「すごいツーショット」岩渕真奈がジムで偶然遭遇した冨安健洋と2ショット、ファンも注目

2021.09.23 09:05 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本人選手2人が偶然出くわしたようだ。

なでしこジャパンの10番を背負い、東京オリンピックを戦ったFW岩渕真奈。今シーズンからアーセナルへと移籍加入していた。

8月にはリーグ戦で記録したゴールがクラブの月間最優秀ゴールに選ばれるなど、新天地でも良いスタートを切っている岩渕。その岩渕は、22日に自身のインスタグラムを更新し、偶然の再会を報告した。

岩渕が投稿した写真はジムでのもの。なんと、偶然にも今夏アーセナルへと加入した日本代表DF冨安健洋と遭遇していたのだ。

岩渕は冨安との2ショットを掲載し「ジムで冨安くんに会いました。台に乗って身長差はカバーしました」と投稿。同じクラブでプレーする日本代表選手の貴重な2ショットを披露した。

冨安はアーセナル加入後2試合連続出場を果たすと、デビュー戦から高いパフォーマンスを披露。ファンの心を掴み、高い評価を得ている。

同じクラブに所属する日本人選手が共に好パフォーマンスを見せていることで、ファンも注目。現地のファンからは「2人とも頑張って。またアーセナルに火をつけて」「2人を誇りに思う」といったコメントが寄せられた。

また、日本のファンからは2人ともトレーニングウェアということもあり「新婚さんっぽいですね。ペアルックで」「お似合い」「すごいツーショット」と偶然の遭遇に沸いている。



1 2
関連ニュース
thumb

古巣対戦のマルティネス、今でも当時の待遇を批判「求めている試合を保証してくれなかった」

アストン・ビラのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、古巣との対戦を前に退団時の心境を語った。イギリス『メトロ』が伝えている。 2020年9月にアーセナルからアストン・ビラへ移籍したマルティネス。アーセナルではカップ戦の出場がメインとなっており、2019-20シーズンは公式戦23試合に出場したものの、プレミアリーグへの出場はGKベルント・レノがケガで欠場した9試合のみとなっていた。 その後、アストン・ビラへ移籍したマルティネスは、加入前の1試合を除いて20-21シーズンの全リーグ戦にフル出場。今季もここまでリーグ戦7試合に出場し、守護神としてゴールマウスを守っている。 そのマルティネスが古巣との一戦を前に在籍時の待遇を批判。退団の決め手や、当時の苦悩について語った。 「僕が最高潮に達していた時でさえ、彼らは僕を起用するにふさわしくないと判断していたんだ。彼らは僕が求めている試合を保証してくれなかったから、起用してくれないのであれば移籍しようと考えていたよ」 「10年後にクラブを去ろうと考えていたけど、それはとても難しいことだった。家族は、僕がアーセナルであれだけのレベルに達していたのにも関わらずなぜ退団するのか理解してくれなかった。けど、それは自分で決めたことだし、自分でもこの決断を誇りに思っているよ」 「賭けではあったけど、いつまでも快適な場所にとどまっていては人生で何事も達成できないと信じているんだ。だから、僕はステップアップすると決めたんだよ」 一方、アーセナルのミケル・アルテタ監督も試合前の会見でマルティネスについて言及。売却の決め手を語り、在籍時の活躍に称賛を送った。 「我々は、可能な限り最善の意思を持ち、クラブの利益を考えて売却を決断した。しかしそれだけでなく、エミは非常に強力な選手であり、クラブに在籍していた時間はすべて称賛に値する。彼のキャリアには様々な時期があったことを忘れてはならない。そして、私のもとで重要な試合に出場するようになり、非常に良い結果を出してくれた」 「彼の野心、信念、そして自分のキャリアをどこへ持っていきたいかは我々と異なっていて、彼は長い時間我慢していたので、彼にとっては緊急事態だった。彼は素晴らしいキーパーだよ。私は彼と共にプレーし、彼を管理していた。だから今は彼のために喜んでいるよ」 2021.10.22 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

背番号10を背負うスミス・ロウ、生涯アーセナル宣言!「ずっとここで過ごしたい」

アーセナルの下部組織出身のMFエミール・スミス・ロウが、“生涯アーセナル”を誓っている。イギリス『イブニング・スタンダード』がコメントを伝えた。 7月に2026年6月まで契約を延長し、今季から背番号「10」を背負うこととなったスミス・ロウ。10歳からアカデミーに所属し、ライプツィヒやハダースフィールド・タウンへの武者修行を経て、2020年8月にトップチーム昇格を果たした。 人生の大半をアーセナルで過ごしてきた21歳は、7月にサインした契約について「簡単な決断」だったことを強調。『イブニング・スタンダード』のインタビューで、選手としての一生をアーセナルに捧げる覚悟があることを明かした。 「もしアーセナルが僕の残りのキャリアを求めてくれているなら、僕はずっとここにいるつもりだ。ひとつのクラブでキャリアを重ねることは難しいけれど、僕個人としてはずっとここで過ごしたいと思っているよ」 「僕にとってアーセナルとの契約は簡単なことだった。もちろん、外部から見ればそんなことはなかっただろうし、かなり難しく見えたと思うよ」 「アーセナルのファンとして育ち、アーセナルでプレーし、家族に囲まれている僕には簡単な決断だったよ。ロンドンで育った僕としては、ロンドンの外に出たくなかったんだ。これは僕がこれまでに下した最も簡単な決断のひとつだったと思うよ」 またスミス・ロウは、サッカー選手としての将来の夢についても語った。 「アーセナルでプレミアリーグを制覇するのはとても素晴らしいことだ。そして、どんな試合であろうと国の代表選手に選ばれることが僕の夢だ。シャツを着るだけでもいいからキャリアの中で達成したいね。最高の選手になりたいよ。願わくば、人生を振り返った時に自分を誇れる選手になりたい」 2021.10.22 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ビラ攻略に自信有りのアルテタ「勝つために何をすればいいかわかっている」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、アストン・ビラ攻略に自信をのぞかせている。クラブ公式サイトが伝えた。 22日にプレミアリーグ第9節のアストン・ビラ戦が控えるアーセナル。前節のクリスタル・パレス戦は一度逆転を許しながらも、後半アディショナルタイムにFWアレクサンドル・ラカゼットの起死回生のゴールで同点に。リーグ戦5試合無敗とした。 次なる相手は、アーセナルがリーグ戦3連敗中のアストン・ビラ。アルテタ監督はクリスタル・パレス戦を振り返りつつ、難敵相手に対する勝ち方を理解していると豪語。それでも難しい試合は避けられないと覚悟を決めている。 「我々はホームで戦う。彼らに勝つためにどのような試合をすればいいかわかっているし、我々はそれだけに集中している」 「(クリスタル・パレス戦の)最初の20分間のように[4-3-3]でプレーすれば試合に勝てるが、その後の20分間のようなプレーをしてしまうとうまくいかない。なぜなら、それはトランジションゲームであり、そのフォーメーションでプレーする際に肝となる役割をこなす選手がいないからだ」 「最後の20分間のプレーはこれまであまりやってこなかったことだが、我々のやりたいことができた。柔軟に対応していかなければならないね。選手の強みを生かしたプレーや、ボールを持っていない選手の状況についても考えなくてはならない」 「ビラ戦は試練だ。我々はここ最近彼らから良い結果を得られておらず、我々に対していかに難しい相手かを示してきた。ここ数シーズンはチーム力を向上させており、補強にも熱心だ。今回もまた難しい試合になることは確かだろう」 2021.10.22 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「役立たずで、太った無駄な存在」元ニューカッスル指揮官の苦悩告白にアルテタ監督が心境を語る「無視することなどできない」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ニューカッスルの指揮官を解任されたスティーブ・ブルース元監督の訴えについて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 ニューカッスルは7日にサウジアラビアの政府系ファンドであるPIFによるクラブ買収が完了したことを発表。PIFの総資産額は3200億ポンド(約48兆7500億円)と言われ、かつて潤沢なオイルマネーを元手にメガクラブへ成長したチェルシーやマンチェスター・シティに倣う大型補強が期待されていた。 その中で、監督交代が噂された中、新経営陣で迎えた初陣のトッテナム戦を指揮。チームは2-3で敗戦。今シーズン未勝利が続くと、20日に解任されていた。 成績が出せない中での解任は致し方ないことだが、解任後にブルース氏は在任中の苦悩を告白。「自分は役立たずで、太った無駄な存在で、戦術的に無能なキャベツ頭だと思われていた」とファン・サポーターからの罵声を受け続けたとし、それによる家族への迷惑もかけたくないと考えていることを明かしていた。 衝撃的な告白は大きな話題となったが、アルテタ監督もその件について言及。悲しい気持ちになったと明かし、考え方を変えていかなければいけないと語った。 「スティーブのその声明を読んだ後、私は本当に悲しかった。まず第一に、彼を個人的に知っていること、第二に彼が自分の言葉で伝えたからだ」 「選手や監督として40年以上試合に携わっている人のことを言っている。彼は1000試合以上の試合をマネジメントしており、その経験と彼が持っているレベルの専門知識がある」 「そのレベルで自分自身を保たなければいけないが、彼はそのような虐待、状況に苦しんでいる」 「我々は反省しなければいけないと思う。当たり前のことを当たり前に受け入れることができない。いや、我々はそれを改善し、変えるためにここにいる」 「あらゆるルールや日程をそうするように、我々のスポーツやファン、スタジアム、施設、テレビ放送のために、改善しなければいけないことは何でもする」 「我々はより多くの時間を費やすつもりであり、それをどう行うかについて話し合うため、オープンテーブルがある。なぜなら、イングランドの歴史の中で最も経験豊富な監督の1人が、手紙でそのことを伝えているという事実を考えなければいけないからだ」 「それは無視することなどできず、私にとってはとても深刻な声明であり、変わらなければならないものであり、変わり始めなければいけないものだ」 一方で、ファン・サポーターに全ての非があるとは考えていないとのこと。意見を言うことは自由であり、不満を述べることもあるだろうと理解を示した一方で、一線を越えてはいけないと釘を刺した。 「ファンのせいにすることはできない。サッカーはとても大きな業界であり、社会に大きな影響を与えている。誰もが意見を持っており、それは素晴らしいことだ」 「強い意見を持ち、自分が見ているものや人々の行動をどのように判断するかについて確信が持てるようにするため、勉強する必要はない。サッカーをする必要もない。ただ、強い意見を持って、述べることができる。それだけだ」 「化学について話している。でも、それに携わってはいない。法律について話している。でも、法律は勉強しなければならないので、それに対する意見は持っていないし、何も言わない」 「でも、何でも言うことはできる。そしてそれは議論を生み、意見を生む。それは素晴らしいことだが、一線を越えてしまうと、難しくなってしまう」 「彼は1人の男であり、家族がいて、彼の愛する人でもあり、それは環境でもある。我々は反省しなければいけないと思う、彼がどのように感じていたかを率直に明かしたことは、本当に感銘を受けた」 2021.10.22 12:28 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルが目をつけたのは4歳児!? 衝撃プレー連発に指導者も脱帽「やってはいけないことをしているかと…」

才能があれば年齢は関係ないとは言ったものだ。 これまでも数多くの若き才能に目をつけ、その才能を見出してきたアーセナル。新たに見つけた才能は、なんと4歳の少年だった。 その少年の名はゼイン・アリ・サルマンくん。当然のことながら、アーセナルのプレアカデミー史上最年少の選手だ。 イギリス『BBC』の番組『BBC Breakfast』に出演したゼインくん。現在は5歳になっているが、アーセナルが目をつけたのは4歳の時だった。 ボールを扱う技術は5歳の少年とは思えないもの。体つきはまだ小さく、年上の子供たちと並んでもその小ささを感じるが、テクニックは頭一つどころではない抜け出し方。さらに、スピードと守備能力、体幹も強く、まるで5歳とは思えないものだ。 父は『BBC』にて、息子の才能は生まれた瞬間に感じていたとのこと。ビッグクラブがこぞって注目することにも驚きはないとしている。 「彼が生まれた瞬間に気がついた。看護師が彼を腹ばいにすると、彼は頭を上げて周囲を見回していたことを覚えている。彼は幼い頃からとても強かった」 「彼は小さい頃から信じられないほどのバランス感覚を持っていた」 父の自信は親バカとも捉えられる可能性があるが、そうではない。アーセナルのスカウト陣も驚いたのだ。 ファースト・タッチ・アカデミーでゼインくんを指導しているオースティン・スコフィールド氏は年齢以上の才能があると認めている。 「流石に4、5、6歳と同世代の子供たちと一緒にプレーさせたが、彼はすでに彼らを凌駕していた。スピードがあり、ピッチ上での感じも良く、シュートもパスも他の選手よりも遥かに上手かった」 「彼は年上の子供たちと一緒にやってみたいと言っていたので、彼の父を話をした」 また、アーセナルのスカウトの1人であるスティーブン・ディーンズ氏も、最初に見たときの衝撃を語った。 「この子はやってはいけないことをやっていると思ったよ。ボールの蹴り方…彼の年齢では複雑すぎだ。その姿を見て、友人に電話で確認したんだ。4歳だと言っていた」 「私は彼に「無理だ。幼稚園児にはなれない」と言ったよ。そこで両親に話を聞きに行き、いくつかのトレーニングに連れ出した。彼はまた同じことをしたね。いつもそうしているようだ」 プロ契約を結ぶまではまだ10年以上あるゼインくんだが、この先どのように成長していくのか。お気に入りのチームはアーセナルと語っているが、すでに父が投稿しているインスタグラムアカウントではユベントスやバルセロナなど数々のユニフォームを着用。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシに憧れているようで、最近はパリ・サンジェルマンのユニフォームも着ている。 確実に数々のビッグクラブが注目を止めないであろうゼインくん。アーセナルがその才能を手にすることができるのか。この先どこでサッカーを続けていくのか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】これが4歳のプレー!? 一際小さいゼインくんの攻守での輝き</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CUzlPzXIqi6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CUzlPzXIqi6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CUzlPzXIqi6/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zayn Ali(@zaynalisalman)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTaLeylIEGc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTaLeylIEGc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTaLeylIEGc/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zayn Ali(@zaynalisalman)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.21 22:10 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly