ロマニスタの愛を感じるモウリーニョ「私はローマにタイトルをもたらせたい」

2021.10.08 19:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今シーズンからローマを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、クラブへタイトルをもたらせたいと意気込んだ。

かつてはインテルを指揮していたモウリーニョ監督は、2009-10シーズンにセリエA、チャンピオンズリーグ(CL)、コッパ・イタリアの3冠を達成。その後もレアル・マドリーやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムで指揮を執り、今シーズンからローマを率いている。

今シーズンのローマは開幕からセリエAで3連勝と好スタート。その後、2敗を喫したものの5勝2敗で現在4位につけている。

そのモウリーニョ監督は、雑誌『エスクァイア』のイタリア語版でのインタビューに応じ、ミラノに続いて、ローマでの生活について語った。

「私は観光客としてローマを訪れたが、今では歴史的建造物の中で毎日を過ごしている。それは本当に特別なことだ」

「ミラノでは別の経験だった。私の家とインテルのトレーニンググラウンドがどちらも郊外にあった。それで、私の子供たちはルガーノの学校に通っていた」

「ミラノで場所を選ばなければならないとしたら、間違いなくサン・シーロだ。そこは我々が歴史を作った場所であり、インテルのファンと接した場所だ」

「ローマでは違う。私は中心部に住んでいるので、クラブがこの街にとってどれほど特別であるかを理解するのに役立っている」

ローマではミラノ時代とは違う生活を送っているモウリーニョ監督。2度目のイタリア挑戦を前に、各クラブで様々なタイトルを獲得してきた。

インテル時代からの10年間の変化についても語り、試合に向けて準備をしていくことが楽しみだと語った。

「あらゆる点だ。監督が成長しない場合、毎日学び続ける情熱やメンタリティを失ったと言うことだろう。この仕事では、年齢や体力は関係ない。経験を積むことによってのみ、改善できる」

「引退したらトロフィーを見る時間があるが、今は次の試合だけを考えたい。10年前、さらには20年前よりも今では監督だと感じている」

一方で、ローマは元日本代表MF中田英寿氏が在籍していた2000-01シーズンを最後にスクデットを獲得しておらず、タイトルも2007-08シーズンのコッパ・イタリアが最後となっており、14年間タイトルに恵まれていない。

モウリーニョ監督は、久々にタイトルをもたらせたいとコメント。ローマファンのクラブ愛をひしひしと感じており、それに応えることを目指すと誓った。

「クラブはタイトルを得ることで生き、ファンの情熱を刺激する。私はローマにタイトルをもたらせたい。ここでのローマへの愛は、トロフィーを超えていることがすぐにわかった。永遠の情熱であり、血の中にあり、家族の様なものだ」

「しかし、勝利は欠けているものであり、我々はそこに到達するためのプロジェクトを構築している。私が成し遂げられたら完璧だ」

「そうでなければ、この未来の構築に貢献したことを知るのは、素晴らしいことになる、誰にとっても夢である」

「私はイタリアに2年間住み、働いていた。情熱には驚かされなかった。ローマとも何度も対戦したので、その雰囲気は否めない」



1 2

関連ニュース
thumb

ローマはカップ戦準々決勝進出も…モウリーニョ監督は満足せず 「我々のチームには限界がある」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がカップ戦で勝利したものの、パフォーマンスに不満を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは20日に行われたコッパ・イタリア5回戦でレッチェと対戦した。立ち上がりから試合を支配しながらも先制を許したが、40分にDFマラシュ・クンブラのゴールで同点に。後半からMFニコロ・ザニオーロ、MFヘンリク・ムヒタリアンらを投入すると、FWタミー・エイブラハム、FWエルドル・ショムロドフにゴールが生まれ、3-1で勝利した。 この結果、ローマはコッパ・イタリア準々決勝進出を決めたが、試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はチームがまだ成長段階であることを強調。準々決勝ではセリエA王者であるインテルとの対戦が決まったことに触れ、気を引き締めている。 「我々のチームには限界があり、それは承知している。(エインズリー・)メイトランド=ナイルズとセルジオ・オリベイラの獲得は我々を後押ししてくれた。彼らはより高いクオリティをもたらしており、より多くのオプションを提供してくれている。我々のプロジェクトは、少しずつ積み上げていくものなんだ」 「インテルはリーグ最高のチームであり、つまりはコッパ・イタリアでも最高のチームだ。だから、もっともタフな相手との組分けになったわけだが、アップセットを狙いに行くつもりだ。それが可能かどうか、見てみたいね」 「サッカー面を見てみると、4位から8位で終わる程度のプレーは、明らかに私の望むところではない。とはいえ、今はそういう時期なんだ。来シーズン、チームが今シーズンよりも良くなることは間違いないだろう」 「もちろん、今夜の前半に感じたフラストレーションから目をそらすつもりはない。というのも、技術的な観点から見ると、我々はひどい試合をしていたからだ。そして、こうした夜については、戦術について語る価値もあまりない」 2022.01.21 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、エバートン行きの噂も「ローマと約束した3年が経つ前に去ることはない」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督(58)がエバートン行きの可能性を否定した。 エバートンは先日、今季から就任したラファエル・ベニテス監督を成績不振を理由に解任。その後任ポストにダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督やフリーのフランク・ランパード氏、ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督などが挙がり、注目されている。 その候補のひとりにモウリーニョ監督も挙がるが、コッパ・イタリア5回戦のレッチェ戦を3-1の勝利で飾ってベスト8進出を決めた後、今季から2024年までの契約を結ぶローマでの充実ぶり、そして忠誠心を示した。 「感情、情熱、共感、ローマとともに働く幸せという部分においては10点満点中の11点だと言える」 「みんなからの信頼を感じられる場所にいられ、本当に、すごく、すごく幸せだ。これ以上の幸せなどない」 「フットボール面に関しては4位から8位の間で終わるような戦いは明らかに私の本意ではないが、プロジェクトの過程であり、来季はもっと良いものになるだろう」 「前半戦の出来はひどく、苛立ちがあったのも否定しない。だが、そうは言っても、今は幸せであり、このローマのプロジェクトを他のものに変えるつもりなどない」 「私は3年間を約束した。そして、その3年が経つ前に去ることはないだろう。それは私のプロジェクトでもある」 2022.01.21 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマが2部レッチェに逆転勝利でベスト8進出!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア5回戦、ローマvsレッチェが20日にスタディオ・オリンピコで行われ、3-1で逆転勝利したローマが準々決勝進出を決めた。 直近のカリアリ戦をウノゼロで勝利して2022年初白星を手にしたローマは、今季のコッパ初戦で唯一セリエBからベスト16進出を果たしたレッチェと対戦した。 モウリーニョ監督は2部相手の対戦ということもあり、ムヒタリアンやマンチーニ、ザニオーロ、ビーニャをベンチに置き、出場停止明けのイバニェスとクリスタンテ、カルスドルプ、カルレス・ペレスを起用した。 立ち上がりから押し込む入りを見せたローマだったが、最も警戒すべきセットプレーからまさかの先手を奪われる。14分、左CKの場面でキッカーのバレッカが左足アウトスウィングで入れたクロスを、古巣対戦のカラブレシに豪快なヘディングで右隅へ叩き込まれた。当初、オフサイドポジションにいた相手選手の関与によってノーゴールとの判定となったが、VARのレビューの結果、レッチェのゴールが認められた。 格下相手に先制される難しい入りとなったローマはすぐさま反撃を開始。左サイドに入るアフェナ=ギャンが果敢な仕掛けや背後への飛び出しでゴールへ迫る。ただ、味方の負傷によってスクランブル投入されたレッチェGKガブリエウの好守に阻まれる。 それでも、前半終了間際の40分にはセルジオ・オリベイラの右CKをニアでエイブラハムが競り勝ったボールをオフサイドラインぎりぎりのクンブラが頭でコースを変えて前半の内に同点に追いついた。 迎えた後半、モウリーニョ監督はカルレス・ペレス、ヴェレトゥ、メイトランド=ナイルズを下げてザニオーロ、ムヒタリアン、ビーニャとより攻撃的なタレントを一気に投入。すると、この交代策が早々の逆転ゴールをもたらした。 54分、相手陣内中央でムヒタリアンが入れたグラウンダーの縦パスをゴールを背にしたザニオーロが絶妙なフリックでエイブラハムに繋ぐと、エイブラハムは鋭い反転からの右足のシュートをゴール左下隅の完璧なコースに突き刺した。 さらに、逆転から数分後には続けてカードをもらったガルジュロが退場となり、試合終了まで30分近くを残して数的優位を手にしたローマ。これで完全に試合を支配した中、切れ味を見せるザニオーロが幾度も決定機に絡むが、3点目が遠い。 それでも、徐々に相手の運動量が落ち始めると、81分にはムヒタリアンの絶妙な浮き球のスルーパスに抜け出した途中出場のショムロドフがそのままボックス内までボールを運び、冷静に相手DFをかわして右足のシュートを流し込み、勝利を決定づける3点目とした。 その後、省エネモードで試合をクローズしたローマが、2部相手に先制を許しながらも地力の差を見せつけて準々決勝進出を決めている。u 2022.01.21 07:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ベニテス解任のエバートンが関心も、モウリーニョ監督はローマでの仕事を継続か

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督は、エバートンの指揮官就任に関心を示していないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 エバートンは昨夏にラファエル・ベニテス監督が就任し新体制をスタートさせると、シーズン序盤は4勝2分け1敗で上位に位置するなど好成績を残した。しかし、徐々にチームのパフォーマンスが乱れると、順位は暫定15位まで低下。15日に行われたプレミアリーグ第22節で、最下位ノリッジ・シティに敗れたことでベニテス監督の解任が決定した。 暫定指揮官にダンカン・ファーガソン氏を据えつつ後任の選定を続けるエバートンは、オーナーであるファラド・モシリ氏の希望もあり昨夏ローマの指揮官に就任したモウリーニョ監督の招へいを検討しているようだ。 モウリーニョ監督はこれまでチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムとプレミアリーグの強豪クラブで指揮をとってきた実績があり、エバートンは残留争いから抜け出しチームを立て直す仕事にうってつけだと期待されている。しかし、『スカイ・スポーツ』によると現時点でモウリーニョ監督はローマに留まることを望んでおり、エバートンの指揮官就任には消極的なようだ。 同様に、ローマもクラブのプロジェクトに欠かせない人物としてモウリーニョ監督を留任させたい姿勢を見せており、仮にエバートンが動きを本格化させたとしても、招へいの実現は非常に困難となるだろう。 なお、エバートンはモウリーニョ監督のほか、元指揮官で現在はベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督や、ダービー・カウンティのウェイン・ルーニー監督、かつてポルトとフェネルバフチェで指揮をとったヴィトール・ペレイラ氏も後任候補としており、今後の動きが注目されている。 2022.01.19 16:23 Wed
twitterfacebook
thumb

オルセン、シェフィールド・Uからアストン・ビラへレンタル先変更…2度目のプレミア挑戦へ

アストン・ビラは18日、ローマに所属するスウェーデン代表GKロビン・オルセン(32)を今季終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スウェーデン代表として37キャップを誇るオルセンは2018年夏にコペンハーゲンからローマに移籍。加入初年度こそ公式戦35試合に出場したが、凡ミスを連発するなど不安定なパフォーマンで評価を落とすと守護神の座から転落。 現在では完全な構想外となっており、ここ2シーズンはカリアリ、エバートンへレンタル移籍を繰り返すと、今夏にはチャンピオンシップ(イングランド2部)のシェフィールド・ユナイテッドにレンタル移籍。シェフィールドではリーグ戦11試合に出場してたが、11月6日のブラックバーン戦を最後にベンチ外となっていた。 シェフィールド・Uとの契約を解除し、アストン・ビラへの加入の決まったオルセンは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「ここに来るのを待ち望んでいた数日間だったので、今朝起きて、このクラブと契約すると知ったときは、本当に嬉しかった。ビラへの移籍を決めるのは簡単なことだった。初めて代理人からその話を聞いたとき、クラブを変えてビラと契約するためにできることは何でもしようと思ったんだ」 「駐車場に到着して、(ボディムーア・ヒースの)建物を見ると、ビッグクラブであることがわかる。ここには、自分を向上させるために必要なものがすべて揃っているんだ」 「エミリアーノ・マルティネスは本当に良いGKで、彼と一緒に仕事をすることで、僕もより良いGKになれると思う。彼とのセッションのレベルは高いだろうし、お互いを高め合えることを期待しているよ」 2022.01.19 08:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly