東京VのMF石浦大雅がプロA契約締結、今季はJ2で19試合出場

2021.10.07 18:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
東京ヴェルディは7日、MF石浦大雅(17)とプロA契約を締結したことを発表した。

石浦は東京Vの下部組織出身で、ジュニア、ジュニアユースと昇格し、トップチームに昇格した。

今シーズンは明治安田生命J2リーグで19試合に出場。プロA契約締結条件の900分出場を果たしていた。


関連ニュース
thumb

東京Vが今季暫定指揮の堀孝史監督の続投を発表…J2で12位フィニッシュ

東京ヴェルディは8日、堀孝史監督(54)との契約更新を発表した。 堀監督は、湘南ベルマーレの育成年代やトップチームコーチを務めた後、浦和レッズでユースのコーチや監督を歴任。2011年には成績不振で解任されたゼリコ・ペトロビッチの後任として監督に就任した。 その後、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督(現:北海道コンサドーレ札幌監督)の下でコーチを務めていると、2017年7月にはペトロヴィッチ監督の後任として監督に就任。2018年は正式に監督となるが、開幕5試合で解任されていた。 その後、尚美学園大学、ジェフユナイテッド千葉でヘッドコーチと務めると、2020年に東京Vのスカウト部長に就任。2021年はコーチとなったが、永井秀樹監督の辞任を受けて9月から暫定監督に就任していた。 チームは12位でシーズンを終えていたが、続投が決定した堀氏はクラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンも引き続き、東京ヴェルディトップチームの監督を務めさせていただくことになりました」 「2021シーズンの途中から監督を務めさせていただきましたが、どんな状況でもチームを支えていただいているファン、サポーター、パートナーの皆さま、試合運営に関わってくださったすべての皆さまには改めて心からお礼申し上げます」 「選手、スタッフ、クラブそして支えてくださる皆さま全員の力を合わせて、来季も戦っていきたいと思います。引き続き、応援をよろしくお願いいたします」 2021.12.08 18:22 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田主砲ルキアンが22ゴールでJ2得点王! 京都FWピーター・ウタカを1得点差に抑えてトップスコアラーに

明治安田生命J2リーグの今季日程が5日の最終節をもって終了。ジュビロ磐田のFWルキアンがJ2得点王争いを制した。 出場停止の第36節こそ欠場したルキアンだが、それ以外の全試合に出場して、J2優勝でJ1昇格を決めたチームの主砲として稼働。第3節で初ゴールをマークすると、第5節から9節にかけて5戦連発の6得点した。第28節から第33節にかけても6戦連発の7ゴールを記録。計22ゴールを挙げ、初のJ2得点王に輝いた。 また、2位は優勝の磐田に次ぐ2位で12年ぶりのJ1昇格を果たした京都サンガF.C.で、今季も得点源として抜群の存在感を発揮したFWピーター・ウタカ。昨年に続く得点王が期待された37歳のフィニッシャーだが、昨季の10ゴールから大幅に得点数を伸ばしたルキアンにわずか1得点及ばずの21得点に終わった。 そのほか、3位は17ゴールをマークした東京ヴェルディのMF小池純輝。V・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオが15得点でその小池に続き、最終節で4ゴールと大暴れしたモンテディオ山形のFWヴィニシウス・アラウージョ、ジェフユナイテッド千葉のMF見木友哉が14得点で5位タイにランクインした。 ◆J2得点ランキング 【22】 ルキアン(ジュビロ磐田) 【21】 ピーター・ウタカ(京都サンガF.C.) 【17】 小池純輝(東京ヴェルディ) 【15】 エジガル・ジュニオ(V・ファーレン長崎) 【14】 ヴィニシウス・アラウージョ(モンテディオ山形) 見木友哉(ジェフユナイテッド千葉) 【13】 佐藤凌我(東京ヴェルディ) 谷口海斗(アルビレックス新潟) 上門知樹(ファジアーノ岡山) 【12】 中山仁斗(水戸ホーリーホック) 2021.12.05 15:59 Sun
twitterfacebook
thumb

深澤のJ初ゴールなどで東京Vが快勝! 相模原は19位が確定し、残留可否はJ3の結果次第に【明治安田J2最終節】

明治安田生命J2リーグ最終節、東京ヴェルディvsSC相模原が5日に味の素スタジアムで行われ、3-0でホームの東京Vが勝利を収めた。 19位SC相模原(勝ち点38)にとっては、勝てば残留を決められる一戦。18位大宮アルディージャ(勝ち点39)と16位ザスパクサツ群馬(勝ち点41)が直接対決、かつ得失点差で相模原が群馬を上回っているためだ。 今節は経験豊富な鎌田をスリーセンターの中央で起用し、勝ち点3とJ2残留を勝ち取りにいく。対するホームの東京Vは今季での退団が発表された柴崎が8試合ぶりに先発出場。チーム一丸で勝利での締めくくりを目指した。 戦前の予想通り東京Vが[4-3-3]でポゼッションを高め、相模原が[3-4-2-1]でブロックを組んで機をうかがうという展開でスタート。11分の東京Vは深澤の折り返しに2列目から飛び込んできた梶川がヘディング。これは大きく枠を外れ、3分後には左クロスを深澤が頭で戻して再び梶川が狙い、当たり損なったボールを小池が拾うも、フィニッシュまでは持ち込めない。 押し込む時間の続く東京VはCK崩れからゲームを動かす。右サイドから福村がクロスを入れると、GK三浦がはじいたボールを深澤がボックス手前で回収して小さく右へ。受けた新井は右斜め前方へ仕掛け、ペナルティアークの右脇から右足を一閃。強烈なミドルシュートが左隅に突き刺さり、恩返し弾となる今季初ゴールで先制点を奪った。 チャンスらしいチャンスを作れない相模原は34分にようやく深い位置まで相手を押し込み、成岡が仕掛けてクロスを入れる。次第に攻撃のリズムをつかみ始めると、42分には成岡が粘って藤本が左の深い位置に展開し、夛田のグラウンダーの折り返しに藤本の左足。さらに、前半の終了間際にはFKを川崎がそらして鎌田がネットを揺らす。追い付いたかに思われたが、オフサイドの判定を取られ、1点のビハインドで前半を折り返す。 後半の立ち上がりから藤本、中山に代えて安藤、児玉を送り出した相模原は、いきなり交代選手が絡んでチャンスを作る。47分に安藤が左をえぐって右アウトで中へ折り返し、石田のシュートのこぼれを平松がプッシュ。ネットを揺らすが、これもオフサイドの判定に。57分には児玉のミドルがゴールを脅かすと、直後のCKから鎌田がヘッド。攻勢を強めた。 だが、スコアを動かしたのはまたしても東京Vだった。61分、自陣から福村が長いボールを縦に入れると、佐藤凌我、山下と頭でつなぎ、最後は再び佐藤凌我。ボックス左から右足を振り抜き、貴重な追加点を奪う。 苦しい展開となった相模原は鎌田に代えて梅井を投入し、4バックにして梅井を最前線で起用。明確なターゲットを前線に置いたが、流れを取り戻した東京Vが79分に再びネットを揺らす。梶川、深澤、福村と立て続けにシュートを放ち、最後はゴール前でこぼれ球を拾った深澤が蹴り込んでJ初ゴールを記録した。 自力残留のためには4点が必要となった相模原は、セットプレーやシンプルな長いボールを使って打開を図り、90分にはFKのこぼれから窪田が右足のミドルで狙う。だが、最後までゴールを奪うことができず、0-3で敗戦。19位が確定し、残留・降格の決定はJ3の結果を待つこととなった。 一方の東京Vは第29節以来となるホームでの勝利。3試合ぶりのクリーンシートも達成し。柴崎、福村、富澤のラストマッチに花を添えた。 東京ヴェルディ 3-0 SC相模原 【東京V】 新井瑞希(前17) 佐藤凌我(後18) 深澤大輝(後32) 2021.12.05 15:07 Sun
twitterfacebook
thumb

東京V生え抜きのMF西谷亮が来季トップ昇格「結果で恩返しが出来るよう全力を尽くします」

東京ヴェルディは5日、MF西谷亮(17)の来季トップ昇格を発表した。 西谷はジュニア、ジュニアユース、ユースと東京Vで育った生え抜き選手。今年はU-17日本代表候補にも選出されていた。 3月にはトップチームに2種登録され、背番号「36」が与えられたが出場機会はなかった。 西谷はクラブを通じてコメントしている。 「来季からトップチーム昇格が決まりました、東京ヴェルディユースの西谷亮です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手にこのクラブでなれたことを大変嬉しく、誇りに思います」 「9年間お世話になったこのクラブや両親をはじめとする今まで支えてくださった全ての方々に感謝をし、結果で恩返しが出来るよう全力を尽くします」 「そして多くの人に応援され、勇気や感動を届けられるような選手を目指して精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」 2021.12.05 10:50 Sun
twitterfacebook
thumb

東京V、柴崎貴広、富澤清太郎、福村貴幸、ジャイルトン・パライバの退団を発表

東京ヴェルディは4日、GK柴崎貴広(39)、DF富澤清太郎(39)、DF福村貴幸(29)、FWジャイルトン・パライバ(31)が今季限りで退団することを発表した。 同クラブでプロデビューを果たした柴崎は、一度2004年に退団するも、横浜FCとFC東京を渡り歩き、2007年に復帰。以降は2013年に横浜FCへの期限付き移籍はあったものの、通算17年もの在籍期間を数えた。ただ、ここ4シーズンは控えGKの役回りとなり、今季はJ2で7試合のみの出場だった。 ヴェルディユース出身の富澤は2001年から2011年まで東京Vでプレー。その後は横浜F・マリノス、ジェフユナイテッド千葉、アルビレックス新潟、SC相模原を渡り歩き、今季10年ぶりに復帰していた。出場はJ2の3試合のみ。 福村は京都サンガF.C.出身で、清水エスパルスやFC岐阜、ガイナーレ鳥取でプレーを重ね、2020年に東京Vに加入した。昨季も今季もJ2で33試合に出場するなど、主力として活躍した。 ジャイルトン・パライバは母国ブラジルや中国、トルコのクラブを経て、2019年夏の東京V加入で初来日。同シーズン終了後に退団したものの、今年3月に再加入し、リーグ戦10試合に出場した。 各選手のコメントは以下の通りとなっている。 ◆柴崎貴広 「この度、契約満了により退団することになりました。ヴェルディでは合計17年在籍させていただきました。憧れのヴェルディの選手として、国立競技場でデビューしてから味スタなど色々なスタジアムでプレーした時間は本当に幸せでした」 「来シーズン、ヴェルディの選手としてプレー出来ないのは悔しいし、本当に悲しいです。でもそれは自分の人間としての日頃の行いやサッカー選手としての力不足だからだと思います」 「このリリースで今後の事をお伝えできないのは申し訳ありませんが、また何らかの形でお伝えしたいと思います。17年間ありがとうございました!これからも東京ヴェルディをよろしくお願いします!」 ◆富澤清太郎 「この度私はチームを離れる事となりました。久しぶりに戻ったヴェルディでの日々は最高の仲間に恵まれ、大変貴重な財産となりました。私自身が得た他チームでの経験を、少しでもヴェルディと仲間たちに還元する事ができたなら本望です」 「クラブ支えてくださるパートナー企業の皆様、地域・行政の皆様、ファン・サポーターの皆様、ともに戦ったチームのみんな、ありがとうございました」 ◆福村貴幸 「2年間東京ヴェルディで過ごした1日1日は自分にとって素晴らしい日々でありました。毎日質の向上の為にこだわって練習し身体の為にクラブハウスで食事をして次の日の為にケアをして帰るの繰り返しでした」 「試合ではこの2年は手拍子だけの応援となりましたが、手が痛くなるほどの手拍子やどんな状況でも毎試合応援してくださる皆さんには本当に力を貰えました。なかなか多くの勝利と笑顔を届けられず申し訳ありませんでした」 「残りホーム1試合、勝利の為にサポーターの皆さん、クラブスタッフ、選手のみんな頑張ろう!!!!ありがとうございました」 ◆ジャイルトン・パライバ 「まず初めに、サポーターの皆様、いつも温かいサポート本当に感謝しています。今年は怪我に苦しみ、思うようにチームに貢献でぎず難しいシーズンを過ごしました。東京ヴェルディに戻ってくる機会を作ってくださった永井前監督にはとても感謝しています。今後も東京ヴェルディの発展を願っています。ありがとうございました」 2021.12.04 18:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly