サラーが歴代5番目の早さでプレミア100ゴールに到達! アフリカ人最多得点更新も間近

2021.09.13 13:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーがプレミアリーグ通算100ゴールに到達した。史上30人目の快挙だ。

12日に行われた第4節のリーズ・ユナイテッド戦で先発出場したサラー。20分にボックス右まで攻め上がってきたDFトレント・アレクサンダー=アーノルドの折り返しを合わせて先制ゴールを記録し、3-0の快勝の口火を切っていた。

これで3ゴール目とし、今季も量産体制を築きつつあるサラーだが、このゴールでプレミアリーグ通算100ゴールに到達。要した試合は162試合で、5番目に早い記録となった。

サラーのプレミアリーグ初ゴールは、チェルシー在籍中だった2014年3月のアーセナル戦でのこと。チームが6-0と大勝した中で、6ゴール目を奪って記念すべき初ゴールを挙げた。

だが、チェルシーでは出場機会に恵まれず、フィオレンティーナやローマ移籍を挟み、2017年夏のリバプール加入で、プレミアリーグ復帰。ここからサラーはゴールマシンと化す。

リバプール加入初年度にいきなり32ゴールを叩き出しゴールデンブーツを受賞すると、2018-19シーズンも22ゴールでサラーを含む3選手並んでの得点王に。2019-20シーズンは19ゴール、昨シーズンは22ゴールと安定してネットを揺らし続け、前述のリーズ戦で100ゴールを達成。初ゴールから2732日後のことだった。

アフリカ人選手では元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバに次ぐ2人目の快挙。また、アラン・シアラー(124試合)、ハリー・ケイン(141試合)、セルヒオ・アグエロ(147試合)、ティエリ・アンリ(160試合)に続く5番目の早さとなった。

なお、通算ゴール数ではドログバと4ゴール差となっており、アフリカ出身選手として歴代最多得点記録を更新するのは時間の問題となっている。


関連ニュース
thumb

リバプールDFが“クライフターン”でイブラヒモビッチとケシエを翻弄!予想外のテクニックにクロップ監督も「本当に馬鹿げている」

リバプールのイングランド人DFナサニエル・フィリップスが、ディフェンダーらしからぬクールなテクニックで反響を呼んだ。 リバプールの下部組織出身のフィリップは、センターバックにケガ人が相次いだ昨シーズンに台頭。今シーズンは出場機会が減少しているものの、貴重な戦力の1人だ。 7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)最終節のミラン戦では、すでにグループステージ首位通過を決めていることもあり、リバプールは大幅にメンバーを変更。フィリップスも今シーズンのCL初先発を飾り、ミランのFWズラタン・イブラヒモビッチとマッチアップした。 ミランに先制を許しながらも、リバプールが逆転して迎えた68分、ミランはイブラヒモビッチのポストプレーからチャンスを演出。しかし、MFラデ・クルニッチには繋がらず、こぼれ球がボックス内のフィリップスの元へ収まる。 奪われれば高い確率で失点という状況だったが、フィリップスはここでまさかのクライフターンを選択。完全にバックパスだと思ったイブラヒモビッチとMFフランク・ケシエを翻弄し、勢い余ったケシエは思い切り転倒していた。 ピンチを脱するだけでなく、前を向いてフリーでボールを持ったフィリップスには、「お見事」、「誰も予想できなかった!」、「イブラを翻弄してる」、「今日の主演だ」とファンからも絶賛の言葉が寄せられている。 イギリス『HITC』によると、試合後にこのプレーについて問われたユルゲン・クロップ監督も「彼は優れた試合をした。本当に馬鹿げているよ」と称賛していた。 <span class="paragraph-title">【動画】相手選手2人を翻弄する予想外の“クライフターン”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Nat Phillips owns the San Siro<a href="https://t.co/7qE7XRXRAd">pic.twitter.com/7qE7XRXRAd</a></p>&mdash; The Anfield Wrap (@TheAnfieldWrap) <a href="https://twitter.com/TheAnfieldWrap/status/1468334115753799690?ref_src=twsrc%5Etfw">December 7, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.08 20:55 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールで猛アピールのオリジをOBたちが称賛「クラブの歴史に残るだろう」

リバプールのベルギー代表FWディボク・オリジを、元イングランド代表のOBたちが称賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今夏には移籍が有力視されていたオリジだが、結局チームに残留すると徐々に存在感をアピール。プレミアリーグ第11節のウェストハム戦で今季リーグ戦初ゴールを決めたオリジは、4日に行われた第15節ウォルバーハンプトン戦で途中投入されると、試合終了間際に劇的決勝弾を記録。首位争いを続けるチームに、貴重な勝ち点3をもたらした。 さらに、7日に行われたCLグループB最終節のミラン戦では先発出場で逆転弾をマークしており、プレミアリーグのクラブにとって初となるCLグループステージ全勝に大きく貢献している。 猛アピールを続けるオリジに対しては、イギリス『BTスポーツ』に出演していたリバプールOBのピーター・クラウチ氏も称賛。今夏に残留した判断は間違っていなかったと語った。 「オリジはサン・シーロで再び最高のパフォーマンスを見せてくれたね。素晴らしいヘディングだった。首の筋肉、力強さ、そして角度を考えると、本当に素晴らしいよ。彼の状況で、集中力を保つのは難しかっただろう。中堅クラブに移籍することもできたと思うが、今はこうしてリバプールで、最大の舞台でプレーしている」 同じく『BTスポーツ』に出演していた元マンチェスター・ユナイテッドのリオ・ファーディナンド氏もオリジを称えており、こうしたタイプの選手はチームでも人気が出るものだと自身の経験を踏まえたうえで明かしている。 「オリジは一度失敗しても気を落とさず、また続けていくね。私はチチャリートやスールシャールと一緒にプレーしたことがあるが、選手たちは彼らのような選手を愛するんだ。ベンチから出てきて、インパクトを与える人物が求められているからね」 「私はリバプールの選手たちがオリジを高く評価していることを知っている。彼には決断力があり、すぐ試合の流れをつかむことができるのだ。アンフィールドの外に銅像を建てようという声も大きくなるだろうね」 また、リバプールは1月にアフリカ・ネーションズカップ(AFCON)が開催されることで、FWモハメド・サラーとFWサディオ・マネの離脱が確定しており、前線の層が薄くなることが懸念されている。しかし、リバプールOBのマイケル・オーウェン氏はオリジがいれば乗り越えられると主張。補強は必要ないという見方を示している。 「オリジは大きなゴールを決めており、リバプールの歴史に残るだろうね。彼は4人の主力FW(サラー、マネ、ジョタ、フィルミノ)には及ばないが、インパクトのある選手であればそれは必ずしも重要ではない。彼はAFCONの間にもチャンスがあるだろうね。活躍は無視できないものだ」 「オリジはクロップの心をつかんでいる。AFCONの間に、誰かを買う必要はないだろう。バルセロナ戦のゴールを思い出して欲しい、彼は本能的に優れたフィニッシャーなんだ。多くの人がサラーとマネを失うことを恐れるが、ジョタ、フィルミノ、オリジがいるのだから、リバプールが数試合のために誰かを獲得することはないと思う」 2021.12.08 17:52 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールがプレミア勢初のCLグループステージ6連勝、史上9チームのみの偉業

リバプールがチャンピオンズリーグ(CL)に名を残す偉業を成し遂げた。 7日、CLグループB最終節でミランと対戦したリバプール。日本代表MF南野拓実を先発起用させるなど、すでにグループステージ突破を決めていたため、主力の一部を休ませた。 その試合では、先制を許すもののモハメド・サラー、ディボク・オリジのゴールで逆転。リバプールが1-2で勝利を収め、グループステージ6連勝を収めた。 今大会では、グループCに入っていたアヤックスも6連勝でグループステージを終了。2チームが全勝となり、8日にはバイエルンにも6連勝の可能性が残されている。 リバプールはCL史上7チームしか達成していないグループステージ6連勝を達成。また、プレミアリーグのチームとしては初めてのグループステージ6連勝と、偉業を成し遂げることとなった。 最初に達成したのは1992-93シーズンのミラン。マルコ・ファン・バステンらを擁しての達成となった。 続いて1994-95シーズンのパリ・サンジェルマン(PSG)が達成。ジョージ・ウェアらの活躍で、バイエルンと同居したグループで全勝を達成した。 その後もバルセロナやレアル・マドリーなどが達成。しかし、優勝したのは、2019-20シーズンのバイエルンのみとなっている。 ◆グループステージ全勝チーム(CL以降) 1992-93 ミラン/11得点1失点 グループ:ヨーテボリ、ポルト、PSV 最終結果:準優勝 1994-95 パリ・サンジェルマン/12得点3失点 グループ:バイエルン、スパルタク・モスクワ、ディナモ・キエフ 最終結果:ベスト4 1995-96 スパルタク・モスクワ/15得点4失点 グループ:レギア・ワルシャワ、ローゼンボリ、ブラックバーン 最終結果:ベスト8 2002-03 バルセロナ/13得点4失点 グループ:ロコモティフ・モスクワ、クラブ・ブルージュ、ガラタサライ 最終結果:ベスト8 2011-12 レアル・マドリー/19得点2失点 グループ:リヨン、アヤックス、ディナモ・ザグレブ 最終結果:ベスト4 2014-15 レアル・マドリー/16得点2失点 グループ:バーゼル、リバプール、ルドゴレツ 最終結果:ベスト4 2019-20 バイエルン/24得点5失点 グループ:トッテナム、オリンピアコス、ツルヴェナ・ズヴェズダ 最終結果:優勝 2021-22 アヤックス/20得点5失点 グループ:スポルティング・リスボン、ドルトムント、ベシクタシュ 2021-22 リバプール/17得点6失点 グループ:アトレティコ・マドリー、ポルト、ミラン <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実も先発のミランvsリバプールハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iYSwpR0mDTA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.08 12:58 Wed
twitterfacebook
thumb

最下位でCL敗退のミラン…ELにも回れずピオリ監督も落胆「我々の対戦相手は強かった」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)敗退を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは7日にホームで行われたCLグループB最終節においてリバプールと対戦。勝てば決勝トーナメント進出の望みが出てくる一戦では、29分にCKからDFフィカヨ・トモリが得点を決めて幸先良く先制に成功するが、その7分後に失点すると後半にはミスもあり逆転を許す展開に。その後は多くのメンバーを入れ替えこの試合に臨んでいたリバプールを崩すことができず、1-2で敗れた。 この結果、ミランはグループステージ最下位に転落。CL決勝トーナメント進出が叶わなかっただけでなく、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることもできなかった。 試合後にピオリ監督は、この結果に落胆。CLでの戦いを振り返り、予想以上に厳しい戦いだったことを認めた。 「ヨーロッパのレベルは非常に高いと実感している。難しさについては理解していたが、残念ながら今夜の試合では素晴らしいリズムを出せず、技術的にもベストではなかった。ホームでのアトレティコ戦やポルト戦ではもっと何かがあってもおかしくなく、後悔はしている」 「ただ、こうした困難があるのは普通のことであり、ヨーロッパでの仕事の仕方や必要なクオリティを確認できたのは我々の成長にとって重要だ。残念な気持ちはあり、ヨーロッパに残りたかったが、これから学びさらに成長していきたい」 「我々の対戦相手は強かった。正直、ポルトは少し弱いかとも思っていたのだが、実際にはレベルが高く、この舞台に慣れていた。我々は最後までトライして、いくつかのチャンスをものにすることもできたと思う。このような経験は我々の助けになるはずだ。より強くなるため、ある種の経験を求めているからだ」 「今日は最初の失点まで良い位置につけていたと思う。それでも、我々は相手よりも準備する必要があり、2点目ではミスがあった。今日のサン・シーロのピッチは悪かったが、それは相手も同じだ。だから、言い訳を探しはやめよう」 「我々は多くの努力をしたが、自分たちのレベル、注意力、そしてクオリティをより向上させていきたい。我々はリバプールのレベルに達していないのだ。しかし、リバプールで勝利するまではクロップでさえ時間がかかっていたのだから、もっとうまくやり、皆で成長していきたいと思う」 2021.12.08 10:58 Wed
twitterfacebook
thumb

CLでプレミア勢初のGS全勝達成のリバプール、クロップ監督も絶賛「今夜の出来事は私にとって大きな誇り」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での好成績を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは7日に行われたCLグループB最終節でミランと対戦。すでにグループステージ首位通過を決めており、DFヴィルヒル・ファン・ダイクやDFトレント・アレクサンダー=アーノルド、MFジョーダン・ヘンダーソンら多くの主力をメンバーから外し臨んだ。 試合は、前半に先制を許したもののFWモハメド・サラーのゴールですぐさま同点に。後半に入るとFWディヴォク・オリジが公式戦2試合連続のゴールを決めて逆転に成功し、そのまま2-1で勝利した。 この結果、リバプールはプレミアリーグのクラブにとって初となるCLグループステージ全勝を達成。開幕前は“死の組”とも呼ばれていたグループで強さを見せつける形となった。 試合後にクロップ監督も、この結果に歓喜。チーム全体を称えつつ、この日先発出場した若手のMFタイラー・モートンについても言及している。 「正直なところ、フットボールにおいてあまりプライドを感じることはないが、今夜の出来事は私にとって大きな誇りだ。特別なパフォーマンスだった。6試合に勝ったからではなく、特にこの試合が良かった」 「監督にとって多くの選手を入れ替えることは簡単でも、選手たちは自信を持って自分の良さをアピールしなければならない。それでも今夜は、本当に素晴らしいプレーをたくさん見ることができた。全試合に勝ったという事実は本当に信じられないことだ。この素晴らしい選手たちの歴史に、新たな1ページを刻めたと思う」 「(モートンは)若くしてリバプールのようなクラブでプレーし、こうした試合で今日のようなパフォーマンスを見せてくれた。彼の人生をこれ以上複雑にすることは望まず、皆が落ち着くべきだとは思う。それでも彼のプレーを見られたのは大きな喜びであり、今夜見せたインテリジェンスは本当に並外れていた」 また、クロップ監督はこの日敗れたことでグループステージ最下位が決まったミランについてもコメント。現在は多くの負傷者を抱えているが優れたチームだと称賛し、今後飛躍を遂げるだろうと期待を寄せた。 「ミランがグループ最下位になるのは当然と思うかって? 私はミランのプロジェクトをとても気に入っている。若さと経験がうまくミックスされていて、メンバーが全員揃えば本当にいいチームだろう」 「今はケガの問題があり、それが皆を困難にしている。だが、このメンバーが揃っていれば今後数年で何が起こるか、とても興味深い。私はそれをとても楽しみにしている。それに、セリエAでの素晴らしい道のりを欧州カップ戦に邪魔されなくなったことで、彼らはリーグ戦に集中できるようになるかもしれない」 2021.12.08 10:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly