伊東純也のスーパーゴールがベルギーリーグの月間最優秀ゴールに選出!

2021.09.15 07:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘンクに所属する日本代表MFの伊東純也のゴールがジュピラー・プロ・リーグの8月の最優秀ゴールに選出された。

伊東は8月14日にホームで行われた第4節のルーヴェン戦に右ウイングで先発出場。2-0で迎えた77分に、味方との連続したワンツーでバイタルエリア中央を崩しにかかり、右サイドから中に絞っていった伊東は、テオ・ボンゴンダがヒールで落としたボールに左足ダイレクト。これがゴール左に決まり、見事な連携からゴールを奪い、4-0の大勝に貢献した。

ベルギー『HLN』で本人も「恐らく僕にとってヘンクでのベストゴールです。いい攻撃でしたし、ゴールできてよかったです」と語っていたが、ジュピラー・プロ・リーグの公式ツイッターが「このチームゴールが今シーズン最初のbwin月間最優秀ゴールです」と8月の最優秀ゴールに選出した。

ベルギーでの4シーズン目を迎えている伊東は、今シーズンここまで公式戦9試合に出場して1ゴール1アシスト。リーグでは6試合で1ゴールの数字を残している。



1 2
関連ニュース
thumb

EL3連勝で首位キープのウェストハム、モイーズ監督も称賛 「プレーを見ていて、とても楽しかった」

ウェストハムのデイビッド・モイーズ監督がヨーロッパリーグ(EL)での好調を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 ウェストハムは21日に行われたELグループH第3節でヘンクと対戦。ここまで連勝中のチームは、この日も前半終了間際にDFクレイグ・ドーソンのゴールで先制に成功する。後半にも2ゴールを追加したチームは最後まで相手の反撃を許さず、3-0で勝利した。 これで3連勝を飾り、決勝トーナメント進出に大きく前進。試合後のインタビューに応じたモイーズ監督は喜びを露わにし、優れたパフォーマンスを発揮する選手たちを称えている。 「試合を見て、選手たちのプレーを見て、とても楽しかったね。全体的なパフォーマンスと結果に、私はワクワクしているよ。我々は良い仕事をしており、選手たちもまた自分が良い仕事をしていると理解している。すべての選手が本当に良くやってくれた」 「選手たちはヨーロッパリーグの試合を楽しんでいると思う。我々は試合に臨む際、大人しくしているつもりはない。プレミアリーグと違い対戦する選手やチームについて詳しく知っているわけではなく、審判がどんな反応するかもわからない。すべてが新鮮だ。ただ、選手たちはそれを受け入れている」 また、モイーズ監督は突破の可能性について言及。まだ何も決まっていないとしつつ、ここまでの結果に満足感を示した。 「これからアウェイでヘンクやラピド・ウィーンと戦わなければならず、何事も当然起こるとは思っていない。それでも、3試合を終えて勝ち点9を得たことは我々にとって素晴らしいよ」 「前にも言ったが、我々はできることならクリスマスの後にも欧州カップ戦でプレーがしたい。グループステージを勝ち抜けば、さらに次のラウンドに進むことができ、より良い結果になるだろう。今のポジションには満足しており、この状態が続くことを祈っている」 2021.10.22 11:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘンクにトドメ刺したウェストハムFWボーエン「パーフェクトな欧州の夜に」

ウェストハムのイングランド人FWジャロッド・ボーエンが満足感を示した。 ヨーロッパリーグ(EL)グループHに入り、2戦2勝で首位に立つウェストハム。21日に行われた第3節で日本代表MF伊東純也を擁するヘンクをホームに迎え撃ち、3-0と快勝した。 2点リードの59分にボックス右から鋭い左足フィニッシュでダメ押しの3点目を記録したボーエンは試合後、『UEFA.com』でチームの勝利とともに、欧州での初ゴールを喜んだ。 「パーフェクトな欧州の夜になったね。1stチャンスでキックをミスしてしまったんだけど、それから枠にシュートを飛ばして、欧州での初ゴールを決めることができた。興奮したよ」 また、チームの1点目と2点目を精度の高いキックでアシストした左サイドバックの元イングランド代表DFアーロン・クレスウェルについても触れ、賛辞を送っている。 「今夜のセンターバックたちはセットプレーを生かしたね。彼が2つのボールを適切なエリアに入れてくれたおかげで、彼らもうまく攻撃できた。欧州での戦いになると、セットプレーが大事だ」 そして、残り3試合に向けてもコメント。グループ突破という目標をそのままに無敗で駆け抜けていきたいと続けた。 「一戦一戦が大切だ。どの相手にも敬意を払っているが、自分たちのクオリティもわかっている。3試合で3勝しているけど、あと3試合ある。このまま無敗でいきたいね。それがチーム全体の焦点だ」 2021.10.22 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

鎌田の今季初ゴールなどでオリンピアコスを下したフランクフルトがグループ首位に浮上!《EL》

フランクフルトは21日、ヨーロッパリーグ(EL)グループD第3節でオリンピアコスと対戦し3-1で勝利した。フランクフルトの長谷部誠はフル出場、鎌田大地もフル出場し59分に今季初ゴールを記録している。 フランクフルトのチャンスは13分、ボレの右クロスからボックス中央の鎌田がフリーでヘディングシュートを放ったが、これはゴール左。さらに23分には、左CKをボレが頭で合わせたが、シュートは相手GKのファインセーブに防がれた。 攻勢を続けるフランクフルトは25分、鎌田のパスをボックス内で受けたボレがシセに倒されPKを獲得。このPKをボレが確実にゴール左へ決め、先制に成功した。 しかし、フランクフルトは直後にセットプレーからピンチを迎える。29分、右サイドで与えたFKからヨルゴス・マスラスにクロスを入れられると、ボールがボックス内で競り合ったヤキッチの手に当たり、PKを献上。これをエル・アラビに決められ、試合は振り出しに戻った。 このまま前半終了かと思われたが、フランクフルトは左CKの二次攻撃から勝ち越しに成功する。48分、左CKをヒンテレッガーが頭で合わせるとこれがクロバーを直撃。こぼれ球をパシエンシアが繋ぐと、ボックス左横で再びボールを受けたパシエンシアのクロスをボックス内のボレがワンタッチではたき、最後はボックス右深くに駆け上がったソウの折り返しからA・トゥーレがゴールに押し込んだ。 勝ち越しに成功し後半を迎えたフランクフルトは、後半も先にスコアを動かす。59分、パシエンシアがペナルティアーク手前からミドルシュートを放つと、GKヴァツリークの弾いたこぼれ球を拾った鎌田が、相手GKを冷静にかわしてゴールへ流し込んだ。 その後もオリンピアコスを圧倒したフランクフルトだったが、追加点を奪うことはできず。鎌田の今季初ゴールなどで勝利したフランクフルトが、グループDの首位に立っている。 また、伊東純也の所属するヘンクはグループH第3節でウェストハムと対戦し0-3で敗戦した。伊東は83分までプレーしている。 前節のディナモ・ザグレブ戦を0-3で完敗したヘンクは、伊東が[4-3-3]の右ウイングで先発となった。 EL連勝中のウェストハムに対し、ヘンクは9分にスルーパスで右サイドを抜け出した伊東の高速クロスをオヌアチュがすべり込みながら合わせると、跳ね返ったボールをボンゴンダがダイビングヘッドで叩き込んだが、オフサイドディレイによりゴールが認められず。 膠着状態が続く中、ヘンクは前半終了間際に失点する。46分、クレスウェルの左CKをドーソンが合わせるとふわりと浮いたボールをゴールライン手前のヘイネンがクリアしようとしたが、わずかに届かずそのままゴールに吸い込まれた。 1点のビハインドで後半を迎えたヘンクは、クエスタを下げてサディックを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。57分、ボックス左横で獲得したFKからクレスウェルがクロスを供給すると、ニアのディオプがヘディングシュートを叩き込んだ。 さらにヘンクは、直後の59分にもボーエンにゴールネットを揺らされて3失点目。そのまま0-3で完敗したヘンクは、EL連敗でグループ最下位に沈んでいる。 その他、ケガで三好康児を欠いたアントワープはアウェイでフェネルバフチェと対戦し2-2でドロー。同じくケガで堂安律を欠いたPSVはモナコを相手に1-2で敗戦。北川航也の所属するラピド・ウィーンはホームでディナモ・ザグレブと対戦し2-1で勝利している。 2021.10.22 06:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェストハムとのELに臨むMF伊東純也が意気込み「エネルギーは十分残っている」

ヘンクの日本代表MF伊東純也が、ヨーロッパリーグ(EL)第3節のウェストハム戦に向けた記者会見に出席した。ベルギー『Het Belang van Limburg』が伝えた。 今シーズンはELに出場しているヘンク。初戦のラピド・ウィーン戦は0-1で勝利したものの、2戦目のディナモ・ザグレブ戦は0-3で完敗。1勝1敗でウェストハム戦を迎える。 アウェイゲームで連勝中のウェストハムと対戦するヘンクだが、ロンドン・スタジアムで行われた試合前の記者会見に伊東が出席。プレミアリーグのクラブとの対戦は力になると語った。 「このようなトップクラスの試合は、僕にさらなる活力を与えてくれますし、ベストを尽くして勝負したいと思います」 「子供の頃はマンチェスター・ユナイテッドの試合をよく観ていましたが、今そのような環境で試合ができるというのは素晴らしいことです」 「僕たちはチームとして、自分たちのクオリティをしっかりと信じてやりたいと思います」 伊東は10月の日本代表の活動に参加しており、長距離移動を経て先週末のリーグ戦にも出場。移動を伴う連戦を戦っている。 しかし、その連戦は問題ないとコメント。十分に体力もあるとした。 「苦しいのは僕だけではないです。ちょっと疲れてはいますが、安心してください。まだまだエネルギーは十分残っています」 2021.10.21 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

伊東純也がヘンクと2024年までの新契約にサイン!「僕はここが好き」

ヘンクは18日、日本代表MF伊東純也(28)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。現行の契約から1年更新した格好だ。 2015年にヴァンフォーレ甲府でプロキャリアをスタートさせた伊東は、2016年に柏レイソル入りすると、2019年2月にヘンクへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。 2018-19シーズンは半年間で公式戦14試合3ゴール2アシストの活躍をみせ、ジュピラー・プロ・リーグ優勝に貢献すると、翌シーズンには主力としての地位を確立。クラブも2020年3月に買い取りオプションを行使し2023年までの契約を結んでいた。 右サイドの絶対的なレギュラーに君臨する伊東は、ヘンクでこれまで公式戦110試合に出場し22ゴール33アシストを記録。今季も第4節のルーヴェン戦でゴールを記録するなど、ここまでジュピラー・プロ・リーグ11試合に出場し1ゴール4アシストをマークしている。 新契約にサインした伊東は、クラブ公式『YouTube』チャンネルで「僕はここが好きです」と笑顔でコメントしている。 <span class="paragraph-title">【動画】「私は寿司が好きです」と伊東純也の自己紹介映像が公開</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="spPkg8C6das";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.10.18 23:05 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly