リュディガーとの契約延長の重要性を強調するトゥヘル「私ではなく我々の望み」

2021.09.18 19:36 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーの契約延長を熱望するコメントを残している。イギリス『メトロ』が伝えた。2017年夏の加入以降、ここまで公式戦155試合に出場しているリュディガーは、トゥヘル監督の下では3センターバックの不動の一角として、昨季のビッグイヤー獲得への貢献など、大きな功績を残している。

今季もここまで全公式戦にフル出場している28歳だが、現状で残りの契約が1年を切っており、来年1月には他クラブとのフリー交渉が可能となってしまう状況だ。

もちろんクラブは契約更新を打診しているものの、イギリス『テレグラフ』の情報によると14万ポンド(約2100万円)の週給を条件とした新契約を提示したチェルシーに対し、リュディガーは現行から2倍となる20万ポンド(約3000万円)を要求しているようで、大きな差があるとみられている。

そんな中、トゥヘル監督は厚い信頼をおくリュディガーとの契約更新の重要性を強調。個人ではなくチーム全体の総意であるとし、経営陣に向けて最高の成果を求めた。

「彼らが解決策を見つけてくれることを願っているが、それは監督と選手間だけの話ではなく、我々チーム全員が望んでいることだ」

「彼は素晴らしい選手で、非常に高いレベルを安定して維持してきた」

「私には、彼がとても落ち着いていて集中しているように思える。それは彼の気を散らすものではないのだろう」

「だから全ては一ヶ所にまとまってあるし、必要であれば時間を与えるだろう。それが長いこともあれば、あっという間のことだってある」

関連ニュース
thumb

チルウェル離脱のチェルシー、PSGで構想外のクルザワを獲得か

チェルシーが、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表DFレイヴァン・クルザワ(29)の獲得を検討しているようだ。 不動の左ウィングバックだったDFベン・チルウェル(25)がヒザの負傷で今季絶望となり、代役確保が急務となっていたチェルシー。フラメンゴにレンタルしていたMFケネディ(25)を呼び戻したものの、チェルシーでの出場がわずか27試合という同選手に対する疑念は少なくなく、さらなる補強を狙っているようだ。 リヨンにレンタル中のDFエメルソン・パルミエリ(27)や、コベントリー・シティに貸し出しているDFイアン・マートセン(19)の呼び戻しは不可能とされるなか、イギリス『スカイ・スポーツ』は、チェルシーがPSGのクルザワに関心を示していると伝えている。 クルザワは2015年夏にPSGに加入し、公式戦154試合の出場で14得点23アシストを記録。しかし、今季はDFヌーノ・メンデスが加入するなど左サイドバックでは3番手、4番手という立ち位置に。ここまでトロフェ・デ・シャンピオンの9分間の出場のみにとどまっている。 2022.01.17 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ペップ、チェルシー破ってより独走も「この1月に誰もチャンピオンになれない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がプレミアリーグ覇権争いにコメントした。 連覇にまい進するシティは15日に第22節で2位のチェルシーをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。序盤から出場権を握るなか、チェルシーの守りをこじ開けられない展開が続いたが、70分にベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの右足ミドルを突き刺して、2位との頂上決戦を制した。 これで12連勝となり、チェルシーとの勝ち点差も「13」に広げて、さらなる首位固めに成功したシティ。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、覇権奪回を期すチェルシーを叩き、独走ムードをより一層強めるグアルディオラ監督だが、冷静さを保った。 「大きな勝利だ。有力な対抗馬との対戦だったわけだからね。自分たちが3ポイントを掴めば、相手は3ポイントを取れないわけだが、この1月に誰もチャンピオンになれない」 「チェルシーのことも考えることができるし、リバプールも(今節含む2)試合を残している。彼ら(リバプール)が勝てば、8ポイント差。1月時点での8ポイント差は何の意味もない」 「我々は勝利に値するなら勝ちたいし、今日はそれにふさわしかった。私はフットボールでフェアでありたい。アーセナル戦で勝てたのは嬉しいが、我々はそれに値しなかった」 「勝つに値する試合に勝つと、より良い気分になる」 2022.01.16 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ戦敗北のトゥヘル「デ・ブライネが違いに」…ルカク含む攻撃陣に喝

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が敗戦の弁を述べた。 2位のチェルシーは15日にプレミアリーグ第22節で首位を走るマンチェスター・シティのホームに乗り込み、0-1の敗北。タイトな守りで踏ん張ったが、70分の失点で力尽きた。 これで首位シティとは13ポイント差に。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、優勝がより厳しくなったトゥヘル監督は試合後、攻撃陣の出来に不満を露わにした。 「姿勢や献身性、そして守備面に関しては満足している。ビッグチャンスもあまりを許さず、最小限に抑え込んでくれた」 「しかし、攻撃陣はもっとアピールが必要だ。一貫性も必要。もっとタイミングよく、もっと正確にプレーすれば、もっと多くのチャンスがあったはずだ」 「チャンスを逸したことに関してはノープロブレムだが、もっと多くのチャンスがあったはず。それこそ私が批判する点だ」 「ボールロストが早すぎるし、判断も悪すぎた。求められるレベルじゃなかった」 「ケビン・デ・ブライネという個人のクオリティが今日の試合で違いを生んだ」 「だが、我々は相手を傷つけたり、先制点を奪って相手に疑念を抱かせるクオリティを示すのに苦労した」 また、ベルギー代表FWロメル・ルカクの働きぶりを問われると、「彼も時々、役立つ働きが必要だ」と厳しい言葉を飛ばした。 「彼はプレッシャーがなく、見込みがありそうな場面で何度もボールを失って、大きなチャンスもあった」 「彼もチームの一員なのだ。前線のパフォーマンスはもっと良くなれるし、もっと良くしていく必要がある」 2022.01.16 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

決勝ミドルのデ・ブライネ「ナイスゴール、ナイスチームパフォーマンス」

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが決勝ゴールを喜んだ。 プレミアリーグ連覇に邁進するシティは15日のプレミアリーグ第22節で2位のチェルシーをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。チェルシーも粘ったが、70分にデ・ブライネがバイタルエリア中央に持ち上がっての右足ミドルをゴール右に突き刺して、シティが頂上決戦を制した。 シティはこれでチェルシーを13ポイント差にまで突き放して、より首位の座を確固たるものに。クラブ公式サイトによると、大一番で3ポイントをもたらしたデ・ブライネも試合後、喜びの心境を口にした。 「ゴールは重要なことなんだけど、最終的に(勝利したという)結果が明らかに僕を良い気分にしてくれる。勝たないと、(ゴールは)意味がない。僕らはすごく我慢強く戦った」 「相手は守備が堅く、あまりチャンスを作れないのは想定内だったし、1ゴールで十分だった。ナイスなゴール、ナイスなチームパフォーマンスさ。これを続けていこう!」 2022.01.16 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーMFベイカーがストークに完全移籍! アカデミー時代から17年過ごしたブルーズに別れ

チェルシーは15日、イングランド人MFルイス・ベイカー(26)のストーク・シティへの完全移籍を発表した。ベイカーはストークと2024年6月30日までの2年半契約にサインしている。 9歳でルートン・タウンからチェルシーのアカデミーに加入したベイカーは、2014年1月にトップチームデビュー。だが、以降はトップチームでは出場機会を得られず、リーズ・ユナイテッドやミドルズブラなどの国内クラブ、フィテッセやデュッセルドルフ、トラブゾンスポルといった国外へのレンタル移籍を繰り返していた。 トラブゾンスポルからレンタルバックした今シーズンはリザーブチームを主戦場としてきたが、今月8日に行われたFAカップ3回戦のチェスターフィールド戦では途中出場で8年ぶり通算2試合目となるトップチームでのプレー機会を得ていた。 だが、その久々のトップチームでの出場からわずか1週間後に17年を過ごしたブルーズを離れ、チャンピオンシップ(イングランド2部)のストークへ完全移籍することになった。 2022.01.16 07:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly