今季初先発の南野が2Gと躍動!ノリッジ撃破のリバプールが4回戦進出《EFLカップ》

2021.09.22 05:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】南野拓実の技あり今シーズン初ゴール!







1 2

関連ニュース
thumb

EFLカップ準々決勝の組み合わせが決定! 王者シティを下したウェストハムはスパーズと対戦

EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝の組み合わせが30日に決定した。 26日・27日にかけて行われた4回戦では、4連覇中のマンチェスター・シティがウェストハムにPK戦の末に敗れて姿を消した。ウェストハムは3回戦でマンチェスター・ユナイテッドを下しており、目を見張る快進撃を見せている。 4大会ぶりの準々決勝進出となったハマーズの相手はトッテナム。昨季ファイナリストは、3回戦ではウォルバーハンプトン、4回戦ではバーンリーを下している。 また、4回戦ではチャンピオンシップ(イングランド2部)所属のプレストンと対戦し、南野拓実のゴールなどで駒を進めたリバプールはレスター・シティと対戦。ともに2大会ぶりの準々決勝となる。 その他、3大会ぶりのベスト8進出となったチェルシーはブレントフォードと対戦。昨季は準々決勝で敗退したアーセナルは、唯一プレミアリーグ以下のリーグから参戦のサンダーランド(リーグ1)が相手となる。 なお、準々決勝は12月21日・22日に行われる。 ◆準々決勝組み合わせ(左側がホームチーム) トッテナムvsウェストハム アーセナルvsサンダーランド ブレントフォードvsチェルシー リバプールvsレスター・シティ 2021.10.30 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

主力温存のリバプールが南野&オリジ弾でベスト8進出!《EFLカップ》

南野拓実の所属するリバプールは27日、EFLカップ4回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)所属のプレストンと対戦し2-0で勝利した。南野はフル出場し62分にゴールを記録している。 3回戦でノリッジを下したリバプールは、直近のマンチェスター・ユナイテッド戦からスタメン11名を全員変更。ノリッジ戦で2ゴールを挙げた南野は3トップの左で公式戦7試合ぶりの先発出場となった。 立ち上がりからボールを支配するリバプールだが、自陣に引いて守りを固めるプレストンの守りに苦戦すると25分にピンチを迎える。自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとマグワイアのスルーパスでDFの裏に抜け出したポッツがGKとの一対一を迎えたが、シュートは絶妙な間合いを取ったGKアドリアンが左手一本で弾き出した。 リバプールは28分にも、ボックス右に抜け出したマッキャンの折り返しからピンチを迎えると、マグワイアのシュートはGKアドリアンがファインセーブ。さらにこぼれ球を詰めたレドソンのシュートはゴールカバーに入ったネコ・ウィリアムズがブロックし、このピンチを凌いだ。 ハーフタイムにかけてもボールの主導権はリバプールが握ったが、決定機を作るには至らず。前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半もポゼッションで圧倒するリバプールは54分、バイタルエリア中央でボールを受けたチェンバレンが反転から右足一閃。しかし、シュートはわずかに枠の左に逸れた。 その後も攻勢を続けるリバプールは62分に待望の先制点を奪う。ロングパスを前線で受けたネコ・ウィリアムズがボックス右深くまで切り込みクロスを供給すると、これをゴール前の南野が押し込んだ。 さらにリバプールは、84分にツィミカスの左クロスがそのままゴールへ向かうとこれがクロスバーを直撃。こぼれ球を拾ったネコ・ウィリアムズのシュートは相手DFにブロックされたが、このルーズボールをゴール前のオリジがスコーピオンキックでゴールに押し込んだ。 結局、試合はそのままタイムアップ。南野のEFL杯2戦連発弾などで勝利したリバプールが準々決勝進出を決めている。 2021.10.28 05:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ルーカス弾で競り勝ったスパーズが準々決勝進出! 公式戦3戦ぶり白星で週末のユナイテッド戦へ《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、バーンリーvsトッテナムが27日にターフ・ムーアで行われ、0-1で勝利したトッテナムが準々決勝進出を決めた。 ウェストハムとのロンドン・ダービーに惜敗し、公式戦2連敗中のトッテナム。今週末に渦中のマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチを控える中、バーンリーとのプレミア勢対決で3試合ぶりの白星を目指した。 ヌーノ監督はデレ・アリとウィンクスをスタメンはおろか招集外とするなど、勝負にこだわった采配を見せた中、ケインやホイビュルク、ロメロ、スキップをスタメンで起用。前線はケインを1トップに置き、2列目にブライアン・ヒル、ロ・チェルソ、ベルフワインを並べた。 開始直後の3分にロ・チェルソからの絶妙なスルーパスに抜け出したケインにいきなり決定機が訪れるが、ボックス左に抜け出して放ったシュートは精度を欠く。 以降は予想通り、ボールを握って主導権を握っていくが、バーンリーのコンパクトな守備ブロックに手を焼きなかなかフィニッシュの数が増えていかない。さらに、20分過ぎには右のハムストリングを痛めたブライアン・ヒルがプレー続行不可能となり、ルーカス・モウラのスクランブル投入を余儀なくされる。 その後はバーンリーの守備が徐々に間延びし始めたことで、ルーカスを起点としたカウンターが機能し始める。だが、最後の局面で連携ミスやプレー精度を欠く場面が目立ち、シュート4本に枠内シュート0と開幕から続く攻撃面の課題を露呈する形で試合を折り返した。 後半に入っても膠着状態が続く中、先に動いたのはバーンリー。60分、ヴィドラとジェイ・ロドリゲスを下げてバーンズ、ウッドとレギュラー2トップを投入した。 一方、トッテナムは65分にこの試合最大の決定機を迎える。ケインのショートスルーパスに抜け出したロ・チェルソがGKと一対一となるが、チップキック気味に放ったシュートはポープの驚異的な反応にはじき出されてしまう。 その後、ベルフワインとスキップを下げてソン・フンミン、エンドンベレをピッチに送り出すと、この交代直後にゴールが生まれる。68分、相手陣内中央右でケイン、ロ・チェルソと繋いで右サイドでフリーのエメルソンが正確なクロスを供給。これを中央のルーカスがピッチへ強く叩きつけるヘディングで合わせ、ゴール左隅へ突き刺した。 公式戦3試合ぶりとなるゴールを挙げたトッテナムは、前がかるバーンリーに対してカウンターから追加点を狙う。72分にはぽっかりと空いた中央のスペースで持ち上がったルーカスが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKポープの好守に遭う。 その後、追加点を奪い切れぬまま試合終盤に突入したトッテナムは、バーンリー得意のパワープレーに晒されて守勢に回る。幾度か際どいクロスやゴール前の混戦からピンチを迎えるが、D・サンチェスを中心に守備陣が粘りを見せる。 試合終了間際にはロ・チェルソを下げてロドンを投入し、完全に逃げ切り態勢に入ると、何とかルーカスのリードを守り切って1-0の勝利。苦しみながらも公式戦の連敗をストップしたトッテナムが準々決勝進出。週末のユナイテッド戦を前に白星を取り戻している。 2021.10.28 05:48 Thu
twitterfacebook
thumb

3回戦に続きPK戦でサウサンプトンを下したチェルシーが準々決勝進出を決める!《EFLカップ》

チェルシーは26日、EFLカップ4回戦でサウサンプトンと対戦し1-1で90分が終了。PK戦の末、4-3でチェルシーが勝利した。 3回戦でPK戦の末にアストン・ビラを下したチェルシーは、直近のノリッジ戦から先発を6人変更。マウントやジョルジーニョ、チアゴ・シウバ、GKメンディらに替えてツィエクやサウール、マルコス・アロンソ、GKケパらを先発で起用した。 2シーズンぶりに4回戦へ駒を進めたセインツに対し、チェルシーは開始早々にチャンス。6分、バークリーの右CKを中央のサウールがヘディングで合わせたが、枠を捉えたシュートは相手GKが好セーブ。 さらに26分には、左サイドからドリブルで仕掛けたハヴァーツがボックス左まで持ち上がりシュートを放ったが、これも相手GKに阻まれた。 ハーフタイムにかけてチェルシーはセインツの積極的なプレスに苦しみ、なかなか攻め入ることができない時間帯が続く。それでも44分、ツィエクの左CKをゴール前のハヴァーツが頭で合わせると、これがゴール右隅に吸い込まれ、1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半は開始早々にスコアが動く。47分、敵陣でボールをカットしたヴァレリのパスを受けたウォーカー=ピータースがボックス右からシュート。これはGKケパが弾くも、こぼれ球をアダムスが無人のゴールに押し込んだ。 追いつかれたチェルシーは、58分にR・ジェームズがミドルシュート、59分にはボックス右深くまで侵入したバークリーがゴールに迫ったが、共にシュートはGKフォースターのセーブに防がれた。 勝ち越し点を狙うチェルシーは、67分にツィエクとバークリーを下げてマウントとチルウェルを投入。すると74分、味方のパスでボックス左に抜け出したハヴァーツの折り返しからサウールがダイレクトシュートを狙ったが、これはわずかにゴール右に逸れる。 さらにサウールは、直後の75分にもペナルティアーク手前で拾ったこぼれ球からコントロールショットを放ったが、再びGKフォースターの好セーブに阻まれた。 その後は互いにゴールへ迫る場面を見せたが、最後まで追加点は生まれず、1-1で90分が終了。決着はPK戦に委ねられることになった。 そのPK戦では、2人目のウォルコットと4人目のスモールボーンが失敗したセインツに対し、チェルシーは2人目のマウントが失敗するも5人目のR・ジェームズがしっかりと決め、4-3で勝利した。 2021.10.27 06:02 Wed
twitterfacebook
thumb

冨安欠場のアーセナルがリーズに完勝で準々決勝進出!《EFLカップ》

冨安健洋の所属するアーセナルは26日、EFLカップ4回戦でリーズ・ユナイテッドと対戦し2-0で勝利した。冨安はベンチ入りしなかった。 3回戦でリーグ1(イングランド3部)のウィンブルドンを下したアーセナルは、直近に行われたアストン・ビラ戦の先発からホワイトとスミス・ロウ以外の9選手を変更。[4-2-3-1]の布陣を採用し、1トップにはエンケティア、2列目に右からペペ、スミス・ロウ、マルティネッリが並んだ。なお、冨安は3回戦に続きベンチ外となっている。 4シーズンぶりに4回戦へ駒を進めたリーズに対し、アーセナルは10分に最初のチャンス。前線でエンケティアが落としたボールをメイトランド=ナイルズが繋ぎ、最後はボックス左まで駆け上がったコラシナツがシュート。しかし、これは相手GKに当たり左サイドネットに外れた。 主導権を握るアーセナルだったが27分にピンチ。ボックス内のこぼれ球に反応したハリソンのハーフボレーシュートがゴール右隅を捉えたが、これは好反応を見せたGKレノが弾き出して難を逃れた。 ハーフタイムにかけてアーセナルは、リーズのカウンターにやや苦しんだが、ホワイトを中心に集中した守りでこれを凌ぎゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、アーセナルは54分にアクシデント。右足に違和感を訴えたホワイトに代わりチャンバースがピッチへ。すると直後のセットプレーでスコアが動く。 55分、左CKをファーサイドのペペが頭で折り返すと、ゴール前のチャンバースがヘディングシュート。これはGKメリエが弾くもボールはゴールラインを越えており、ゴールが認められた。 さらにアーセナルは、69分にもクーパーのバックパスをカットしたエンケティアが飛び出したGKを冷静にかわすと、そのまま無人のゴールにシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0でタイムアップ。リーズを下したアーセナルが準々決勝へ駒を進めた。 2021.10.27 05:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly