ベンチプレス200㎏体重100㎏の“ビースト”がシティと対峙!ペップも「伝説」と崇める

2021.09.22 21:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは、21日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でウィコム(イングランド3部)と対戦。ウィコムのイングランド人FWアデバヨ・アキンフェンワは2トップの一角で先発出場した。

アキンフェンワは、世界的に人気を誇るテレビゲーム『FIFA』シリーズで、かつてはフィジカルにおける「力強さ」の能力値が「98」(100点満点)と評価されるなど、世界一のパワーを誇るとしてその名を知られている。

100㎏を超える体重とベンチプレスで200㎏を持ち上げる異端さで話題となり、イングランドの下部リーグで長らくプレーを続けていながら、世界中で知られている選手の1人だ。

この日のシティは、多くの主力選手をケガで欠き、週末からはチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)、リバプールとの連戦が控える事情もあることから、DFイーガン=ライリー、DFフィンリー・バーンズ、MFロメオ・ラヴィアら多くの若手選手を起用。“ビースト”と対峙した。

試合は先制点こそ許したものの、若手たちが躍動。攻撃陣が6ゴールを奪う猛攻を見せ、6-1で勝利した。

グアルディオラ監督は試合後、アキンフェンワを「伝説」と称し、上手く対応した若手選手たちを称賛した。

「彼らはイングランドサッカーの伝説に直面した。彼に会えて本当に嬉しかった」

「それを行うのは簡単ではないが、彼らは非常にうまくやった。私たちは試合をレビューし、問題を解決する方法を彼らに示すつもりだ。ただ、悪いパフォーマンスは1つもなかった」

一方のアキンフェンワも自身のツイッターを更新。グアルディオラ監督のコメントが書かれた投稿を引用しながら、「試合での伝説についてかは分からないけど、最高のマネージャーの1人から褒め言葉を受け取った」と喜んだ。



1 2

関連ニュース
thumb

ベルナルド2発のシティが公式戦7連勝! チェルシー抜き今季初のリーグ首位浮上!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、ワトフォードvsマンチェスター・シティが4日にヴィカレージ・ロードで行われ、アウェイのシティが1-3で勝利した。   前節、アストン・ビラとの接戦を2-1で制してグアルディオラ体制のプレミアリーグ150勝目を手にすると共に、公式戦6連勝を飾った2位のシティ(勝ち点32)。7連勝を目指す今節は17位のワトフォード(勝ち点13)とアウェイで対戦した。   グアルディオラ監督はビラ戦から先発5人を変更。アケとジンチェンコに代えて出場停止明けのラポルテとウォーカー、中盤から前線ではフェルナンジーニョとガブリエウ・ジェズス、マフレズに代えてギュンドアン、フォーデン、グリーリッシュが復帰した。   キックオフ直後から攻勢を仕掛けるシティは開始4分にいきなりゴールを奪う。ベルナルド・シウバからの大きな展開を受けたフォーデンがボックス左から絶妙なクロスを上げると、これにファーで反応したスターリングがヘディングで合わせた。   幸先よく先制に成功したシティは、序盤から制空権を握るセットプレーからラポルテ、さらに11分にはフォーデンのラストパスからボックス中央に抜け出したグリーリッシュに絶好機も、ここは相手GKの好守に遭う。   以降も70%を超えるボール支配で試合の主導権を握り続けるアウェイチームは、以降も幾度か決定機を作り出すと、31分に絶好調のポルトガル代表MFが魅せる。カウンターからスターリング、ベルナルド・シウバ、ギュンドアンと流れるようにパスが繋がり、ボックス内でのギュンドアンのシュートはGKの好守に阻まれるが、ボックス右でこぼれを拾ったベルナルド・シウバが冷静に利き足とは逆の右足のシュートをゴール左隅へ突き刺した。   ベルナルド・シウバの2試合連続ゴールによって2点リードで試合を折り返したシティは、後半も同じメンバーを継続。対して終始劣勢を強いられたワトフォードのラニエリ監督はクレバリー、ルーザの中盤2枚を下げてクチョ・エルナンデスとクツカを同時投入した。   しかし、後半もシティが圧倒的に押し込む展開に変化はなく立ち上がりにはスターリング、フォーデンが決定的なシュートを放ち3点目に迫っていく。   早い時間帯に相手の心を折りたいシティは63分に決定的な3点目を奪う。中央でグリーリッシュ、フォーデン、ウォーカーと繋いで右に流れたベルナルド・シウバにボールが渡る。ベルナルド・シウバは鋭いカットインでDFローズを完璧に振り切ると、左足のコントロールシュートをゴール左上隅の完璧なコースに突き刺し、この試合の自身2点目とした。   これで勝利を確信したグアルディオラ監督は67分にギュンドアンとグリーリッシュを下げてマフレズと、新型コロナウイルスから回復したデ・ブライネを同時投入。過密日程の中で主力のコンディションを考慮した交代策を行う。   その後も危なげなく時計を進めていくシティだったが、74分には一瞬の隙を突かれてボックス付近のクチョ・エルナンデスにあっさりとシュートを打たれると、一度目のシュートは左ポストに救われたが、跳ね返りに反応した2本目のシュートを流し込まれて1点を返される。   後半終盤にかけてはこの1点で息を吹き返したワトフォードにやや押し返される場面を作られたシティだったが、要所を締める守備でこれ以上の失点を喫することなく、きっちり試合をクローズした。   ベルナルド・シウバの2ゴールの活躍でワトフォードに完勝のシティが、公式戦7連勝を飾ると共に今節敗れたチェルシーを抜いて今季初めてリーグ首位に浮上した。 2021.12.05 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ会長、噂のフェラン・トーレスは「目をつける選手のひとり」 デンベレとの契約延長にも意欲的!

マンチェスター・シティのスペイン代表FWフェラン・トーレス(21)を注視していると取り沙汰されるバルセロナだが、事実のようだ。 今季途中でロナルド・クーマン監督を解任したバルセロナ。クラブのレジェンドであるチャビ・エルナンデス監督をアル・サッドから呼び寄せ、再建に着手するなか、来年1月のマーケットで補強が噂され、F・トーレスも候補に浮上している。 負傷離脱中ながら駒不足のセンターFWとして重宝される現状などを鑑みると、簡単なオペレーションとはいかなさそうだが、スペイン『マルカ』によれば、ラポルタ会長はスペイン『TV3』で他にも候補がいることを強調しっつ、関心を認めた。 「彼は我々が目をつける選手のひとりだが、ほかにもたくさんいる。物事の成り行きを見守ってみなければならない」 そんなバルセロナだが、補強に動くとなれば、財政難に陥るチーム事情と向き合いながらの立ち回りが必至。ラポルタ会長もそれを認めたが、チャビ監督から寄せられる補強のリクエストに応えるべく、チームとしても最善を尽くす姿勢を示した。 「チャビはチームの強化を求めており、我々もそれを実現しようとトライしている。だが、叶えるためのサラリーキャップに余裕がないのが現状で、今のところは無理だが、スポーツマネジメントに任せている」 なお、今季限りで契約切れとなり、今後の動向が注目されるフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(24)にもコメント。「デンベレとは良好な関係であり、彼も残留を希望している。彼は素晴らしい選手であり、我々も残ってほしい思いだ」と語った。 「今は選手のために最善を尽くそうとする代理人との交渉が必要な状況。デンベレは私を興奮させる存在であり、(パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・)ムバッペよりも優れている」 2021.12.04 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、デ・ブライネが1カ月ぶりに復帰へ

マンチェスター・シティのケビン・デ・ブライネが約1カ月ぶりに復帰するようだ。シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が明かしている。 デ・ブライネは11月19日に新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受け、公式戦ここ4試合を欠場していた。 グアルディオラ監督はケガ人の状況について「フェラン(トーレス)を除いて全員がワトフォード戦に帯同できる。アストン・ビラ戦の前と比較したらかなり良い状態だね」とコメント。 シティは4日、プレミアリーグ第15節でワトフォード戦を戦う。 2021.12.04 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

シティがボローニャのスウェーデン代表MFに関心か?

マンチェスター・シティがスウェーデン代表MFマティアス・スヴァンベリ(22)の獲得に興味を示しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 母国屈指の名門マルメでプロキャリアをスタートしたスヴァンベリは、2018年にボローニャに完全移籍。加入1年目から定期的にプレー機会を得ると、2019年に初選出されたスウェーデン代表でも存在感を示している。 守備的MFやセントラルMFを主戦場とする185cmのMFは、恵まれた体躯を生かした攻守両面におけるダイナミズムに加え、強烈なミドルシュートを最大の特長としている伸び盛りの若手だ。 スキラ氏が伝えるところによれば、ナポリやインテル、アーセナルなども関心を示す逸材に関心を示すシティは1日に行われたローマ戦にスカウトを派遣していたようだ。 そして、同試合でスヴァンベリは決勝点となる見事なミドルシュートを決め、シティのスカウトに強烈なインパクトを残すことに成功した。 パスセンスやポジショニング、戦術理解に関しては粗削りなところも目立つスウェーデン代表MFだが、今回のアピールによってシティ行きの可能性は少なからず出てきたか…。 2021.12.03 00:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ヤヤ・トゥーレ、スパーズのアカデミーで新たな仕事をスタート!

元コートジボワール代表MFのヤヤ・トゥーレ氏(38)が、トッテナムのアカデミーで新たな仕事をスタートした。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 伝えられるところによると、トゥーレ氏は1日にトッテナムのトレーニング施設ホットスパー・ウェイを訪れ、新たな仕事に向けた細かな手続きを済ませ、今後は同施設に週2~3日の頻度で通い、アカデミーマネージャーのディーン・ラストリック氏やユースコーチング責任者であるクリス・パウエル氏の仕事をサポートする。 今回の仕事はUEFA A-ライセンス取得のための実地研修的な意味合いがあり、現時点ではアントニオ・コンテ監督が率いるトップチームとの直接的な関わりはないという。一方で、今後クラブからオファーが届いた場合、ユースチームの監督など正式な役割を担う可能性もあるようだ。 なお、トッテナムのユースチームにはすでにトップチームデビューを飾っているFWデーン・スカーレットやMFアルフィー・ディヴァイン、FWディラン・マーカンデイといったイングランドの世代別代表に名を連ねる逸材が揃っており、百戦錬磨のトゥーレ氏の指導による覚醒も期待されるところだ。 バルセロナやマンチェスター・シティでの活躍後、キャリアの晩年はギリシャや中国でプレーし、青島黄海を最後に2020年1月で現役を引退していたトゥーレ氏。しばらく表舞台からは遠ざかっていたが、今年2月にウクライナのオリンピク・ドネツクでアシスタントコーチに就任し、指導者としてセカンドキャリアをスタート。その後、ロシア・プレミアリーグ所属のアフマト・グロズヌイのコーチングスタッフも務めていた。 ただ、ロンドンに住む家族との生活を優先したい同氏は、アフマト・グロズヌイとの契約を早期に解消していた。 2021.12.02 22:48 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly