元フランス代表MFナスリが現役引退、マルセイユやアーセナル、シティでプレー

2021.09.26 19:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元フランス代表MFサミル・ナスリ(34)が現役引退を発表した。フランス『レキップ』が報じた。

報道によると、ナスリは26日にフランス『Le Journal du Dmanche』のインタビューにて引退を発表したとのことだ。

「あるエピソードが僕をひどく傷付け、サッカーとの関係を変えた」

「僕はドーピングなどしていなかったから、不公平というもの以上のことを感じた。病気だったから、ビタミン注射を打っただけだった。思わず足が止まってしまったよ」

ナスリが口にしたのは、2018年2月に処分が下されたドーピング疑惑。ナスリはセビージャに所属していた2016年冬、6時間以内に50mlのルールに反する500mlの点滴静脈注射を受けていたが、これが世界アンチ・ドーピング機関(WADA)の規則に反する違反行為に抵触。欧州サッカー連盟(UEFA)は、2017年3月に同選手に対する処分を科すことを決定。2018年2月に6カ月のフットボール活動禁止処分が決定していた。

その後、1年間の処分期間が延長され、合計で18カ月もサッカーから離れることに。その出来事が、情熱を消してしまったようだ。

その後、ウェストハム、そしてアンデルレヒトでプレーしたナスリ。マンチェスター・シティ時代の同僚であるヴァンサン・コンパニ率いるチームで指導者になる目論見があったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で計画が狂い、チャレンジする気持ちを失ったと明かした。

「感情的な面もあったけど、選手であると同時に少しスタッフでもいようという考えがあった」

「僕は指導者になりたいと思っているので、彼と一緒に学ぼうと自分に言い聞かせた」

「でも、計画通りにはいかなかった。その後、コロナのためにリーグ戦は中止された。そのあとは、あまりやりたいと思わなくなった」

「何のチャレンジもしたいと感じなかった。そしてマルセイユでなければ、フランスに戻ることは考えられなかった」

マルセイユの下部組織で育ったナスリは、2004年7月にファーストチームに昇格。マルセイユで若くして才能を見出されると、2008年7月にアーセナルへと移籍する。

アーセナルでも主軸選手としてプレーしたナスリは、2011年8月にシティへと完全移籍。2016年8月からセビージャへとレンタル移籍すると、2017年8月にはアンタルヤスポルへと完全移籍。その後、前述のドーピング問題で解雇されると、2019年1月にウェストハムへと加入。2019年7月から1年間アンデルレヒトでプレーし、その後は無所属だった。

クラブキャリアではプレミアリーグで220試合に出場し36ゴール44アシスト、リーグ・アンで121試合に出場し11ゴール22アシストを記録。チャンピオンズリーグでも58試合で9ゴール10アシストを記録していた。

タイトルとしても、シティ時代にプレミアリーグで2度優勝。リーグカップもシティで制していた。

フランス代表としても41試合に出場し5ゴールを記録。ワールドカップの出場経験はないものの、ユーロは2大会に出場していた。




1 2
関連ニュース
thumb

オイルマネー手に再建図るニューカッスル、今季未勝利のブルース監督を解任

ニューカッスルは20日、スティーブ・ブルース監督(60)の解任を発表した。双方合意の下での退任となる。 ブルース監督は、シェフィールド・ユナイテッドやハダースフィールド、ウィガン、クリスタル・パレス、バーミンガム、サンダーランド、ハル・シティ、アストン・ビラ、シェフィールド・ウェンズデイとイングランドのクラブで監督を歴任。2019年7月にニューカッスルの指揮官に就任した。 1シーズン目、2シーズン目と結果を残せなかったブルース監督。補強面でもクラブのサポートを全く受けられずに迎えた3シーズン目の今シーズンは過去最悪のスタートに。ここまで8試合を終え3分け5敗で19位に位置している。 ニューカッスルは7日にサウジアラビアの政府系ファンドであるPIFによるクラブ買収が完了したことを発表。PIFの総資産額は3200億ポンド(約48兆7500億円)と言われ、かつて潤沢なオイルマネーを元手にメガクラブへ成長したチェルシーやマンチェスター・シティに倣う大型補強が期待されていた。 その中で、監督交代が噂された中、新経営陣で迎えた初陣のトッテナム戦を指揮。チームは2-3で敗れ、またしても勝利を挙げることができなかった。 クラブは、「スティーブの貢献に感謝するとともに、彼の今後の活躍を願っています」と声明を発表している。 なお、暫定的にアシスタントコーチを務めており、ユーロ2020ではイングランド代表のテクニカルコーチを務めていたグレアム・ジョーンズ氏(51)が指揮を執ることとなる。 2021.10.20 19:10 Wed
twitterfacebook
thumb

小川慶治朗加入のウェスタン・シドニーが元レアル・マドリー所属のスペイン人GKを獲得

Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは18日、トルコのアンカラスポルからスペイン人GKトマス・メヒアス(32)を獲得した。 メヒアスはレアル・マドリーの下部組織出身で、2011年5月にジョゼ・モウリーニョ監督のもとでトップチームデビューするも、その後は出場機会を得られず、2014年にミドルズブラへ移籍。 しかし、ミドルズブラでも守護神定着とはいかず、ラージョ・バジェカーノやルーマニアのディナモ・ブカレストを渡り歩き、2021年1月にトルコ2部のアンカラスポルに加入。アンカラスポルではリーグ戦17試合で先発出場するなど正守護神を務めていたが、昨季限りで契約満了となっており、フリーの状態が続いていた。 オーストラリアへ活躍の場を移したメヒアスは、公式サイトで「ミドルズブラで一緒にプレーしたリース・ウィリアムズと話をしたところ、チームや街について素晴らしいことを言ってくれたので、あまり深く考えずに、新しいチャレンジをすることにしたんだ」と、移籍の経緯を語った。 かつて小野伸二や田中裕介、髙萩洋次郎、楠神順平ら日本人が在籍したウェスタン・シドニー・ワンダラーズは、15日に横浜FCからMF小川慶治朗を獲得しており、11月に始まる新シーズンへ着々と準備を進めている。 2021.10.19 00:20 Tue
twitterfacebook
thumb

伊東純也がヘンクと2024年までの新契約にサイン!「僕はここが好き」

ヘンクは18日、日本代表MF伊東純也(28)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。 2015年にヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタートさせた伊東は、2016年に柏レイソル入りすると、2019年2月にヘンクへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。 2018-19シーズンは半年間で公式戦14試合3ゴール2アシストの活躍をみせ、ジュピラー・プロ・リーグ優勝に貢献すると、翌シーズンには主力としての地位を確立。クラブも2020年3月に買い取りオプションを行使し2023年までの契約を結んでいた。 右サイドの絶対的なレギュラーに君臨する伊東は、ヘンクでこれまで公式戦110試合に出場し22ゴール33アシストを記録。今季も第4節のルーヴェン戦でゴールを記録するなど、ここまでジュピラー・プロ・リーグ11試合に出場し1ゴール4アシストをマークしている。 新契約にサインした伊東は、クラブ公式『YouTube』チャンネルで「僕はここが好きです」と笑顔でコメントしている。 <span class="paragraph-title">【動画】「私は寿司が好きです」と伊東純也の自己紹介映像が公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="spPkg8C6das";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.10.18 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

サンパウロ、新指揮官にロジェリオ・セニ氏を招へい! 4年ぶりの2度目の就任

サンパウロは14日(現地時間13日)、ブラジル人指揮官ロジェリオ・セニ氏(48)を新監督に招へいした。契約は今季終了までとなる。 サンパウロは、25試合を消化したカンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)で13位に沈んでおり、12日(現地時間11日)に行われたクイアバ戦もゴールレスドロー。直近5試合勝利がなく、降格圏の17位バイーアとは3ポイント差を付けられている。 そんな中、14日(現地時間13日)にエルナン・クレスポ監督(46)と双方合意の下で契約を解除したことを発表していた。 GKの世界最多ゴール数記録(131得点)を持つ元ブラジル代表GKのセニ氏は、2015年に現役引退。2017年1月から古巣サンパウロで監督業を始めると、以降はフォルタレーザ、クルゼイロの指揮官を歴任。2020年11月からフラメンゴで指揮を執っていたが、今年7月に成績不振を理由に解任されていた。 なお、セニ氏はすでにチームに合流しており、15日(現地時間14日)に行われるカンピオナート・ブラジレイロ第26節のセアラ戦から指揮を執るとのことだ。 2021.10.15 00:01 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサがスペインの至宝・ペドリと2026年まで契約延長! 契約解除金はなんと1300億円超

バルセロナは14日、スペイン代表MFペドリ(18)との契約延長を発表した。 新契約は2026年6月30日まで。10億ユーロ(約1316億円)の契約解除金が設定されている。なお、正式なサインは15日に行われるとのことだ。 2019年夏にラス・パルマスから完全移籍で加入したペドリは、そのままラス・パルマスへとレンタル移籍。バルセロナの一員としてプレーを始めたのは、2020-21シーズンからだった。 そのペドリは、デビュー戦からインパクトを残し、瞬く間にバルセロナの主力に定着。加入1年目かつ18歳という年齢でラ・リーガ37試合、初挑戦のチャンピオンズリーグでも7試合に出場するなど、欠かせない戦力となった。 その後、スペイン代表としてユーロ2020を戦うと、東京オリンピックにも参戦し銀メダルを獲得。フル稼働し続けた影響もあり、今シーズンはケガなどからここまで4試合の出場に終わっている。 バルセロナは2022年6月までの契約しか残っていなかったため、ペドリとの契約延長を急いだが、至宝をしっかりとチームに留めることに成功した。 <span class="paragraph-title">【動画】バルセロナがペドリとの契約延長を伝える特別ムービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrQVdneXRlQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.14 22:18 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly