ハーランド2発のドルトムント、原口&遠藤途中出場のウニオンに4発勝利《ブンデスリーガ》

2021.09.20 02:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第5節、ドルトムントvsウニオン・ベルリンが19日に行われ、4-2でドルトムントが勝利した。ウニオンのMF原口元気は71分から、MF遠藤渓太は77分から出場している。

前節レバークーゼンとの派手な打ち合いを4-3で制したドルトムントは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ初戦ではベシクタシュ戦を2-1で制した。そのベシクタシュ戦のスタメンから負傷したブラントに代えてヴィツェルのみを変更した。

一方、ウニオンは前節、原口が前半半ばに味方の負傷交代を受けて緊急出場となった中、0-0の引き分けに終わった。1勝3分けと無敗を維持している中、3日前に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグではスラビア・プラハと対戦し、原口が先発したものの1-3で敗戦。原口と遠藤は共にベンチスタートとなった。

ハーランドとロイスの2トップで臨んだドルトムントが立ち上がりからボールを握ると10分、ボックス左からラファエウ・ゲレイロの放った強烈なシュートがネットを揺らし先制する。

その後も敵陣でのプレーを続けたドルトムントは、24分にリードを広げた。右サイドからのムニエのクロスにハーランドが頭で合わせた。

ハーランドの今季6ゴール目で加点したドルトムントがハーフタイムにかけても主導権を握ったまま前半を終えた。

迎えた後半、52分にドルトムントが3点目を奪いきる。ベリンガムのスルーパスでボックス右に侵入したロイスがグラウンダーのクロスを送ると、フリードリッヒのオウンゴールを誘った。

しかし4分後、ウニオンはクルーゼがボックス内でヴィツェルに倒されるとVARの末にPK判定に。これをクルーゼが決めて1点を返した。そして71分、原口が中盤インサイドの位置に、さらに77分、今季初出場の遠藤が右サイドに投入された。

すると81分、ウニオンが1点差に詰め寄る。遠藤と共に直前に投入されていたホグルサマーが右CKから打点の高いヘディングシュートを叩き込んだ。

それでも83分、ドルトムントが決定的な4点目を挙げる。フンメルスからのロングフィードを受けたボックス左のハーランドがループシュートを決めた。4-2で打ち勝ったドルトムントが4勝目を挙げている。



関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキがブンデス通算300ゴール達成! 史上2人目の偉業に

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがブンデスリーガ通算300ゴールを達成した。 バイエルンは15日、ブンデスリーガ第19節でケルンとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 2022年の初白星を挙げたこの一戦でレヴァンドフスキは、開始9分に先制点を挙げると、チームが2点リードで迎えた後半の63分に2点目を奪取。さらに、74分にはGKとの一対一を冷静に制し、ハットトリックを達成した。 そして、この3点目のゴールはレヴァンドフスキにとってブンデスリーガ通算300ゴール(通算373試合)のメモリアルゴールに。 なお、これはバイエルンのレジェンドであるゲルト・ミュラー氏(365ゴール)に次ぐ、リーグ史上2人目の偉業だ。 ちなみに300ゴールの内訳は、バイエルンで226ゴール(242試合)、ドルトムントで74ゴール(131試合)となっている。 2022.01.16 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

移籍報道飛び交うハーランド、クラブからのプレッシャー明かす「決断を迫られるようになった」

ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)が、ドルトムントから残留の決断を迫られていることを明かした。ドイツ『キッカー』が伝えている。 2020年冬にザルツブルクからドルトムントに加入したハーランド。これまで公式戦81試合で78ゴール28アシストと、驚異的なスタッツを記録している。そんなハーランドに対しては、以前からレアル・マドリーやマンチェスター・シティ、チェルシーなど数多くのビッグクラブから関心が伝えられている状況。クラブとは2024年まで契約が残っているものの、来夏には7500万ユーロ(約99億円)で契約解除が可能になるとの報道もあり、争奪戦が予想されている。 14日に行われたブンデスリーガ第19節のフライブルク戦でも2ゴールを記録。その得点力を見せつけたが、試合後のインタビューで、クラブから残留の決断を迫られており、それがストレスとなっていることを明かした。 「クラブは僕にプレッシャーをかけ、決断を迫るようになった。でも、僕は本当にサッカーがしたいだけなんだ。ドルトムントへの敬意からこの半年は間何も言わなかったけどね」 「サッカーに集中したい。他に何も考えていないときが一番良いプレーができるからね」 また、「クラブは長い間僕に話し合いを強く持ち掛けてきたし、今からそれが動き出すと思う」ともコメント。交渉は近日中に開始されるようだ。 一方で、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長がドイツ『ルール・ナハリヒテン』のインタビューで、ハーランドの言葉に反応。「彼は若いが、自発的に物事を決めることができる。アーリングに問題はない」としながらも、「しかし、我々の状況を理解することも彼には必要だ。5月末まで待てない」とも語っており、早期の決断を求めた。 2022.01.15 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがハーランド&ムニエのドッペルパックなどでフライブルクを粉砕!《ブンデスリーガ》

ドルトムントは14日、ブンデスリーガ第19節でフライブルクと対戦し5-1で勝利した。 フランクフルトに逆転勝利で飾った2位ドルトムントが、3戦負けなし中の4位フライブルクのホームに乗り込んだ一戦。新年連勝を目指すドルトムントは前節と同じスタメンで試合に臨んだ。 注目の上位対決はドルトムントが前からのプレッシングでリズムを掴むが、集中した守りを見せるフライブルク守備陣を前に流れの中からシュートに持ち込めない状況を強いられる。 それでもドルトムントはセットプレーからゴールをこじ開ける。14分、ブラントの左CKからニアに走り込んだムニエが頭で合わせると、このシュートがゴールに突き刺さった。 先制したドルトムントは、29分にもブラントの右CKから再びムニエがヘディングシュートを流し込み、追加点を奪った。 ハーフタイムにかけてもフライブルクに攻撃の糸口を見いださせないドルトムントは、前半終了間際の46分に敵陣でボールを奪ったベリンガムのラストパスからハーランドがゴールネットを揺らし3点をリードして後半へ折り返した。 互いに選手を入れ替え迎えた後半は、立ち上がりから一進一退の展開が続く。すると、ドルトムントは61分に失点を許す。ドリブルで持ち上がったシャーデのパスからボックス右に侵入したR・サライがシュート。これはGKコベルが弾いたが、こぼれ球をデミロビッチに押し込まれた。 1点を返されたドルトムントは、71分にロイスとラファエウ・ゲレイロを下げてT・アザールとN・シュルツを投入。すると75分、敵陣中盤でボールを奪ったダフードのスルーパスからボックス左に抜け出したハーランドが冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。 さらに86分には、左サイド抜け出したN・シュルツの折り返しをゴール前で受けたダフードがゴール右へシュートを突き刺して5点目。 結局、試合はそのまま5-1でタイムアップ。上位対決を制したドルトムントが、暫定ながら首位バイエルンとの勝ち点差を3に縮めている。 2022.01.15 06:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・デ・ベークにドルト&ニューカッスルの関心? いずれもローンでの獲得模索

マンチェスター・ユナイテッドで思うような日々を過ごせずにいるオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(24)に他クラブからの興味があるようだ。 アヤックスから加入して今季で2年目を迎えたファン・デ・ベーク。シーズン途中になかなか使ってもらえなかったオーレ・グンナー・スールシャール監督からラルフ・ラングニック監督の体制に代わり、序列の変化も期待されたが、いまだに限定的な出番が続いている。 こうした状況からオランダ代表からも遠ざかるなか、今冬の移籍が取り沙汰され続けるファン・デ・ベークだが、イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によると、ドルトムントとニューカッスル・ユナイテッドがレンタルで獲得する可能性を探っている模様だ。 一方、このままいくとカタール・ワールドカップ(W杯)出場がより厳しくなるファン・デ・ベーク本人も今冬の移籍に前向き。あとはユナイテッドの判断だが、ラルフ・ラングニック監督は中盤のオプションに不安を抱いているようで、放出を認める可能性が低いという。 2022.01.14 13:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、チェルシーと延長交渉難航のクリステンセンに関心

ドルトムントが、チェルシーとの契約延長交渉が難航中のデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(25)の獲得に動いているようだ。ドイツ『シュポルト1』が報じている。 チェルシーのアカデミー出身であるクリステンセンは、ボルシアMGへのレンタル移籍を経てファーストチームに定着。これまで公式戦通算150試合近くに出場しており、チームのチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)、FAカップの制覇に貢献している。 ただ、今シーズン限りで満了する契約を巡っては交渉が難航。先日にはトーマス・トゥヘル監督が苦言を呈したものの、ここまで新たな進展はない。 その間にDFトレヴォ・チャロバー、DFマラン・サールといった選手の台頭、依然としてセビージャのフランス代表DFジュール・クンデの獲得の可能性が報じられるなど、徐々にクラブ内での立ち位置が微妙になりつつある。 今夏のフリートランスファーの可能性も高まり始めた中、複数のクラブが獲得に関心を示しているが、ドルトムントはより強い興味を示しているようだ。 ドイツ代表DFマッツ・フンメルスのスピード面の衰えが顕著な上、フランス人DFダン=アクセル・ザガドゥの去就も不透明なドルトムントは、過去にブンデスリーガでのプレー経験もあるクリステンセンを新たなバックラインの中心として考えているようだ。 2022.01.14 06:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly