沼津に競り勝った福島が首位に肉薄! 今治は藤枝との打ち合い制し3勝目【明治安田J3第18節】

2021.09.12 17:58 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田J3第18節の4試合が、12日に各地で行われた。

4位の福島(勝ち点29)はホームで沼津(勝ち点18)と対戦。序盤からコンスタントにシュートを放ち攻勢に出るものの、相手GKの好セーブもあり、なかなかゴールをこじ開けられない福島。それでも前半アディショナルタイムの50分、左CKが右サイドに流れてもう一度クロスを上げ直すと、池高が頭で繫いだパスを樋口が頭で流し込んで先制点を挙げた。

後半に入ってその樋口やトカチが立て続けにシュートを放って追加点の雰囲気を漂わせていたが63分、自陣左サイドで相手にFKを与えると、守備を整える前にボックスへ配球を許し、渡邉にボレーシュートを決められてしまった。

油断した隙を突かれた福島。しかし68分、福島隼斗からボックス右へ針の穴を通すかのような見事なスルーパスが入ると、反応した雪江の折り返しが相手のオウンゴールを誘い再び勝ち越し。これが決勝点となり、暫定首位の富山と勝ち点で並ぶ2位に浮上した。

その他、5試合未勝利の最下位今治(勝ち点12)はホームに藤枝(勝ち点16)を迎え撃った。試合は21分に枝村のゴールで先制を許すものの、45分に前回の藤枝戦でもゴールを挙げていたバルデマールのゴールで同点に。

後半からは怒涛の点取り合戦となる。まずは60分の藤枝。右サイドから上がったクロスのこぼれ球を、ボックス左の温井が豪快に決めて再び勝ち越し。しかし、ここから今治の猛攻が始まる。

64分、途中出場の岡山が倒されて得たPKを玉城が決めて同点に。78分には、再び玉城がゴールを決めて初めて逆転に成功する。さらに83分には、GKからボールを奪った梁賢柱のゴールでリードを2点に。その直後に1点を返されるものの、最後までリードを守り抜き、合計7得点の打ち合いを制した。これで今季3勝目を挙げている。

◆第18節
▽9/12(日)
福島ユナイテッドFC 2-1 アスルクラロ沼津
カマタマーレ讃岐 0-1 ヴァンラーレ八戸
テゲバジャーロ宮崎 1-1 Y.S.C.C.横浜
FC今治 4-3 藤枝MYFC

▽9/11(土)
FC岐阜 0-3 ガイナーレ鳥取
カターレ富山 3-0 AC長野パルセイロ
鹿児島ユナイテッドFC 1-2 いわてグルージャ盛岡


関連ニュース
thumb

YS横浜が元香港代表MFアオ・チョンとの契約更新 「今シーズンもYSファミリーとして共に」

Y.S.C.C.横浜は16日、元香港代表MFアオ・チョン(32)との契約更新を発表した。 17キャップの香港代表歴を持つアオ・チョンは母国やポルトガル、中国でのプレーを経て、昨年4月にYS横浜入り。その昨季は出番なしに終わったが、今季もYS横浜でプレーすることが決まった。契約更新を受け、クラブを通じて、意気込みを語っている。 「2022年もY.S.C.C.と契約更新をいたしました。2021シーズンは途中加入でしたが温かく迎えていただきありがとうございました。今シーズンもYSファミリーとして共に闘い、日本のサッカー、言葉を学び、全身全霊でプレーをしてチームに貢献できるよう頑張りますので応援よろしくお願い致します。天道酬勤!」 2022.01.16 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島退団の岩崎知瑳、九州リーグのジェイリースFCに加入

鹿児島ユナイテッドFCは16日、GK岩崎知瑳(27)が九州サッカーリーグのジェイリースFCに加わると発表した。 岩崎は東福岡高校、福岡大学を経て、2017年に鹿児島入り。2019年から日本フットボールリーグ(JFL)のFCマルヤス岡崎に期限付き移籍して、2020年から鹿児島に復帰した。 だが、鹿児島では出番に恵まれず、昨季も出場なし。昨年12月に契約満了による退団が決定していた。 2022.01.16 13:25 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台MF中原彰吾が相模原に移籍 「また高木監督の下で闘える事を嬉しく思います」

SC相模原は16日、ベガルタ仙台からMF中原彰吾(27)の完全移籍加入を発表した。背番号は「30」を着用する。 中原は北海道コンサドーレ札幌のアカデミー出身で、2013年にトップチームデビュー。以後、タイのコンケーンやガンバ大阪、V・ファーレン長崎へのレンタルを経験して、2019年に札幌復帰を果たした。 だが、札幌では出番が限られ、同年7月に完全移籍で仙台へ。昨季は明治安田生命J1リーグ19試合1得点という数字を収めたが、今季からJ3リーグの相模原に活躍の場を移すことが決まった。 長崎時代の恩師である高木琢也監督と再会を果たす中原は両クラブを通じて、それぞれのファンにコメントしている。 ◆SC相模原 「仙台から来ました中原彰吾です。また高木監督の下で闘える事を嬉しく思います。絶対に1年で上がりましょう! 応援よろしくお願いします」 ◆ベガルタ仙台 「このたび、SC相模原に移籍することとなりました。新しいチームで心機一転して、がんばりたいと思います。2年半たくさんの応援をありがとうございました」 2022.01.16 13:15 Sun
twitterfacebook
thumb

沼津が佐藤尚輝との契約を更新 「結果を出すことが使命」

アスルクラロ沼津は16日、MF佐藤尚輝(25)との契約更新を発表した。 佐藤は湘南ベルマーレの下部組織出身で、2019年に産業能率大学から沼津に入団。昨季は明治安田生命J3リーグ20試合に出場して1得点だった。契約更新を受け、クラブを通じてコメントしている。 「2022シーズンもアスルクラロ沼津でプレーさせていただきます。日頃からアスルクラロ沼津を支え、応援してくださるすべての皆様に感謝申し上げます 「2021シーズンは本当に苦しい一年間でしたが、皆様の支えのおかげで最後まで戦うことができました」 「紛れもなく、このチームは皆様のチームです。選手、スタッフ、フロントが戦うことは当たり前ですが、応援してくださるすべての皆様の力あってこそのチームだと思います」 「決して大きい規模ではないこのチームを、沼津の誇りにしていくためには皆様の力が必要です。ライセンスの問題など様々なことがありますが、僕達は戦い続け、結果を出すことが使命です」 「最後まで一緒に戦い、力を貸してください。サッカーをできる喜びを噛み締めながら2022シーズンも戦いたいと思います。今後も熱いご支援、ご声援をよろしくお願いいたします」 2022.01.16 12:20 Sun
twitterfacebook
thumb

沼津MF染矢一樹が契約更新 「今年も懸命に努力していきたい」

アスルクラロ沼津は16日、MF染矢一樹(35)との契約更新を発表した。 染矢は奈良産業大学、FC岐阜、ファジアーノ岡山、大分トリニータを経て、2016年7月から沼津でプレー。昨季は明治安田生命J3リーグ25試合に出場して3得点だった。 契約更新を受け、「この大切なチームと街の為に今年も懸命に努力していきたいと思います。苦しい時期も多々あると思いますが、スポンサー企業様、ファン、サポーターの皆さんもどうか一緒に戦ってください。1年間よろしくお願いいたします」とコメントしている。 2022.01.16 10:07 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly