退場者出すも公式戦8連勝のバイエルン、ナーゲルスマン監督はチーム称賛 「万事順調だ」

2021.09.25 10:39 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督が勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。

バイエルンは24日に行われたブンデスリーガ第6節でグロイター・フュルトと対戦した。公式戦7連勝中と絶好調のチームはこの日も前半にFWトーマス・ミュラーとMFヨシュア・キミッヒのゴールで2点を先取。後半開始早々にDFバンジャマン・パヴァールが一発退場となるアクシデントがあったにもかかわらず、オウンゴールでリードを広げると、終盤に1点を返されたものの、3-1で勝利した。

昇格組相手に盤石の強さを見せ、公式戦の連勝も「8」まで伸ばしたチームについて、試合後のインタビューに応じたナーゲルスマン監督も満足感を露わに。グロイター・フュルトの戦い方を称えつつ、勝利を収められたことを喜んでいる。

「最終的には昇格したばかりのチームに勝てたこと、そして10人でプレーすることになった試合で勝てたことが重要だ。我々のスタートはとても良かったと思う」

「我々がゴールを決めた後、グロイター・フュルトは我々に対する恐れを振り払い、とても良いプレーをしてきた。私は勝ち点3という結果に満足しているが、相手チームは我々に多くを要求してきたと思う」

「できることなら、クリーンシートを達成したかった。とはいえ、我々は終始リードをしていたのだ。だから、万事順調だよ」

関連ニュース
thumb

バイエルン、CLベンフィカ戦はゴレツカとA・デイビスが欠場

20日にチャンピオンズリーグ(CL)のベンフィカ戦が控えるバイエルンだが、主力2名を欠いて臨むことになるようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ここまでブンデスリーガでは6勝1分け1敗で首位に立ち、CLでもグループ最大のライバルと目されていたバルセロナをアウェイで屠ったバイエルン。両コンペティションにおいて今季も優勝候補として名乗りを挙げている。 ベンフィカ戦はCL3連勝のかかる一戦だが、MFレオン・ゴレツカとDFアルフォンソ・デイビスの主力2人は欠場することになりそうだ。 19日に行われた会見でユリアン・ナーゲルスマン監督が2人ついて説明。A・デイビスは17日のレバークーゼン戦の前半に負傷交代しているため、大事を取るとのこと。ゴレツカは風邪をひいたようだ。 なお、バイエルンの今後の日程は、23日にブンデスリーガ第9節のホッフェンハイム戦、27日にDFBポカール2回戦のボルシアMG戦となっている。 2021.10.19 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

4年前の禁止令違反を巡ってリュカ・エルナンデスが出廷…10日以内に収監か、最悪は6カ月間の禁固刑

バイエルンのフランス代表DFリュカ・エルナンデス(25)の2017年に起きた妻との暴力事件に関する訴訟について、実刑判決が現実味を帯びてきているようだ。『CNN』など複数メディアが報じている。 リュカ・エルナンデスはアトレティコ・マドリーに在籍していた2017年2月、元ガールフレンドで現妻のアメリアさんとマドリッドの通りの真ん中で取っ組み合いの騒動を起こしていた。 両者は相手を訴えることはなかったが、スペイン検察からドメスティックバイレンスとして有罪判決を受け、31日間の社会奉仕と6カ月間の接触禁止を命じられたが。しかし、個人的に和解した2人は直後に結婚し、ハネムーンへ。接触禁止令を破っていた。 そして2019年12月、バイエルンに移籍していたリュカ・エルナンデスは、マドリッドの地方裁判所から6カ月間の禁固刑を言い渡された。その判決を巡って18日に出廷し、10日以内に自主的に刑務所入りするよう命じられた。 異議申し立てを行っているが、伝えられるところではリュカ・エルナンデスにはDVの前科が2つあり、前述の社会奉仕を完了していないとも言われているため、不利との見方もあるようだ。 なお、同選手はすでにチームに戻っており、20日に行われるチャンピオンズリーグのベンフィカ戦も出場可能とのことだ。 2021.10.19 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バロンドール待ったなし! レヴァンドフスキのバックヒールに賞賛の嵐「ロナウドより何マイルも進んでいる」

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはテクニカルなシュートもお手の物だ。 17日に行われたブンデスリーガ第8節、勝ち点16で並ぶ首位バイエルンと2位レバークーゼンによる首位攻防戦がバイ・アレーナで行われた。 接戦も予想されたが、蓋を開けてみれば9連覇中のバイエルンが力の差を見せる結果に。その中でも一際輝きを放ったのがレヴァンドフスキだ。 開始早々の3分、FKから対角線のボールがボックス右へ送られると、ダヨ・ウパメカノがダイレクトで折り返す。タイミング良くゴール前に走り込んだレヴァンドフスキはスピードに乗った状態からのバックヒール。華麗に流し込み、バイエルンに先制点をもたらした。 得点感覚に優れているのは周知の事実だが、技術力も持ち合わせていることを知らしめたレヴァンドフスキ。多くのファンから「ロナウドより何マイルも進んでいる」、「バロンドールに値する」、「まばゆいばかり」、「この男が手に入れなかった場合、私はバロンドールの信頼を失います」といった、バロンドールに推す声が多数寄せられた。 30分にも再びネットを揺らしたスーパーエース。チームも前半だけで5得点を奪い、1-5の圧勝で首位攻防戦を制している。 昨年は3冠も達成したあとであり、多くのゴールを量産したことで受賞が期待されたものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により中断したリーグもあることから、公平性を欠くとしてバロンドールの受賞がなかった。それでも、ブンデスリーガのシーズン最多ゴール記録を更新するなど、結果を出し続けているレヴァンドフスキ。見事受賞なるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】レヴァンドフスキが華麗なバックヒールで先制点を奪取</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVIdDcMMq-t/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVIdDcMMq-t/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">View this post on Instagram</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVIdDcMMq-t/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ESPN FC(@espnfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.18 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ザルツブルクの19歳ドイツ代表FWを獲得か…練習場で代理人が目撃される

バイエルンが、ザルツブルクのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(19)との交渉を開始したようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨季、前人未到のブンデスリーガ9連覇を成し遂げたバイエルンは今夏にRBライプツィヒからフランス代表DFダヨ・ウパメカノ、オーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを獲得。さらに、指揮官であるユリアン・ナーゲルスマン監督をも引き抜いており、近年国内でライバルであったライプツィヒの主要人物の引き抜きが目立っている。 そんなバイエルンが、次に関心を示すとされているのは、ライプツィヒと同じ『レッドブル・グループ』の1つである、ザルツブルクに所属するアデイェミ。バイエルンの練習場に同選手の代理人と父親の姿が目撃されたことから、移籍交渉が始まったと見られている。 また、19歳ながらドイツ代表に招集され、初得点も記録しているアデイェミにはヨーロッパ中のトップクラブから視線が集中。同グループのライプツィヒに加え、ドルトムント、リバプールも関心を持っていると伝えられている。 なお、『スカイ・スポーツ』によれば、アデイェミ本人はブンデスリーガでのプレーを希望しているとのこと。ミュンヘン出身であり、2年間と短い間ではあるがバイエルンのアカデミーでもプレーした同選手には、バイエルンへの入団は有力な選択肢となるだろう。 2021.10.18 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルンが前半の5発でレバークーゼンを粉砕、首位攻防戦を完勝で制す《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第8節、レバークーゼンvsバイエルンが17日に行われ、1-5でバイエルンが圧勝した。 勝ち点16で並ぶ首位バイエルンと2位レバークーゼンによる首位攻防戦。 前節ビーレフェルトに4-0と快勝して3連勝としたレバークーゼンはシックやディアビ、ヴィルツら主力がスタメンとなった。 一方、バイエルンは前節フランクフルトGKトラップのビッグセーブなどにも阻まれ、1-2で逆転負け。今季の公式戦初黒星を喫した中、出場停止のパヴァールを除いて現状のベストメンバーで臨んだ。 共に[4-2-3-1]で臨んだ中、試合は開始3分に動く。FKからボックス右のウパメカノが折り返すと、レヴァンドフスキがヒールでうまく流し込み、バイエルンが先制した。 その後も主導権を握るバイエルンは19分、サネのミドルシュートが右ポストに直撃。そして30分、リードを広げる。サネのヒールパスをボックス左で受けたアルフォンソ・デイビスが中へ切れ込み、持ち出しが大きくなったところをレヴァンドフスキが蹴り込んだ。 さらに4分後、バイエルンに3点目。右CKの流れからジューレがシュートに持ち込むと、ミュラーが足に当ててコースを変え、ネットを揺らした。 止まらないバイエルンは1分後、フリンポンのミスパスを突いてショートカウンターに転じ、ミュラーの左クロスをニャブリがダイレクトで合わせて4-0とした。 容赦のないバイエルンは37分、ニャブリがゴレツカとのパス交換でボックス右に侵入。シュートを蹴り込み、5-0として前半を終えた。 迎えた後半、55分にシックが1点を返したレバークーゼンに対し、バイエルンは64分にレヴァンドフスキとミュラーをお役御免とする。 結局、その後はスコアが動かずバイエルンが前半の5ゴールで圧勝。首位をキープしている。 2021.10.18 00:19 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly