レーティング:リバプール 2-2 マンチェスター・シティ《プレミアリーグ》

2021.10.04 04:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第7節、リバプールvsマンチェスター・シティが3日にアンフィールドで行われ、2-2のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。

▽リバプール採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 アリソン 6.0
ホームでの前回対戦での屈辱を払しょくする見事なゴールキーピングを披露。結果的に2失点も、前半の2度のビッグセーブは非常に大きかった

DF
7 ミルナー 4.5
フォーデンとのマッチアップで完敗。後半にはベルナルド・シウバへの軽率なファウルで退場の可能性もあった。気迫は見せたが、加齢による衰えを感じさせる一戦に

(→ジョー・ゴメス 5.5)
投入直後に冷静なクリアを見せるなど、難しい試合にうまく入った

32 マティプ 6.0
攻守両面でソリッドなパフォーマンスを披露。相棒やミルナーが安定感を欠いた中、要所でチームを助ける好守を見せた

4 ファン・ダイク 5.5
足を滑らせてベルナルド・シウバに決定的なラストパスを出されるなど、普段に比べてやや安定感を欠く対応が散見された

26 ロバートソン 6.0
攻撃面で決定的な仕事は見せられなかったが、攻守両面で高いプレー強度と集中した対応を90分間継続

MF
14 ヘンダーソン 5.0
チームを鼓舞するリーダーシップを発揮したが、守備面でやや無謀な対応が多くバランスを崩す一因に。終盤はそのツケを払う形でガス欠気味でフィルター役を完遂し切れず

3 ファビーニョ 5.5
献身的にプレーを続けたが、失点場面を中心に軽い対応が散見。ロドリに絶好機を阻まれてヒーローになれず

17 C・ジョーンズ 5.5
攻守両面で最低限の仕事はこなしたが、やや守備の負担が多く直近数試合のような攻撃面での輝きを放てず

FW
11 サラー 7.5
公式戦7戦連発を含む1ゴール1アシストの活躍。チーム全体が苦戦した中、完全な個人技で2度も局面を打開

20 ジョタ 5.5
前半は序盤以降、思うように攻撃に絡めず。後半序盤に若干の輝きを放った一方、守備では献身性が光った

(→フィルミノ 5.0)
コンディションが万全ではないのか、ほとんどインパクトを残せず

10 マネ 6.0
貴重な先制点を挙げたが、それ以外では評価し辛いパフォーマンス。再三のボールロストに守備でも集中を欠く場面が散見

監督
クロップ 5.5
ホームで最低限のドロー。後半は修正がうまくいったというよりも、サラーの圧倒的な個人技に救われた

▽マンチェスター・シティ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
31 エデルソン 5.5
2失点共に致し方なし。飛び出しのミスをロドリに救われたが、それ以外はスペースケアや正確なキックといつも通りの安定感だった

DF
2 ウォーカー 6.0
マッチアップしたマネをほぼ封殺。要所で攻撃にも顔を出して良いアクセントとなっていた

3 ルベン・ディアス 6.0
早い時間帯にカードをもらったものの、強力攻撃陣を相手に90分を通して安定した守備を披露。前半序盤には同胞ジョタの決定機を無理の利く守備で阻止

14 ラポルテ 5.5
結果的に2失点に絡む形となったが、責任の大部分はカンセロにあり。前半はビルドアップで良い配球をみせ、失点場面以外は守備でも及第点の出来

27 カンセロ 5.0
前半は攻守両面でハイパフォーマンスを披露。ただ、後半は2度の軽率なプレーでサラーに出し抜かれるなど課題を克服し切れず

MF
17 デ・ブライネ 6.0
チームを救う同点ゴールを記録。要所でチャンスに絡んでいたが、本来の能力を考えると、細かいボールタッチやキック精度など物足りなさも見受けられた

16 ロドリ 7.0
チームを救うスーパーブロックを見せた。試合全体を通しても攻守両面で抜群のバランス感覚を発揮した

20 ベルナルド・シウバ 7.0
前半にスーパーなドリブル突破を見せるなど、卓越したキープ力と正確なパスで攻撃をけん引。守備でも地上戦では相手を凌駕する素晴らしいパフォーマンスだった

FW
9 ガブリエウ・ジェズス 6.5
フォーデンのゴールをアシスト。やや判定基準にフラストレーションを溜めていたが、決定力を除き攻撃面で相手の脅威となった

10 グリーリッシュ 5.5
最前線起用となった中、守備面では献身性を見せた。ただ、攻撃面では期待された個の優位性をもたらせぬまま交代に

(→スターリング 5.5)
アンフィールドで2戦連発が期待されたが不発に。ただ、オープンな展開の中できっちりチャンスに顔を出した

47 フォーデン 7.5
1ゴールに加え、2点目の起点に。指揮官が期待した個的優位性をもたらしてリバプールにとっての脅威となり続けた

監督
グアルディオラ 6.0
圧倒的だったサラーを封じることができなかった以外、ほぼ思い通りの試合内容だった。ミルナーが退場となった場合、勝ち点3を得られた可能性は高かった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
サラー&フォーデン(リバプール&マンチェスター・シティ)
白熱のドローという結果を受け、甲乙つけがたい両チームのベストプレーヤーをMOMに選出。試合を通して存在感を放ち続けたフォーデン、勝負所で異次元のプレーを見せたサラーと両選手共に決定的な存在だった。

リバプール 2-2 マンチェスター・シティ
【リバプール】
マネ(前14)
サラー(後31)
【マンチェスター・シティ】
フォーデン(後24)
デ・ブライネ(後36)


関連ニュース
thumb

レーティング:日本 3-0 韓国《E-1サッカー選手権》

27日にEAFF E-1選手権の日本代表vs韓国代表が行われ、3-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/fom20220727jpn_kor.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 谷晃生 6.5 あまり目立つシーンはなかったが、後半に一本ビッグセーブを披露。クリーンシートに貢献した。 DF 谷口彰悟 6.5 屈強な韓国相手に競り負けることなく、クロスを跳ね返し続けた。 畠中槙之輔 6.0 前半のイエローカードでやや自分の首を絞めてしまったが、その後はクリーンなプレーで無失点に抑えた。 佐々木翔 7.0 得意のセットプレーからチーム2点目を記録。守備でも及第点のパフォーマンスで攻守に貢献。 小池龍太 7.0 中国戦での代表デビューで吹っ切れたか、思い切りのよりダイナミックなプレーで攻守に存在感を発揮。積極的な攻撃参加が目立った。 MF 岩田智輝 6.5 決して目立つプレーではなかったが、中盤での潰し、攻撃のくさび役で貢献。後半にはタイミングの良い攻めあがりでゴールチャンスも。 水沼宏太 5.5 運動量のあるプレーやドリブルで持ち味を発揮。前半半ばにはゴールチャンスも訪れたが、代表初ゴールはかなわず。 (→宮市亮 -) 途中出場も右ヒザを負傷し無念の交代 (→森島司 -) 藤田譲瑠チマ 7.5 攻守で存在感を放っていた中で、正確なクロスで相馬のヘディングゴールをアシスト。中盤で高いボールキープ力を発揮し、頼れる存在だった。 (→橋本拳人 -) FW 西村拓真 6.0 特に後半はボールに絡む頻度が増し、3点目の見事な崩しの起点に。 (→脇坂泰斗 -) 町野修斗 7.0 立ち上がりから強烈なミドルシュートでゴールへの執念を見せると、後半半ばに決定的なチーム3点目を記録。今回のメンバーの中ではカタール行きに最も近い選手か 相馬勇紀 6.5 前半にシュートがポストに嫌われる場面があったが、後半立ち上がりにクロスを頭で合わせて先制点を記録。 (→満田誠 -) 監督 森保一 6.0 中国戦では非難の声が強まったものの、宿敵に完勝し4大会ぶり2度目の制覇に導いた。町野や藤田、水沼といった掘り出し物も見つかる大会に。 MVP 藤田譲瑠チマ 正確なクロスでアシストを記録したプレーはもちろんのこと、この日はポジショニングとボール捌きが光り、守備から攻撃へのスムーズなトランジションを形作った。 2022.07.27 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本 6-0 香港《E-1サッカー選手権》

日本代表は19日、EAFF E-1サッカー選手権第1節で香港代表と対戦し、6-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/170068.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 鈴木彩艶 5.0 最終ラインで跳ね返すことが多く、仕事はほぼなかった。その中でもセットプレーではパンチングで危機を回避するシーンも。 DF 山根視来 5.5 日本代表の常連は安定した攻守で右サイドを支配。 (→大南拓磨 -) 谷口彰悟 5.5 空中戦で強さを見せた試合に。上手く最終ラインを統一し、チャンスを作らせなかった。 (→中谷進之介 5.5) 後半頭から途中出場。谷口に変わらぬ空中戦の勝率を誇った。 畠中槙之輔 5.0 一対一の強さも発揮し、適切なポジショニングでセカンドボール回収にも一役買った。 杉岡大暉 5.0 試合に入りきれず、決定的な仕事はできず。 MF 岩田智輝 5.5 プレッシャーがほとんどなかったこともあり、評価が難しい試合となった。時に縦に速いボールを入れつつも、丁寧なパス回しが目立った。 西村拓真 7.0 代表初ゴールはボックスでの一連のらしい身のこなしから。2点目は弾丸ミドルで、所属チームでの好調さを猛烈アピール。 (→岩崎悠人 5.0) 武藤嘉紀の代わりに追加招集された岩崎。これが代表デビューとなったが足跡を残せず。 藤田譲瑠チマ 5.5 所属チームのように中盤でのクサビ役に徹した。地味だが効果のあるプレーに。 FW 相馬勇紀 7.0 開始2分の芸術的な直接FKで大量得点の狼煙を上げ、後半には華麗なバックヒールで追加点。 (→宮市亮)5.0 久々の復帰の気合いの入ったプレーを見せたが、相手の警戒心も強く、良い形でシュートまで持ち込めなかった。 水沼宏太 7.0 豊富な運度量と正確なクロスでチームの攻撃を牽引。得点は叶わなかったものの、アシストを記録した。 (→脇坂泰斗 5.0) インサイドハーフの位置に入って中盤をコントロール。ただ、安牌なパスが多かった。 町野修斗 7.5 水沼からのクロスを頭で合わせて代表初ゴールを記録すると、後半にも水沼のクロスのこぼれ球を押し込んでデビュー戦で2ゴールを挙げた。 森保一監督 5.0 予想以上の大勝となったが、香港レベルでは当たり前の結果に。力の差を見せつけたが、やや評価素材にかける試合だった。 MVP 町野修斗(湘南ベルマーレ) 2ゴールだけでなく、ポストプレーでも戦えることを証明する試合となった。国内組ではカタールに向けて最も代表入りに近い選手かもしれない。 2022.07.19 21:22 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 0-1 ブラジル代表《キリンチャレンジカップ2022》

日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2022でブラジル代表と対戦し、0-1で敗れた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/fom20220606jpn_bra.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 権田修一 5.5 PKでの失点は致し方なし。27分のネイマールの巻いたシュートはブラインドになり、難易度の高いセーブとなった。 DF 5 長友佑都 6.0 一発目で伊東と被った際には悪評を覚悟したが見事修正。試合中に連携面を向上させ、カウンターに対するカバーもさすがの一言。 (→山根視来 -) 4 板倉滉 6.0 エラシコに対しては粘り強く対応し、ネイマールに仕事をさせず。ファウル数は気になるが、相手エースのフラストレーションを溜めたと考えれば◎。 22 吉田麻也 6.0 前半の深いライン設定は意図的か。後半は一段高めにして攻勢を掛けろというメッセージを発信した。 20 中山雄太 5.5 ハフィーニャとダニエウ・アウベスのコンビに後手を踏む。攻守いずれも一列前の南野とかみ合わなかった印象が残る。 MF 6 遠藤航 6.5 最強軍団相手に一歩も引かず、ポゼッション時の顔出しも抜群で攻撃の起点にも。奮闘していただけに微妙な判定となったPK関与だけが悔やまれる。 8 原口元気 6.0 ミドルゾーンでの守備は文句のつけようがなく、前半無失点に貢献。特に前半終了間際のディレイは秀逸だった。 (→鎌田大地 5.5) 攻撃のスイッチ役として期待されるも、際立ったシーンを作れず。速攻のチャンスも主審に阻まれた。 17 田中碧 5.5 インターセプトを幾度か披露。前半は押し込まれた際にボックスまで下がることが多く、中盤を空けることになったのが玉に瑕。 (→柴崎岳 -) FW 14 伊東純也 6.0 ドリブル突破は世界にも武器になることを証明し、長友とも好連携を見せた。 (→堂安律 5.5) 守勢の状況を逆転するには至らず。セットプレーからチャンスには絡んだが…。 10 南野拓実 5.0 ボールタッチの機会が少なかったうえに、パスミスやロストが散見。FKはナイスブロックだったが…。 (→三笘薫 5.5) 得点に絡む働きを期待されるも、得意の突破を生かし切ることはできなかった。 19 古橋亨梧 5.0 チーム全体が守備に追われたためにほぼ見せ場なし。後半頭にファーストシュートを放ったが、前線としては悩ましいゲームに。 (→前田大然 5.5) 72分のパスは前田でなければ追い付けない。89分にはプレスでアリソンに冷や汗をかかせる。 監督 森保一 6.0 FIFAランキング1位のベストメンバーに対し、最少失点は評価できる。鎌田や三笘といった攻勢のための一手が機能しなかったことが誤算か。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 遠藤航(日本代表) 球際の勝負、持ち出しが高水準。攻守において世界トップと渡り合えると証明した。PKは不運と捉えるしかない。もちろん決勝点となってしまっただけに、親善試合でなければ評価は変わる。 日本 0-1 ブラジル 【ブラジル】 ネイマール(後32)【PK】 2022.06.06 21:41 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 4-1 パラグアイ代表《キリンチャレンジカップ2022》

日本代表は2日、キリンチャレンジカップ2022でパラグアイ代表と対戦し、4-1で勝利を収めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/166993.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 23 シュミット・ダニエル 6.0 前半にはボックス外からのミドルを安定してセーブ。クロス対応も安定で、失点は致し方ない。 DF 2 山根視来 6.5 仕掛けられるアタッカーが揃ったためにバランスを重視し、攻撃参加時はインナーでアクセントを付けた。PKからのこぼれが決まっていればなお良しか。 3 谷口彰悟 6.0 失点時の対応は悔やまれるが、34分のピンチでは素晴らしいカバーリングを見せた。 22 吉田麻也 6.0 大きな破綻なく最終ラインを統率。ボックス内への侵入を許さず前半のみでお役御免に。 (→中山雄太 6.0) 左サイドバックに入り、三笘を正しく生かすポジショニングで目立たずとも良い立ち位置を取った。 26 伊藤洋輝 6.5 初出場ながら存在感を発揮。左SBではタイミング良くオーバーラップし、後半はCBを務めるユーティリティ性も披露。 MF 6 遠藤航 6.5 中盤の潰しは群を抜いている。空けていい場面とタイトに寄せる感覚の使い分けが絶妙。 (→板倉滉 6.0) チャンスの起点となる効果的なパスを披露し、カウンターにも安定した対応を見せた。 8 原口元気 7.0 絶妙なスルーパスで2アシストを記録。ボールの引き出し役として潤滑油となった。 (→田中碧 6.5) 限られた時間の中で結果を残す。得意のミドルシュートを突き刺し試合を決定づけた。 9 鎌田大地 7.5 意外なヘディング弾にPK奪取。最終盤には独特なリズムのドリブル突破からラストパスを送るなど、ボールを持つ展開では抜群の存在感を見せた。 FW 21 堂安律 6.0 積極的なドリブルやフィニッシュで見せ場は作ったが、明確な結果が欲しかった。PK失敗が悔やまれる… (→久保建英 5.5) 短い時間ながらも、仕掛ける姿勢は見せた。 15 三笘薫 7.5 持ち味の突破力を生かして左サイドを蹂躙。常に相手の脅威となり続け、失点直後に嫌な流れを振り払う鮮やかなループ。 (→古橋亨梧 -) 18 浅野拓磨 6.5 得意の裏抜けから先制点を奪取。守備でも効果的なプレスバックでサンドしてプレッシャーを掛けた。 (→前田大然 5.0) 献身性は見せたが逸の方が目立つ結果に。決定機は数多くあっただけに、どれか1つでも決めていれば…。 監督 森保一 6.5 テスト色濃厚の試合で試すべき選手をきっちり起用。ゲームを支配しチャンスを与えられた選手が軒並み結果を残すなど、内容もホームの観客が満足できるものとなった。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 鎌田大地(日本代表) 代表復帰戦で1ゴール1アシストにPK奪取。攻撃の軸として、結果直結の猛アピールに成功した。 日本 4-1 パラグアイ 【日本】 浅野拓磨(前36) 鎌田大地(前42) 三笘薫(後15) 田中碧(後40) 【パラグアイ】 デルリス・ゴンサレス(後14) 2022.06.02 21:43 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:リバプール 0-1 レアル・マドリー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)決勝、リバプールvsレアル・マドリーが28日にパリのスタッド・ドゥ・フランスで行われ、0-1で勝利したマドリーが4年ぶり最多14度目の優勝を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220529_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 アリソン 5.5 少ない決定機を決め切られてしまったが、見事なディストリビューションを含めそれ以外は安定したプレーを見せた DF 66 アレクサンダー=アーノルド 6.0 23歳233日での通算3度目のCL決勝出場でトーマス・ミュラーを抜く最年少記録を樹立。普段以上にバランスを意識しながらも正確なクロスやラストパスで決定機に関与。守備では失点時にヴィニシウスをフリーにしてしまったが、チーム自体のバランスが崩れていたこともあり、責任は問えない 5 コナテ 7.0 高いアスリート能力を買われてマティプに代わって抜擢。求められたヴィニシウスへの守備対応に加え、意表を突く持ち運びで攻撃にアクセントも付けた。チームがリスクを冒して前に出た後のリスク管理でも奮闘し、リバプールのベストプレーヤーだった 4 ファン・ダイク 6.0 相手のエースであるベンゼマを監視しつつ、的確なカバーリング、コーチングでバックラインを統率。失点場面では味方のカバーのために釣り出される形となったが、世界最高峰のセンターバックとしての気概は見せた 26 ロバートソン 6.0 ルイス・ディアスを後方支援しつつ、要所でタイミングの良い攻撃参加を披露。守備では失点の場面での中途半端な対応は悔やまれるが、全体を通しては攻守に質の高いパフォーマンスだった MF 14 ヘンダーソン 6.0 右サイドでのローテーションで攻撃に絡みつつ、守備では豊富な運動量を生かしてスイッチを入れるハイプレス、献身的なプレスバックでチームをけん引 (→ナビ・ケイタ 5.5) 強度高くプレーしたが、シュートを大きくふかすなどやや精度を欠いた 3 ファビーニョ 6.0 中盤のフィルター役として安定した守備対応を継続。マイボール時はプレッシャーが少なかったこともあり、ほぼノーミスの見事な繋ぎを見せた 6 チアゴ 6.0 中盤の底とインサイドの位置を行き来しながらメッセージを込めたパスで攻撃の起点に。守備では味方と連動した動きで良いインターセプトを幾度も見せた。ただ、負傷を抱えながらのプレーということもあり、後半はややパワーダウン (→フィルミノ 6.0) 攻撃が停滞しかけていた中、巧みなポジショニングと的確な判断で攻撃のギアを上げた FW 11 サラー 6.0 CL決勝史上最多の6本の枠内シュートを放つなど、リベンジマッチで気迫のこもったパフォーマンス。ただ、クルトワの牙城は破れず。メンディらの好守もあって個での打開は少なかったが、良い形でフリーになって多くのフィニッシュに絡んだ 10 マネ 6.0 前半はカゼミロの脇や2センターバックの間でうまくボールを引き出しながら決定機に関与。ファーストディフェンダーとしての貢献度も高かったが、後半は逃げ切り態勢の相手にうまく守られた 23 ルイス・ディアス 5.5 スピードを生かした高強度のプレッシングで相手の脅威となったが、スーパーなカルバハルとバルベルデのコンビに封じ込まれた (→ジョタ 5.5) 良い形で試合に入ったが、決定的な仕事はできなかった 監督 クロップ 6.0 試合内容では優勢だったが、クルトワとマドリーの勝負強さに屈す。それでも、胸を張れる準優勝だった ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220529_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 クルトワ 9.0 リベンジに燃えるサラーの4度の決定機を圧巻の反応で凌ぎ切るなど、スーパーセーブ連発でチームを優勝に導く。CL決勝史上に残る圧巻のパフォーマンスだった DF 2 カルバハル 7.0 万全のコンディションで臨んだ一戦で全盛期の輝きを放つ。ルイス・ディアスへの見事な一対一の対応に加え、バルベルデとバランスを取りながら要所で良い形での飛び出しを見せた 3 ミリトン 6.5 マイボール時は相手の圧力を受ける形となったが、守備では無理の利く対応で相手の強力攻撃陣に立ちはだかった。とりわけ、逃げ切り態勢に入った終盤は高い集中力を維持 4 アラバ 6.5 約1カ月の負傷離脱を経てぶっつけ本番でのプレー。攻守共に本来の出来ではなかったが、百戦錬磨の経験を武器に要所を締める。やはりスーパーなプレーヤーだった 23 メンディ 6.5 攻撃は自重してサラーへの対応に集中。一対一の局面では冷静且つ強度の高い守備で一歩も譲らず MF 10 モドリッチ 7.0 前半こそ攻撃面でやや窮屈なプレーを強いられたが、守備で気の利いた対応を披露。後半は攻守両面で持ち味を遺憾なく発揮し、抜群のゲームメイクでチームを勝利に導く (→セバージョス -) 14 カゼミロ 7.0 前半は自身の脇をうまく使われたが、読みとフィジカルを生かした守備で傷口を広げず。後半はチームの修正によって良い形での潰しが光った 8 クロース 7.0 守備では相手のフィジカルアスリートに対してよく戦い、攻撃では決定的なパスこそ少なかったが、的確なボール捌きでビルドアップに貢献 FW 15 バルベルデ 7.5 狙っていた絶妙な背後からのランニングと正確なクロスで決勝点をアシスト。カルバハルと共に攻守両面で見事なハードワークを続け、フィールドプレーヤーではMOMに相応しい活躍だった (→カマヴィンガ -) 9 ベンゼマ 6.5 6戦連発や1シーズンでのCL最多得点記録更新はならずも、頼れるエースとして前線の起点として存在感を放った。ボールが入る回数は多くなかったが、ミスの少なさと的確な捌きが光った 20 ヴィニシウス 7.0 コナテの壁に苦しんだが、若きエースとしてチームを優勝に導く決勝点を記録。後半はカウンターの起点として存在感を示しつつ、献身的なプレスバックでメンディをサポートした。 (→ロドリゴ -) 監督 アンチェロッティ 6.5 頼れる守護神にだいぶ救われたが、慌てず騒がずの的確な采配で難敵撃破。史上初となる通算4度目のビッグイヤー制覇を成し遂げる ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! クルトワ(レアル・マドリー) CL決勝史上最多9セーブでリバプールの強力攻撃陣を無失点に抑え、待望のCL初制覇を達成。文句なしのマン・オブ・ザ・マッチ。さらに、今大会を通じての59セーブは史上最多となり、ベンゼマと共に今大会のMVPとも言える圧巻の活躍だった。 リバプール 0-1 レアル・マドリー 【レアル・マドリー】 ヴィニシウス(後14) 2022.05.29 06:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly