エジルとの比較を気に留めないウーデゴール 「自分らしくプレーしたい」

2021.09.18 21:26 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポジションがら、元ドイツ代表MFメスト・エジルとの比較対象になりやすいアーセナルのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールだが、ほとんど気に留めていないようだ。

昨季途中にレアル・マドリーからアーセナルにレンタル加入し、公式戦20試合で2ゴール2アシストを記録したウーデゴール。ミケル・アルテタ監督の要望もあり、一度はマドリーにレンタルバックしながらも、アーセナルに完全移籍することになった。

今季はチームが不振に喘いでいることもあり真価を発揮できていないウーデゴールだが、ゲームメイカーとしての素質から、かつてアーセナルで7シーズン半の間、司令塔として活躍したエジルと比較されることが多い。

最盛期にはエレガントなボール捌きや類稀なるパスセンスを披露していたエジルに対し、マレーシア『Stadium Astro』のインタビューに応じたノルウェー代表MFは、子どもの頃から憧れの選手だったと称賛。比較されることについてはあまり気にしていないようだ。

「比較されることはあまり好きではないけど、彼は僕が若い頃に好きだった選手の一人で尊敬していた」

「彼は素晴らしい選手だから、そういうことを言われるのは嬉しい。それでも、あまり考えずに自分らしくプレーするようにしているんだ」

また、11日に行われたプレミアリーグ第4節のノリッジ戦で今季リーグ戦初勝利を挙げたものの、それまでチェルシーやマンチェスター・シティなどに敗れて開幕3連敗を喫していたチーム現状についてもコメント。自分たちを信じ、ハードワークを続けていれば自ずと結果は出ると主張した。

「リーグでも世界でも最高の2チームと対戦したんだ。冷静になって、自分たちのやっていることを信じ続けなければならないと思う」

「次の試合に向けて準備し、ハードワークを続け、信じることが大切だ。ここにいる全員が、チームのクオリティが順位表以上に高いことを知っているよ」

「それをピッチ上で示し、順位を上げていくだけだね。僕たちはこのプロジェクトを信じているいるんだ。落ち着いて懸命にプレーをすれば、結果はついてくるはずだ」


関連ニュース
thumb

「ただただキュートだ」アーセナル岩渕真奈の笑顔に脚光「これもマナの魔法か」「フィールドで会いたい」

アーセナルに所属するなでしこジャパンFW岩渕真奈の笑顔がファンを魅了している。 16日に開幕したイングランドのFA女子スーパーリーグ(FAWSL)。岩渕にとってアーセナルでの2シーズン目がスタートした。 シーズンオフに両足首を手術した岩渕は、順調に回復したものの、チームのシステム変更や新戦力の活躍もあり、ここまで出場機会なしと苦しんでいる状況だ。 それでも決して腐ることなく練習に励んでいるようで、チームの公式SNSが27日の練習の様子を公開。あいにくの雨ながら、その中で岩渕が満面の笑みを見せていた。 その姿にはファンも「ただただキュートだ」、「私たちにマナの魔法が必要だ」、「彼女はいつプレーするの?」、「幸せな写真」、「マナ!」、「フィールドで会いたい」、「これもマナの魔法か」と反響は寄せられている。 29日に行われた女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド2の2ndレグ、アヤックス戦ではベンチ入りしながらも出場はなかった岩渕。ポジション争いはし烈ながら、試合でこの笑顔を見られる日をファンも心待ちにしている。 <span class="paragraph-title">【写真】岩渕真奈の弾ける笑顔!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Training in the rain <a href="https://t.co/tuRC4t4Z1x">pic.twitter.com/tuRC4t4Z1x</a></p>&mdash; Arsenal Women (@ArsenalWFC) <a href="https://twitter.com/ArsenalWFC/status/1574816542251941888?ref_src=twsrc%5Etfw">September 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.30 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、サラーの後継者を発見? 左WGが主戦場の21歳同胞

リバプールが、エジプト代表FWイブラヒム・アデルに注目しているようだ。イギリス『90min』が報じている。 同選手は昨季にエジプト・プレミアリーグで2位となったピラミッドFCに所属する21歳。2019-20シーズンからトップチームに定着し、通算では78試合22ゴール9アシストを記録している。昨年9月にはエジプト代表デビューも果たし、ここまでは4キャップ。また、昨年の東京五輪にも参加していた。 アーセナルからの関心も伝えられているアデルだが、『90min』によれば、リバプールでは同胞でエースのモハメド・サラーが獲得を勧めるほどの選手のようで、左右の違いこそあれどウイングでプレーする者として、後継者と期待されている。 今夏にデンマークのノアシェランが獲得に動いたというが、200万ユーロのオファーは門前払いされた模様。当時ピラミッドFCは600万ユーロの移籍金を要求していたようだ。 2022.09.30 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

実は冨安健洋も全く似てなかった! アルテタ監督も“最悪”の出来、『FIFA 23』でアーセナルの似ている選手と似ていない選手は?

30日に発売予定の大人気サッカーゲーム『FIFA 23』だが、先行でプレーできる仕様になっていたことで、大きな話題を呼んでいる。 先んじで発表された選手の能力値を示すレーティングでは、自身の能力とかけ離れているとしてレアル・マドリーのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが嘆いていた。 また、毎回話題となる選手の顔に関しても、スキャンしていない選手や監督のクオリティにファンが反応。アーセナルのミケル・アルテタ監督は全くの別人となり、似ても似つかない状態に。ファンは「FIFAを訴えろ」というほど酷い出来だと話題だ。 そのアーセナルだが、選手の顔に関してはスキャンされていないクラブの1つ。アルテタ監督と同様に、選手たちも似ていない選手が圧倒的に多い。 その中にはもちろん日本代表DF冨安健洋も。あるユーザーがアーセナルの全選手の顔をレビューしていたが、全く似ていない。 アーセナルの中ではガーナ代表MFトーマス・パルティやスイス代表MFグラニト・ジャカ、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリ、イングランド代表FWブカヨ・サカ、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスなどは非常に似ている。それだけに、似ていない選手が悪目立ちする状況となってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】アルテタ監督が酷評されたアーセナル、冨安健洋の出来も酷かった</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nDxH6VfDbww";var video_start = 159;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】アーセナルの全選手の顔をレビュー</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="nDxH6VfDbww";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.29 23:23 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルに大きな痛手…スミス・ロウが鼠蹊部の手術で12月まで離脱

アーセナルは29日、イングランド代表MFエミール・スミス・ロウが手術を受けたことを発表した。 ここ数カ月、鼠蹊部のケガに悩まされているスミス・ロウ。今季はリーグ戦4試合の出場で47分しかピッチに出ておらず、9月4日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦の出場もわずか16分のみだった。 ケガと相談しながら少しずつ慣らしていたいたが、そのユナイテッド戦で悪化した模様。医療チームとの相談の結果、手術を決断するに至ったようだ。 手術は数日前に成功し、現在はリハビリに始めているとのこと。復帰は12月になるとクラブは伝えている。 なお、この手術により、スミス・ロウのカタール・ワールドカップ行きの可能性は消滅した。 2022.09.29 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナルで台頭のサリバは「隣に学びを得られるトップクラスの選手がいない」 OBが現状を不安視

かつてアーセナルでキャプテンを務めた元フランス代表DFのウィリアム・ギャラス氏が、古巣の同代表DFウィリアム・サリバの現状を懸念した。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。 2019年夏にサンテチェンヌから加入し、武者修行を経て今季からファーストチームに合流したサリバ。ここまではプレミアリーグ全試合で先発起用されており、ミケル・アルテタ監督の信頼を完全に掴んだ様子だ。 将来性豊かなセンターバックの台頭には称賛の声が相次ぐが、それに対して警鐘を鳴らしたのがギャラス氏だ。アーセナルの元主将はイギリス『Genting Casino』のインタビューで、これまでの名センターバックたちと比べてサリバには手本とする存在が不在であることを危惧している。 「サリバのプレーを見た後で、若い頃のリオ(・ファーディナンド)と比較すると、彼らの特徴は似ていると思う。だが、いつもクラブが抱える問題であるが、彼は誰の隣で学ぶことになるのだろうか」 「彼はまだ若く、あの年齢であれば学ぶことが必要だ。そしてそれには、適切な選手が隣にいる必要がある。私が常に言っていることとして、センターバックをやるときは経験豊富な選手からの学びが大切なのだ」 「今のところ、サリバの近くには学びを得られる経験豊富なトップクラスの選手がいない。だから、彼が少し心配なんだ。もし彼がトップレベルに到達したいなら、トップクラスのセンターバックの隣にいる必要がある」 「たとえば、ジョン・テリーは誰の隣でプレーしたと思う? マルセル・デサイーだ。センターバックはみんな、誰かから学んでいる。アレッサンドロ・ネスタの隣にはパオロ・マルディーニがいたね」 「センターバックが次のレベルに行くためには、それが必要なんだ。彼が25歳や26歳になったら、今度は彼がディフェンスラインを統率する番だ。若い選手は、彼の隣でプレーして学ぶことになる」 「たとえば、(チェルシーに移籍した)ヴェスレイ・フォファナは、チアゴ・シウバから多くを学ぶ絶好の機会だろう」 2022.09.29 17:57 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly