スパーズが敵地でレンヌ相手に辛くもドロー…ベルフワイン&ルーカス負傷でチェルシー戦に暗雲…《ECL》

2021.09.17 03:43 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは16日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループG第1節でスタッド・レンヌとのアウェイゲームに臨み、2-2のドローで試合を終えた。

パソス・デ・フェレイラとのプレーオフを逆転で制したトッテナム。ローマと共に初代王者の筆頭候補に挙がるイングランドの強豪は、その初戦でフランスの強豪レンヌと対戦した。

プレミアリーグでは開幕3連勝を飾るも、直近のクリスタル・パレス戦では0-3の完敗を喫した。今週末にチェルシーとのダービーを控える中、バウンスバックを図るヌーノ率いるチームは、タンガンガとスキップ、ケイン、ルーカス・モウラを除く先発7人を変更。今季初出場のエンドンベレやブライアン・ヒル、負傷明けのベルフワインがスタメンに名を連ねた。

立ち上がりからボールの主導権を握るトッテナムは早い時間帯にゴールをこじ開ける。11分、ハーフウェイライン付近の右サイドでエンドンベレがDFに囲まれながらもヒールパスで局面を打開。サポートに入ったスキップからケインとダイレクトパスが繋がり、ルーカスが完璧に背後へ抜け出す。そのままボックス右に持ち込んだルーカスがグラウンダーの折り返しを狙うと、DFベードが出した足に当たって大きくコースが変わったボールがそのままゴールネットを揺らした。

相手のオウンゴールで幸先よく先制に成功したトッテナムは、以降も果敢に2点目を狙う。その一方で、19分にはブリジョーの強烈なミドルシュート、GKゴッリーニが弾いたこぼれに詰めたテリエのヘディングシュートと続けて際どい場面を作られる。

すると、23分には自陣ボックス手前でルーズボールを奪われてギラシーとのパス交換からタイに見事な右足のミドルシュートをゴール右下隅へ突き刺され、同点に追いつかれた。

さらに、相手の勢いに晒される中で30分にはベルフワインが左足を痛めてプレー続行不可能となり、ホイビュルクをスクランブル投入。この交代でブライアン・ヒルが左インサイドハーフから左ウイングにポジションを上げた。

その後、前半終盤にかけてようやく盛り返したトッテナムは、41分にボックス手前まで侵攻したケインがブライアン・ヒルをオトリにボックス右から右足の強烈なシュートを放つが、これはGK正面を突く。

先制に成功も以降は守勢の中で前半を終えたトッテナムは、後半序盤にエンドンベレが良い形でゴール前に抜け出す決定機を作るが、ここは相手GKの勇敢な飛び出しに遭う。

すると、直後には相手のアフターチャージを受けて左足を痛めたルーカスがプレー続行不可能となり、54分にケインと共にベンチへ下がり、替わってエメルソンとスカーレットが同時投入された。

この交代で3トップがエメルソン、スカーレット、ブライアン・ヒルという急造ユニットとなったトッテナムは、何とかイーブンの展開を維持するものの、なかなか攻撃がうまくいかない。70分には良い形でゴール前まで運んで最後はホイビュルクが強烈なボレーシュートを放つが、これはGK正面を突く。

すると、直後の72分には左サイドからカットインしたスレマナのミドルシュートをGKゴッリーニが前に弾いたこぼれ球をラボルドにワンタッチで流し込まれ、逆転を許す。

それでも、反発力を見せるアウェイチームは76分、右サイドからドハーティが低い弾道の高速クロスを入れると、スライディングでのブロックを試みたタイに当たったボールがゴール前のスペースにこぼれる。これをホイビュルクが絶妙な左足のワンタッチでゴール左隅に流し込み、すぐさまスコアをタイに戻した。

その後、79分にエンドンベレを下げてデレ・アリを投入したトッテナムは、最後まで勝ち点3を目指して戦ったものの、レンヌが最後まで高い強度でのプレーを継続したこともあり、試合はこのまま2-2でタイムアップ。

公式戦連敗こそ逃れたものの、振るわないパフォーマンスにベルフワイン、ルーカスと前線に新たな負傷者を出してしまい、週末のチェルシー戦に不安を残す形となった。

スタッド・レンヌ 2-2 トッテナム
【レンヌ】
タイ(23分)
ラボルド(72分)
【トッテナム】
オウンゴール(11分)
ホイビュルク(76分)

関連ニュース
thumb

週末にビッグマッチ控えるも…バーンリー戦に集中するスパーズ指揮官「この試合は負けたらそこで終わり」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督は、バーンリー戦への集中を強調した。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは27日、カラバオカップ(EFLカップ)4回戦でバーンリーと対戦する。控えメンバー中心で臨んだ21日のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)第3節のフィテッセ戦で0-1と敗れると、24日に行われたプレミアリーグ第9節のウェストハム戦も0-1で落とし、公式戦連敗となったスパーズ。週末に控えるマンチェスター・ユナイテッド戦を前に、ここでしっかりと勝利を挙げて勢いを付けたいところだ。 試合を前に、ヌーノ監督はこの一戦も、厳しい展開になるだろうと予想。ビッグマッチを前にしても、目の前の相手に集中するべきだと強調した。 「バーンリーは良いチームなので、予想通りタフな試合になると思うが、EFLカップが我々にとって重要な大会であることを考えれば、チームが改善するための良い機会だと思う」 「我々は1試合1試合をこなしていかなければならず、そしてこの試合は負けたらそこで終わりだ。試合内容を改善し、いくつかの状況に対処しなければならないということを知っている。しかし、良い試合をするためのチャンスでもある」 「我々には出場時間が必要な選手、出場時間を与えるのに値する選手がいるが、競争力のあるチームを作ることが我々の目的であり、選手の状況を管理するのは我々次第だ」 「明日の試合だけに集中する。我々はタフな相手と対戦することになるからだ。彼らの特徴はわかっている。フィジカルとセットプレーが強く、攻撃的だ」 「しかし、同時に我々の試合内容も向上を見せている思う。ポゼッションもダイナミック性もはるかに良くなっているが、それはシーズン中でしか改善できない点だ。だからこそ、試合中に改善し、自分たちが望んでいること、準備していることを実行して、それをピッチで実践することが非常に重要だ」 2021.10.27 18:02 Wed
twitterfacebook
thumb

マトリックス風! スパーズ撃破の立役者、ウェストハムFWのゴールパフォーマンスが話題

ウェストハムのジャマイカ代表FWマイケル・アントニオが映画の主人公を模したゴールパフォーマンスを見せた。 ウェストハムは24日、プレミアリーグ第9節でトッテナムをホームに迎えた。7位のウェストハムと5位のトッテナム、1ポイント差で迎えたロンドン・ダービーはハマーズのエースが大仕事を成し遂げる。 ウェストハムはゴールレスで迎えた72分に左CKを得ると、DFアーロン・クレスウェルのクロスにアントニオ。ニアを抜けたボールを右足のワンタッチで流し込み、待望の先制点をもたらした。 ゴールを決めたストライカーはコーナーフラッグに向かって走り、セレブレーションを披露。倒れそうになるまで体を後方にそらすアクション、これはキアヌ・リーブス演じる映画『マトリックス』の主人公“ネオ”を模したパフォーマンスだった。 前節のエバートン戦でも相手との競り合いの際に同じような姿勢になっていたアントニオは、自身のインスタグラムにその時の写真を投稿していた。自身のアルファベットをもじった“MichailAntoNeo”のキャプションが添えられた一枚には「あなたのハムストリングが大好き」、「俺たちのストライカー」などの好意的な声が寄せられていた。 これが決勝点となり、ウェストハムは4位に浮上。今シーズン6ゴール目で得点ランキングでも単独3位となったアントニオの勢いは、まだまだ止まりそうにない。 <span class="paragraph-title">【動画】マトリックス風、アントニオのゴールパフォーマンス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It just had to be him... <a href="https://t.co/h8k3L6wRZ3">pic.twitter.com/h8k3L6wRZ3</a></p>&mdash; West Ham United (@WestHam) <a href="https://twitter.com/WestHam/status/1452379369687719936?ref_src=twsrc%5Etfw">October 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.25 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェストハムに敗れたスパーズ、指揮官は課題を実感「チャンスはあったが…」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、ウェストハム戦で浮き彫りの課題を挙げた。クラブ公式サイトが伝えている。 24日に行われたプレミアリーグ第9節でウェストハムと対戦したトッテナム。前半から試合のペースを握り、FWハリー・ケインや、FWソン・フンミンがゴールに迫るも、先制点を挙げることはできない。 すると、72分には左CKのチャンスから相手FWマイケル・アントニオにゴールを許し、1点のビハインドに。0-1のまま逃げ切られ、アウェイの地でリーグ3戦ぶりの黒星となる今季4敗目を喫した。 試合後、ヌーノ監督は無得点に終わった一戦を振り返り、アタッキングサードでの正確性を課題に挙げた。 「前半にチャンスはあったが、これをもっと正確に決めなければならない。試合全体をコントロールできていたが、セットプレーの一瞬、集中力を欠いたかもしれない。その後は、最後まで自分たちにふさわしい形のゴールを目指していた」 「しかし、正直なところ、我々はゲーム全体をコントロールしていた。改善すべき点は、アタッキングサードでのアグレッシブさ、ラストパスの正確さだが、それは実現可能だろう」 また、敗戦後のドレッシングルームの雰囲気については「皆、ファンと同じようにがっかりしている。このような試合に負けるのはいつもつらい」とコメント。失望感を隠さなかった。 2021.10.25 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ハマーズがエースFWアントニオのゴールでダービー制す! 敗れたスパーズは今季4敗目…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第9節、ウェストハムvsトッテナムが24日にロンドン・スタジアムで行われ、ホームのウェストハムが1-0で勝利した。   7位のウェストハムと5位のトッテナムによる、1ポイント差で迎えるロンドン・ダービー。   開幕3連勝から3連敗、そこからの2連勝と出入りの激しい序盤戦を過ごすトッテナム。3連勝を目指す今節は難敵ウェストハムとの敵地でのダービーに臨んだ。ミッドウィークに行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で先発全員を入れ替えてフィテッセに0-1で敗戦した中、ヌーノ監督はロンドンに残したニューカッスル戦のスタメン全員を起用。1トップにケイン、2列目に右からルーカス・モウラ、エンドンベレ、ソン・フンミンが入った。   一方、前節エバートンとの接戦をモノにしたウェストハムはトッテナムと異なり、ヨーロッパリーグ(EL)のヘンク戦ではライス、ソウチェクといった一部主力と控えメンバーの混合布陣で3-0の快勝。その試合からアントニオやズマ、ベンラーマ、フォルナルスらが復帰した。   立ち上がりから長いボールが飛び交い、落ち着かない状況が続く中、こういった戦いをより得意とするウェストハムが先に決定機を作る。8分、右サイドでボーエンが右足で上げたクロスをファーでフリーのフォルナルスが右足のジャンピングボレーで合わすが、枠の左下隅を捉えたシュートはGKロリスが冷静にはじき出す。   以降はトッテナムがボールを保持し始めるが、自陣で堅固なブロックを敷く相手の守備をなかなか揺さぶり切れず。対してウェストハムはボールを奪う位置こそ低いものの、アントニオら攻撃陣の機動力を生かしたロングカウンターでチャンスを窺う。19分にはアントニオの突破から落としを受けたフォルナルスがミドルシュートを放つ。   直後にトッテナムもケインのミドルスルーパスからソン・フンミンとルーカスがボックス内に侵入し、ルーカスが反転シュートを放って惜しいベマンを作り出すと、24分にはロメロの見事な潰しからの縦パスでカウンターを仕掛け、エンドンベレのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがボックス右に持ち込んで右足を振るが、これはやや力なくGKファビアンスキのセーブに遭う。   前半半ばから終盤にかけても睨み合いが続く。互いの守備陣、攻撃陣が見ごたえのあるマッチアップを繰り広げる中、要所で相手の守備をかいくぐっては際どいシーンまで持ち込む。前半終了間際の44分にはルーカスの中央突破を起点に左サイド深くでレギロンが上げた浮き球のクロスを、ファーで完全に競り勝ったケインが渾身のヘディングシュート。だが、これはGKファビアンスキの好守に遭い、試合はゴールレスのままハーフタイムを迎えた。   後半も互いにアグレッシブな入りを見せた中、トッテナムは50分に決定機。エンドンベレ、ルーカスで中央の密集をこじ開けて左サイド深くに走り込むレギロンに繋ぐ。この折り返しにスキップが3列目からの動き出しで飛び込むが、クロスがややマイナスに入り過ぎて合わせ切れない。   時間の経過と共に両者の疲労が出始めたことで、コンパクトネスを保てず、大きく局面が変わる場面が増えていく。だが、互いに得意とするカウンターを繰り出していくが、最後の精度を欠きゴールが遠い。   71分にはボックス手前でレギロンからボールを奪ったフォルナルスが右足を振ってGKロリスを脅かすと、ウェストハムがこのプレーで得たセットプレーからゴールをこじ開ける。72分、左CKの場面でクレスウェルが左足アウトスウィングで上げたボールがニアを抜けると、ゴール前で良いポジションを取ったアントニオが右足のワンタッチでニア下に流し込んだ。   一瞬の隙を突かれて先制を許したトッテナムはここからリスクを冒して前に出る。全体を大きく押し上げて相手陣内でハーフコートゲームを展開していくが、割り切って自陣深くでブロックを組むホームチームの守備に苦戦。84分にはレギロンとエンドンベレを下げてブライアン・ヒル、ロ・チェルソと左利きのアタッカー2人をピッチへ送り出す。   一方、逃げ切り態勢に入るウェストハムはベンラーマとボーエンの2列目の選手を下げてランシーニ、試合最終盤にはセンターバックのドーソンを投入して専守防衛の構えを見せた。   結局、試合はこのままホームチームが狙い通りに逃げ切りに成功し、ロンドン・ダービーを制してリーグ連勝を飾った。一方、トッテナムはリーグ3戦ぶりとなる今季4敗目を喫し、次節はマンチェスター・ユナイテッドとのビッグマッチに臨むことになった。 2021.10.24 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

デレ・アリ、今度のお相手は"チェルシー・ガール"か、人気TV番組出演のカナダ人モデルとの熱愛が報じられる

トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリ(25)に新たな熱愛報道が浮上した。 2016年からモデルのルビー・メイさんと交際していたデレ・アリは、今年2月に破局を迎えて"フリー"の身に。だが、5月にはマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の娘であるマリア(20)さんとの関係が報じられていた。ロンドンのバーでキスしている瞬間を激写された一方で、マリアさんは「ただの友達」だと語っているとも伝えられていた。 そのデレ・アリの新たな交際相手として報じられているのが、モデルのニコール・ベリー(24)さんだ。 指を絡ませ、彼女が頭をデレ・アリの肩に乗せている姿をイギリス『サン』が報じており、ロンドンの『Sexy Fish』というレストランで、チェルシーのベン・チルウェル(24)らとダブルデートをしていたとのこと。ただ、この報道後、ベリーさんは一歩引いてしまったとも伝えられている。 カナダ・トロント出身のベリーさんはイギリスの人気リアリティTV番組『Made In Chelsea』の最新シリーズに出演。同番組のファンに、サッカー選手と交際していると思われたくないようだと述べている情報筋もあり、モデルのキャリアを軌道に乗せるため、交際よりもテレビへの露出に重きを置いているようだ。 9月26日のプレミアリーグ第6節、アーセナル戦で前半のみでピッチを去って以降、リーグ戦ではベンチを温め続けているデレ・アリ。新たな恋人候補の出現は吉兆をもたらすだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】デレ・アリとの交際が報じられたニコール・ベリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CDw1ueQBP6n/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CDw1ueQBP6n/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CDw1ueQBP6n/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Nicole(@nicoleindiaberry)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.10.23 21:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly