アネルカ氏がフランスで解説者に就任!「私にとっては通過点」

2021.09.28 14:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表の二コラ・アネルカ氏が、フランス『RMC Sport』の解説者に就任した。

現役時代はアーセナルやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)やレアル・マドリーなどそうそうたるビッグクラブを渡り歩いたアネルカ氏。フランス代表としても69試合14ゴールの成績を残すなど、1990年代後半から2010年代初頭まで活躍した。

2015年のムンバイ・シティ退団を最後に、明言はしていないものの現役から退いており、その後はローダJCのクラブコンサルタントやリールのアカデミーコーチなどを歴任。そしてこの度、解説者という新たなステップを歩み始めた。

これを受けてフランス『Le Parisien』のインタビューに応じたアネルカ氏は、現役時代を鑑みると自分にとっても驚きの選択と感じているという。しかしながら、解説者は通過点に過ぎないと、将来的に指導者になる考えを示唆した。

「私にとってもサプライズだった。メディアが何を求めているのか理解したいと思ったんだ。ライブで話すのは難しいので、コミュニケーション能力を鍛えなければならない。20年間のサッカー人生の中で、私はほとんどコミュニケーションをとってこなかったからね(笑)。少しずつコツを掴んできているところだよ」

「とはいえ、私はこれを一生の仕事にするつもりはない。これはトレーニングなのだ。将来のコーチングの仕事にも役立つだろう。もし、私が選手たちに話しかけられるようになりたいのであれば、人前で話せるようにならなければならない」

慣れない仕事と認めながらも、将来の糧にしようと目論みを語ったアネルカ氏。解説者を務めるプレッシャーは感じていないようだ。

「プレッシャーは感じていない。自分の本職ではない仕事で誰が僕を評価するんだい? 私も成長しました。長い間、メディアは私の敵のようなもので、いつも私を批判していた。もう戦争はしないよ」

関連ニュース
thumb

PSGがガルティエ監督の就任を発表! 2週間後には来日

パリ・サンジェルマン(PSG)は5日、新指揮官にクリストフ・ガルティエ氏(55)を招へいしたことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの2年間となる。 現役時代にマルセイユやトゥールーズ、リールといった国内クラブで活躍したガルティエ氏は、幾つかのクラブでアシスタントコーチを歴任。2009年12月にサンテチェンヌで監督キャリアをスタートさせた。 サンテチェンヌでは8年の長期政権を築き、2012-13シーズンにはクープ・ドゥ・ラ・リーグのタイトルを獲得。2017年6月に退任した。 無所属となったガルティエ氏だったが、同年12月にリールの監督に就任。そのリールでは、2020-21シーズンにリーグ・アンを制するなど手腕を発揮。2021-22シーズンからニースの監督に就任していた。 ニースでは43試合を指揮し24勝7分け12敗。リーグ・アンでは5位フィニッシュを果たすなどした中、監督交代に踏み切ろうとしていたPSGが興味を持っており、1年でクラブと契約を解除していた。 マウリシオ・ポチェッティーノ監督との契約解除交渉に思わぬ時間を要したPSGだったが、5日に無事に交渉がまとまり契約を解除。そして、今回PSGの指揮官に就任することが正式に決まった。 PSGの監督に就任することが決まったガルティエ氏はクラブを通じてコメントしている。 「今日、私がPSGのコーチに就任したことは、大きな喜びと誇りだ。ナセル・アル・ケライフィ会長、ルイス・カンポス、そしてクラブ全体が私を信頼してくれたことに感謝する」 「私はこの桁外れのチームのリーダーとしての責任を知っている。確かに、ヨーロッパで最も競争力があり、壮観なチームの1つだ」 「私は全てのとても才能ある選手たち、私のミッションに同行するとても高いレベルのスタッフと一緒に仕事ができるのが楽しみだ」 「PSGが現在のフランスサッカー界、そして世界のサッカー界を代表する存在であることは誰もが知っていることだ」 「野心、厳しさ、そしてチームのポテンシャルを最大限に引き出すことが、私のやるべきこととなる」 「このチームの監督になり、すぐこの素晴らしいパルク・デ・プランスという、サッカーの情熱が息づくスタジアムのベンチに立てることを楽しみにしている」 PSGはこのあとプレシーズンがスタート。今月は来日して川崎フロンターレ、浦和レッズ、ガンバ大阪との3試合を戦う。 2022.07.05 21:52 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがポチェッティーノ監督解任を発表、ガルティエ氏の就任が目前か

パリ・サンジェルマン(PSG)は5日、アルゼンチン人指揮官マウリシオ・ポチェッティーノ監督の解任を発表した。 サウサンプトンやトッテナムでの指揮を経て、2021年1月にトーマス・トゥヘル前監督の後任として就任したポチェッティーノ監督。今季はリールからリーグ・アンのタイトルを取り戻したものの、チャンピオンズリーグ(CL)では前年を下回るラウンド16でレアル・マドリー相手に敗退するなど、首脳陣らが望む結果を得られなかった。 同監督はフランス代表FWキリアン・ムバッペがクラブ残留を発表した前後からたびたび解任が報じられてきたが、自身や周囲のコーチングスタッフの違約金などを巡ってPSGとの交渉が長引いており、先日ようやく合意したと伝えられていた。 なお、PSGは2022-23シーズンから前ニース指揮官のクリストフ・ガルティエ氏を招へいすることが確実視されており、新監督就任のリリースも近日中に行われるはずだ。 2022.07.05 20:17 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがバイエルン行き噂の17歳逸材MFと契約延長!

パリ・サンジェルマン(PSG)は4日、U-18フランス代表MFアイマン・カリ(17)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 2017年にヴィルジュイフからPSGの下部組織に加入したカリは、2019年にU-17チームに昇格。現在はU-19チームで主力を担う右利きのセントラルMFだ。 パスやポジショニング、判断力とまだまだ粗削りなものの、同胞MFエンゴロ・カンテを彷彿とさせる機動力、相手の密集をかい潜るターンや繊細なボールタッチを武器に、ボックス・トゥ・ボックスMFとしてすでに高い評価を集めている。 ここ最近ではバイエルン行きの可能性が高いと報じられていたが、クラブサイドの熱心な説得もあって、今回の契約延長に至ったようだ。 2022.07.04 22:34 Mon
twitterfacebook
thumb

逆境のドンナルンマ、イタリアの伝説的GKが擁護「ユーロ優勝は彼のおかげ」

イタリア代表のレジェンドが、パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマを称賛した。『カルチョメルカート』が伝えている。 昨夏開催されたユーロ2020では守護神として母国を優勝に導く活躍を見せたドンナルンマ。しかし、2021-22シーズンはクラブでもナショナルチームでも苦しんだ1年となった。 ミランを契約満了で退団し、新加入となったPSGでは正守護神としての活躍が期待されたが、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスからスタメンの座を奪い切ることはできず。公式戦24試合の出場にとどまり、チャンピオンズリーグ(CL)では準決勝のレアル・マドリー戦で敗退に直結するミスも犯してしまった。 イタリア代表としてはカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフ準決勝で、北マケドニア代表に0-1で屈し敗退。ロシアW杯から2大会連続で出場を逃したチームの中でも、守護神は強い批判を浴びた。 イタリア代表GKとしてW杯に3度出場し、1982年のスペインW杯では優勝も経験したディノ・ゾフ氏は、逆境にある“後輩たち“について言及。大舞台への切符を逃したことを嘆きつつも、ユーロ制覇を果たしたチームの功績を称えている。 「最近はW杯に出場出来ていないが、ユーロで優勝できたことはとても重要だった」 「2回連続での予選敗退は確かに痛い。しかし、今の選手たちは私の時代よりずっと良いものを吸収してる」 さらに、ドンナルンマ個人に向けても「今、最も重要な役割を担っている選手だ。ユーロで優勝することができたのは彼のおかげだ」と大きな賛辞を送った。 2022.07.04 18:49 Mon
twitterfacebook
thumb

「あの決断を背負って生きていくということ」…レアルを振ったムバッペにモドリッチが見解

レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチがパリ・サンジェルマン(PSG)残留を決意したフランス代表FWキリアン・ムバッペに言及した。 長らくの相思相愛ぶりから、PSGと契約切れの今夏に確実といわれたムバッペのレアル・マドリー行き。しかし、蓋を開けれみれば、今年5月22日にPSGと新たに3年契約を結んでの残留で決着した。 レアル・マドリー側からすれば、まさかの結末。背後に政治的圧力があったともされ、その一件から時間が経った今も物議を醸すなか、モドリッチが母国メディア『Sportske』で見解を示した。 「ムバッペは自分の意思でああいう決断したんだ」 「それは彼の権利だし、これからの彼はあの決断を背負って生きていくということさ」 「僕らの誰もが来ると思っていたけど、そうならなかった」 「それでどうするか? だからって、僕らは彼をはりつけにする気なんてないよ」 「彼は素晴らしい選手だけど、繰り返すように、クラブより重要な選手なんていない」 「レアル・マドリーはどんな選手よりも上の存在で、これからもずっとそう」 2022.07.03 10:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly