「皆様の怒りをお察し…」3rdユニフォームを巡るドルトムントファンの憤慨にプーマが謝罪

2021.09.17 20:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ファンの怒りにサプライヤーが謝罪した。

大きな物議を醸し、ファンからの反発を受けているのはドルトムント。プーマが手がけた3rdユニフォームを巡って問題が起きていた。

今シーズンの3rdキットは、プーマがサプライヤーを務めるクラブで統一のデザインが用いられており、サッカーとストリートウェアの文化を融合させた新しいアプローチでユニフォームを再考するという考えのもとになされたデザインとなっている。

特徴的なのは、通常は胸に施されるクラブのエンブレムが全面から消え、背面の首元に施されていること。胸にはクラブ名とメインスポンサーが大きく記されている。

しかし、5月にこの3rdキットが出回ると、スポンサーが目立つとしてドルトムントのファンが憤慨。クラブは「ファン、新しいシーズンのカップジャージに対する批判を受けました。リークされたジャージはどのように見えるかわかりません。少々お待ちください。どうぞよろしくお願いします」と答えていた。

そんな中、15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第1節でベシクタシュと対戦。この試合で、選手たちが実際に着用してお披露目された。

しかし、公式に着用されたユニフォームに対しても批判的な意見が殺到していた。

この件に対し、プーマのビョルン・ガルデン最高経営責任者(CEO)が謝罪したとドイツ『ビルト』が伝えた。

「ファンの皆様の怒りをお察しし、心よりお詫び申し上げます」

「ファンの批判は、BVBのロゴが素材に何度かトーンイントーン(トーンを統一して明度差を小さくした配色)で加工されているだけで、シャツの胸元に大きくエンボス加工されているものの、クラブのクレストとは明確に認識できないという点にあります」

この3rdキットは今週に入りインターネット上で公開され大騒ぎに。クラブはその事態を見て、なんとかロゴを入れることで対応したとのことだ。

しかし、全く肉眼で確認できず、透かしになっていることが大きく問題視されたが、すでにユニフォームをUEFA(欧州サッカー連盟)に登録していたため、他の対応ができなかったという。

ガルデン氏はこのようなことを二度と起こさないと約束した。

「いただいた意見を真摯に受け止め、これまでと同様に、今後のユニフォームに反映させていきたいと思う」



1 2
関連ニュース
thumb

復帰ハーランドが2発、ドルトムントがマインツに勝利で暫定首位浮上《ブンデスリーガ》

ドルトムントは16日、ブンデスリーガ第8節でマインツをホームに迎え、3-1で勝利した。 前節アウグスブルクに2-1と逃げ切り勝利とした3位ドルトムント(勝ち点15)は、ハーランドが公式戦5試合ぶりに復帰しスタメンとなった。 9位マインツ(勝ち点10)に対し、3トップにハーランド、ロイス、マレンと並べたドルトムントは開始3分に先制する。右サイドからムニエが上げたクロスのルーズボールをボックス中央のロイスが左足ボレーで豪快に蹴り込んだ。 先制したドルトムントは続く22分にムニエが際どいコントロールシュートを放つと、追加タイム1分にも決定機。ボックス左に抜け出したハーランドがGKと一対一になるも、シュートはGKゼントナーに阻まれた。 それでも迎えた後半、開始5分にPKでリードを広げる。ボックス内でのヴィドマーのハンドがVARの末、PK判定となった。 このPKをハーランドが決めてリードを広げたドルトムントは、66分にCKからフンメルスのヘディングシュートが左ポストに直撃。 終盤の87分、GKコベルのパスミスからブルクハルトにゴールを許して1点差とされたドルトムントだったが、追加タイム4分にダメ押しゴールを挙げる。 敵陣でベリンガムがボールを奪ってラストパスを送ると、ハーランドがGKとの一対一を制した。ハーランドの2発でマインツを下したドルトムントが暫定首位に浮上している。 2021.10.17 00:53 Sun
twitterfacebook
thumb

アンタルヤスポルの新監督に就任したヌリ・シャヒン、33歳で選手生活に終止符

アンタルヤスポルに所属する元トルコ代表MFヌリ・シャヒン(33)が、現役引退を発表した。スペイン『アス』が報じている。 2005年にドルトムントでプロデビューし、2010-11シーズンには元日本代表MF香川真司と共闘し、ブンデスリーガ制覇に貢献したヌリ・シャヒン。そのマイスターシャーレを置き土産にレアル・マドリーへステップアップしたものの、公式戦10試合しか出場できず、12-13シーズンにはリバプール、13-14シーズンはドルトムントへレンタルし、2014年夏に完全移籍で復帰した。 だが、2度目のドルトムントでは度重なるケガに見舞われチームに貢献できず。2018年夏にはブレーメンに移籍し、昨夏にアンタルヤスポルに移籍した。 キャリアで初めて母国でのプレーとなったアンタルヤスポルでは、ケガに見舞われることなく公式戦50試合に出場。今季からはキャプテンを務めていた中、今月初旬に成績不振で解任となったエルスン・ヤナル監督の後任として2026年までの5年契約を結び、監督業をスタートさせていた。 その時、アンタルヤスポルのアジス・セティン会長はヌリ・シャヒンの選手としての進退について「彼が自分で決めるだろう」とコメントしていたが、この度同選手は現役引退を発表。「サッカー選手に戻るつもりはない」と、監督業一本に絞ることを宣言した。 現在、スュペル・リグで2勝2分け4敗の15位に位置するアンタルヤスポル。元トルコ代表MFの監督としての初陣は16日に行われる第9節のシバス戦となる。 2021.10.16 18:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「いい靴だね」ハーランドの“イケボ”とファンのやり取りに注目「想像以上に良い声」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドとファンの何気ないやり取りに注目が集まっている。 『ESPN』が公開したのは、ハーランドがファンサービスに興じている動画。多くのファンが詰めかけたスタンドに歩み寄ったハーランドは、自身を呼ぶ女性ファンの声に気が付くと、サインをしようと近づく。 女性ファンは若き大エースのサインをスニーカーにしてもらおうと差し出すと、ハーランドは手に取るや否や「いい靴だね!」と声を掛けた。女性が「サンキュー」と答えると、ハーランドは「これは持ってないな」というコメントともに、サインをプレゼントしていた。 この何気ないやり取りに対し、ファンからは「想像以上に良い声」「こんなこと言われてみたい」「(エア)ジョーダンにサインしてもらいたい」「親近感があって良い」といった羨望の声や、ハーランドの“イケボ”に注目する声が集まった。 この動画は、サインを貰った女性ファンのTikTokでも公開されており、再生回数は68万回を超えている。 <span class="paragraph-title">【動画】ハーランドの“イケボ”にも注目!女性ファンのナイキのスニーカーに「いい靴だね」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">&quot;Nice shoes, I don&#39;t have these&quot;<br><br>—Haaland <br><br>(via xoxo_anna9/TikTok) <a href="https://t.co/XYqsKgqueB">pic.twitter.com/XYqsKgqueB</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1448724875477241861?ref_src=twsrc%5Etfw">October 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.16 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ゴールデンボーイ賞最終候補20名が発表! ガビ、ロドリゴ、ダニエル・マルディーニが新たにノミネート

2021年ゴールデンボーイ賞の候補者が20名に絞られた。 イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、今回で19回目。2001年1月1日以降生まれの欧州でプレーする21歳以下の選手を対象とし、6月に発表された候補者100名から毎月の投票で20名ずつ落とされていく。 そして15日、最終候補者となる20名が発表された。バルセロナのスペイン代表MFペドリやドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラ、レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガら、若くして第一線で活躍する選手たちが勝ち残っている。 また、前回の40名には選ばれなかったものの、今回新たにバルセロナのスペイン代表MFガビ、レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ、ミランのイタリア人FWダニエル・マルディーニの3選手がノミネートされている。 なお、ニュースターは12月13日にトリノで発表予定だ。 ◆最終候補者一覧 DFウィリアム・サリバ(マルセイユ) DFユリエン・ティンバー(アヤックス) DFヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン) MFジュード・ベリンガム(ドルトムント) MFエドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー) MFチャールズ・デ・ケテラエル(クラブ・ブルージュ) MFガビ(バルセロナ) MFブライアン・ヒル(トッテナム) MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン) MFフロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) MFペドリ(バルセロナ) FWカリム・アデイェミ(ザルツブルク) FWロベルト・ピッコリ(アタランタ) FWジェレミ・ピノ(ビジャレアル) FWジョバンニ・レイナ(ドルトムント) FWロドリゴ(レアル・マドリー) FWブカヨ・サカ(アーセナル) FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド) FWダニエル・マルディーニ(ミラン) 2021.10.15 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ナーゲルスマン監督主張の“通信機導入”にローゼ監督は反対「ロボットのような選手を作りたくない」

ドルトムントのマルコ・ローゼ監督が、バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督の考えに異を唱えた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ナーゲルスマン監督はかねてからアメリカンスポーツに高い関心を示しており、サッカーに取り入れられる要素も多くあると主張している。9月にドイツ『Munchner Merkur』のインタビューに応じた際には、アメリカンフットボールの選手がヘルメット内に設置された受信機によって、試合中も監督から無線によって指示を正確に受け取れることに注目しており、サッカーにおいても導入が必要だと語っていた。 これに対して、今週木曜日にドイツ『WDR』のインタビューを受けたローゼ監督は、サッカー界に技術的な改革が必要だとするナーゲルスマン監督の考え自体は肯定しつつ、通信機の導入には反対。常に監督が指示を送ることが、必ずしも良い結果にはつながらないはずだと語った。 「私としては、選手のシャツに指揮官の声を届ける仕組みの導入は必要ないと思っているよ」 「選手たちは試合の中で、自分で決断しなければならない場面がある。そして監督は、ピッチ上で選手にある程度の自由を与えなければならないだろう。私は、まるでボタンを押せば反応するロボットのような選手を作ることは、あまり考えていないんだ」 「選手としても、監督の声が延々と耳に入ってきていたら、『頭がおかしくなる』と思うかもしれない。思わず『黙れ』と言ってしまうかもね」 「(通信機の導入が)選手の生産性を高めるかどうかも分からないだろう。我々の言葉のなかには、ストレス解消のためのものもあるからね」 2021.10.15 16:26 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly