長友佑都が自身のキャリアの一歩を見出した恩師・フィッカデンティ監督との再会に感謝「父親のような愛情で包んでくれた」

2021.09.23 20:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC東京の日本代表DF長友佑都が恩師との再会を振り返った。

昨シーズン限りでマルセイユを退団。移籍先を模索していた中、電撃的に古巣のFC東京へと復帰した長友。チームの改革に着手し、すでに明治安田生命J1リーグで2試合に出場している。

その長友だが、22日に行われた明治安田J1第32節の前倒し開催では、名古屋グランパスと対戦。この試合も先発フル出場を果たしたが、感動の再会が待っていた。

名古屋の指揮を執るマッシモ・フィッカデンティ監督は、長友が12年前に初めて海外移籍したセリエAのチェゼーナを当時指揮。師弟関係ということになる。

2010-11シーズンにセリエAに昇格したチェゼーナが長友を獲得。その能力をフィッカデンティ監督はすぐに認め、開幕戦でいきなり先発フル出場。その後16試合連続でフル稼働させるなど、厚い信頼を寄せていた。

日本代表の活動でその後5試合を欠場した長友だったが、名門インテルがチェゼーナでの活躍に関心を示し、2011年1月の移籍市場でインテルへと移籍。その後の長友のキャリアを最初に見出したのがフィッカデンティ監督だった。

チェゼーナで別れて以来10年半ぶりにピッチで再会した両者。長友は自身のインスタグラムでフィッカデンティ監督との再会について綴り、感謝の言葉を寄せるとともに、再び近いところで活躍を見せたいと誓った。

「マッシモとの再会。2010年当時イタリアのチェゼーナの監督だったマッシモがFC東京でプレーしていた僕を引っ張ってくれた」

「共に戦った時間は短かったけれど、僕を最高の道に導いてくれた恩人であり、何より父親のような愛情で包んでくれた」

「会えた時は大きな感謝と喜びでいっぱいになった。ありがとうマッシモ。成長した姿を見せたい」

日本代表の中心選手へと成長し、ヨーロッパでもその名を知らしめた長友。そのスタート地点にいたフィッカデンティ監督への感謝は尽きないことだろう。



1 2
関連ニュース
thumb

FC東京がリヨンの練習にも参加した青森山田の10番・松木玖生の加入内定を発表「チームに貢献できるよう頑張ります」

FC東京は12日、青森山田高校のMF松木玖生(18)の来季加入内定を発表した。 松木は北海道出身で、青森山田中学校から青森山田高校に進学。1年次から試合に出場すると、2年連続で全国高校サッカー選手権大会の決勝に進出。しかし、2019年は静岡学園高校で、2020年は山梨学院に敗れ、2年連続準優勝に終わっていた。 これまではU-15からU-17までの世代別の日本代表に選出され、2021年にはU-18、U-21の日本代表候補に選出されていた。 今年はフランスのリヨンへ練習参加するなど、卒業後の進路が注目されていた中、東京への加入を決断した。松木はクラブを通じてコメントしている。 「東京のファン・サポーターのみなさんこんにちは。来季から東京に加入することになりました、松木玖生です。東京の熱いファン・サポーターのみなさんの前で、いち早くピッチに立ち、チームに貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いいたします」 2021.10.12 12:47 Tue
twitterfacebook
thumb

名古屋が起死回生の稲垣弾でクラブ初のファイナルへ! FC東京は王者の意地見せるも及ばず《ルヴァンカップ》

JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ準決勝第2戦の1試合が10日に味の素スタジアムで行われ、FC東京が2-1で勝利。だが、名古屋グランパスが2戦合計スコア4-3でファイナル進出を決めた。 敵地での第1戦で1つのアウェイゴールこそ奪ったものの、3失点を喫して史上4クラブ目の連覇に黄色信号のFC東京は3選手が入れ替わり、渡辺剛、高萩、アダイウトンが先発。一方、クラブ初のファイナル進出に迫る名古屋は2選手のメンバーチェンジが施され、森下、長澤がスタートから出場した。 前に出て行くしか逆転突破の扉を開けないFC東京が序盤から敵陣に攻め入る展開に持ち込むと、15分にまず欲しかった先取点を奪取。右CKのキッカーを務めた渡邊凌磨がショートコーナーを選び、バイタルエリア右の高萩が右足ダイレクトで浮き球パスを送ると、アダイウトンが頭でネットを揺らす。 カウンターからひと刺しを狙うなか、先制を許してしまった名古屋だが、トータルスコアでまだ優位に立つ状況。23分にはこの試合でも攻撃の軸として存在感を際立たせるマテウスが左サイドからの折り返しでチャンスメークするが、中央に詰めた前田がワンタッチで合わせたボールを枠に飛ばせない。 そんな名古屋がマテウスの個人技で打開を図ろうとするなか、トータルスコアでの逆転も期待できるような戦いを展開するFC東京はエースのディエゴ・オリヴェイラに数回のフィニッシュチャンス。GKランゲラックの牙城を崩せず、前半のうちに形勢逆転こそならなかったが、ペースを握り続ける。 後半も劣勢の名古屋は51分にシュヴィルツォクを投入したが、前半と同じく迫力ある攻撃に転じるFC東京がついにトータルスコアで逆転。55分、右サイドのディエゴ・オリヴェイラが縦にドリブルを仕掛け、右足で折り返すと、永井がシュートブロックされたボールを高萩が押し込んでいった。 たちまち苦しい状況に陥った名古屋は69分にガブリエル・シャビエルも送り込み、反撃ムードに。75分に渡辺剛の負傷でブルーノ・ウヴィニをスクランブル投入したFC東京からボールの主導権を握り返して、敵陣に攻め入る時間を増やすが、なかなかこじ開けられず、時間だけが過ぎていく。 それでも、名古屋が再びファイナル行きの切符を手繰り寄せる。80分に左サイドから入ったクロスが波状攻撃に繋がり、シュヴィルツォクがGK波多野豪にシュートブロックされたボールを稲垣が右足で押し込みにかかると、さらに跳ね返りを頭でプッシュ。名古屋がトータルスコアで再びリードした。 またも追いかける展開を強いられたFC東京は残る交代枠で三田、紺野を送り込むが、89分に相馬を入れ、テコ入れを図った名古屋が逃げ切り。第2戦こそ落としたものの、2戦合計スコアで上回った名古屋が30日に埼玉スタジアム2002で行われる決勝にクラブ初の進出を決めた。 FC東京 2-1(AGG3-4) 名古屋グランパス 【FC東京】 アダイウトン(前15) 高萩洋次郎(後10) 【名古屋】 稲垣祥(後35) 2021.10.10 16:05 Sun
twitterfacebook
thumb

大切なのは「信じること」、「下を向いてしまうのは一番良くない」と語る長友佑都は本田圭佑のエールに同調「同じ気持ち」

日本代表のDF長友佑都(FC東京)が10日、12日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦を前にメディアの取材に応じた。 7日に行われたサウジアラビア代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3戦でサウジアラビアに1-0で敗れた日本。これで最終予選は1勝2敗となり、3連勝のサウジアラビア、オーストラリアとの勝ち点差が「6」へと広がった。 12日の試合は埼玉スタジアム2002での試合。ホームゲームであり、ファンもスタンドに集まる中で、日本としては勝ち点3を取らなければいけない試合となる。 過去3大会の最終予選を経験している長友は、過去最も厳しい状況に追い込まれている現状について「3戦して2敗しているので、3大会やっていますが、厳しいスタートだなと思います」とコメント。浮上するために必要なことを語った。 「まずはしっかりと結果を受け止めて。ただ、下を向かずに前を向いて進んでいくこと、メンタル面で強い気持ちを持って進んでいくことです。この前の試合で出た課題をしっかりと話し合って、修正して、次の試合でそれをしっかりと内容的にも出せるようにしたいなと思います」 W杯に出場するようになって以降、過去の最終予選で2敗を喫したのは2018年のロシアW杯に向けてのみ。それが今回は3試合できてしまった。その状況で今一番大事なことは「信じること」だと語った。 「やっぱり信じること。今までやってきたことを。1人1人がブレると、この先も結果は出ないと思います。苦しい時こそ、今までやってきたこと、仲間を信じて、監督、スタッフみんなを信じてやっていくことだと思います」 選手たちがブレてはいけないという長友だが、経験の少ない若い選手たちにも声を掛けているという。 「この3戦の結果を受け止めることはそうですが、受け止めて、ネガティブになって下を向いてしまうのは一番良くない。切り替えてオーストラリア戦もありますし、7試合残っているので、切り替えて前に進もうということは伝えています。サウジ戦では課題や修正する部分は話し合っています」 選手同士でもコミュニケーションを取る中、厳しい声が飛んでいる森保一監督ともしっかりとコミュニケーションは取っているという。 「今までも話してやってきましたし、試合の中で出てくる課題があるので、監督とコミュニケーションをとってやっていました」 「監督も選手の意見を聞き入れてくれますし、これまでもコニュニケーションは取れていたので継続して。結果が出ていないので、よりコミュニケーションを高めなければいけないと思います」 その長友だが、9日のトレーニングでは、ランニングの後にDF吉田麻也(サンプドリア)やMF南野拓実(リバプール)、MF遠藤航(シュツットガルト)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF冨安健洋(アーセナル)と集まって話し合っていた。 ビルドアップについて話をしたとのことだが、サウジアラビア戦で良くなかった選手の距離感などについて語ったと長友は明かした。 「この前もそうでしたが、普通に自分たちがセットした状態ではやられないですが、ボールロストして、自分たちがボールを持っている時間帯に奪われ方が悪くてピンチになっている」 「位置関係や距離感が悪いです。僕とボランチに入れた時に、その先に繋がりができなかったり。それは1人1人のポジションが取れていなかったり。僕もですが、ボールを奪った時に疲弊してポジションどりが遅れることが多々出てしまった」 「そのポジションのままボールを回していても相手はプレッシャーをかけるのは楽なので、ポジションを変えてみて、わざとスペースを開けたところに誰か入るとか。そうしないと相手もプレッシャーは楽になると思います」 これまでも選手から出てきていた立ち位置と距離感の悪さを感じていたという長友。それでもやってきたことを信じるというのには、過去の経験からの根拠があるという。 「根拠で言えば、僕自身は経験として南アフリカの前だったりロシアの前だったり、チームがうまくいかなくて雰囲気が良くない時に、どういう状況でチームが1つになって、グループリーグ突破して、決勝トーナメントに行けた。どういう状況でうまくいくかは根拠として持っています」 「それをチームのみんなに伝えて、少しでもチームが1つになって一丸となって、強い気持ちで戦えるように、経験を生かして伝えていければと思います」 とは言え、やはり結果が出ず、さらに拮抗した試合で2度も負けているのは事実だ。長友は「3戦して2戦負けているので、自分たちの実力というのは負けたチームとして認めないといけないですが、僕はこのチームは実力があると思っていますし、結果がついてこないのは残念ですが、次の試合は必ず勝利を掴めると信じています」と語り、オーストラリア戦への自信を見せた。 その中で、過去3大会W杯に出場している本田圭佑(スドゥーヴァ)はツイッターで「大いにこの逆境を楽しめ」とエールを送っていたが、長友もそれには同調するとした。 「昨日か今日か見ました。その通りだなと思います。僕もこれまでも、自分のサッカー人生で何度も逆境を経験してきましたし、その中で幾度となく何度も這い上がってきました」 「そこの中には、ポジティブに楽しんでいた自分もいたので、跳ね除けるという強い気持ちでやってきたので、同じ気持ちです」 経験者と未経験者が入り混じる今回の最終予選。その中でいかに経験者が、窮地を乗り切るための策を出せるかは大きな課題だ。 2021.10.10 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.88】代表キャップ127試合。サウジアラビアを熟知する男は敵地で日本を勝利へと導く!/長友佑都(FC東京/DF)

「(10月シリーズは)2連勝することを目指しています。引き分け狙いということは正直、考えていない。長い最終予選ですけど、初戦に負けているので、そんな余裕はない。だから2連勝を目指して僕も頑張ります」 国際Aマッチ127試合という歴代2位の記録を誇る長友佑都(FC東京)が気合を入れる通り、10月シリーズは2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の命運を左右する天王山。その一発目である7日(日本時間8日未明)のサウジアラビア戦(ジェッダ)がいよいよ目前に迫ってきた。 この大一番を落とすようなことがあれば、日本は上位2位争いから大きく後退することになる。仮に3位になってプレーオフに進めたとしても、アジアA組に加えて南米、北中米カリブ海、オセアニアのいずれかとの決戦を制するのは至難の業。やはり何としても本大会ストレートインの権利を手中にすることが肝要だ。 2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアと過去3度のW杯予選を戦い抜いてきた長友と言えども、ここまでの苦境に直面するのは初めてかもしれない。ただ、サウジに勝ち切る自信は揺らいでいない。 「僕も10年以上、代表にいさせてもらっていますけど、1対1とか球際で絶対負けないとか、失った後の切り替えとかはこのチームの一番のストロングであり、レベルが高いなと感じているんですよね。それをサウジ以上に出すのはもちろんのこと、世界基準でできないといけない。そのうえで、前からいく部分とハメる時間帯と、あとはしっかりブロックを作って相手に持たせる時間帯というのを、みんなで共通意識を持っていれば、僕自身はやれるな、戦えるだろうと思っています」と彼は「日本らしさ」を最大限発揮すれば、過酷なアウェイでも勝ち点3を得られると確信している様子だ。 その発言には説得力がある。というのも、2016年11月と2017年9月のロシアW杯最終予選、2019年アジアカップ(UAE)とサウジと3度対峙した経験があるからだ。2017年は消化試合ということもあって0-1で敗れたものの、それ以外の2戦は1点差勝利を収めている。「勝率で上回っている」という事実は、大ベテラン、そして代表にとって心強い要素だ。 エルヴェ・ルナール監督率いる現在のサウジは個々の技術が高く、連係を生かして攻撃的に戦ってくるが、チームの特徴や傾向は以前と大きくは変わっていない。2017年のゲームで日本から決勝弾を奪ったファハド・アルムワラド(アル・イテハド)ら主力も残っているだけに、長友にとってはイメージしやすい部分もある。同レベルの経験値を持つ吉田麻也(サンプドリア)や酒井宏樹(浦和レッズ)らと意思疎通を図りながら、チーム全体で相手の弱点を突いていけば、黒星という最悪の結果は回避できるはず。百戦錬磨の左サイドバックには力強く日本代表をけん引してもらう必要があるのだ。 「『W杯への思い』をよく聞かれますけど、もう語彙力がなさ過ぎて思いを伝える言葉が見つからない。そのくらいW杯は特別。人生をかけてそこに向けてやっていきたい。諦めずに戦います」 35歳の誕生日当日に行われたFC東京復帰会見で、彼はカタールへの真っ直ぐな気持ちを改めて口にした。過去3度の世界舞台を経験し、ベスト16には2度勝ち上がっているが、ベスト8の壁を越えない限り、代表キャリアに区切りをつけられないというくらいの強い責任感と闘争心を抱いているはずだ。アジアで負けてしまったら、大目標に到達するどころか、土俵にも上がれなくなる。それだけは絶対に許されないことだと本人も脳裏に刻み付け、銘じてサウジの地に赴いたに違いない。吉田も「自分たちの代でW杯への道を途切れさせることはできない」と神妙な面持ちで語っていた。ここは意地とプライドに賭けても結果を出すしかない。 長友が考えるサウジの突きどころは、手薄になるサイドバックの裏。そこは確かに9月のオマーン戦でも穴ができ、何度かカウンターを食らっていた。さすがにルナール監督も日本相手だともう少し引いてブロックを作ることも考えるだろうが、凄まじい勢いで攻撃に打って出てくる彼らのメンタリティはそうそう変わらない。 長友も戦術眼はそういう時こそ光る。彼と左のタテ関係を形成するのが南野拓実(リバプール)なのか、古橋亨梧(セルティック)なのか、それとも原口元気(ウニオン・ベルリン)なのか、森保監督のチョイスは不透明な部分もあるが、誰が前にいても「出てるところ・引くところ」のメリハリがしっかりつけられるのが年長者の強みだ。左サイドが攻撃に躍動感をもたらせば、そう時間がかからないうちに先制点は手に入る。長友にはお膳立て役として獅子奮迅の働きを求めたい。 「先手必勝態勢」を作れれば、あとはガッチリと守り切ればいい。吉田・冨安・酒井宏樹とともに形成する最終ラインはアジア随一。それは長友も大いに自信を持っている点だ。9月のオマーン戦(吹田)はコンディション不良と冨安の欠場が重なって、最後の最後で失点したが、サウジ戦と次のオーストラリア戦では同じ轍を踏むはずがない。「クリーンシート請負人」として、35歳のベテランには並外れた走力と対人の強さを遺憾なく発揮してほしい。 「FC東京の選手として、Jリーガーとして、今回初めて日本代表に入ってきたので、そこは自分がしっかりと基準を示せるようにというふうに意気込んでいます」 こう語気を強める長友は実に頼りがいのある存在だ。「(佑都は)すごく明るくポジティブに、高い目標を見据えて進んでいく。そしてなコミュニケーションを含めてチーム全体に自分が持っているものを伝えてくれている。彼の経験であったり、彼のポジティブに力強く前に進んでいこうとする力をチームに還元してくれている」と指揮官も改めてリスペクトの言葉を口にしている。 苦境の時こそ、長友佑都の一挙手一投足の重要性が増す。サウジ戦は日本を崖っぷちから救い出す圧倒的なパフォーマンスが必要だ。 <hr>【文・元川悦子】<br/><div id="cws_ad">長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。</div> 2021.10.07 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京のDF3名、岡崎慎、鈴木準弥、バングーナガンデ佳史扶が離脱…バングーナカンデは全治半年の重傷

FC東京は7日、DF岡崎慎、DF鈴木準弥、DFバングーナガンデ佳史扶の負傷を発表した。 クラブの発表によると、岡崎は9月26日に行われたHonda FCとの練習試合で負傷。チームドクターの診察を受け、左足関節捻挫と診断。全治は4〜6週間とのことだ。 鈴木は28日の練習中に負傷。右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、全治は約6週間と診断された。 また、バングーナガンデ佳史扶は9月1日のYBCルヴァンカップ プライムステージ準々決勝 第1戦の北海道コンサドーレ札幌戦で負傷。右ヒザ外側半月板損傷と診断され、10月1日に手術。全治6カ月の重傷となった。 岡崎は今シーズンの明治安田生命J1リーグで9試合、鈴木はブラウブリッツ秋田からの途中加入ながら7試合、バングーナガンデ佳史扶は7試合に出場していた。 2021.10.07 10:29 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly