久保建英、自身インスタで負傷離脱を報告…10月の代表不参加も示唆

2021.09.24 08:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マジョルカの日本代表MF久保建英が23日、自身のインスタグラムを通じてチームからの離脱を報告したした。

久保は22日に敵地で行われたラ・リーガ第6節のレアル・マドリー戦でも先発。保有元のレアル・マドリーを相手にしたパフォーマンスが注目されたが、前半のみのプレーでピッチを後にして、マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督は試合後、本人からヒザの痛みを直訴されたことを明らかにした。

そして、久保は現時点でクラブから負傷に関する発表がないなか、自身のSNSで「昨日の試合中のワンプレーで膝を怪我してしまい、少しの間チームを離れることになってしまいました」と当面の戦線離脱を説明すると、こう続けた。

「昨日の試合中のワンプレーで膝を怪我してしまい、少しの間チームを離れることになってしまいました。とても重要な時期にチームと代表の力になれないことはとても悔しいですが、今度はピッチ外から応援をしたいと思います。そして1日でも早く復帰をしてチームの力になれる様に今自分にできることを頑張ります」

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の2試合を戦う10月の代表活動に参加できない見込みも示唆した久保は2年ぶりに復帰したマジョルカでラ・リーガ開幕戦から全試合に出場して、そのうちの5試合に先発。ゴール、アシストともにないものの、攻撃陣の軸として光るプレーを披露していた。



1 2
関連ニュース
thumb

マジョルカ指揮官、久保建英の負傷は「1カ月から1カ月半、または2カ月程度」…早い時間のキックオフにも注文

マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督が、日本代表MF久保建英の負傷について言及した。 インターナショナル・マッチウィーク明けとなる今節。マジョルカは、16日にラ・リーガレアル・ソシエダ戦を控えている。 そんな中、久保は9月22日に行われたレアル・マドリー戦で負傷。ヒザを痛めており、10月の日本代表活動を辞退。1カ月程度と見られていたケガだが、さらに時間はかかる見込みだとルイス・ガルシア監督がソシエダ戦に向けた会見で明かした。 「多かれ少なかれ、1カ月から1カ月半、または2カ月程度になるだろう」 これにより11月の日本代表活動も参加が難しくなってしまった。 また、マジョルカは久保に加えて、韓国代表MFイ・ガンインが所属していることもあり、ラ・リーガのアジア戦略もあって早い時間帯のキックオフに設定されることが増えている。 その点についてもルイス・ガルシア監督はラ・リーガに苦言。アジア戦略のあおりを受けていることについても触れた。 「彼らはタケがケガをしたということは知らないと思う。もし知っていたら、イ(・ガンイン)もケガをしていることにしよう(笑)」 「1番被害を受けるのはファンであり、それは複雑だ。彼らが12時キックオフにした時のように、成功したと思った。ただ、14時はとてもよくない時間だ」 「その時間にプレーしていたかもしれないので、慣れなければならないが、正常ではない。ホームでのファンとの試合だと苦しいが、今回はアウェイだ」 2021.10.15 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

相手監督に「後2日で解任される」と暴言のマジョルカDFが謝罪…結果的には1日で解任

マジョルカのスペイン人DFパブロ・マフェオが謝罪した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 マジョルカは2日、ラ・リーガ第8節でレバンテと対戦。ヒザのケガで欠場した久保建英が松葉杖姿でスタンドから観戦する中、今季いまだに勝利のない17位レバンテをホームに迎えた。 試合は、ハーフタイムにかけてやや荒れ気味の試合展開となる中、前半終了後に事件が発生。ドレッシングルームに戻る際に両軍が小競り合いを起こし、レバンテのアシスタントコーチにレッドカードが提示されていた。 この乱闘は、マフェオがレバンテのパコ・ロペス監督に対し「お前は後2日だ(そこで解任される)」と暴言を吐いたことが原因だったという。 マフェオは、自身のツイッターで「ストレスが原因で間違いを犯すこともある。起こしてしまったことは申し訳ない。注意して、学んでいくつもりだ」と謝罪した。 この件について、マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督は、「マフェオが本当にそう言ったのなら彼を叱るだろう」としつつ、「これらのことは常にピッチで完結すべき」と語っていた。 一方、この件に関して明言を避けていたパコ・ロペス監督だが、マジョルカ戦に敗れたことでリーグ開幕から8試合未勝利となると、3日にレバンテが解任を発表。結果としてマフェオの言う通りになってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】マフェオの暴言をきっかけにパコ・ロペス監督が激昂</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/XQwrmdyMNXI?start=126" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.10.04 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ババのプリメーラ初弾でマジョルカが5戦ぶりの白星を飾る!《ラ・リーガ》

久保建英の所属するマジョルカは2日、ラ・リーガ第8節でレバンテと対戦し1-0で勝利した。久保は負傷のため欠場している。 4試合勝利のない12位のマジョルカが、今季いまだに勝利のない17位レバンテをホームに迎えた一戦。マジョルカの久保はヒザのケガで欠場となり松葉杖姿でのスタンド観戦となった。 1トップにフェル・ニーニョに据えた[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだマジョルカは13分、マフェオのスルーパスに反応したフェル・ニーニョがボックス右からシュートを放ったが、これは相手GKが左足でブロック。 さらにマジョルカは、22分にもボックス左手前で獲得したFKからダニ・ロドリゲスが直接ゴールを狙ったが、シュートはGKアイトールのセーブに阻まれた。 ハーフタイムにかけてやや荒れ気味の試合展開となる中、前半終了後に事件が。ドレッシングルームに戻る際に両軍が小競り合いを起こし、レバンテのアシスタントコーチにレッドカードが提示された。 迎えた後半も互いにノーチャンスのまま時間が経過。するとマジョルカは66分にセットプレーからピンチを迎える。ペペルの右FKをファーサイドのドゥアルテが頭で折り返すと、ゴール前のR・ピエールにシュートを許したが、これはゴールカバーに入ったバルイェントのクリアで難を逃れた。 ピンチを凌いだマジョルカは74分、ショートコーナーを受けたイ・ガンインがボックス右からカットインから左足を振り抜いたが、GKアイトールの触れたボールはクロスバーに弾かれた。 それでもマジョルカはこれで獲得したCKからスコアを動かす。再びショートコーナーからゲームを再開するとバイタルエリア右でパスを受けたマフェオのクロスからゴール左手前の抜け出したイドリス・ババがゴール右にヘディングシュートを叩き込んだ。 待望の先制点を奪ったマジョルカだったが82分にピンチ。メレロのヘディングシュートがムブラの腕に当たると、オンフィールドレビューの結果、レバンテにPKが与えられることに。しかし、ホセ・モラレスのPKは読み勝ったGKマノロ・レイナがキャッチした。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。ババのプリメーラ初ゴールを守り抜いたマジョルカが5試合ぶりの白星を飾った。 2021.10.03 02:12 Sun
twitterfacebook
thumb

マジョルカ監督、負傷離脱の久保建英に「1カ月と少しはかかりそう」

マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督が負傷離脱した日本代表MF久保建英の状況を説明した。スペイン『Diario de Mallorca』が報じている。 今季からラ・リーガ昇格を果たしたマジョルカにレアル・マドリーからのレンタルで2年ぶりに復帰した久保。残留が第一目標のチームが開幕から2勝2分け1敗とまずまずのスタートを切るなか、日本の未来を背負って立つ20歳のレフティも開幕戦こそ途中出場だったが、それから先発が続き、主力の座を射止めている。 そのなか、先月22日に敵地で行われた第6節で保有元のレアル・マドリーを相手に先発したが、前半のみの出場で交代。今季最多6失点の大敗で2敗目を喫したルイス・ガルシア・プラサ監督は試合後、本人からヒザの痛みを直訴されたことを明らかにすると、久保も翌日に自身のインスタグラムで戦線離脱を報告した。 9月26日にホームで行われた第7節のオサスナ戦でも松葉杖を脇において、試合を観戦する姿が中継カメラに抜かれ、状態が気がかりな久保だが、マジョルカ指揮官もまだ正確な復帰時期がわかりかねている様子。2日にホームで行われる第8節のレバンテ戦に先駆けた会見で、復帰まで少なくとも1カ月ほどかかる見通しを示唆した。 「タケはまだ治療中で、正確な期間はわからないが、1カ月と少しはかかるだろう。まだ松葉杖もついている」 マジョルカは現在、2勝2分け3敗の12位。ここ4試合でも1分け3敗と勝利がないチーム状況であり、そのなかで攻撃の中心になりつつあった久保の離脱となる。 2021.10.02 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

久保建英の負傷について語るマジョルカ指揮官「それほど深刻ではない」

マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督が、オサスナ戦後、日本代表MF久保建英のケガについても語った。スペイン『Ultima Hora』が伝えた。 マジョルカは27日、ラ・リーガ第7節でオサスナをホームに迎えた。久保は前節のレアル・マドリー戦で前半のみで交代。その後、ヒザを負傷していることが判明。しばらく欠場するとともに、10月の日本代表活動の不参加も決定していた。 ルイス・ガルシア監督は久保のケガについて言及。重傷ではないとし、その他の負傷者も心配した。 「彼はヒザの問題を抱えており、しばらく離脱する予定だ。それほど深刻ではない」 「ドクターが私に言ってくれれば、彼は戻ってくる。しばらくは彼がいないということに慣れる必要がある」 「もう1つ複雑な状況がある。(フランコ・)ルッソは回復すると確信しているが、他のメンバーは時間が必要だ。離脱者が多い中で1部リーグを戦うのは簡単ではない」 マジョルカは、オサスナと打ち合いに。9分に先制を許すも11分に同点に追いつくと、前半のうちに逆転に成功。しかし、58分に追いつかれると、終盤の88分にも失点。2-3で逆転負けを喫した。 ルイス・ガルシア監督は1部リーグのクオリティの高さを感じたと語り、離脱者が多い現状でもよく戦えていることを評価した。 「前半は4-4で終わってもおかしくない試合だったが、後半は自分たちがやるべきことをやった結果、FKから相手にゴールを決められてしまった」 「これはプリメーラ・ディビシオン(スペイン1部)の話であり、セグンダ・ディビシオンではありえないことだ」 「これが選手のクオリティだ。それ以降、最後までオサスナからのアプローチについては覚えていない。彼らは一度だけ来て、ドリブルをして得点をするのだ」 「多くの問題を抱える今の状況を評価しなければいけない。選手が戻ってきてくれれば良いが、私は変更を加えたかったが、最後まで待たなければならず、それはできなかった」 「ジョアン(・サストレ)はベルナベウで90分間戦い、(マルティン・)バルイェントも同様だ。チームは少しでもリフレッシュする必要があったが、私にはそれができなかった」 <span class="paragraph-title">【写真】松葉杖をつく痛々しい久保の姿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">El futbolista japonés fue sustituido al descanso del encuentro tras un golpe en la rodilla. <a href="https://t.co/wgBYA5DyRO">https://t.co/wgBYA5DyRO</a></p>&mdash; Ultima Hora Mallorca (@UHmallorca) <a href="https://twitter.com/UHmallorca/status/1440955782443544577?ref_src=twsrc%5Etfw">September 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.27 12:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly