負けられない一戦、日本vsオーストラリア直前にDAZNがインスタライブでプレビュー番組配信!

2021.10.11 20:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
DAZNは、12日に行われるオーストラリア代表戦の直前にプレビュー番組をインスタグラムでライブ配信することを発表した。

AFCアジア予選 -Road to Qatar- 日本代表戦を全試合ライブ配信(アウェイ戦は独占)するDAZNは、毎週日曜23時よりDAZNにて大好評配信中のオリジナルコンテンツ『YABECCHI STADIUM(やべっちスタジアム)』にレギュラー出演している黒木ひかり氏をMCに、元日本代表の福西崇史氏を解説に迎えて、注目の一戦についてトークを繰り広げる。

番組ではキックオフ直前での試合展望や対戦国分析に加え、出演陣のサッカーや日本代表に対する想いを掘り下げる『My Love、私の好きな日本代表』というコーナーや、視聴者の方の「あなたの好きな日本代表は?」を募集するコーナーを実施予定だ。
日本にとっては崖っぷちの状態で臨む一戦。その試合前にしっかりと予習ができる番組となっている。番組は18時からスタートし18時半ごろ終了予定となっている。

<実施概要>
名称:
DAZN AFCアジア予選 Road to Qatar 試合直前プレビュー
日時:
2021年10月12日(火)
18:00開始、18:30頃終了予定

出演者:
MC:黒木ひかり
解説:福西崇史

ライブ配信:
Instagram:DAZN JAPAN公式インスタグラムアカウント(@dazn_jp)

関連ニュース
thumb

「ワクワクして感動して、悔しくて涙が出てくる」日向坂46・影山優佳さんが日本代表への想いを綴る「叶う夢を叶えたいです!」

日向坂46の影山優佳さんが、カタール・ワールドカップ(W杯)の戦いを終えた日本代表についての想いを綴った。 5日、日本は史上初のベスト8進出を懸け、前回大会準優勝のクロアチア代表とラウンド16で対戦した。 今大会はドイツ代表、スペイン代表と2つのW杯王者とグループステージで同居。突破がの可能性が非常に難しいと見られた中、日本は初戦でドイツに逆転勝利。そして第3戦でスペインに逆転勝利を収め、グループステージを首位で突破した。 そして迎えたクロアチア戦。相手に支配される時間帯もありながら前田大然のゴールで先制。今大会を通じて初めて先制したが、後半に追いつかれると、そのまま試合は120分を終えても1-1で終了。PK戦では3人が相手GKにセーブされるなどし、1-3で敗れ、4度目の挑戦でもベスト16を超えることはできなかった。 普段からサッカー好きとして知られ、サッカーへの愛情と鋭い分析が話題の影山さんは、「ABEMA」では日本戦の中継にも出演するなど本領を発揮。このクロアチア戦も、1-1でPK戦にも連れ込んで勝利すると予想し、ほぼ的中させるという鋭さを見せていた。 その影山さんは試合後に自身のインスタグラムを更新。番組の台本に自分が感じたことをメモしたものを公開するとともに、悔しさも残る中で、日本代表への想いを長文で綴った。 「日本 対 クロアチアの試合が終わりました。取り急ぎ、私の想いを書きとめさせていただきます。散文となりそうです、すみません!」 「本当に本当にレベルの高く素晴らしいゲームを私たちに届けてくださりありがとうございました!私はアジア最終予選から応援アンバサダーのような役職をいただき、ファンの皆さんの先頭に立って日本を応援する覚悟で日々取り組ませていただきました」 「そこでは日本代表の戦術をはじめとした様々な試行錯誤の過程を学ばせていただいたとともに、今のこの世界や社会でファンのみなさんの「声」がどれほどストレートに心にずしんと届くかということを身をもって感じることができました」 「日本中からの応援を一身に背負って、仲間のために勝利のために、自分を信じて諦めずに突き進んでいく代表選手・監督に私も勇気や感動をいただきました。改めて、本当にありがとうございます」 「「信じれば夢は叶う」という言葉をさも自分が生み出したかのように日本の試合のたびに口にしていたのですが、そう思わせてくれたのも実際にそうしたのもみなさんの力です」 「どうしても手の届かない目標がより鮮明にかたちづくられて、たとえ初めはそれが口に出すことを躊躇するほど大きなことだったとしても、叶う夢、叶うからこそ叶えたい夢になるんだなあと思うようになりました」 「だからこそ、これからは!叶う夢を叶えたいです!」 「みなさんと一緒に叶う夢を追い続けたいです!だってこんなにも楽しくてワクワクして感動して、悔しくて涙が出てくるんですもん!最高です。最高に素敵です」 「私はその場で浮かんだ言葉たちをまとめるのが下手で、これまで台本1ページ1ページにその言葉をメモしてきました」 「今回の生放送上で、突然溢れ出た言葉をうまく自分で処理できず申し訳なく思っています。もしよろしければそのメモたちを見ていただけると嬉しいなあと思います。よろしくお願いします!」 「そして、ワールドカップはまだまだ続いていきます!これからさらに白熱するワールドカップを盛り上げていくために精進していきます!」 「今回の大進撃を機に「サッカーって楽しい」「さらに好きになった」というみなさんにも、例えば「日本と激闘を繰り広げたクロアチアがどのように世界を相手に挑戦していくのか」「日本が勝ったスペインってこんなに強いんだなあ」といったように、この先も続く楽しみや興奮を感じながらワールドカップという最高の舞台を私と一緒に味わっていただけたら嬉しいです。これからもよろしくお願いします!!!!!!」 「泣くのは嬉し涙だけって、スペイン戦の時に誓ったので、おうちに帰った今、ゆっくりと自分の感情と向き合うことにします」 多くの人が想像していなかった結果を残した日本代表への想い。同じ想いを持つ人は、今この時点では多いはず。日本サッカーの未来のためにも、その想いを持ち続けていってもらいたいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】台本に書かれた日本代表へ想い、真っ白な私服に代表のタオマフ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClzHMNhhwTx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClzHMNhhwTx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClzHMNhhwTx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">影山優佳 / Yuka Kageyama(@kageyamayuka_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.06 10:42 Tue
twitterfacebook
thumb

涙する前田大然を抱きしめ慰めたクロアチア選手はセルティックのチームメイト、日本のファンも「ありがとう」「大然の分まで頑張ってくれ」

カタール・ワールドカップ(W杯)の舞台でセルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチが日本代表FW前田大然を慰めた。 5日に行われたカタールW杯のラウンド16、日本vsクロアチアの一戦。試合は延長戦でも決着がつかず、日本はPK戦を1-3で落とし無念の敗退となった。 4度目のベスト8挑戦も失敗に終わり、PKを外した選手だけでなく多くの選手が涙を流した日本。そんな中、目に涙を浮かべる前田のもとへ歩み寄り、慰めたのがユラノビッチだった。 ユラノビッチはセルティックで前田と一緒にプレー。今回の試合では右サイドバックとしてフル出場し、前田と競る場面もあった。 そんな2人が抱擁する姿をセルティックの公式SNSも投稿。ファンからは「ありがとう」、「また泣けてきた」、「大然の分まで頑張ってくれ」、「これもW杯」とユラノビッチ振る舞いに感動する声が多く上がっている。 <span class="paragraph-title">【動画】前田大然を抱きしめ頭に慰めのキス ユラノビッチの優しい行い</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Josip Juranovic and Daizen Maeda at FT after Croatia knocked Japan out of the World Cup <a href="https://t.co/rZifmfF4Rl">pic.twitter.com/rZifmfF4Rl</a></p>&mdash; The Celtic Way (@celticway1888) <a href="https://twitter.com/celticway1888/status/1599823135313866753?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】前田大然とユラノビッチの感動のハグ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/CelticFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CelticFC</a> <a href="https://t.co/rcLS5B27Du">pic.twitter.com/rcLS5B27Du</a></p>&mdash; Celtic Football Club (@CelticFC) <a href="https://twitter.com/CelticFC/status/1599883508901519360?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.06 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「緊張が走った」日本の反撃を警戒しプラン変更のクロアチア、ダリッチ監督は戦前のムードに言及「我々を過小評価しないでほしい」

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、日本代表戦を振り返った。クロアチア『HRT』が伝えた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でクロアチアは日本と対戦。4年前に準優勝に終わった悔しさを晴らすべく、日本との一戦に臨んだ。 試合は、立ち上がりに日本が攻め込むもクロアチアが主導権を握る展開に。それでも、43分に失点してしまう。 リードを許した状態で後半を迎えるが、55分にイバン・ペリシッチがヘディングシュートを決めて同点とする。 クロアチアは試合を支配しながらも、時折日本の反撃を受ける展開に。それでもゴールを許さずに延長戦に突入すると、30分間でゴールが生まれず、PK戦に突入した。 するとGKドミニク・リヴァコビッチが躍動。日本の2本のシュートをセーブして優位に進めると、4人目のシュートもセーブ。結果、1-3で勝利し、ベスト8に進出した。 ダリッチ監督は「タフな試合だったが、クオリティが高く、よく戦えていたと思う。相手と同じようにだ」とコメント。「ベスト8に入ることは大変だ」と苦労したことを口にした。 また、「最初の30分はコントロールできていたが、途中でショートパスを奪われて日本にカウンター攻撃を受けてしまい、緊張が走った」と語り、「その後、久しぶりにアディショナルタイムで失点し、『気を引き締める』ことが必要になった」と、想定外の失点を前半にしたと明かした。 ショートパスを繋ぎながらも、背後のスペースを簡単に使うなど攻撃を見せていたクロアチア。ダリッチ監督は、日本の戦い方にハマらないように試合中に戦い方を変えたと語った。 「ショートパスはこれ以上必要なく、試合の中で裏へ飛ばす回数を増やすことにした。それを行うことで可能性のある状況を作り出していけた」 結果的にPK戦で勝利を収め、ベスト8に進出したクロアチア。ダリッチ監督は、過小評価しない方が良いと、クロアチアへの自信を主張した。 「相手はクロアチアと戦うことは簡単だろうと言っていたが、クロアチア人を決して過小評価しないでほしい」 「誰がやったとしても、最後は後悔しただろう。我々は小国かもしれないが、勇敢で、戦え、勤勉だ。決勝まで行きたい」 2022.12.06 10:12 Tue
twitterfacebook
thumb

「最も好きな瞬間の1つ」史上初の快挙を成し遂げたクロアチアGK、日本代表に言及「素晴らしいプレスだった」

クロアチア代表の守護神であるGKドミニク・リヴァコビッチが、日本代表戦を振り返った。クロアチア『HRT』が伝えた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でクロアチアは日本と対戦。4年前に準優勝に終わった悔しさを晴らすべく、日本との一戦に臨んだ。 試合は、立ち上がりに日本が攻め込むと、43分に失点。リードを許した状態で後半を迎えるが、55分にイバン・ペリシッチがヘディングシュートを決めて同点とする。 クロアチアは試合を支配しながらも、時折日本の反撃を受ける展開に。それでもゴールを許さずに延長戦に突入すると、30分間でゴールが生まれず、PK戦に突入した。 するとリヴァコビッチが躍動。日本の2本のシュートをセーブして優位に進めると、4人目のシュートもセーブ。結果、1-3で勝利し、ベスト8に進出した。 この試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれたリヴァコビッチが試合を振り返って喜びを露わにした。 「キャリアの中で最も美しい瞬間だ。主にチームメイトのおかげで、雰囲気は素晴らしい。僕たちをサポートするために集まったファンにも感謝する」 また、日本についても言及。プレスを称えた一方で、自分達も準備ができていたと語った。 「彼らは最初から本当に素晴らしいプレスをかけてきた。彼らはとても準備ができていたようだが、僕たちも同じだ」 「120分間の難しい戦いをし、最も難しい試合で勝った」 リヴァコビッチは、W杯のPK戦で最初の2本のシュートをセーブした初めてのGKになったという。 PK戦についてもコメントし、「最高の気分だ。僕のキャリアの中でも、最も好きな瞬間の1つだ」と喜びを語理、PK戦も準備していたとした。 「この試合は僕たちがどんなチームであるか、どんな結束力があるかを示した」 「PKは宝くじのようなものだという人もいる。でもトレーニングでPKの練習をしていたんだ」 見事にPK戦を制したクロアチアはベスト8に進出。準々決勝でブラジル代表と対戦する。 2022.12.06 09:52 Tue
twitterfacebook
thumb

悔しいベスト8目前の敗戦…それでもサポーターは最後までゴミを拾って立ち去る

日本代表が貫いた姿勢は、サポーターにも波及。悲しい中でも、その精神を貫いた。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16、日本vsクロアチアが行われた。 前回大会準優勝のクロアチアと、初めてベスト8を目指す日本の対戦。立ち上がりから積極的に入った日本は、失点に気をつけながらも攻勢を見せると、前田大然のゴールで先制に成功する。 今大会初めて先制した日本だったが、後半の早い時間帯に失点。その後は攻め込みながらもゴールは奪えず、クロアチアの攻撃も凌いで1-1で終了。延長戦でもスコアは動かず120分間が終了した。 PK戦では、南野拓実、三笘薫と連続で失敗。浅野拓磨が成功も、吉田麻也が失敗と、3選手がGKに止められる事態に。そのまま1-3で破れ、4度目のベスト8挑戦も失敗に終わった。 2010年の南アフリカW杯に続いて2度目のPK戦での敗退。また、2大会連続であと一歩まで迫ったベスト8の夢がすり抜けることとなった。 最後はPK戦だったとはいえ、悲しい結末を迎えた中、日本のサポーターは選手を迎えると、最後までゴミをしっかりと拾い、スタンドを片付けて去っていった。 今大会で選手、そしてサポーターが見せた精神は世界を大きく揺るがしたはず。日本の試合はもう今大会見られないが、この精神はカタールに残り続けてくれそうだ。 <span class="paragraph-title">【写真】大会から敗退も最後まで日本代表サポーターはゴミ拾い</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/japan20221206_2_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 2022.12.06 07:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly