奥川が今季初ゴールもビーレフェルトが今季初黒星…《ブンデスリーガ》

2021.09.13 04:31 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
奥川雅也の所属するビーレフェルトは12日、ブンデスリーガ第4節でボルシアMGと対戦し1-3で敗戦した。奥川は77分までプレー、47分に今季初ゴールを記録している。

開幕から3試合連続ドロー中のビーレフェルトが、2連敗中のボルシアMGのホームに乗り込んだ一戦。奥川は4試合連続のスタメン出場となった。

積極的な入りを見せたビーレフェルトは3分、奥川のパスをボックス左横で受けたハックがダイレクトクロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだヴィマーがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠を捉え切れない。

一進一退の時間が続く中、ボルシアMGがゴールネットを揺らす。20分、最終ラインにプレスをかけたJ・ホフマンがインターセプトからショートカウンターを仕掛けると、J・ホフマンのラストパスからプレアがゴールネットを揺らしたが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。

判定に助けられたビーレフェルトだったが、35分に失点を許す。バイタルエリア右でボールを受けたシュティンドルがミドルシュートを放つと、ラウルセンにディフレクトしたボールが絶妙なループシュートとなりゴールネットに吸い込まれた。

先制されたビーレフェルトは前半終了間際に決定機を迎える。47分、プリートルの縦パスに反応した奥川がDFの裏に抜け出すと、ボックス内まで持ち上がりシュート。一度目はGKゾマーに弾かれたが、跳ね返りを再び奥川が冷静にゴールに流し込んだ。ゴール直後はオフサイドと判定されたものの、VARの末にゴールが認められ、1-1で前半を終えた。

迎えた後半、ボルシアMGはJ・ホフマンを下げてヴォルフを投入。すると51分、敵陣左サイドでパスを受けたプレアがノイハウスとのワンツーでボックス左手前まで切り込みシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。

対するビーレフェルトは、61分にハックのミドルシュートの跳ね返りからシェプフがダイレクトシュート。62分には左CKからヴィマーがゴールに迫ったが、ともにシュートはGKゾマーの好守に防がれた。

膠着状態が続く中、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。69分、ザカリアのパスをボックス右横で受けたヘアマンがダイレクトクロスを上げるとボックス内のシュティンドルがヘディングシュートをゴール左に突き刺した。

勝ち越しに成功したボルシアMGは、直後の72分にもシュティンドルのパスで右サイドを抜け出したヘアマンの折り返しを中央で受けたザカリアがトラップでボックス内に侵入し、すべり込みながらシュート。これがゴール左に吸い込まれた。

2点差となったビーレフェルトは、77分に奥川とクロスを下げてクルーガーとセッラを投入したが、最後までGKゾマーの牙城を崩すことが出来ず。試合はそのまま1-3でタイムアップ。ビーレフェルトの今季初勝利はお預けに、ボルシアMGはホームで待望の今季初勝利となった。


関連ニュース
thumb

奥川vs鎌田&長谷部の日本人対決はビーレフェルトに軍配、5戦負けなし《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第20節、フランクフルトvsビーレフェルトが21日に行われ、0-2でビーレフェルトが勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は87分まで、DF長谷部誠は後半からプレー、ビーレフェルトのMF奥川雅也は83分までプレーしている。 8位フランクフルト(勝ち点28)は前節、鎌田の先制弾がありながらもアウグスブルクにドロー。そのフランクフルトは鎌田が[3-4-2-1]の2シャドーの一角でスタメンとなった。 一方、前節グロイター・フュルト戦で奥川が4戦連発弾を決めたものの、引き分けに終わった16位ビーレフェルト(勝ち点18)は奥川が[4-3-3]の左インサイドMFでスタートとなった。 開始5分、ボックス手前の奥川のスルーを起点に攻撃を展開したビーレフェルトは、セッラのパスのルーズボールをヴィマーが拾ってボックス左に侵入。シュートを決め切って先制した。 失点したフランクフルトが押し込む流れで推移した中、12分に鎌田がミドルシュートでオンターゲットを記録。さらに16分にはソウの浮き球パスに抜け出したリンドストロームがボックス内からシュートも枠を外してしまった。 すると27分、ビーレフェルトに追加点。ボックス右に侵入したヴィマーのラボーナでのお洒落なクロスをシェプフが胸で押し込んだ。 2点を追う展開となったフランクフルトは32、35分とボレが立て続けにゴールに迫るも、ビーレフェルト守護神オルテガの好守に阻まれ、ゴールを割ることができない。 40分にはスローインの流れから奥川がボレーシュートで牽制したビーレフェルトが2点のリードで前半を終えた。 後半からヒンテレッガーに代えて長谷部を3バックの中央に投入したフランクフルトが引き続き押し込む流れとなる中、61分にはローデに代えてストライカーのパシエンシアを投入。 しかし67分に奥川のお膳立てからボックス左のクルーガーが決定的なシュートを浴びせたビーレフェルトが牽制。さらに72分、ヴィマーがドリブルでボックス内に切れ込んで決定的なシュートを放った。 効果的に攻撃を仕掛けるビーレフェルトは80分、FKの流れからボックス右の奥川がボレーを放つもわずかに枠を捉えきれず。 それでも試合終了間際のボレの決定機を守護神オルテガが止めたビーレフェルトが2-0でシャットアウト勝利。5戦負けなしで好調を維持している。 2022.01.22 06:42 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第20節プレビュー】金曜に4戦連発ゴールの奥川が鎌田&長谷部のフランクフルトと対戦

前節はバイエルンが勝利を取り戻し、2位ドルトムントがフライブルクとの上位対決を制したことから両チームの6ポイント差に変動はなかった。そしてビーレフェルトのMF奥川が圧巻の4戦連発ゴールを挙げている。迎える第20節、その奥川が金曜にMF鎌田&DF長谷部のフランクフルトと対戦する。 前節グロイター・フュルト戦で先制弾を決めた奥川。16位に沈むチームは最終的に最下位相手に2-2の引き分けに追いつく形となったが、奥川自体は絶好調をキープ。長谷部の守るフランクフルト守備陣を切り裂いて5戦連発弾となるか。 対する8位フランクフルト(勝ち点28)は前節、鎌田の先制弾がありながらもこちらもドロー。押し込みながらも勝ちきれなかった内容だったが、新年初勝利を手にできるか。鎌田と長谷部は引き続き先発予想となっている。 ブンデス通算300ゴールを記録した、FWレヴァンドフスキのハットトリックの活躍でケルンを退けたバイエルン(勝ち点46)は、13位ヘルタ・ベルリン(勝ち点22)とのアウェイ戦に臨む。善戦してきたケルンに対し、さすがの強さを見せつけたバイエルン。コロナ感染から主力が続々と復帰し、ヘルタ戦はほぼベストな状態に。連勝でドルトムントとの勝ち点差を維持したい。 フライブルクとの上位対決をDFムニエとFWハーランドのドッペルパックで5発圧勝とした2位ドルトムント(勝ち点40)は、4位ホッフェンハイム(勝ち点31)との上位対決に挑む。火曜に行われたDFBポカールでは2部のザンクト・パウリ相手に敗れて敗退となってしまったドルトムント。切り替えて2戦連続となる上位対決を制し、バイエルンにプレッシャーをかけられるか。 前節ライプツィヒにシャットアウト負けし、4戦ゴールのない17位シュツットガルト(勝ち点18)は、6位フライブルク(勝ち点30)とのアウェイ戦に臨む。ライプツィヒ戦では早々にPKを与え、そのまま敗れ去ったシュツットガルト。チームは降格圏に沈んでしまったが、持ちこたえることはできるか。遠藤と伊藤は引き続きスタメン予想となっている。 2戦連続スタメンの機会を得た11位ボーフム(勝ち点23)のFW浅野は、9位ケルン(勝ち点28)とのホーム戦に臨む。前節マインツ戦ではPK失敗も響いて0-1で敗戦したボーフム。浅野はPK獲得に繋がるラストパスを出すなど一定の存在感を示したが、後半半ばに交代となってしまった。ケルン戦はベンチスタート予想となっているが、3試合連続スタメンとなるか。 MF原口が前節ベンチスタートとなった中、ホッフェンハイムに勝利した5位ウニオン・ベルリン(勝ち点31)は、12位ボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。スタメン復帰予想となっている原口だが、DFBポカールも敗退し、不調が続く相手に勝利となるか。 ◆ブンデスリーガ第20節 ▽1/21(金) 《28:30》 フランクフルトvsビーレフェルト ▽1/22(土) 《23:30》 グロイター・フュルトvsマインツ ホッフェンハイムvsドルトムント フライブルクvsシュツットガルト ボルシアMGvsウニオン・ベルリン レバークーゼンvsアウグスブルク 《26:30》 ボーフムvsケルン ▽1/23(日) 《23:30》 ライプツィヒvsヴォルフスブルク 《25:30》 ヘルタ・ベルリンvsバイエルン 2022.01.21 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「全盛期の香川真司みたいなゴール」奥川雅也の4戦連発となる絶妙ドリブル弾に高まる代表招集への期待「2列目でみてみたい」

アルミニア・ビーレフェルトのMF奥川雅也が絶好調だ。 ビーレフェルトは16日、ブンデスリーガ第19節でグロイター・フュルトとホームで対戦。前節のフライブルク戦で今季6ゴール目を決めた奥川は[4-2-3-1]の左MFで先発となった。 最下位相手に、ビーレフェルトは序盤から押し込むと開始8分に奥川が魅せる。ボックス手前右でパスを受けると、狭いところからボックス内へ侵入。スピードに乗ったまま右足を振り抜き、ゴール左へ蹴り込んで先制した。 奥川はこれで4戦連発。あっさりと決めてしまったゴールには、ファンも「覚醒してるなー」、「タッチが絶妙です!」と絶賛したほか、「全盛期の香川真司みたいなゴール」とドルトムントで活躍したMF香川真司の名前を引き合いに出す声や「代表に呼んでくれ」、「代表の2列目でみてみたい」と日本代表招集を望む声もあがっている。 16位のビーレフェルトでリーグ7ゴールと気を吐く奥川。2021年には初招集を受けたものの同僚が新型コロナウイルスに感染していたことで見送りとなったなか、再びの招集を待望する声が高まっている。 なお、試合はビーレフェルトがグロイター・フュルトに逆転を許す展開に。MFゴンサロ・カストロのゴールで同点に追い付いたものの、最下位相手に勝ち点1を得るにとどまっている。 <span class="paragraph-title">【動画】香川真司を彷彿とさせる奥川雅也のドリブル弾</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6u5_mEvThYc";var video_start = 9;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.01.17 21:05 Mon
twitterfacebook
thumb

奥川が4戦連発、ビーレフェルトは最下位グロイター・フュルトにドロー《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは16日、ブンデスリーガ第19節でグロイター・フュルトをホームに迎え、2-2で引き分けた。ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場している。 前節フライブルク戦を2-2で引き分けた17位ビーレフェルト(勝ち点17)は、今季6ゴール目を豪快なミドルシュートで決めた奥川が[4-2-3-1]の左MFで先発となった。 最下位グロイター・フュルト(勝ち点6)に対し、押し込む入りとしたビーレフェルトは8分、ボックス手前右でパスを受けた奥川がボックス内へ侵入。スピードに乗ったまま右足を振り抜き、ゴール左へ蹴り込んで先制した。 奥川の4戦連発弾で試合を動かしたビーレフェルトは続く23分、奥川のクロスからヴィマーがヘディングシュートで牽制。さらに32分にはボックス左からクルーガーが際どいシュートを浴びせた。 しかし35分、一瞬の隙を突かれて同点とされる。ルウェリングに単騎突破を許してボックス内へ侵入され、そのままシュートを決められた。 迎えた後半、52分にティルマンの直接FKでゴールを脅かされたビーレフェルトはGKオルテガの好守で凌ぐも、67分に逆転される。サイド攻撃を受け、最後は直前に投入されていたニールセンにヘディングシュートを決められた。 その後も守勢が続いていたビーレフェルトだったが、83分にファインゴールで追いつく。ルーズボールをペナルティアーク中央のカストロが左足ボレーで一閃。パーフェクトなシュートがゴール左に突き刺さった。 このまま2-2で終了。奥川が4戦連発ゴールを決めたビーレフェルトだったが、最下位相手に勝ち点1を得るにとどまった。 2022.01.17 03:40 Mon
twitterfacebook
thumb

奥川雅也の今季6点目は強烈ミドル! 自身も振り返る「何度も練習した」

アルミニア・ビーレフェルトのMF奥川雅也が、自身の3試合連続ゴールを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 ビーレフェルトは8日、ブンデスリーガ第18節のフライブルク戦に先発フル出場を果たした。 2022年の初戦となったこの試合。フライブルクが6分と46分にゴールを決め、ビーレフェルトは2点ビハインドとなる。 それでも60分、2戦連発中の奥側がまたしても魅せる。味方のスローインを繋ぎ左サイドで形を作ると、ボックス左手前でヤンニ・セッラが受けて落とすと、奥川がボックス外から右足一閃。ゴール右に鋭いシュートが突き刺さり1点を返す。 ビーレフェルトは、87分に途中出場のブライアン・ラズミもゴールを決め、2-2のドローに終わった。 奥川は強烈なシュートで3試合連続、シーズン6ゴール目を記録したが、練習通りだったという。 「前半はシュートを打とうとしたときに、同じようなシーンがありました。このシーンはトレーニングで何度も練習していて、その位置からとにかく打とうと思いました」 「上手くいったことはとても嬉しいです」 一方で、2点ビハインドになった試合展開については、「立ち上がり、そして実際には前半全体を通して、僕たちは思い通りプレーできなかったです」と振り返り、「フライブルクにやられすぎました。ただ、2-0を2-2に変えたという事実は見てもらいたいです」と追い付けたことは評価した。 「(追いついたことは)もちろん嬉しいですが、先ほど言ったようにとてもタフな試合で、試合に入るのに時間がかかりました」 「僕たちは試合を少し反化させ、ボールを手に入れるために注意深くプレスし、そこからチャンスをつくりました。その変化は、僕たちが復活するキーになったと思います」 チームは現在17位。奥川の活躍とは裏腹に降格圏に位置している。残留圏との勝ち点差は近いだけに、脱することができるか注目だ。 <span class="paragraph-title">【動画】鮮やかな奥川の強烈ミドル炸裂! 今季6点目</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【ゴール速報】<a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%A5%A5%E5%B7%9D%E9%9B%85%E4%B9%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#奥川雅也</a> <br>奥川が豪快なシュートを突き刺す!これで奥川は3試合連続ゴール!!!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#フライブルク</a>×<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ビーレフェルト</a><br>LIVE配信中 <a href="https://t.co/DuHzicrOE7">https://t.co/DuHzicrOE7</a><a href="https://twitter.com/0414Neymarlove?ref_src=twsrc%5Etfw">@0414Neymarlove</a><a href="https://twitter.com/arminia?ref_src=twsrc%5Etfw">@arminia</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブンデスリーガ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%84%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%81%AF%E5%AB%8C%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#美しいサッカーは嫌いですか</a> <a href="https://t.co/l0z9C3jN1T">pic.twitter.com/l0z9C3jN1T</a></p>&mdash; ブンデスリーガ スポーツライブ+ powered by スカパー! (@skyperfectv) <a href="https://twitter.com/skyperfectv/status/1479847319613095936?ref_src=twsrc%5Etfw">January 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.09 21:20 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly