FIFAがアル・ヒラルへの懲戒処分の手続きを開始? ジョビンコとの早期契約解消に違反の疑い…

2021.09.23 00:47 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)とサウジアラビアサッカー連盟(SAFF)が26日に、アル・ヒラルに対する懲戒処分の手続きを開始するようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。

今回、FIFAとSAFFが問題視しているのは、アル・ヒラルが先月20日に元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(34)との契約を解消した一件。

2019年1月にMLSのトロントFCからアル・ヒラルへ加入したジョビンコは、3シーズンで公式戦83試合に出場。2度のリーグ優勝や国内カップ優勝に加え、2019年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制覇。浦和レッズとの対戦となった決勝では、2ndレグで1アシストを記録した。

しかし、アル・ヒラルは今夏にWBAから獲得したブラジル人FWマテウスペレイラ(25)をACLの登録メンバーに入れるため、ジョビンコに対して契約を早期終了させることを強いた疑惑があるという。

スキラ氏によると、今回FIFAとSAFFの調査によって、何らかの違反が確認された場合、アル・ヒラルは準々決勝に進出している今シーズンのACLから除外される可能性もあるとのことだ。

公式『ツイッター』のフォロワーが17万5000人以上いるなど、イタリア国内を中心に信頼に足るジャーナリストとして知られるスキラ氏だが、今回の報道に関してはその他のメディアが取り扱っていないこともあり、その信憑性をしっかりと見極める必要があるかもしれない。


関連ニュース
thumb

王者アル・ヒラルはハメスのアル・ラーヤンと同居! オルンガ擁するアル・ドゥハイルはセパハン、パフタコールの強豪と対戦《ACL2022》

アジアサッカー連盟(AFC)は17日、2022シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ組み合わせを発表した。 今シーズンも西地区と東地区に分かれて開催されるACL。先日発表された日程では、今大会はカタール・ワールドカップ(W杯)の影響により、2022年と2023年にまたがって開催されることが決定していた。 西地区は4月にセントラル開催でグループステージを消化。ラウンド16からは2023年に行われ、2月に決勝まで一気に行うこととなる。 東地区は4月にグループステージ、ラウンド16から準決勝は8月に開催。決勝が2023年2月となる。 前回大会王者のアル・ヒラル(サウジアラビア)はグループAに入り、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス擁するアル・ラーヤン(カタール)、FCイスティクロル(タジキスタン)、そしてプレーオフ3の勝者と同居した。 また、ケニア代表FWオルンガらを擁するアル・ドゥハイル(カタール)は、セパハン(イラン)、パフタコール(ウズベキスタン)と強豪チームと共にグループDに入り、プレーオフ1の勝者も同居した。 ◆ACLグループステージ組み合わせ 《西地区》 【グループA】 アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・ラーヤン(カタール) FCイスティクロル(タジキスタン) プレーオフ勝者3 【グループB】 アル・ジャジーラ(UAE) アル・シャバブ(サウジアラビア) ムンバイ・シティ(インド) エア・フォース・クラブ(イラク) 【グループC】 フーラードFC(イラン) アル・アハリ・ドバイ(UAE) アハルFC(トルクメニスタン) アル・ガラファ(カタール) 【グループD】 アル・ドゥハイル(カタール) セパハン(イラン) パフタコール(ウズベキスタン) プレーオフ勝者1 【グループE】 アル・サッド(カタール) アル・ファイサリ(サウジアラビア) アル・ワフダート(ヨルダン) プレーオフ勝者2 《東地区》 【グループF】 山東泰山(中国) 浦和レッズ ライオン・シティ・セーラーズ(シンガポール) プレーオフ勝者4 【グループG】 BGパトゥム・ユナイテッド(タイ) 全南ドラゴンズ(韓国) ユナイテッド・シティ(フィリピン) メルボルン・シティ(オーストラリア) 【グループH】 全北現代モータース(韓国) 横浜F・マリノス ホアンアイン・ザライ(ベトナム) プレーオフ勝者1 【グループI】 川崎フロンターレ 広州FC(中国) ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) プレーオフ勝者3 【グループJ】 上海海港(中国) チェンライ・ユナイテッド(タイ) 傑志(香港) プレーオフ勝者2 2022.01.17 18:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アジア王者のアル・ヒラルがサウジ代表GKアル=オワイスを完全移籍で獲得、元サウジ代表SBも獲得

アジア王者でもあるサウジアラビアのアル・ヒラルが、アル・アハリのサウジアラビア代表GKモハメド・アル=オワイス(30)、アル・ナスルの元サウジアラビア代表DFアブドゥラフマン・アル=オバイド(28)の獲得を発表した。 2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL )を制したアル・ヒラル。獲得したアル=オワイスは、アル・シャバブ、アル・アハリでプレーしていた。 これまでプロフェッショナル・リーグ(サウジアラビア1部)で123試合に出場。現在のサウジアラビア代表の正守護神であり、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア予選でも2次予選、最終予選とプレー。10月の日本代表戦でもゴールを守っていた。 アル=オバイドは、アル・カーディシーヤ、アル・ナスルでプレー。左サイドバックを主戦場に。これまでプロフェッショナル・リーグで125試合に出場し4ゴール14アシストを記録している。 2016年にはサウジアラビア代表にも招集し、2019年以降は慣れているが5試合に出場していた。 なお、ともに契約は2025年まで。アル・ヒラルは、2月にはクラブ・ワールドカップに出場する。 2022.01.12 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

1月のニューカッスル行きを断念? トリノのエースFWベロッティは夏まで残留へ

トリノのエースであるイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)は、今シーズン終了まではクラブに留まるようだ。 今シーズン限りでトリノとの契約が切れるベロッティ。クラブとの契約延長の話は進展しておらず、夏にはチームを去ることが既定路線となっている。 ベロッティには、ナポリ、フィオレンティーナの他、ミランが熱心に関心を寄せていたが、今冬での獲得は難しいと断念したと見られている。 一方で、イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ニューカッスルへの移籍が浮上していたとのこと。しかし、ベロッティのトリノ残留の意思は固く、1月の移籍は無くなったようだ。 また、アル・ヒラルはベロッティ獲得の条件に納得したものの、ベロッティ本人が中東行きを望んでいないとのこと。一体夏にどこへ行くのかは現時点で全く見えていない状況だ。 トリノのウルバノ・カイロ会長は、ことあるごとにベロッティが今季限りでチームを去ると口にしており、退団は既定路線。冬の間に射止めるクラブは出てくるのだろうか。 2015年にパレルモから750万ユーロ(約9億8100万円)の移籍金で加入したベロッティは、ここまで公式戦通算238試合に出場し107ゴール28アシストを記録している。 2022.01.11 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

2月にUAEで開催されるクラブ・ワールドカップ2021の組み合わせが決定!

FIFAクラブワールドカップ2021の組み合わせ抽選会が29日に行われ、対戦カードが決定した。 従来の予定では12月に日本で開催される予定だったCWCだったが、日本サッカー協会(JFA)は9月9日に、国内における新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を理由に開催辞退を発表。 日本に代わって開催地となったのがアラブ首長国連邦(UAE)だったが、開催日程は白紙に。しかし29日、FIFAが日程を発表。2022年2月3日から12日に開催されることが決定した。 今大会の開幕戦では開催国王者のアル・ジャジーラ(UAE)と、OFCチャンピオンズリーグが中止となったことで推薦での出場となったオークランド・シティ(ニュージーランド)が対戦。 また、準決勝から出場する欧州王者のチェルシーは、前述の2チームとアジア王者のアル・ヒラル(サウジアラビア)の勝者と対戦する。抽選結果は以下の通り。 ◆1回戦 アル・ジャジーラ(UAE) vs オークランド・シティ(ニュージーランド)-【M1】 ◆2回戦 アル・アハリ(エジプト) vs モンテレイ(メキシコ)-【M2】 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs 【M1】の勝者-【M3】 ◆準決勝 パウメイラス(ブラジル) vs 【M2】の勝者-【M4】 【M3】の勝者 vs チェルシー(イングランド)-【M5】 ◆決勝 【M4】の勝者 vs 【M5】の勝者 2021.11.30 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

UAE開催になったFIFAクラブ・ワールドカップは来年2月に開催が決定

国際サッカー連盟(FIFA)は、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)2021の日程を発表した。 従来の予定では12月に日本で開催される予定だったCWCだったが、日本サッカー協会(JFA)は9月9日に、国内における新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を理由に開催辞退を発表していた。 日本に代わって開催地となったのがアラブ首長国連邦(UAE)だったが、開催日程は白紙に。しかし29日、FIFAが日程を発表。2022年2月3日から12日に開催されることが決定した。 すでに出場7クラブが決定。アル・ヒラル(サウジアラビア/アジア王者)、アル・アハリ(エジプト/アフリカ王者)、モンテレイ(メキシコ/北中米カリブ海王者)、パウメイラス(ブラジル/南米王者)、オークランド・シティ(ニュージーランド/オセアニアサッカー連盟の推薦)、チェルシー(イングランド/欧州王者)、アル・ジャジーラ(UAE/開催国王者)が出場する。なお、オークランド・シティに関しては、OFCチャンピオンズリーグが中止となったことで推薦での出場となった。 なお、抽選会は29日にスイスで行われ、ジョン・テリーがドロワーとして参加する。 ◆FIFAクラブ・ワールドカップ 2021出場チーム 【アジア】 アル・ヒラル(サウジアラビア) 2021 AFCチャンピオンズリーグ王者 【アフリカ】 アル・アハリ(エジプト) 2020-21 CAFチャンピオンズリーグ王者 【北中米カリブ海】 モンテレイ(メキシコ) 2021 CONCACAFチャンピオンズリーグ王者 【南米】 パウメイラス(ブラジル) 2021 コパ・リベルタドーレス王者 【ヨーロッパ】 チェルシー(イングランド) 2020-21 UEFAチャンピオンズリーグ王者 【オセアニア】 オークランド・シティ(ニュージーランド) ※OFCチャンピオンズリーグが中止となりOFC(オセアニアサッカー連盟)からの推薦 【開催国】 アル・ジャジーラ(UAE) UAEプロリーグ2020-21王者 2021.11.29 22:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly