オーリエが古巣スパーズにエモーショナルな別れ…噂された宿敵への加入は全く考えず

2021.10.07 23:58 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルに加入したコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(28)が、古巣トッテナムのサポーターに向けて感謝の想いを綴った。同選手が自身の公式『インスタグラム』で伝えた。オーリエは2017年7月にパリ・サンジェルマン(PSG)からトッテナムに加入。これまで公式戦通算110試合に出場し、8ゴール17アシストを記録していた。

だが、今夏の移籍市場最終日にクラブとの契約を解消し、フリーとなっていたコートジボワール代表DFは、今月4日にビジャレアルへ2年間の延長オプション付きの1年契約で加入した。

トッテナム退団後は一時アーセナルへの移籍の可能性が取り沙汰されたオーリエだが、トッテナムへの忠誠から“敵”への移籍を考えたことはなかったと、改めてスパーズファンとクラブへの愛を語っている。

「僕の大きな家族であるサポーターの皆さんへ。まず最初に、この素晴らしい4シーズンを過ごしたスパーズのファンの皆さんに感謝したいと思います」

「すべて異なるものですが、忘れられない数々の思い出を持ってここを去ります。誇りを持って皆さんのカラーを身につけることができ、とても楽しかったです。すべてが完璧ではなかったのは事実ですが、喜びや悲しみの瞬間もありました。ただ、ひとつだけ確かなことがあります。僕は常に自分のすべてを100%チームのために捧げてきました。そして、欺くようなことは一切ありませんでした」

「自分のホームでない限り、イングランドの他のクラブに自分が入ることは考えられませんでした。もちろん、このクラブの“敵(アーセナル)”に加入することは全く考えていませんでした。なぜなら、僕らのクラブ、歴史、そして共に過ごしたすべての瞬間に敬意を抱いているからです」

「この4シーズンの間、皆さんは揺るぎないサポートをしてくださり、多くのモノをもたらしてくれたことに感謝したいと思います。この数カ月間は決して楽なものではなく、もっと良い状態でお別れをしたかったのですが、どんな物語にも終わりがあります。受け入れて前に進まなければなりません」

「僕は今、かつてのチームメイトであり、多くのことを一緒に経験した兄弟である仲間に語りかけています。みんなと一緒にプレーするのは本当に楽しかったです。特にロッカールームでは、僕がムードメーカーだったから、寂しくなると思うよ」

「今シーズンの成功を祈っています。また、必ず会いに行きます。すぐに僕を忘れないでほしい。心から幸運を祈ります」

トッテナムでの4年間は浮き沈みの連続だったオーリエだが、クラブへの愛情や忠誠心は間違いなく本物だったようだ。

関連ニュース
thumb

スパーズ通算400試合近づく守護神ロリス、2024年まで契約延長へ!

トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリス(35)の契約延長がいよいよ決まるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 2012年夏にリヨンから加入し、現在に至るまでスパーズの守護神として君臨してきたロリス。出場した公式戦は395試合を数え、35歳を迎えた今季も衰え知らずのパフォーマンスを披露している。 ただ、35歳という年齢はさすがに看過できず、クラブは昨夏にGKピエルルイジ・ゴッリーニを買取オプション付きでレンタルするなど、世代交代に備える動きも。それでもキャプテンとしてチームを牽引するロリスへの信頼は揺るぎなく、数週間前から契約延長に向けた交渉が続いていた。 現行の契約では今夏に満了を迎えるため、ロリスは1月から他クラブとの交渉も可能だったが、この度、2024年夏までの新契約締結に合意した模様。公式発表も間もなくのようだ。 なお、先日にアントニオ・コンテ監督も 「彼は我々のキャプテンであり、トップGKだ。素晴らしい経験を持っており、トッテナムについてもよく理解している。彼はこのクラブのシャツとエンブレムを愛しているんだ。私にとっても、彼は重要な選手だ。だからこそ、彼がトッテナムでプレーを続けられるよう、クラブが解決策を見つけてくれると信じている」 と、守護神への信頼を強調していた。 2022.01.21 14:33 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGとスパーズがエンドンベレのレンタル交渉を開始

パリ・サンジェルマン(PSG)とトッテナムが、フランス代表MFタンギ・エンドンベレ(25)のレンタル移籍に関して交渉を行っているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏ら複数のメディアが報じている。 エンドンベレは2019年夏にトッテナム史上最高額となる総額6300万ポンド(約97億7000万円)でリヨンから加入。巧みなボールスキルや意外性のあるプレーで攻撃にアクセントを加える一方、度重なる筋肉系の負傷や緩慢な守備対応、戦術理解度の乏しさなど、その長所を打ち消すほどのマイナス面が目立ち、これまで指導したトッテナムの指揮官たちの信頼を得ることができず。 とりわけ、アントニオ・コンテ監督の下ではFAカップ3回戦のモアカム戦での交代時の振る舞いが問題視され、ここ数試合ではベンチ入りはおろかチームトレーニングから外されるなど、完全に構想外の扱いを受けている。 そのため、今冬の放出が濃厚とみられる中、ここまでは比較的良好な関係を築いていたジョゼ・モウリーニョ監督率いるローマ、ナポリなどセリエAクラブへのレンタル移籍の可能性が取り沙汰されてきたが、高額なサラリーや選手本心の意向もあって移籍は実現せず。 そういった中、急遽新天地候補に浮上したのがPSGだ。 ロマーノ氏が伝えるところによれば、トッテナムとPSGはエンドンベレのレンタル移籍に関して現在交渉中だという。この話し合いでは買い取りオプションの有無や、レンタル中のサラリーの支払いなどの条件面を話し合っている段階にあるようだ。 一方、パリ近郊のロンジュモー生まれのエンドンベレは、トッテナムよりも格上であり、故郷のクラブでのプレーを熱望しているとのことだ。 また、PSGを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督はトッテナム時代にエンドンベレの獲得を希望した張本人であり、スポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏も、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの去就が不透明な中、同選手の獲得を容認する構えだという。 移籍成立に向けては前述の交渉の詰めと共に、一部ではアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(27)をトレード要員として差し出す可能性も伝えられているが、現時点ではエンドンベレ単体でのレンタルの可能性が高いようだ。 2022.01.21 08:26 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが今冬にケシエ獲得に動く! フリーとなる今夏の争奪戦回避の意向

トッテナムが今冬の移籍市場でミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の獲得に動くようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 アントニオ・コンテ監督は今シーズンのトップ4フィニッシュに向け、今冬のタイミングでのチーム刷新を図る。ここまでは右ウイングバックのレギュラー候補として、ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(25)の獲得を優先事項としている。 その一方で、フランス代表MFタンギ・エンドンベレが完全に構想外となったことで、手薄な中盤の補強として以前から関心を示すケシエの獲得に力を注ぎ始めているようだ。 今シーズン限りでミランとの契約が終了する中、契約延長を固辞するコートジボワール代表MFは、フリーとなる今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンや国外の強豪クラブの有力なターゲットとなっている。 そういった中、トッテナムは今夏の争奪戦を避けるため、今冬のタイミングでミランに移籍金を支払う形での獲得へプラン変更したようだ。 現在、ミランとトッテナムではイングランド人DFジャフェット・タンガンガの移籍を巡る交渉を行っていると見られており、その話し合いと並行する形でケシエ獲得交渉を進めていく考えのようだ。 なお、ケシエ個人に関しては先日にトッテナムが獲得レースをリードしているとの報道も出ており、条件面において良い話し合いができているようだ。 2022.01.21 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

後半ATの圧巻2ゴールで逆転勝利に導いたベルフワイン、喜びを爆発「ファンタスティック」

トッテナムのオランダ代表FWステーフェン・ベルフワインが、レスター・シティ戦で勝利に導いた劇的な2ゴールに喜びを爆発させている。『ESPN』がコメントを伝えた。 19日にプレミアリーグ第17節の延期分となるレスター戦に臨んだトッテナム。試合は1点ビハインドで90分を迎え、敗戦濃厚となっていた中、途中出場のベルフワインが覚醒する。 95分、ゴール前のこぼれ球にいち早く反応し右足のシュートを突き刺し同点に追いつくと、直後の相手のキックオフの流れで味方がボールを奪い、カウンターから再びネットを揺らした。 この劇的な2ゴールで逆転勝利に導いたベルフワインは試合後に高揚感をあらわに。一方で今後の試合にも集中して挑まなければならないと、冷静なコメントも残している。 「最高だよ。ファンにとってファンタスティックな日になった。僕が2得点したんだ。幸せだね」 「監督は僕にゴールを奪ってこい、相手の守備陣をかく乱しろ、ハリー・ケインの近くにいろと指示したんだ」 「このような試合をひっくり返すことは、すべての少年の夢だ。大きな試合だったけど、まだまだ試合は残っている。今は一つ一つの試合に集中して取り組むことが大事なんだ」 2022.01.20 16:59 Thu
twitterfacebook
thumb

土壇場での逆転負けにレスター指揮官も落胆隠せず「93分半の間、本当に良い仕事をしていたが…」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、痛恨の逆転負けを悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 19日にプレミアリーグ第17節延期分のトッテナム戦に臨んだレスター。試合は立ち上がりから相手に支配される展開となったが、24分にFWパトソン・ダカのゴールで先制。一度は追い付かれたものの、76分にMFジェームズ・マディソンのゴールで勝ち越しに成功すると、そのまま90分を回り、勝利は確実かに思われた。 しかし、途中出場FWステーフェン・ベルフワインに95分に同点ゴールを奪われると、直後の97分にも再びベルフワインにネットを揺らされ、2-3でまさかの逆転負けを喫した。 ロジャーズ監督もさすがに落胆を隠せず、同点直前まで良いパフォーマンスだったと試合を回想。それだけに悔しさもひとしおだったようだ。 「我々はトッテナムにゴールをプレゼントしてしまった。とても悔しいね。同点に追いつかれたことも悔しい。我々は93分半の間、本当に良い仕事をしていたと思う」 「最後までそのまま行くつもりだったから、同点にされたのは少し厳しかった。あの時間帯の失点について、我々は本当にとても甘かったと思う。あれは許されることではない。あのような形で負けてはならないのだ」 「ハーフタイムにはパス回しの基本について触れ、もっと整理してゲームをクリーンにする必要があると話した。だが、後半は何度か空中戦で勝つべき場面でそれができず、後手に回り、結局失点してしまった。残念だよ」 また、ロジャーズ監督は守備陣に多くのケガ人がいたとしても、この試合の結果の言い訳にはならないとコメント。少なくとも、勝ち点を得る必要はあったと悔やんだ。 「今ここにあるチームによって、評価はされるものだ。いつも言っているが、我々は決してそれを言い訳にはしない。トップレベルのチーム相手に93分過ぎの時点で2-1だった。勝つべき試合だったが、勝てなかった。私にとっての評価は明確だ」 2022.01.20 15:32 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly