スパーズが敵地でレンヌ相手に辛くもドロー…ベルフワイン&ルーカス負傷でチェルシー戦に暗雲…《ECL》

2021.09.17 03:43 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは16日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループG第1節でスタッド・レンヌとのアウェイゲームに臨み、2-2のドローで試合を終えた。

パソス・デ・フェレイラとのプレーオフを逆転で制したトッテナム。ローマと共に初代王者の筆頭候補に挙がるイングランドの強豪は、その初戦でフランスの強豪レンヌと対戦した。

プレミアリーグでは開幕3連勝を飾るも、直近のクリスタル・パレス戦では0-3の完敗を喫した。今週末にチェルシーとのダービーを控える中、バウンスバックを図るヌーノ率いるチームは、タンガンガとスキップ、ケイン、ルーカス・モウラを除く先発7人を変更。今季初出場のエンドンベレやブライアン・ヒル、負傷明けのベルフワインがスタメンに名を連ねた。

立ち上がりからボールの主導権を握るトッテナムは早い時間帯にゴールをこじ開ける。11分、ハーフウェイライン付近の右サイドでエンドンベレがDFに囲まれながらもヒールパスで局面を打開。サポートに入ったスキップからケインとダイレクトパスが繋がり、ルーカスが完璧に背後へ抜け出す。そのままボックス右に持ち込んだルーカスがグラウンダーの折り返しを狙うと、DFベードが出した足に当たって大きくコースが変わったボールがそのままゴールネットを揺らした。

相手のオウンゴールで幸先よく先制に成功したトッテナムは、以降も果敢に2点目を狙う。その一方で、19分にはブリジョーの強烈なミドルシュート、GKゴッリーニが弾いたこぼれに詰めたテリエのヘディングシュートと続けて際どい場面を作られる。

すると、23分には自陣ボックス手前でルーズボールを奪われてギラシーとのパス交換からタイに見事な右足のミドルシュートをゴール右下隅へ突き刺され、同点に追いつかれた。

さらに、相手の勢いに晒される中で30分にはベルフワインが左足を痛めてプレー続行不可能となり、ホイビュルクをスクランブル投入。この交代でブライアン・ヒルが左インサイドハーフから左ウイングにポジションを上げた。

その後、前半終盤にかけてようやく盛り返したトッテナムは、41分にボックス手前まで侵攻したケインがブライアン・ヒルをオトリにボックス右から右足の強烈なシュートを放つが、これはGK正面を突く。

先制に成功も以降は守勢の中で前半を終えたトッテナムは、後半序盤にエンドンベレが良い形でゴール前に抜け出す決定機を作るが、ここは相手GKの勇敢な飛び出しに遭う。

すると、直後には相手のアフターチャージを受けて左足を痛めたルーカスがプレー続行不可能となり、54分にケインと共にベンチへ下がり、替わってエメルソンとスカーレットが同時投入された。

この交代で3トップがエメルソン、スカーレット、ブライアン・ヒルという急造ユニットとなったトッテナムは、何とかイーブンの展開を維持するものの、なかなか攻撃がうまくいかない。70分には良い形でゴール前まで運んで最後はホイビュルクが強烈なボレーシュートを放つが、これはGK正面を突く。

すると、直後の72分には左サイドからカットインしたスレマナのミドルシュートをGKゴッリーニが前に弾いたこぼれ球をラボルドにワンタッチで流し込まれ、逆転を許す。

それでも、反発力を見せるアウェイチームは76分、右サイドからドハーティが低い弾道の高速クロスを入れると、スライディングでのブロックを試みたタイに当たったボールがゴール前のスペースにこぼれる。これをホイビュルクが絶妙な左足のワンタッチでゴール左隅に流し込み、すぐさまスコアをタイに戻した。

その後、79分にエンドンベレを下げてデレ・アリを投入したトッテナムは、最後まで勝ち点3を目指して戦ったものの、レンヌが最後まで高い強度でのプレーを継続したこともあり、試合はこのまま2-2でタイムアップ。

公式戦連敗こそ逃れたものの、振るわないパフォーマンスにベルフワイン、ルーカスと前線に新たな負傷者を出してしまい、週末のチェルシー戦に不安を残す形となった。

スタッド・レンヌ 2-2 トッテナム
【レンヌ】
タイ(23分)
ラボルド(72分)
【トッテナム】
オウンゴール(11分)
ホイビュルク(76分)

関連ニュース
thumb

スパーズ戦で昏倒したニューカッスルファンの家族が実名で感謝の思い伝える! 現在は自力歩行可能なほど回復

先日のトッテナム戦のスタンドで昏倒し、緊急搬送されたニューカッスルサポーターの家族が現在の健康状態を明かした。 17日にセント・ジェームズ・パークで行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスルとトッテナムの一戦。新オーナーによる買収が完了し、新体制ので初陣を迎えたニューカッスルは多くのファン・サポーターがスタンドに駆けつけ、新オーナーもスタンドでチームを応援した。 そういった中、試合開始40分過ぎにはトッテナムDFセルヒオ・レギロンが何かに気が付きアンドレ・マリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。さらに、同DFエリック・ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示するなど、迅速な対応を見せていた。 その後、同サポーターは周囲の観客やスチュワード、現場に居合わせた医師、クラブのメディカルスタッフによるCPR(心肺蘇生法)やAED使用による応急処置によって一命を取り止め、容態が安定したことが確認され次第、ニューカッスル市中心部のロイヤル・ヴィクトリア・インファーマリー(RVC)に緊急搬送されていた。 そして、現在はより専門的な治療を受けるため、地元にあるフリーマン病院に転院し、治療を続けている。 今回、ニューカッスルは同サポーター本人、その家族からの申し出を受け、アラン・ジョージ・スミス氏(80)という実名を明かすと共に、現時点での健康状態に関する説明及び、救護や励ましのメッセージを送ってくれた多くの人々への感謝の思いを綴った声明を転載した。 スミス氏の息子であるポール氏は以下のような声明を伝えている。 「アランの経過は順調で、現在は完全に覚醒状態にあり、自分で起きて歩いています。さらなる検査が行われるまでの数日間は、病院に滞在する予定です」 「父と私たち家族は、当時一緒にいて、父の状態を周囲に知らせてくれた友人、ドン・ウィリアムソンに感謝しています」 「また、心肺蘇生を行った医師や看護師、ノースイースト・アンビュランス・サービスの救急隊員、セント・ジョンズ・アンビュランス、現場にいたファンやスチュワード、そしてRVIやフリーマン病院の医療スタッフにも感謝し、敬意を表したいと思っています。私たちは永遠に感謝します」 「また、ソーシャルメディアでアランの無事を祈ってくださった方々、ニューカッスル・ユナイテッドとトッテナム・ホットスパーのプレーヤーやスタッフ、とりわけ個人的にメッセージを送ってくださったジャマール・ラッセルズにも感謝の気持ちを伝えたいと思います。それはアランにとって非常に意味のあることでした」 「父は一刻も早くセント・ジェームズ・パークに戻れることを楽しみにしています」 <span class="paragraph-title">【画像】アランさんの家族が感謝の思い綴る</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> The family of Alan George Smith, the fan who required urgent medical care at St. James&#39; Park on Sunday, have released a statement updating supporters on his condition.<br><br>He is now fully alert and is up &amp; walking about but remains in hospital while further tests are carried out.</p>&mdash; Newcastle United FC (@NUFC) <a href="https://twitter.com/NUFC/status/1450817211799592966?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.10.20 23:49 Wed
twitterfacebook
thumb

韓国代表FWソン・フンミンが、昏倒したファンを心配「彼が無事であることを願っている」

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが、試合中に倒れた男性を改めて心配した。 17日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスルvsトッテナムの一戦。立ち上がりから攻め立てるトッテナムは、タンギ・エンドンベレ、ハリー・ケインの2ゴールでリードを広げる。 しかし迎えた40分、東側スタンドのファンが大きくざわつくことに。ファンの1人が心臓発作により昏倒。心停止の状態となっていた。 ざわつくスタンドの状況に気が付いたDFセルヒオ・レギロンがアンドレ・マリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。さらに、DFエリック・ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示するなど、迅速な対応を見せていた。 スタンドで試合を観戦していた医師たち、そしてニューカッスルのメディカルスタッフらが駆け付けた結果、男性は一命を取り留め、状態は安定しているようだ。なお、試合は2-3でトッテナムが勝利した。 多くの選手らも心配した中、この試合で決勝ゴールを決めたソン・フンミンが自身のインスタグラムを更新。改めて、健康であることの重要性を語った。 「昨日、僕たちが目にしたことを最初に言わせてもらえば、体調が悪い人にとっては、サッカーは重要ではないということだ」 「僕たちは皆、彼が無事であることを願っている。早く元気になり、素晴らしいチームワークを見せて欲しい!」 「いつものような素晴らしいサポートをありがとう!」 <span class="paragraph-title">【写真】ソン・フンミンが倒れた男性へメッセージ</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CVKSKlXqXZ1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CVKSKlXqXZ1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CVKSKlXqXZ1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Son HeungMin(손흥민) 2021.10.19 10:11 Tue
twitterfacebook
thumb

スタンドで昏倒したファンの命を助けた医師が回想…一般の方にも有事の際の対応呼びかけ「胸骨圧迫とCPRをすぐに」

試合中にファンの男性がスタンドで昏倒し、試合が一時中断したニューカッスルvsトッテナムの一戦。その現場に立ち会った医師が一部始終を語った。イギリス『BBC』が報じた。 事故は17日に行われたプレミアリーグ第8節のニューカッスルvsトッテナムの一戦。新オーナーが買収し、初陣を迎えたニューカッスルは多くのファン・サポーターがスタンドに駆けつけ、新オーナーもスタンドでチームを応援した。 熱気に包まれたスタジアムだったが、事件は40分に訪れる。トッテナムのセルヒオ・レギロンが何かに気が付きアンドレ・マリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。DFエリック・ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示するなど、迅速な対応を見せていた。 この年配の男性サポーターはその後病院に運ばれて一命を取り留めたが、救護に当たったノースティーズ大学病院で働くトム・プリチャード医師が現場の状況を明かした。 「それはとても素早く起きていた。私はガロウゲート・エンドに座っていたが、何が起きているのかが分かった。ファンがスチュワードと救護隊を呼び、誰かにCPR(心肺蘇生)をしている女性がいた」 「A&E(救急医療)の医師として、私は自分が何か手伝えないかと思い、手を差し伸べに行った」 「セントジョーンズは、かなり素早くCPRをを引き継ぎ、私の別の友人も助けに来た」 「我々は除細動器を通して男性にショックを与えた。そして彼はとても幸運だった。なぜなら、集中治療医がすぐに到着し、心臓専門医が到着し、我々は彼を蘇生することができたからだ」 レギロンの気が付きや、ダイアーがAED(除細動器)を素早く準備したこともあり、一命を取り留めた男性。プリチャードさんは、救護に集中しており、試合が中断していたことも気がついていなかったとのこと。しかし、その行動は、多くのサポーターから称賛の拍手を浴びることとなった。 「私はオーバードライブに入り、純粋に手元にある問題に集中した。席に戻った時、試合が止まっていたことに気がついた。まだ前半だったんだ」 「私だけではない。別の医師の友人が私を助けてくれた。セントジョーンズは素晴らしく、ニューカッスルのクラブドクターが助けてくれた。私だけではなかった」 「ただ、私が席に戻り、1万人のファンが私に「ヒーロー」と歌った時、それは人生で最高の瞬間の1つになった」 医師としては当然の行動かもしれないが、とっさの判断で動けるのさすが。そのぷリチャードさんは、何かが起きた時のために、一般の人にも応急処置を学んでもらいたいとした。 「早期のCPR、早期の胸骨圧迫、早期の除細動の重要性を強調したい」 「それがこの男性の命を救った。だから、一般の人が誰かにこのようなことが起きた場合、胸骨圧迫とCPRをすぐに行う必要がある」 <span class="paragraph-title">【動画】男性の命を救い、ファンから盛大な拍手が送られるプリチャードさん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">One of our very own Dr Prichard, north tees A&amp;E reg saving a life at the Newcastle game today <a href="https://twitter.com/NTeesHpoolNHSFT?ref_src=twsrc%5Etfw">@NTeesHpoolNHSFT</a> <a href="https://t.co/EfDQKiWmTV">pic.twitter.com/EfDQKiWmTV</a></p>&mdash; Emma J Francis (@Jayne88475330) <a href="https://twitter.com/Jayne88475330/status/1449847832345817088?ref_src=twsrc%5Etfw">October 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.18 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「何かがおかしいと思った」選手が気が付き主審に試合中断を要請…話題のニューカッスル初陣でファンが心停止のアクシデント

チーム買収後、初陣となったニューカッスル。トッテナムをホームに迎えたメモリアルな試合となったが、事件が起きていた。 セント・ジェームズ・パークで行われた一戦。トッテナムが17分にタンギ・エンドンベレ、22分にハリー・ケインのゴールで2点を先行する。 しかし40分、東側スタンドのファンが大きくざわつくことに。ファンの1人が心臓発作により昏倒していた。 ざわつくスタンドの状況に気が付いたDFセルヒオ・レギロンがアンドレ・マリナー主審に状況を伝えると、緊急事態を把握した主審が試合の一時中断を決断。選手たちはピッチを後にすることとなった。 さらに、DFエリック・ダイアーはベンチサイドに走って行き運営スタッフに対して、AEDを持っていくことを指示するなど、迅速な対応を見せていた。 ニューカッスルはクラブを通じてファンについての声明を発表。男性は病院に運ばれ、容態は安定しているという。 「警報を発するなど、迅速な行動に対してファンに感謝します。即時の心臓マッサージを行った人々を称賛するとともに、事件の近くにある除細動器を使用し、緊急の治療を行った医療専門家に感謝しています」 「ニューカッスル・ユナイテッドのクラブドクターであるポール・キャターソン氏もこの事件に加わり、追加の除細動器でサポートしました」 「皆さんの健康を祈ります。そして、1日も早い回復を心よりお祈り申し上げます」 この件でいち早く異変に気がついたレギロンはイギリス『BBC』で、その状況を語った。 「ファンが手を振っているのを見て、男性が横になっているのを見た。何かがおかしいと思った。僕は男性を見て、試合を止めた。今は全てOKで、100%幸せだと思っている」 「とても奇妙だった。ドレッシングルームに行き、男性が横たわっているのを見ていた。そういうのは見るのは好きじゃないし、緊張していたよ」 ニューカッスルのFWカラム・ウィルソンも、当時の状況について説明している。 「観客が素晴らしく、みんなが知らせてくれた。ファンが口笛を吹き、叫んだりしているのが聞こえてきて、彼が心肺蘇生を受けているのをハッキリとみた。どれほど深刻なのかを理解した」 「彼がそのような状態になっているのを見て、不安になった。1日も早く回復することを祈っている」 トッテナムのケインも試合後のインタビューに応じ、ファンの無事を祈っていた。 「まずスタンドにいた人にお大事にと伝えたい。見ていて気持ちも良いものではなかった」 「今は安定しているかもしれないと聞いている。メディカルチームや心肺蘇生を行っていたファンに感謝する」 「彼が無事であることを祈り、トッテナムの全ての選手が、彼の幸せを祈っている」 なお、この件についてはトッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督もコメント。助けるために動いたレギロンとダイアーの行動を評価した。 「エリック(・ダイアー)と、レギロンは気付くことができたし、レフェリーの判断も正しかった。人の命より大切なものはない。ファンが安定しているというニュースが、今日の一番の収穫だ」 <span class="paragraph-title">【動画】スタンドの異変を主審に伝えるレギロン&AEDを取りに行くダイアー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Huge respect to Sergio Reguilón and Eric Dier for their quick and decisive actions at St James&#39; Park today <a href="https://t.co/z2fNW3wwn2">pic.twitter.com/z2fNW3wwn2</a></p>&mdash; Soccer AM (@SoccerAM) <a href="https://twitter.com/SoccerAM/status/1449799996598112263?ref_src=twsrc%5Etfw">October 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.18 11:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルに競り勝ったスパーズ、指揮官はパフォーマンスを称賛「ニューカッスルに何もさせなかった」

トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、ニューカッスル戦で見せた選手たちの勇気ある行動を称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 トッテナムは17日、プレミアリーグ第8節でニューカッスルと対戦。2分に先制点を許し、早々にリードを奪われるも、17分にMFタンギ・エンドンベレのゴールで同点に追いつくと、22分にはFWハリー・ケインが待望の今季プレミアリーグ初得点を決め、逆転に成功した。前半アディショナルタイムにはFWソン・フンミンが3点目を挙げ、2点にリードを広げると、後半は大きなチャンスを作らせず。89分にDFエリック・ダイアーのオウンゴールで1点を献上するも、アウェイの地で3-2と競り勝った。 試合後、ヌーノ監督は「良い感じだったが、スタートはあまり上手くいかなかった。ポゼッションがあまりできず、ニューカッスルに雰囲気を利用されてしまった」と、開始早々の失点で出鼻を挫かれたことを認めつつも、その後のパフォーマンスを称賛した。 「我々はしっかりとリアクションができていたし、悪い点を改善できた。我々はとても上手くプレーをしたし、本当に素晴らしいサッカーを見せることができた」 「前半のチャンスや、崩し方、後半のポゼッション、ボールを持っていない状態でのハードワーク、ニューカッスルに何もさせなかった。残念ながら、最後は何もなかったところから失点を許してしまったが、ゲームをコントロールする方法や、仕事ぶりは本当に良かったと思う」 2021.10.18 11:07 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly