【セリエA第6節プレビュー】ローマ・ダービー、インテルvsアタランタ開催

2021.09.25 07:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミッドウィークに行われた第5節、ユベントスが今季初勝利を挙げるなど強豪勢はラツィオを除いて順当に勝利を収めた。ナポリが唯一の開幕5連勝、インテル、ミラン、ローマがそれぞれ4勝目を挙げた中、迎える第5節はラツィオvsローマ、インテルvsアタランタの好カードが組まれている。

まずは日曜開催のローマ・ダービー。ラツィオは前節、トリノ相手に辛くもドロー。FWインモービレの後半追加タイム弾で1-1の引き分けに持ち込んだ。2勝2分け1敗スタートとなり、公式戦ここ4試合勝ちがない中、ダービーでの勝利でサッリ監督は悪い流れを断ち切れるか。

一方、ローマは前節ウディネーゼ戦をウノゼロ勝利として白星を取り戻している。ただ、試合終盤にMFペッレグリーニが退場し、ダービーは欠場となる。主将不在は痛いが、ウディネーゼ戦で加入後早くも2ゴール目を決めたFWエイブラハムのダービーでの活躍に期待が懸かる。

続いて土曜開催のインテルvsアタランタ。インテルは前節、フィオレンティーナ相手に後半の3発で3-1と逆転勝利。前々節のボローニャ戦に続く快勝劇で勢いを得てアタランタ戦に臨める状況だ。ベストメンバーでアタランタを迎え撃つ。

一方のアタランタは前節、サッスオーロに2-1で勝利。連勝としてインテル戦に臨む。サッスオーロ戦では両ウイングバックのMFゴセンズとMFザッパコスタのゴールで勝利としたアタランタ。持ち味のサイド攻撃が機能している中、インテル撃破となるか。

土曜にスペツィアとのアウェイ戦に臨むミランは前節、ヴェネツィア戦 を戦って2-0で勝利。途中出場のDFテオ・エルナンデスの1ゴール1アシストの活躍で勝ち切って見せた。FWイブラヒモビッチ、FWジルーを欠く中での勝利を続けているが、ユベントス相手に善戦したスペツィアを下してチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦に臨めるか。

そしてようやく今季のリーグ初勝利を挙げたユベントスはDF吉田のサンプドリアをホームに迎える。スペツィア戦では課題の守備の脆さを突かれ、2失点を喫したユベントス。何とかシーソーゲームを制しての勝利となったが、まだまだ心許ない戦いぶり。水曜にはCLチェルシー戦を控える中、連勝となるか。

対するサンプドリアは前節、ナポリに0-4と完敗。チーム力の差を見せ付けられ、守備が崩壊した。吉田としては好調FWモラタとのマッチアップが予想されるが、力強さとスピードを兼ね備えた相手を封じ込めることができるかに注目だ。

最後に唯一の開幕5連勝としたナポリはカリアリとのホーム戦に臨む。スパレッティ監督の下、最高のスタートを切っているナポリ。マッツァーリ監督を迎えたものの、前節エンポリに敗れたカリアリを下して6連勝となるか。

◆セリエA第6節
▽9/25(土)
《22:00》
スペツィアvsミラン
《25:00》
インテルvsアタランタ
《27:45》
ジェノアvsヴェローナ

▽9/26(日)
《19:30》
ユベントスvsサンプドリア
《22:00》
サッスオーロvsサレルニターナ
ウディネーゼvsフィオレンティーナ
エンポリvsボローニャ
《25:00》
ラツィオvsローマ
《27:45》
ナポリvsカリアリ

▽9/27(月)
《27:45》
ヴェネツィアvsトリノ

関連ニュース
thumb

ラツィオが2人の若手逸材確保! シャフタールMF&20歳の伊代表FW

ラツィオが若手2選手の獲得を発表した。 ラツィオは1日、シャフタール・ドネツクからブラジル人MFマルコス・アントニオ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 母国のアトレチコ・パラナエンセのアカデミー出身であるアントニオは、166cmと小柄ながらも、広い視野と精密なパスを武器に、ブラジルの各年代別代表にも選ばれていた実力者。ポルトガルのエストリル・プライアで2018年にプロデビューを果たすと、2019年2月にはウクライナのシャフタールへと移籍した。 シャフタールでも主力として活躍を続け、2021-22シーズンも公式戦28試合に出場して3ゴール1アシストという成績を残していたが、今年2月にロシアによるウクライナ侵攻が開始。国内リーグが中断され、母国への帰国を強いられていた。 また、ラツィオはアントニオ獲得の前日にエラス・ヴェローナからイタリア代表FWマッテオ・カンチェッリエーリ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得。今回の契約にはスポーツ面で設定した条件を達成した場合、買い取り義務が発生する条項が盛り込まれている。 ローマ生まれでラツィオの宿敵ローマのプリマヴェーラに在籍したカンチェッリエーリは、昨夏にヴェローナへ完全移籍で加入。ヴェローナのトップチームでは、2021-22シーズンの公式戦14試合2ゴール1アシストの数字に留まった。 だが、5月末に行われたイタリア代表候補キャンプでロベルト・マンチーニ監督の目に留まると、先日のUEFAネーションズリーグのドイツ代表戦でアッズーリデビューを飾り、一躍注目を集める存在となった。 180cmの左利きの20歳は右ウイングを主戦場に、鋭いドリブル突破や意表を突くラストパスを特長とする攻撃センス抜群のアタッカー。判断面やプレー精度に関してはまだまだ粗削りだが、ローマのプリマヴェーラ出身らしい、負けん気の強さも魅力な逸材だ。 2022.07.01 21:51 Fri
twitterfacebook
thumb

インテル退団のウルグアイ代表MFベシーノにマルセイユが関心か?

インテルを契約満了で退団するウルグアイ代表MFマティアス・ベシーノ(30)に、マルセイユが関心を寄せているようだ。 2017年8月にフィオレンティーナからインテルの一員となったベシーノ。加入後すぐに欠かせない戦力となったが、アントニオ・コンテ監督(現トッテナム指揮官)の就任以降はプレータイムを減らし、シモーネ・インザーギ体制となった今季も序列を覆すことはできなかった。 今季で契約満了となるベシーノに対しては、エンポリ時代に師事し、飛躍のキッカケとなった恩師であるマウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオや、ジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督を迎えたバレンシアなどから関心が寄せられてきた。そんな中、新たに獲得に名乗りを挙げるクラブが浮上している。 スペイン『Fichajes』が著名なジャーナリストであるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の情報をもとに報じたところによると、リーグ・アンのマルセイユもベシーノ獲得を模索しているクラブのひとつであるとのことだ。 ベシーノ本人もこれまで10年近くプレーしたイタリアを離れることを考慮しているとみられ、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保するマルセイユ行きは魅力的な選択肢ではないかと考えられている。 2022.06.30 21:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーカス・レイバが15年ぶりに古巣グレミオに復帰!「夢の集大成」

グレミオは27日、今シーズン限りでラツィオを退団する元ブラジル代表MFルーカス・レイバ(35)をフリーで獲得した。契約期間は2023年12月末までとなり、背番号は「15」を着用する。 15歳でグレミオの下部組織に入団したレイバは、2005年末にトップチームデビューを飾ると、2007年の夏にリバプールへ移籍。ボランチを主戦場に本職でないセンターバックでもプレーし在籍10年で公式戦346試合7ゴールを記録。 2017年の夏に加入したラツィオでは、ここまで公式戦198試合に出場し、4ゴール12アシストを記録。コッパ・イタリアと、2度のスーペル・コッパ制覇に貢献。今シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下、公式戦45試合に出場するなどアンカーの主力として活躍。 しかし、クラブとレイバは今シーズン限りで終了する契約を更新しないことで合意し、スタディオ・オリンピコでのホーム最終戦では別れのセレモニーも行われていた。 古巣への復帰が決定したレイバは、クラブがインスタグラムに投稿した動画の中で「グレミオは僕のサッカー選手としての夢の始まりの場所だ。すべてが始まった場所なんだ。グレミオに戻れるということは、僕がサッカー選手時代に思い描いていた夢の集大成なんだ」と、笑顔で語った。 2022.06.28 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランがアチェルビに興味、すでに代理人に接触か

ミランが、ラツィオのイタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビ(34)獲得に動いているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 かつてミランに半年間だけ所属していたことのあるアチェルビは、ジェノアやキエーボ、サッスオーロを渡り歩き、2018年夏にラツィオに加入。192cmの長身を武器に移籍初年度からレギュラーに定着し、今季も公式戦36試合に出場。通算では173試合を数える。 しかし、昨年12月に自身のパフォーマンスを批判したウルトラスと対立。「クラブから去れ」とまで言われ、2025年まで契約を残す中、シーズン終了後に移籍願いを提出したと伝えられている。 一方、センターバックの補強に努める今夏のミランは、最大のターゲットとしていたリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマンの争奪戦はニューカッスルに敗れた模様。しかし、アチェルビはその代替策ではなく、あくまでバックアッパーとして興味を持っているようだ。 『スカイ』によれば、すでにアチェルビの代理人とは接触しているものの、クラブ間交渉には至っていないとのことだ。 2022.06.26 15:21 Sun
twitterfacebook
thumb

ロマニョーリ、愛するラツィオではなくフルアム移籍か

ミランとの契約が満了を迎え、ラツィオへの移籍が確実と見られていたイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(27)だが、雲行きが怪しくなっているようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 同メディアによれば何か月にもわたる交渉を行っているにも関わらず合意できていないロマニョーリは、オファーの内容が改善されなければ来週にもフルアムへの加入を決めるという。 現在、ラツィオが提示しているのが出来高込みで年俸280万ユーロ。一方のロマニョーリは320万ユーロに加えてボーナスを要求しているようで、微妙に条件が届いていないと主張している。 ラツィオのプレシーズンが間もなくスタートする中、ロマニョーリは愛するクラブではなくイングランドを新天地に選んでしまうのだろうか。 2022.06.26 07:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly