再生回数約700万回!無人のゴールへ流し込むだけなのにボールを踏んで決定機逸「プスカシュ賞もの」

2021.09.17 05:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
なかなかお目に掛かれないスーパーゴールもあれば、外す方が難しいようなミスある。再び脚光を浴びているのはベルギー、ジュピラー・プロ・リーグ2020-21シーズンの第5節、メヘレンvsオーステンデの一戦での一コマだ。両チームゴールレスで迎えて67分にそれは起きた。

クロスに対応したDFのキックが中途半端なクリアとなり、ゴール前に大きく浮きあがる。これを処理しようと飛び出したGKだが、パンチングはヒットし損ね、自身も相手選手との交錯で転倒。ゴールはがら空きの状態となる。

両チームの選手がボックス左でのこぼれ球に反応すると、攻撃側の選手が先に触り、ループ気味のシュートが無人のゴールへ。これはバーに阻まれるも、唯一詰めていたU-21ベルギー代表MFアステル・ブランクスが胸コントロールして流し込む。

かに思えたが、ブランクスはキックの瞬間に球を踏んでしまい、バランスを崩して尻もちをついてしまう。しかも、シュートになり損ねたボールは無常にもポストに。最後は慌ててカバーに入った守備陣に対応された。

頭を抱え、手で顔を覆ってうなだれるブランクス。動画の閲覧者からは「ミスを完遂」、「プスカシュ賞もの」、「トーレスやヴェルナー以上だわ」などのコメントが。多くの人の目を惹いたこの動画は、再生回数700万回に到達しようとしている。

試合も終了間際にオーステンデにゴールを許し、敗れたメヘレン。現在はヴォルフスブルクでプレーするブランクスだが、当時17歳の彼にとっても忘れない記憶となっているだろう。

1 2

関連ニュース
thumb

ベルギー期待の至宝・オナナ獲得でウェストハムがリールと合意か…移籍金は約54.4億円

ウェストハムがリールのベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(20)の獲得でクラブ間合意したという。イギリス『BBC』が伝えた。 オナナはセネガルにルーツを持ち、ズルテ・ワレヘム、ホッフェンハイムの下部組織で育ち、2020年7月にハンブルガーSVへと完全移籍。2021年8月にリールへと完全移籍していた。 期待の若き才能は、昨シーズンのリーグ・アンで31試合に出場し1ゴールを記録。チャンピオンズリーグでも8試合に出場していた。 その才能は代表チームにも認められ、6月にベルギー代表デビュー。将来有望な若手として期待を集めている。 『BBC』によれば、ウェストハムはアドオンを含む最大4000万ユーロ(約54億4000万円)でクラブ間合意に至ったと報道。一方で、オナナ本人との合意には至っていないという。 中盤を補強したいウェストハムの最優先事項と見られている一方で、バーンリーのコートジボワール代表FWマクスウェル・コルネ(25)にも関心を寄せているという。 2022.08.04 14:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランの悲願、デ・ケテラエル獲得がとうとう目前に! 30日にもミラノ入りか

ミランがクラブ・ブルージュのベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(21)獲得を決定的なものとしたようだ。 ミランにとって今夏最大のターゲットの一人だったデ・ケテラエル。首脳陣らが長きにわたってクラブ間交渉を重ねてきたが、世界中のミラニスタが待ちわびた日が目前に迫ってきた。 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、ミランは3200万ユーロ(約43億6000万円)に、アドオン300万ユーロ(約4億円)を含めた金額でクラブ・ブルージュと合意。あとは細部を詰めるだけとなったようで、選手も29日午前、チーム練習から離脱したことが確認された。 デ・ケテラエルは30日にもミラノ入りする可能性があり、到着後はメディカルチェックを受診し、2027年までの5年契約を結ぶ流れ。年棒は220万ユーロ(約2億9000万円)とみられている。 2022.07.29 21:01 Fri
twitterfacebook
thumb

スタッド・レンヌが注目株のベルギー代表DFテアテをボローニャから完全移籍で獲得、4年契約

スタッド・レンヌは29日、ボローニャのベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年6月までの4年間になる。 テアテはヘンクのユースからスタンダール・リエージュへと完全移籍。再びヘンクの下部組織へと戻ると、スタンダールの下部組織へと移籍し、2020年7月にオーステンデへ完全移籍した。 オーステンデでは公式戦40試合に出場し5ゴールを記録。すると、2021年8月にボローニャへとレンタル移籍。今年7月に完全移籍していたが、レンヌへと完全移籍となった。 ボローニャでは公式戦31試合で2ゴール1アシストを記録していた。 またベルギー代表としても3試合に出場。今夏はミランなどが獲得を目指していたが、レンヌへの移籍となった。 なお、移籍金は2000万ユーロ(約27億7000万円)、アドオン200万ユーロ(約2億7000万円)でクラブ間合意したとのこと。ボローニャは600万ユーロ(約8億1500万円)でオーステンデから獲得したばかりだった。 2022.07.29 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルがナポリ退団メルテンスを狙う? A・サンチェスの去就が鍵に

ナポリを退団したベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)に対し、インテルが獲得に本腰を入れる可能性があるようだ。 先日にナポリ退団が発表されたメルテンス。9シーズンにわたって在籍し、公式戦出場は通算397試合。クラブ史上最多の148ゴールと90アシストを記録し、点取り屋としてはもちろん、チャンスメイクにも秀でた希代のストライカーとして長らく活躍した。 先月30日に満了を迎えた契約を巡っては、しばらく更新に向けて話し合いが行われていたが、給与面の折り合いがつかず破断。23日にアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がメルテンスの退団を明言していた。 フリーとなったメルテンスに対し、すでに母国のロイヤル・アントワープや、恩師マウリツィオ・サッリ監督が率いるラツィオからの関心が伝えられているが、イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、インテルもその1つだという。 インテルは2020年夏にもメルテンスに接近。当時のアントニオ・コンテ監督も加入を熱望していたが、選手は最終的にナポリとの契約延長を選択した。そして、今夏はシモーネ・インザーギ監督が獲得を要求。メルテンスは35歳の大ベテランとなったが、インテルの首脳陣らも真剣に検討中とみられている。 しかし、ネックになるのが、チリ代表FWアレクシス・サンチェスの存在だという。首脳陣らはサンチェスに対して契約解除を求めているものの、現在までに同意を得られず。財政難に苦しむインテルだけに、新たな選手を加えるには、まず放出が前提となるようだ。 2022.07.25 14:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランがデ・ケテラエル獲得に近づく! 約49億円の再オファーでクラブ・ブルージュと合意目前か

ミランがクラブ・ブルージュのベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(21)獲得に限りなく近づいているようだ。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。 デ・ケテラエルはミランが今夏のトップターゲットに位置づける万能型アタッカー。21歳にしてベルギー・ジュピラー・プロリーグ最高の選手の1人として認識されており、2021-22シーズンはリーグ戦33試合の出場で14得点7アシストを記録したほか、チャンピオンズリーグ(CL)でも6試合に出場していた。 ミランは当初、移籍金3000万ユーロ(41億9000万円)のオファーを提示も、クラブ・ブルージュ側が却下。リーズ・ユナイテッドがミランを上回る金額でデ・ケテラエル獲得に攻勢をかけていたが、どうやら選手本人が熱望するイタリア行きで決着する見通しとなった模様だ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、クラブ・ブルージュは17日にヘントとのベルギー・スーパーカップを控えているものの、この一戦がデ・ケテラエルにとってベルギーでの最後の試合になると指摘している。 ミランは翌18日に3500万ユーロ(約48億8000万円)まで増額した再オファーを提示するとのことで、この金額であればクラブ・ブルージュも納得するものと考えられている。 また、ミランはすでにデ・ケテラエル本人と個人間合意まで達しており、両者は5年契約を締結し、選手は現在の100万ユーロ(約1億3000万円)から2倍以上となる200~250万ユーロ(約2億8000~3億4000万円)の年棒を手にするとみられている。 2022.07.17 20:52 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly