オーリエが古巣スパーズにエモーショナルな別れ…噂された宿敵への加入は全く考えず

2021.10.07 23:58 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルに加入したコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(28)が、古巣トッテナムのサポーターに向けて感謝の想いを綴った。同選手が自身の公式『インスタグラム』で伝えた。オーリエは2017年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)からトッテナムに加入。これまで公式戦通算110試合に出場し、8ゴール17アシストを記録していた。

だが、今夏の移籍市場最終日にクラブとの契約を解消し、フリーとなっていたコートジボワール代表DFは、今月4日にビジャレアルへ2年間の延長オプション付きの1年契約で加入した。

トッテナム退団後は一時アーセナルへの移籍の可能性が取り沙汰されたオーリエだが、トッテナムへの忠誠から“敵”への移籍を考えたことはなかったと、改めてスパーズファンとクラブへの愛を語っている。

「僕の大きな家族であるサポーターの皆さんへ。まず最初に、この素晴らしい4シーズンを過ごしたスパーズのファンの皆さんに感謝したいと思います」

「すべて異なるものですが、忘れられない数々の思い出を持ってここを去ります。誇りを持って皆さんのカラーを身につけることができ、とても楽しかったです。すべてが完璧ではなかったのは事実ですが、喜びや悲しみの瞬間もありました。ただ、ひとつだけ確かなことがあります。僕は常に自分のすべてを100%チームのために捧げてきました。そして、欺くようなことは一切ありませんでした」

「自分のホームでない限り、イングランドの他のクラブに自分が入ることは考えられませんでした。もちろん、このクラブの“敵(アーセナル)”に加入することは全く考えていませんでした。なぜなら、僕らのクラブ、歴史、そして共に過ごしたすべての瞬間に敬意を抱いているからです」

「この4シーズンの間、皆さんは揺るぎないサポートをしてくださり、多くのモノをもたらしてくれたことに感謝したいと思います。この数カ月間は決して楽なものではなく、もっと良い状態でお別れをしたかったのですが、どんな物語にも終わりがあります。受け入れて前に進まなければなりません」

「僕は今、かつてのチームメイトであり、多くのことを一緒に経験した兄弟である仲間に語りかけています。みんなと一緒にプレーするのは本当に楽しかったです。特にロッカールームでは、僕がムードメーカーだったから、寂しくなると思うよ」

「今シーズンの成功を祈っています。また、必ず会いに行きます。すぐに僕を忘れないでほしい。心から幸運を祈ります」

トッテナムでの4年間は浮き沈みの連続だったオーリエだが、クラブへの愛情や忠誠心は間違いなく本物だったようだ。

関連ニュース
thumb

スパーズが物議醸すNLダービー延期に怒りの声明 「申請が承認されたことに非常に驚いている」

トッテナムが16日にホームで開催予定だったプレミアリーグ第22節のアーセナル戦の開催延期を受け、怒りの公式声明を発表した。 今回のノースロンドン・ダービーに向けては、新型コロナウイルス感染、負傷者、そしてアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トップチームで起用可能な選手が12名未満となっていたアーセナルが、14日にプレミアリーグの理事会に対して開催延期を申請していた。 ただ、アーセナルの新型コロナウイルス陽性者はその申請時点でMFマルティン・ウーデゴールの1名のみで、その他の欠場者はMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペのアフリカ・ネーションズカップ参戦組。直近のEFLカップで退場したMFグラニト・ジャカ。DF冨安健洋、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレスら負傷組となっていた。 また、アーセナルは今月に入ってMFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、FWフォラリン・バログンをそれぞれローマ、ミドルズブラにレンタルで放出しており、今回起用可能な選手が規定を満たせなかった理由は、クラブのマネジメントの問題による部分が大きかった。 そのため、他クラブのファンや多くの識者は今回の申請が却下されるとの見通しを持っていたが、プレミアリーグはトップチームプレーヤー13名+GK1名という試合決行の条件を満たさない点を重視する形で、“遺憾”ながらも申請を受け入れる決断を下した。 この物議を醸す決定を受け、コロナ禍において開催延期を申請しながらも却下された一部クラブやチャンピオンズリーグ出場を争うライバルクラブからは、アーセナル優遇とも捉えられる今回のプレミアリーグの決定に反発は必至と見られていた。 そういった中、試合前日のタイミングで急遽延期を強いられたトッテナムは、今回のプレミアリーグの決定に対して怒りの声明を発表した。 「日曜日のアーセナルとのノースロンドン・ダービーは、残念ながら延期となりましたのでお知らせします」 「これは、アーセナルがプレミアリーグに対して、新型コロナウイルス、既存および最近の負傷、アフリカ・ネーションズカップで国際任務に就いているプレーヤーなどの組み合わせで延期を申請したことを受けたものです」 「我々は、この申請が承認されたことに非常に驚いています」 「我々自身は、コロナウイルス陽性者の人数が多いため試合の日程を変更する必要が生じ、ヨーロッパ・カンファレンスリーグから敗退となりました。その際、レスターとの対戦を変更するための申請は承認されず、その後レスターの申請により延期されました」 「このガイダンスの本来の意図は、コロナウイルスのケースによって直接影響を受けたプレーヤーの出場機会に対処することであり、その結果、選手層が薄くなり、負傷者と合わせると、クラブがチームを編成できなくなることにあります」 「我々としてはコロナウイルスとは関係のないプレーヤーの可用性に対処することが意図されたとは考えていません」 「そして我々は今、このルールの意図しない結果を目の当たりにしているのかもしれません。このルールの適用について、明確さと一貫性を持たせることが重要です」 「またもや、我々のファンは容認できないほど短時間で計画が中断されるのを目の当たりにしています。また、容認できない廃棄物(フードロス)を出さないため、再び地元のフードバンクに食料を届けることにします。同時に遠方から来られるファンの方々には、本当に申し訳なく思っています」 2022.01.16 06:00 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグ、アーセナル要請受け入れ16日のトッテナムとのNLダービー延期を発表

プレミアリーグは15日、16日に開催予定だった第22節のトッテナムvsアーセナルの開催延期を発表した。 今回のノースロンドン・ダービーに向けては、新型コロナウイルス感染、負傷者、そしてアフリカ・ネーションズリーグへの選手派遣を理由に、トップチームで起用可能な選手が12名未満となっていたアーセナルが、14日にプレミアリーグの理事会に対して開催延期を要請していた。 ただ、アーセナルの新型コロナウイルス陽性者はその要請時点でMFマルティン・ウーデゴールの1名のみで、その他の欠場者はMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペのアフリカ・ネーションズカップ参戦組。直近のEFLカップで退場したMFグラニト・ジャカ。DF冨安健洋、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレスら負傷組となっていた。 また、アーセナルは今月に入ってMFエインズリー・メイトランド=ナイルズ、FWフォラリン・バログンをそれぞれローマ、ミドルズブラにレンタルで放出しており、今回起用可能な選手が規定を満たせなかった理由はクラブのマネジメントによる部分が大きかった。 そのため、他クラブのファンや多くの識者は今回の要請が却下されるとの見通しを持っていたが、プレミアリーグはトップチームプレーヤー13名+GK1名という試合決行の条件を満たさない点を重視する形で、“遺憾”ながらも要請を受け入れる決断を下した。 現在、トッテナムのヨーロッパ・カンファレンスリーグ敗退に伴い、両クラブは今後ヨーロッパコンペティションの戦いがなく、ミッドウィークに代替日程を組みやすい状況。 だが、コロナ禍において開催延期を要請しながらも却下された一部クラブやチャンピオンズリーグ出場を争うライバルクラブからは、アーセナル優遇とも捉えられる今回のプレミアリーグの決定に反発は必至だ。 2022.01.16 00:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ダービー延期要請のアーセナル、“ご意見番”ネビル氏は反対「他のどのクラブの責任でもない」

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、ノース・ロンドン・ダービー延期に反対した。イギリス『ミラー』が伝えている。 アーセナルでは先日から、新型コロナウイルス感染、負傷、そしてアフリカ・ネーションズリーグ参加といった理由から起用不可能な選手が続出。FWピエール=エメリク・オーバメヤンやMFブカヨ・サカ、MFマルティン・ウーデゴールといった主力を含む多数の選手がチームを離脱している。 これを受けてクラブは14日、翌日に開催予定のプレミアリーグ第22節トッテナム戦の延期を要請したと発表。リーグの規則ではフィールドプレーヤー13名+GK1名が出場可能な場合は試合を行わければならないが、アーセナルはそれを満たせていないと主張しているようだ。 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであり、引退後は解説者を務めるギャリー・ネビル氏もこの緊急事態に反応。選手が不足している状況の責任はアーセナルにあるという理由から、ダービー延期に反対した。 「フォラリン・バログンとエインズリー・メイトランド=ナイルズがレンタル移籍したことや、グラニト・シャカがレッドカードを貰ったこと。それらは他のどのクラブの責任でもない」 「試合を中止させるわけにはいかない。もし純粋にコロナによって10人から15人の選手が欠場するような特別な状況であれば、許されるだろうがね」 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、プレミアリーグは15日にもアーセナルの延期要請に回答すると見込まれているという。 2022.01.15 17:38 Sat
twitterfacebook
thumb

16日のノース・ロンドン・ダービー延期か…アーセナルが要請

16日のプレミアリーグ第22節で予定するトッテナムとアーセナルのノース・ロンドン・ダービーが延期される可能性が浮上している。 アーセナルは14日、開催延期を要請したと発表。新型コロナウイルス感染、負傷、そしてアフリカ・ネーションズリーグ参加により、起用可能な選手が不足しているためだという。 プレミアリーグの規則ではフィールドプレーヤー13名+GK1名が出場可能なら、試合を行わければならないが、アーセナルはそれを満たせないため、延期を要請したものとみられる。 アーセナルではMFトーマス・パルティ、MFモハメド・エルネニー、FWピエール=エメリク・オーバメヤン、FWニコラ・ペペがアフリカ・ネーションズリーグ参加で離脱している。 そして、MFブカヨ・サカやDFセドリック・ソアレス、DFカラム・チェンバースが負傷。先のカラバオカップではMFグラニト・ジャカが一発退場となり、MFマルティン・ウーデゴールも病欠している。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、プレミアリーグは15日にもアーセナルの延期要請に回答すると見込まれているという。 2022.01.15 09:20 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズがEFL杯準決勝敗退、コンテ監督はゴッリーニ起用に理解求める

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、古巣対決となったEFLカップのチェルシー戦を振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 12日にチェルシーとのEFLカップ2ndレグに臨んだトッテナム。アウェイでの1stレグを0-2で落としていたため、是が非でも先制点が欲しいところだったが、18分にCKから失点を喫してしまう。 その後、何度もチャンスを作ったものの、再三にわたるVARの介入により、得点やPKがことごとく取り消され、無得点で連敗。2大会連続の決勝進出は叶わなかった。 古巣相手に連敗を喫したコンテ監督は、VARについては沈黙を貫き、チェルシーが決勝進出に値したと完敗を認めた。また、今回の2ndレグで守護神のウーゴ・ロリスではなく、控えGKピエルルイジ・ゴッリーニを起用した点について説明した。 「私がトッテナムに来る前から、ピエルルイジはずっとEFLカップとカンファレンスリーグ(ECL)でプレーしていた。トッテナムのようなチームでは、GKにもチャンスを与えることが重要だと考えている」 「そしてまた7日間でアーセナル、レスター、チェルシーと闘わなければならない。彼はこのチャンスを得るに値し、重要な試合に出場することができたと思う」 また、サポーターからロリスを起用しなかった不満が噴出していることについては、「繰り返すが、この決断をしたのは私であり、ゴッリーニは良いプレーをしたと思う。私を信じてほしい」と訴えている。 <span class="paragraph-title">【動画】VARに次ぐVAR…カラバオカップ準決勝ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJEWFUwRE96QiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.01.13 14:26 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly