との国際親善試合に臨んだフランス。29日の南アフリカ戦では相手が退場者を出したこともあり、5-0の大勝を飾った。 その29日はカンテの31歳のバースデー。食堂に選手たちが集まると、サプライズでカンテのバースデーケーキが登場した。チームメイトたちからの祝福の歌にカンテは微笑み。ややどうしていいか分からないような困った表情を見せつつ、感謝を述べた。 普段と変わらぬ謙虚な反応を見せたカンテにはファンも反応。「彼の笑顔を守り続けたい」、「彼が愛される理由だ」、「可愛すぎる」、「愛されてるなあ」と好意的な声を寄せている。 今季はケガや病気もあったが、クラブでも代表でも欠かせぬ存在となっているカンテ。31歳の1年も変わらぬ輝きを見せられるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】サプライズにやや困りながらも笑顔のカンテが可愛らしい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">On souhaite tous un très bon anniversaire à <a href="https://twitter.com/nglkante?ref_src=twsrc%5Etfw">@nglkante</a> ! (@equipedefrance) <a href="https://twitter.com/equipedefrance/status/1508786834842828802?ref_src=twsrc%5Etfw">March 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.03.30 21:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly