『FIFA 22』最速の選手は60歳のニューカッスル指揮官!?その能力値は驚異の「99」

2021.09.25 15:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルのスティーブ・ブルース監督が、サッカーゲーム界を賑わせている。イギリス『talkSPORT』が伝えている。

事の発端は、10月1日にEAスポーツから発売されるサッカーゲーム『FIFA 22』のプレー動画がツイッターにアップされたことだった。

1人のニューカッスルサポーターが先行でゲームをプレーし、PK戦に勝利した。すると、ベンチの選手やスタッフたちが一斉に飛び出す演出が入る。そこで、誰よりも早く走っていたのが60歳のブルース監督だった。

この珍事にSNSでは大きく話題に。イギリスの多くのメディアでもこのことが取り上げられていた。

すると、『FIFA 』シリーズの公式インスタグラムがこれに反応。通常では監督に能力値は設定されないが、ブルース監督の選手仕様のカードデザインをストーリーズに投稿した。もちろんペース(スピード)は上限の99だ。

ブルース監督の他の能力は、シュート26、パス22、ドリブル36、ディフェンス65、フィジカル44の能力値が設定されており、レーティング(総合能力値)は68に設定されている。

ちなみに、現役時代のブルース監督はマンチェスター・ユナイテッドで414試合に出場するなど、センターバックとして活躍。強靭なフィジカルを武器とするタイプだった。



1 2
関連ニュース
thumb

ブルース解任のニューカッスル、後任に前ローマ指揮官のフォンセカ氏を検討か

ニューカッスルがパウロ・フォンセカ氏の招へいに向け動き出しているようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 今月初旬にサウジアラビアの政府系ファンド『PIF』によるクラブ買収を発表したニューカッスルは、プレミアリーグ8試合を終え3分け5敗と結果を出せずファンからの支持を失っていたスティーブ・ブルース監督を20日に解任。アシスタントコーチのグレアム・ジョーンズ氏に暫定指揮を任せつつ、現在19位に沈むチームの立て直しを任せられる後任候補を探している。 これまでその候補として、かつてボーンマスで指揮をとっていたエディ・ハウ氏や、ドルトムントでの指揮経験を持つルシアン・ファブレ氏、さらに現在ベルギー代表を率いるロベルト・マルティネス監督らの名前が挙げられていた。 しかし、スペイン人ジャーナリストのギジェム・バラゲ氏によると、現在はフォンセカ氏の招へいを検討しており、会談を行っているようだ。 フォンセカ氏はブラガやシャフタールで指揮をとったのち、2019年6月にローマの指揮官に就任。昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)でチームをベスト4に導いたものの、リーグ戦では7位でチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで同クラブを退任している。 その後、フォンセカ氏は今夏にトッテナムの指揮官就任が濃厚とされていながら、土壇場で破談。現在はフリーの状態となっている。 ニューカッスルの新経営陣はシャフタールで多くのタイトルを獲得してきた指揮官の経験を高く評価しているとされており、今後交渉が加速していく可能性もあるだろう。 2021.10.22 16:48 Fri
twitterfacebook
thumb

「役立たずで、太った無駄な存在」元ニューカッスル指揮官の苦悩告白にアルテタ監督が心境を語る「無視することなどできない」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ニューカッスルの指揮官を解任されたスティーブ・ブルース元監督の訴えについて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 ニューカッスルは7日にサウジアラビアの政府系ファンドであるPIFによるクラブ買収が完了したことを発表。PIFの総資産額は3200億ポンド(約48兆7500億円)と言われ、かつて潤沢なオイルマネーを元手にメガクラブへ成長したチェルシーやマンチェスター・シティに倣う大型補強が期待されていた。 その中で、監督交代が噂された中、新経営陣で迎えた初陣のトッテナム戦を指揮。チームは2-3で敗戦。今シーズン未勝利が続くと、20日に解任されていた。 成績が出せない中での解任は致し方ないことだが、解任後にブルース氏は在任中の苦悩を告白。「自分は役立たずで、太った無駄な存在で、戦術的に無能なキャベツ頭だと思われていた」とファン・サポーターからの罵声を受け続けたとし、それによる家族への迷惑もかけたくないと考えていることを明かしていた。 衝撃的な告白は大きな話題となったが、アルテタ監督もその件について言及。悲しい気持ちになったと明かし、考え方を変えていかなければいけないと語った。 「スティーブのその声明を読んだ後、私は本当に悲しかった。まず第一に、彼を個人的に知っていること、第二に彼が自分の言葉で伝えたからだ」 「選手や監督として40年以上試合に携わっている人のことを言っている。彼は1000試合以上の試合をマネジメントしており、その経験と彼が持っているレベルの専門知識がある」 「そのレベルで自分自身を保たなければいけないが、彼はそのような虐待、状況に苦しんでいる」 「我々は反省しなければいけないと思う。当たり前のことを当たり前に受け入れることができない。いや、我々はそれを改善し、変えるためにここにいる」 「あらゆるルールや日程をそうするように、我々のスポーツやファン、スタジアム、施設、テレビ放送のために、改善しなければいけないことは何でもする」 「我々はより多くの時間を費やすつもりであり、それをどう行うかについて話し合うため、オープンテーブルがある。なぜなら、イングランドの歴史の中で最も経験豊富な監督の1人が、手紙でそのことを伝えているという事実を考えなければいけないからだ」 「それは無視することなどできず、私にとってはとても深刻な声明であり、変わらなければならないものであり、変わり始めなければいけないものだ」 一方で、ファン・サポーターに全ての非があるとは考えていないとのこと。意見を言うことは自由であり、不満を述べることもあるだろうと理解を示した一方で、一線を越えてはいけないと釘を刺した。 「ファンのせいにすることはできない。サッカーはとても大きな業界であり、社会に大きな影響を与えている。誰もが意見を持っており、それは素晴らしいことだ」 「強い意見を持ち、自分が見ているものや人々の行動をどのように判断するかについて確信が持てるようにするため、勉強する必要はない。サッカーをする必要もない。ただ、強い意見を持って、述べることができる。それだけだ」 「化学について話している。でも、それに携わってはいない。法律について話している。でも、法律は勉強しなければならないので、それに対する意見は持っていないし、何も言わない」 「でも、何でも言うことはできる。そしてそれは議論を生み、意見を生む。それは素晴らしいことだが、一線を越えてしまうと、難しくなってしまう」 「彼は1人の男であり、家族がいて、彼の愛する人でもあり、それは環境でもある。我々は反省しなければいけないと思う、彼がどのように感じていたかを率直に明かしたことは、本当に感銘を受けた」 2021.10.22 12:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル退団のブルース、10番サン=マクシマンから惜別メッセージ 「永遠に感謝」

ニューカッスル・ユナイテッドのフランス人FWアラン・サン=マクシマンが監督の座から失脚のスティーブ・ブルース氏に感謝の言葉を送った。 今月上旬にサウジアラビアの政府系ファンド『パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)』による買収が決まり、14年間にわたるマイク・アシュリー政権に終止符が打たれたニューカッスル。PIFの総資産は3200億ポンド(約50兆3700億円)ともいわれ、今後はあのチェルシーやマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン(PSG)のオーナーをも凌駕する資金力を駆使した改革が噂される。 その一環として、クラブ施設への投資や選手補強が取り沙汰されるが、今季のプレミアリーグで3分け5敗の降格圏19位に瀕する現状を打破しようと、ブルース氏の更迭報道も加熱。そして、17日にプレミアリーグ第8節のトッテナム戦で監督キャリア1000試合目の節目を達成したブルース氏は新オーナー就任後初の一戦にもなったその試合を落とすと、20日に双方合意による契約解除が発表された。 そうしたなか、2019年夏のニューカッスル入りからブルース氏の師事を仰いだサン=マクシマンがSNSを更新。チームの状態が思わしくない今季もここまで公式戦全9試合で使われ、2得点3アシストと気を吐いたニューカッスルの背番号「10」を背負うフランス人アタッカーは惜別のメッセージを綴った。 「あなたは今までフットボールの世界で出会ったなかで、間違いなく最もジェントルマンだった。約束を守り、思いやりがあって、僕ら選手を守るのを躊躇わないフェアな人だった。僕を信頼してくれたことは絶対に忘れないし、永遠に感謝する。あなたが監督だったことは誇らしく、名誉なことだった。ありがとう、ブルース」 2021.10.21 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズ戦で昏倒したニューカッスルファンの家族が実名で感謝の思い伝える! 現在は自力歩行可能なほど回復

先日のトッテナム戦のスタンドで昏倒し、緊急搬送されたニューカッスルサポーターの家族が現在の健康状態を明かした。 17日にセント・ジェームズ・パークで行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスルとトッテナムの一戦。新オーナーによる買収が完了し、新体制ので初陣を迎えたニューカッスルは多くのファン・サポーターがスタンドに駆けつけ、新オーナーもスタンドでチームを応援した。 そういった中、試合開始40分過ぎにはトッテナムDFセルヒオ・レギロンが何かに気が付きアンドレ・マリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。さらに、同DFエリック・ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示するなど、迅速な対応を見せていた。 その後、同サポーターは周囲の観客やスチュワード、現場に居合わせた医師、クラブのメディカルスタッフによるCPR(心肺蘇生法)やAED使用による応急処置によって一命を取り止め、容態が安定したことが確認され次第、ニューカッスル市中心部のロイヤル・ヴィクトリア・インファーマリー(RVC)に緊急搬送されていた。 そして、現在はより専門的な治療を受けるため、地元にあるフリーマン病院に転院し、治療を続けている。 今回、ニューカッスルは同サポーター本人、その家族からの申し出を受け、アラン・ジョージ・スミス氏(80)という実名を明かすと共に、現時点での健康状態に関する説明及び、救護や励ましのメッセージを送ってくれた多くの人々への感謝の思いを綴った声明を転載した。 スミス氏の息子であるポール氏は以下のような声明を伝えている。 「アランの経過は順調で、現在は完全に覚醒状態にあり、自分で起きて歩いています。さらなる検査が行われるまでの数日間は、病院に滞在する予定です」 「父と私たち家族は、当時一緒にいて、父の状態を周囲に知らせてくれた友人、ドン・ウィリアムソンに感謝しています」 「また、心肺蘇生を行った医師や看護師、ノースイースト・アンビュランス・サービスの救急隊員、セント・ジョンズ・アンビュランス、現場にいたファンやスチュワード、そしてRVIやフリーマン病院の医療スタッフにも感謝し、敬意を表したいと思っています。私たちは永遠に感謝します」 「また、ソーシャルメディアでアランの無事を祈ってくださった方々、ニューカッスル・ユナイテッドとトッテナム・ホットスパーのプレーヤーやスタッフ、とりわけ個人的にメッセージを送ってくださったジャマール・ラッセルズにも感謝の気持ちを伝えたいと思います。それはアランにとって非常に意味のあることでした」 「父は一刻も早くセント・ジェームズ・パークに戻れることを楽しみにしています」 <span class="paragraph-title">【画像】アランさんの家族が感謝の思い綴る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> The family of Alan George Smith, the fan who required urgent medical care at St. James&#39; Park on Sunday, have released a statement updating supporters on his condition.<br><br>He is now fully alert and is up &amp; walking about but remains in hospital while further tests are carried out.</p>&mdash; Newcastle United FC (@NUFC) <a href="https://twitter.com/NUFC/status/1450817211799592966?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.10.20 23:49 Wed
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル解任のブルース監督、在任中の苦悩を告白「デブで無能と思われていた」

ニューカッスルから解任が発表されたスティーブ・ブルース監督が、ここ2年間の苦悩を語った。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 ニューカッスルは20日、ブルース監督の解任を発表した。2019年7月に就任し、今季で3シーズン目を迎えていた。しかし、プレミアリーグではここまで未勝利が続いており、そんな中、クラブはサウジアラビアの政府系ファンド『PIF』に買収され、豊富な資金力を手にした。 そのタイミングも重なり、成績不振に喘いでいたブルース監督は解任の憂き目に。監督としてこれが最後の仕事になるかもしれないと引退を示唆しつつ、長い間寄り添ってくれた妻のヤンさんへ惜しみない感謝の気持ちを伝えた。 「これが私の最後の仕事になるかもしれない。私だけで判断できないがね。家族への影響は無視できない」 「皆、私を心配してくれているよ。妻のヤンは特にね。彼女は素晴らしい女性で、妻であり、母であり、祖母でもある。この2年間で私に起こったことを常に気にかけてくれた」 「私にとって彼女は当たり前の存在ではない。彼女は人生を捧げて、クラブを転々とする私に付いてきてくれた。仮に明日、私に中国やどこかからオファーが来ていると話せば、『スティーブ、それがいいの? やりたいことなの?』と言って、背中を押してくれるだろう」 「私は60歳になるが、もう一度彼女に同じ体験をさせたいかどうかはわからない。すでに良い生活を送れているからね。だからそうだな、監督としてはこれで終わりだろう。どこかの会長から電話がかかってきて、手を貸してくれないかと言われるまではね。絶対にないとは言えない。私はそれを学んだ」 現場復帰の可能性を残したブルース監督だが、ニューカッスル在任中はファンやサポーターから心ない罵声が届いていたようだ。 「とてもとてもキツいものだった。必要とされておらず、人々が私に失敗して欲しいと思っていたり、直接言ってきたり…。自分は役立たずで、太った無駄な存在で、戦術的に無能なキャベツ頭だと思われていたのだ」 2021.10.20 21:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly