「別格だ」…ニューカッスル指揮官もC・ロナウドの千両役者ぶりに舌を巻く

2021.09.12 11:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスル・ユナイテッドのスティーブ・ブルース監督がマンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの活躍に感服した。

今季のプレミアリーグ開幕から1分け2敗と勝ち星なく、インターナショナルブレイクに入ったニューカッスル。11日の第4節でマンチェスター・ユナイテッドとのアウェイ戦に臨み、一時同点に追いついたが、終わってみれば1-4の敗北を喫した。

そんな一戦はC・ロナウドの12年ぶりとなるユナイテッド復帰戦に。ニューカッスルも引き立て役になるまいと心に誓い、挑んだことだろうが、ポルトガル人スターを抑止する術を見いだせず、先制ゴールと勝ち越しゴールの2発を許してしまった。

自身も現役時代のいち時期を過ごした古巣から今季初白星を狙ったものの、そうならずの結果に終わったブルース監督。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、試合後にさっそく千両役者ぶりを発揮のC・ロナウドに脱帽のコメントを残したという。

「正真正銘のスーパースターがいるとすれば、それは彼だ。彼がやってきたこと、成し遂げたことを今日も目の当たりにした。別格だ」 


関連ニュース
thumb

ワン=ビサカが看板激突で負傷退場…ラングニック「2箇所を打撲」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカが8日に本拠地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループF最終節のヤング・ボーイズ戦で負傷した。 直近のプレミアリーグ2試合を体調不良もあり、ポルトガル代表DFジオゴ・ダロトにポジションを譲るワン=ビサカ。そのダロトがチャンスを生かして存在感を高めるなか、初陣から2試合目となるラルフ・ラングニック監督が思い切ってターンオーバーを決行したヤング・ボーイズ戦に右サイドバックとして先発した。 そんな一戦にフル出場したワン=ビサカだが、右サイド深くから右足クロスを上げようとした最終盤に相手選手のタックルを受け、そのまま看板に激突。試合はその直後に終わりが告げられたが、ピッチで互いの健闘を称え合う両軍の輪に入っていけず、ストレッチャーに乗せられ、ドレッシングルームに引き上げていった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、ラングニック監督は試合後、ワン=ビサカの状態を尋ねられると、打撲を明かしている。 「2箇所に打撲を負ってしまった。1つは残念ながら手首で、もう1つはヒザだ。ロッカールームで治療中だが、明日まで経過を観察しなければならない。だが、私は明後日から再びトレーニングできるとポジティブだ。ノリッジ戦のチームに加わってくれるのを期待している」 2021.12.09 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ラングニック「試しだった」…ヤング・ボーイズ戦でメンバー総入れ替え

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック監督がイギリス『BT Sport』で振り返った。 チャンピオンズリーグ(CL)グループFの5試合を消化した時点で首位通過を決めたユナイテッド。8日の最終節は消化試合となるなか、最下位に沈むヤング・ボーイズを本拠地オールド・トラッフォードに迎え撃った。 先の初陣から2試合目のラングニック監督は先発全員を変更して、MFファン・デ・ベークをアンカーに置いた[4-1-4-1]の布陣を採用。ベンチメンバーにも休養の主力に代わり、アカデミーでプレーする選手が入った。 そんなユナイテッドは9分、脳しんとうから復帰したDFルーク・ショーの左クロスからFWメイソン・グリーンウッドの左足ジャンピングボレーで先制。その後、42分に追いつかれ、守勢に回ったが、1-1で引き分けた。 見慣れない面子ということもあるが、ビルドアップでのミスも多々あり、不安定な戦いぶりだったが、ラングニック監督は試合後、「慣れない顔ぶれだったのは試合前から承知済みだった」と述べ、感想を続けた。 「最初の30分は順調だったが、自発的なエラーがいつくかあった。2-0、3-0にしてもおかしくなかったが、仕留め切れず、ダラダラしてしまったね。追いつかれてからは高い位置で守備ができなくなってしまった」 「(メンバーは)試しだった。ノリッジ戦に向けても何選手かを温存したかったしね。とはいえ、あの失点は簡単にクリアできたはずだが、それができなかったのが悔やまれる。試合前にそれを伝えておいたのだがね」 なお、この試合のユナイテッドはMFジダン・イクバルやMFチャーリー・サベージのアカデミー選手を途中投入するなどして、一時は10代の選手が6選手もプレー。データ集計サイト『Opta』によれば、CL史上5例目であり、イングランドのクラブだと、2009年のアーセナル以来だという。 2021.12.09 11:12 Thu
twitterfacebook
thumb

首位通過決定済みのユナイテッド、若手主体でヤング・ボーイズにドロー《CL》

マンチェスター・ユナイテッドは8日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF最終節でヤング・ボーイズをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節ビジャレアル戦を制して首位での決勝トーナメント進出を決めたユナイテッドが、3位浮上の可能性がある最下位ヤング・ボーイズ(勝ち点4)をホームに迎えた一戦。 直近の試合からラングニック監督が指揮を執るユナイテッドは、消化試合のため若手のアマド・ディアロやエランガらをスタメンで起用。元ウェールズ代表MFロビー・サベージの息子であるチャーリーが初めてベンチ入りした。 そのユナイテッドはグリーンウッドとエランガの2トップで臨んだ中、9分に先制する。ショーの左サイドからのクロスにグリーンウッドが見事なボレーシュートを叩き込んだ。 先制後も拮抗した攻防が続いた中、32分にはピンチ。しかし、ボックス内からのリーダーのシュートはGKヘンダーソンの正面だった。 34分には追加点のチャンスが訪れたが、グリーンウッドの左サイドを突破したプレーからマタの放ったシュートはゴールライン前のDFにカットされた。 しかしハーフタイムにかけても押し込まれたユナイテッドは、43分に失点する。ファン・デ・ベークのミスパスをカットされ、ボックス手前左からリーダーに見事なミドルシュートをゴール右上に決められた。 1-1で迎えた後半、ユナイテッドは59分に追加点のチャンス。しかし、リンガードのラストパスを受けたボックス右のエランガはこのチャンスを決めきれない。 すると66分にはサイド攻撃で揺さぶられるピンチを迎えるも、マルセイラスのボックス内からのシュートは枠を外れて助かった。 終盤にかけては膠着した展開となった中、89分にトップチームデビューとなるサベージを投入したユナイテッドは1-1のままタイムアップ。引き分けでグループステージを終えた。一方、引き分けたヤング・ボーイズは最下位での敗退が決まった。 2021.12.09 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループ最終節プレビュー②】崖っぷちバルセロナは敵地バイエルン戦! グループGは全チームに突破可能性

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節が12月7日と8日に開催される。ここではグループステージ最終節2日目となるグループE~Hの戦いを展望を紹介していく。 ◆崖っぷちバルサがバイエルン撃破狙う~グループE~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211207_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループEでは前節終了時点でバイエルン(勝ち点15)の首位通過、ディナモ・キエフ(勝ち点1)の最下位での敗退が確定。この最終節では2位のバルセロナ(勝ち点7)と、3位のベンフィカ(勝ち点5)がそれぞれ2位通過を懸けた運命の一戦に臨む。 バルセロナは前節、ホームでベンフィカとの直接対決に臨み、自力で2位通過を決められるチャンスがあったものの、相手の堅守をこじ開けられずに0-0のドローに終わった。この結果、2位の座は維持したが、最終節で勝利を逃した場合、当該成績で上回るベンフィカに抜かれる可能性が出てきた。そして、運命の最終節では直近3戦全敗と圧倒的な力の差を見せつけられているバイエルンとアウェイで対戦することになった。 チャビ新体制ではエスパニョール、ビジャレアル相手に連勝を飾るなど復調の気配を見せてきたが、直近のベティス戦ではホームで0-1の敗戦を喫し、新体制初黒星を喫した。ただ、そのベティス戦において脳震とうの疑いで負傷交代したMFガビはその後の検査で異常が確認されなかったことで、直近数試合でキレを見せるFWデンベレらと共に無事遠征メンバー入りした点は朗報だ。 一方、対戦相手のバイエルンは直近のドルトムントとのデア・クラシカーを物議を醸す判定がありながらも3-2で勝利し、リーグ首位キープに成功している。今回の一戦に向けては新型コロナウイルス感染や負傷によってMFキミッヒ、MFゴレツカ、FWニャブリら6選手の欠場が確定しており、ナーゲルスマン監督は前日会見で一部ポジションで若手の起用を示唆。また、ドイツ国内でコロナウイルス感染拡大が続く影響から無観客開催への変更が決定しており、全勝突破に向けてタフな戦いを強いられる見込みだ。 バイエルンの力を借りつつ逆転での2位通過を目指すベンフィカは、最下位のディナモ・キエフと対戦。すでに敗退が決まっている格下相手のホームゲームということもあり、勝ち点3を手にできるチャンスは大きいが、直近のリーグ戦ではそのホームでスポルティング・リスボンに1-3の完敗を喫しており、勝利必須の一戦に向け不安材料となっている。なお、ディナモ・キエフとの前回対戦は非常に拮抗した攻防が続いた中、0-0のドローに終わっていた。 【グループE】 ▽12/8(水) 《29:00》 ベンフィカ vs ディナモ・キエフ バイエルン vs バルセロナ ◆2位通過を懸けた直接対決~グループF~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211207_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 三つ巴の争いが繰り広げられたグループFでは前節、ビジャレアル(勝ち点7)との首位攻防戦を制したマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点10)が首位通過を確定。また、最下位のヤング・ボーイズ(勝ち点4)は3位フィニッシュの可能性は残ったものの、最終節を前に敗退が決定している。そして、この最終節では3位のアタランタ(勝ち点6)と、2位のビジャレアルが2位通過を懸けた運命の直接対決に臨む。 この大一番をホームで戦うアタランタは前節、ヤング・ボーイズとの激しい打ち合いを3-3のドローで終え、2位浮上のチャンスを逃した。それでも、リーグ戦ではユベントス、ナポリを撃破するなど、直近5連勝と好調を維持。今季CLでは不用意な形での失点が目立っているものの、多彩な攻撃は健在となっており、決定力に問題を抱えるビジャレアルを攻め立てて早い時間帯のゴールによってプレッシャーをかけていきたい。 対するビジャレアルは前節、試合内容では首位チームを圧倒したものの、再三の決定機を決め切れず、逆にミス絡みで2失点を喫する今季序盤戦を象徴するような拙い試合運びで敗戦。それでも、敵地で戦う今回の一戦では引き分けでも突破を決められる優位な立場にある。ただ、直近のリーグ戦ではFWジェラール・モレノの戦列復帰は朗報も、セビージャに0-1で競り負けており、攻守に不安を抱える中での戦いとなる。 また、キャリック暫定体制の下、見事に首位通過を果たしたユナイテッドは、この試合後にラルフ・ラングニック暫定監督就任が決定。今節ではその新指揮官の下でのCL初陣となる。ラングニック監督のリーグ初陣となったクリスタル・パレス戦では持ち味のプレッシングゲームがいきなり披露されチームとして躍動感が際立った一方、攻撃面は創造性や連動性を欠き、伏兵フレッジのファインゴールによる1-0の辛勝となった。前回対戦で屈辱の敗戦を喫したスイス王者とのリベンジマッチでは幾つかのポジションでのターンオーバーが見込まれる中、新スタイルの浸透と控え選手のアピールに期待したいところだ。 【グループF】 ▽12/8(水) 《29:00》 マンチェスター・ユナイテッド vs ヤング・ボーイズ アタランタ vs ビジャレアル ◆全チームに突破、敗退の可能性~グループG~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211207_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 本命不在となったグループGは今グループステージで唯一最終節までに全チームの順位がひとつも確定していない、近年稀に見る大混戦となっている。 そして、この最終節では最下位のヴォルフスブルク(勝ち点5)と、首位のリール(勝ち点8)。2位のレッドブル・ザルツブルク(勝ち点7)と、3位のセビージャ(勝ち点6)が運命の大一番に臨む。 ファン・ボメルからコーフェルトへの監督交代を経て公式戦3連勝と復調の兆しを見せたヴォルフスブルクだが、CL前節のセビージャ戦での敗戦から公式戦3連敗と再び苦境に陥る。とりわけ、その3試合では1得点8失点とパフォーマンス内容も低調だ。それでも、今回の一戦でフランス王者に勝利できれば、最下位から逆転での2位通過が可能だ。また、ドイツ国内での新型コロナウイルス感染拡大を受け、ライプツィヒとバイエルンが無観客開催を余儀なくされた中、少人数の観客の入場が認められた点はチームにとって小さくない後押しとなるはずだ。 対するリールは第3節まで未勝利が続いたが、セビージャ、ザルツブルク相手の連勝によってこの最終節を首位で迎えることに。今節では他会場の結果に関わらず、引き分け以上で少なくとも決勝トーナメント進出を決められる。ドイツ同様に感染拡大が続くフランス国内においてクラブの事務方スタッフのクラスターが深刻化しているが、チーム自体はリーグ連勝と好調を維持している。 オーストリア勢史上初の決勝トーナメント進出に向けて2勝1分けの好スタートを切ったザルツブルクだが、若手中心のスカッドは自力突破の可能性を有して臨んだ直近の2試合でまさかの連敗。前節のリール戦での敗戦の結果、グループ2位に転落して最終節を迎えることになった。今回の最終節は初戦で3度のPKを獲得しながらも、2度の失敗によって最終的に1-1のドローに持ち込まれたスペイン屈指の強豪との再戦となる。この大一番では前回対戦で3本のPKを獲得したFWアデイェミのチャンスメイクに加え、決め切る力に期待したいところだ。なお、ザルツブルクは最下位ヴォルフスブルクとの当該成績によって引き分けでも突破を決められる。 一方、グループ本命に挙げられながらも4戦未勝利で一時最下位に転落したセビージャだが、前節はヴォルフスブルク相手に2-0の完勝を収めて今季初勝利。自力での逆転突破の可能性を残して最終節を迎えた。直近の国内リーグではレアル・マドリーに競り負けるなど、2戦未勝利だったが、直近のビジャレアルとの強豪対決ではらしいウノセロの勝利で3試合ぶりの白星を奪取。今回のアウェイゲームに大きな弾みを付けている。 【グループG】 ▽12/8(水) 《29:00》 ザルツブルク vs セビージャ ヴォルフスブルク vs リール ◆首位通過を決めるのは?~グループH~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211207_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2強2弱の前評判通り、グループHでは前節で首位チェルシー(勝ち点12)と、2位ユベントス(勝ち点12)の決勝トーナメント進出、ゼニト(勝ち点4)の3位フィニッシュ、マルメ(勝ち点1)の最下位が確定。そして、この最終節では同勝ち点で並ぶチェルシーとユベントスが、それぞれ首位通過を懸けてゼニト、マルメと対戦する。 チェルシーは前節、ユベントス相手に大量4ゴールを奪っての4-0の圧勝で決勝トーナメント進出と共に当該成績で上回り、グループ首位に浮上した。ただ、直近のリーグ戦ではウェストハムとのダービーで今季リーグ最多3失点を喫して公式戦13試合ぶりの敗戦を喫することになった。その敗戦からのバウンスバックを図るチームだが、今後の国内リーグの超過密日程を考えると、極寒ロシアでのアウェイゲームでの更なる負傷者は避けたいところだ。おそらく、トゥヘル監督は若手や控え中心のスカッドで臨む可能性が高く、ホームで意地を見せたいゼニト相手に難しい戦いを強いられるかもしれない。そういった中、自慢のアカデミーの若手やリーグ戦のパフォーマンスで酷評続きのMFサウールの奮起に期待したい。 そのチェルシーから首位奪還を目指すユベントスは、敵地での前回対戦で3-0の完勝を収めたマルメ相手に勝利を目指す。チェルシー戦の完敗に加え、その直後に行われたアタランタ戦でも敗戦を喫した悩めるビアンコネロだが、直近のセリエAではサレルニターナ、ジェノアと下位に低迷する格下相手に2試合連続で2-0の快勝。エースFWディバラに2戦連続ゴールが生まれている点もプラス材料だ。今回の一戦では積極的なターンオーバーが見込まれているが、直近2試合の戦いぶりを見れば、ホームで勝ち点を取りこぼす可能性は低いはずだ。 【グループH】 ▽12/8(水) 《26:45》 ユベントス vs マルメ ゼニト vs チェルシー 2021.12.08 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アヤックスがユナイテッドで控えに甘んじるヘンダーソン獲得を検討か

アヤックスがマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表GKディーン・ヘンダーソン(24)の獲得を検討しているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。 同クラブの下部組織出身選手として、5度のレンタルを経て、昨シーズンからトップチームに定着したヘンダーソン。昨季は終盤に先発のチャンスを掴んだものの、プレシーズン中に腰を負傷し、さらに7月には新型コロナウイルスに感染するなど、万全の状態で新シーズンを迎えられず、再びスペイン代表GKダビド・デ・ヘアにその座を許してしまっている。 そのデ・ヘアは、一時的に評価を落とした時期もあったものの、今季はチームを救うスーパーセーブを連発。ヘンダーソンにとってはなかなか付け入る隙がなく、今季ここまでの公式戦出場はEFLカップのウェストハム戦の1試合に留まっている。 そういった中、今冬あるいは来夏の退団の可能性が取り沙汰されるヘンダーソンに対して、アヤックスが今冬のタイミングでのレンタル移籍を希望しているようだ。 チャンピオンズリーグ(CL)ですでに首位通過を決め、リーグ戦でも首位に立つアヤックスだが、先日にドーピング違反による長期出場停止から復帰したカメルーン代表GKアンドレ・オナナは今シーズン終了後の退団が確定。さらに、オランダ代表GKマールテン・ステケレンブルフの長期離脱を受け、今シーズンの大半はフィテッセから獲得した38歳のベテランGKレムコ・パスフェールがゴールマウスを守っていた。 そのため、ユナイテッドのレジェンドであり、アヤックスで最高経営責任者(CEO)を務めるエドウィン・ファン・デル・サール氏は以前からそのポテンシャルを高く評価するヘンダーソンの獲得を希望しているようだ。 一方、ヘンダーソンも将来的にはユナイテッドの正守護神の座を目指しているものの、来年に行われるカタール・ワールドカップでのイングランド代表メンバー入りに向けては出場機会の確保が求められる。そのため、半年間、あるいは1年半のレンタル移籍を希望しているようだ。 なお、ユナイテッドは今夏の移籍市場でプレミアリーグでの実績十分の元イングランド代表GKトム・ヒートンを獲得しており、ヘンダーソンが移籍した場合でも大きな問題とはならない。 2021.12.08 08:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly