ローマが開幕3連勝! ファラオーネが後半AT劇的弾でモウリーニョ通算1000試合に638勝目をプレゼント《セリエA》

2021.09.13 05:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第3節、ローマvsサッスオーロが12日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。

ジョゼ・モウリーニョ新体制で公式戦4試合全勝と最高のスタートを切ったローマ。リーグ3連勝を目指すこの一戦では、昨季エンポリをセリエB優勝に導きデ・ゼルビの後任に抜擢されたディオニージ率いる新生サッスオーロと対戦した。

モウリーニョ監督は自身の監督キャリア通算1000試合目となるメモリアルマッチで、前節のサレルニターナ戦から先発1人を変更。カルレス・ペレスに替えて出場停止明けのザニオーロを右ウイングで起用した。

試合は立ち上がりから行ったり来たりの主導権争いが続く。互いに中盤からの長い持ち上がりで相手を背走させ、ボックス付近までボールを運ぶものの、攻撃を遅らされる場面が散見。そういった流れの中、13分にはボックス右で味方の落としを受けたベラルディが得意の左足のシュートを放って最初の決定機を作った。

以降はローマがボールを握って押し込む時間が続くも、要所でビルドアップのミスを奪ったり、セカンドボールの争いを制するサッスオーロがシンプルなカウンターからより相手ゴールに迫る。26分には最終ラインからの縦パスに抜け出したラスパドーリからボックス右でパスを受けたべラルディが利き足とは逆の右足のシュートでゴールネットを揺らしたが、これはラスパドーリの抜け出しのタイミングでオフサイドを取られた。

一方、全体的に重さと淡白なプレーが目立つローマは、守備時にボールホルダーへの寄せが甘く、再三背後を狙う相手のアタッカー陣へ簡単にスルーパスを通される悪循環に陥る。それでも、33分には右サイドで高い位置を取ったカルスドルプからのアーリークロスから決定機。エイブラハムがボックス内に抜け出してスライディングシュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れた。

この試合最初の決定機をモノにできなかったホームチームだが、直後に意表を突く形からしたたかにゴールを陥れる。37分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でペナルティアーク付近に人を集めてゴール前へのクロスを意識させる。だが、キッカーのペッレグリーニは意表を突いてボックス左のスペースへのグラウンダーのスルーパスを選択。これに完璧なタイミングで飛び出したクリスタンテがGKとの一対一の局面で冷静に左足のシュートを流し込んだ。

その後はサッスオーロの反撃に晒されるも、守護神パトリシオを中心に粘り強く守り、前半を1点リードで終えた。

迎えた後半、先に動いたのはサッスオーロ。ラスパドーリを下げてローマの下部組織出身で、今年5月には父親のローマ練習場襲撃が大きな話題となった長身FWスカマッカをハーフタイム明けに投入した。

すると、前線に屈強なターゲットマンが入ったことで、カウンター以外に遅攻の形からもチャンスを作れるようになったアウェイチームがキックオフ直後から分厚い攻めで押し込んでいく。

そして、57分にはボックス手前左でボールを収めたスカマッカが右サイドのベラルディに展開。ボックス内に侵入したベラルディがDFビーニャを巧みなターンでかわして右足のクロスを入れると、ゴール前に飛び込んだジュリチッチが何とか脛に当てたボールが絶妙なループシュートの形でGKパトリシオの頭上を越えて決まった。

劣勢の状況で耐え切れずにスコアをタイに戻されたローマだが、この失点が“気付け薬”となったか、ここから一気に攻撃のギアを上げていく。

失点直後にはムヒタリアンのスルーパスに抜け出したペッレグリーニがボックス右に持ち込んで枠を捉えたシュートを放つ。さらに、GKコンシーリにはじき出されたボールに詰めたエイブラハムが押し込みにかかるが、これは右ポストを叩く。続く62分にはエイブラハムのスルーパスに反応したペッレグリーニがボックス内でDF2枚をフェイントで外して右足を振るが、ここはDFキリケシュの身体を張ったブロックに阻まれる。

一方、同点以降は再びボールを握られる展開となったサッスオーロも、ボガの推進力を生かしたカウンターが機能。68分にはそのボガからボックス内でショートパスを受けたベラルディがGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはGKパトリシオにうまくコースを消されて逆転ゴールとはならず。

勝ち切りたいローマは70分を過ぎてムヒタリアン、ヴェレトゥ、ザニオーロを下げてエル・シャーラウィ、ショムロドフ、カルレス・ペレスとフレッシュなアタッカーを投入。この交代でペッレグリーニをボランチ、ショムロドフをセカンドトップに配置して前がかる。

その後、試合は中盤の間延びが顕著となり、カウンターを打ち合う非常にオープンな展開に。ローマはペッレグリーニ、ショムロドフ、サッスオーロはボガ、ハメド・トラオレに2点目を奪うチャンスが訪れるが、コンシーリとパトリシオの両守護神の再三のビッグセーブやポストに阻まれる。

このまま1-1のドローで試合終了かに思われたが、稀代のエンターテイナーの通算1000試合目は最後の最後までドラマティックだった。91分、自陣からのロングボールのこぼれ球をボックス左でショムロドフが収めて短く落とすと、これをエル・シャーラウィが得意の左45度の角度から右足を一閃。このシュートが右ポストの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれると、劇的ゴールに大興奮のモウリーニョ監督もゴール裏に集まる選手たちの元へ駆け寄った。

これでローマの劇的勝利と思われたが、直後の94分にはアイハンのロングボールをボックス右で収めたスカマッカに見事なボレーシュートを決められてしまう。だが、ここはオフサイドの判定に救われてオリンピコ全体が安堵のため息をついた。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、モウリーニョ監督のキャリア通算1000試合目を劇的な形で制したローマが、通算638個目(OptaPaoloのデータ)の白星をプレゼントすると共にセリエA開幕3連勝を飾った。

関連ニュース
thumb

恥ずかしい6失点惨敗のローマ、キャプテンはユニフォームが拒否られる屈辱

世界的な名将として知られるジョゼ・モウリーニョ監督。キャリア1008試合目にして、初の6失点という屈辱の敗戦を喫していた試合で、ローマのキャプテンも屈辱を味わっていた。 ローマは21日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)第3節でボデ/グリムトとアウェイで対戦した。 ノルウェーの地に乗り込んだローマ。極寒の地での試合に、モウリーニョ監督は控え選手中心で臨んだが、これが大失敗。まさかの6失点を喫し、屈辱的な惨敗を喫することとなった。 控え中心で臨んだ判断を悔やんだモウリーニョ監督だが、そんなチームを応援しようと約400名のローマサポーターがノルウェーの地を訪れていた。 試合後、惨敗を喫したローマの選手たちはスタンドのファンの下を訪れて謝罪することに。しかし、ティフォージ(ローマサポーターの愛称)たちは、無様な試合を見せられたことへの怒りが収まらない。 その中で、キャプテンであるロレンツォ・ペッレグリーニが自身のユニフォームを脱ぎ、スタンドへ投げ込もうとしていたが、なんとこの申し出をティフォージたちは拒否。「そんなものいらない」とばかりにみんなが手を横に振り、拒絶していた。 選手たちにはば声が浴びせかけられたが、それを受け入れざるを得ない敗戦。タミー・エイブラハムは一触触発状態となったが、スタッフが介入してなんとか止めたという。 24日にはホームでのセリエA第9節でナポリと対戦するローマ。屈辱を味あわせてしまったティフォージたちを納得させる結果を残すことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】そんなもの要らない! 6失点惨敗後、選手からのユニフォームをみんなで拒否!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Tammy Abraham, Lorenzo Pellegrini y otros jugadores fueron a pedir disculpas a los más de 400 aficionados que viajaron a Noruega para apoyar el equipo. Lorenzo se sacó su camiseta e intentó mandarla a la grada, los tifosi la rechazaron entre molestia por el resultado y dolor. <a href="https://t.co/R5XVAH2uLq">pic.twitter.com/R5XVAH2uLq</a></p>&mdash; Planeta Roma (@Planeta_Roma) <a href="https://twitter.com/Planeta_Roma/status/1451321289646518274?ref_src=twsrc%5Etfw">October 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.22 22:49 Fri
twitterfacebook
thumb

歴史的大敗となったローマ、エイブラハムがサポーターと衝突

先日のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で大敗を喫したローマだが、試合後にイングランド代表FWタミー・エイブラハムがサポーターと衝突を起こしていたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 21日に行われたECL第3節のボデ/グリムト戦。敵地ノルウェーに乗り込んだローマだったが、控え中心のメンバー構成に加え、気温氷点下というアウェイの洗礼を受け、6-1という大敗を喫した。 この2つの要因があったとはいえ、サポーターとしては看過できない敗戦。極寒の地に駆けつけた400名のサポーターは、試合後に謝罪する選手に対し口々に罵声を浴びせた。 その中であるサポーターが、この試合で途中出場だったエイブラハムに皮肉を込めて拍手を送るジェスチャーを見せた。これに同選手が激怒し、チームスタッフが止めに入る事態に。 ただ、その後両者は和解し、握手する姿が見られたという。 なお、百戦錬磨のジョゼ・モウリーニョ監督が6失点を喫するのはその長いキャリアの中で初めてのこと。58歳の通算1008試合目にして受けた屈辱に「責任は私にある」と、試合後にコメントしている。 2021.10.22 19:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ主将、6失点惨敗に「心配も、がっかりもしていない。ただ腹が立つ」

ローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが惨敗を恥じた。 ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループCで2連勝スタートを切ったローマ。21日に行われた第3節でFKボデ/グリムトのホームに乗り込んだ。 そんなノルウェーチームとの一戦では24日に本拠地で行われるセリエA第9節のナポリ戦を視野に入れ、控え中心で挑んだが、裏目に。守備が崩壊して、1-6と派手に敗れた。 主将ペッレグリーニも60分からピッチに入ったものの、チームはその後も3失点と守りが崩壊。試合後、イタリア『スカイ』で反省の言葉を口にした。 「僕から話せることなんて、ほとんどない。謝って、今まで以上に強くなって立ち直ることしかね。僕らはドレッシングルームで言うべきことを言い合った」 「学ぶために平手打ちされるのが必要なときもある。今日はそれをされてしかるべきだ。こうした辱めから学び、残りのシーズンでその姿勢を保たないとね」 「僕は憤っている。心配も、がっかりもしていない。ただ腹が立っている。明日からはより一層頑張る必要がある。勝たないといけない試合があるからだ」 2021.10.22 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ノルウェーの地で6失点大敗…モウリーニョ、“メインとサブの差”指摘も「私の責任」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が自戒の念を強めた。 ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループCで2連勝スタートのローマ。21日に行われた第3節でFKボデ/グリムトとのアウェイ戦に臨んだが、前半に2失点を喫すると、後半も守りが崩れ、1-6の大敗を喫した。 24日に本拠地で行われるセリエA第9節のナポリ戦を視野に入れ、控え中心のメンバーで挑んだが、それが裏目に出て、監督キャリア1008試合目で最多6失点の大敗ゲームに。首位の座もFKボデ/グリムトに明け渡した。 そんなポルトガル人指揮官は試合後、イタリア『スカイ』で普段のメインメンバーとサブメンバーの間に大きなクオリティの差があると述べ、自身の非を口にした。 「このメンバーで行くと決めたのは私なのだから、責任は私にある。いくつかの意図があり、頑張っている選手に機会を与え、寒い天候での人工芝を考慮してスカッドを入れ替えるため。多くの選手を休ませることにしたのだ。今夜の試合でよりクオリティを示したチームに負けた。単純明快だ」 「いつも同じメンバーで挑めるのなら、そうする。2つのグループの間にはクオリティで大きな差があり、リスクを伴うもの。私はこのチームの限界というものを認識しており、新たなことでもないが、もっと良いリアクションを期待した。繰り返しになるが、彼らを使ったのは私であり、私の責任だ」 「どんな負けもダメージがある。選手とは正直に話をした。外でも正直であるわけにいかないが、このチームに限界のあるのを隠したりしない。1つのチームに代表的な13選手がいるが、その他とはレベルが違う。ポジティブな面を言うと、これで少なくとも『なぜいつも同じメンバーなのか』と誰からも聞かれなくなることだ」 2021.10.22 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマが極寒ノルウェーでクラブ史に残る汚点…モウリーニョ初の1試合6失点の屈辱《ECL》

ローマは21日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループC第3節でノルウェーのボデ/グリムトとアウェイで対戦し、1-6で大敗した。 先週末のリーグ戦でユベントスに競り負けたローマ。今週末にリーグ首位ナポリとのデルビー・デル・ソーレを控える中、今節は控え中心の布陣でグループステージ3連勝を狙った。 モウリーニョ監督は守護神ルイ・パトリシオ、イバニェスを除く先発9人を変更。最終ラインは右からレイノルズ、イバニェス、クンブラ、カラフィオーリ。中盤はダルボエとディアワラの2セントラルに、2列目は右からカルレス・ペレス、ビジャール、エル・シャーラウィ。1トップにマジョラルが入った。 極寒の敵地でキックオフ直後から硬さが見受けられるローマはいきなりビハインドを背負う。8分、自陣左サイドを完全に崩され、ブルンスタードとのダイレクトのパス交換でゴール前に入ったボッタイムに右足のシュートを左隅へ決められた。 その後、カルレス・ペレスのドリブル突破を起点に反撃に転じるローマだが、16分には相手のカウンターにズルズルと背走させられてボックスないでの混戦からコンラドセンに決定的なシュートを許すが、ここはGKパトリシオの好守で難を逃れる。 だが、直後の20分にはペナルティアーク付近で完全にフリーにしたベリに見事な左足のミドルシュートをゴール左隅へ突き刺され、まさかの2失点目を喫する。 試合序盤から険しい表情を浮かべていたポルトガル人指揮官の表情がより険しくなる中、唯一輝きを放っていたC・ペレスが仕事を果たす。28分、自陣中央のディアワラからのロングフィードに反応したC・ペレスはボックス中央で巧みなファーストタッチで足元に収めると、すかさず左足のチップキックを流し込んだ。 このゴールをキッカケにようやく全体のエンジンがかかり始めたローマは、前線に良い形でボールが入り始めるが、試合勘やコンディションに問題を抱える一部選手がリズムを崩す場面が目立ち、前半の内に追いつくことはできなかった。 迎えた後半、モウリーニョ監督は低調なプレーに終始したマジョラル、ビジャール、ダルボエを諦めてショムロドフ、ムヒタリアン、クリスタンテと主力3人を投入。だが、ここから攻勢に出ようとした矢先の52分には再び左サイドを崩されてゴール前でフリーにしたボッタイムにこの試合2点目を決められた。 これを受け、60分過ぎには週末のナポリ戦を考えると、完全休養を与えたかったペッレグリーニとエイブラハムを同時投入し、ここから攻勢を強めていく。 この交代で試合の流れはローマに傾くかに思われたが、ここからローマの守備が完全に崩壊する。 まずは71分、背後へのスルーパスに対してDFカラフィオーリが完全に入れ替わられると、ゴール前に持ち込んだソルバッケンにチップキックを流し込まれる。さらに、78分にはカウンターシチュエーションからボッタイムにスルーパスを許すと、これに抜け出したペレグリーノ、80分には再び背後を取られてボッタイムにハットトリック達成となるゴールを続けて献上した。 わずか9分間の3失点で完全に詰んだローマは結局、主力を投入した後半に意地のゴールを奪うことも叶わず。ノルウェーの地でクラブ史に残る汚点となる1-6の惨敗を喫し、今季初の公式戦連敗となった。 なお、監督キャリア1008試合目で初の1試合6失点の屈辱を味わうことになったモウリーニョ監督は、次節のナポリ戦の結果次第で今後の去就が騒がしくなる可能性も出てきた。 ボデ/グリムト 6-1 ローマ 【ボデ/グリムト】 ボッタイム(8分) ベリ(20分) ボッタイム(52分) ソルバッケン(71分) ペレグリーノ(78分) ボッタイム(80分) 【ローマ】 カルレス・ペレス(28分) 2021.10.22 03:49 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly