大久保智明がプロ初ゴール、高い強度を見せた浦和が横浜FCを振り切り無敗を「5」に伸ばす【明治安田J1第28節】

2021.09.11 20:04 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
11日、明治安田生命J1リーグ第28節の横浜FCvs浦和レッズがニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で浦和が勝利を収めた。

2週間の中断期間を経て再開したJリーグ。19位の横浜FCと7位の浦和との一戦となった。

中断前は残留争い中の柏レイソルとの試合で2-1と敗れた横浜FCは、その柏戦から4名を変更。マギーニョ、アルトゥール・シルバ、瀬古樹、渡邉千真が外れ、前嶋洋太、高橋秀人、サウロ・ミネイロ、フェリペ・ヴィゼウを起用した。

対する浦和は中断前に湘南ベルマーレとドロー。中断期間中に行われたYBCルヴァンカップでは準々決勝で川崎フロンターレと2試合を戦い、試合終了間際の劇的ゴールで逆転勝利を収めていた。

浦和は湘南戦から槙野智章、宇賀神友弥、平野佑一、大久保智明、キャスパー・ユンカーが外れ、岩波拓也、明本考浩、柴戸海、汰木康也、江坂任を起用した。システムはゼロトップと予想さっる。

最初にチャンスを作ったのは浦和。3分、左CKを獲得すると江坂がクロス。ファーサイドで岩波がヘディングで折り返すと、ボックス中央で酒井が滑り込みながらダイレクトボレー。しかし、シュートはクロスバーを直撃し嫌われる。

ピンチを凌いだ横浜FCは直後に決定機。フェリペ・ヴィゼウが右サイドを仕掛けてボックス内に侵入。グラウンダーのクロスにサウロ・ミネイロが合わせるが、シュートはGK西川が身体で防ぐ。

16分にも横浜FCがチャンス。高木がドリブルで左サイドを突破しボックス内に侵入。そのまま左足でシュートも、GK西川が見事な反応でセーブする。

横浜FCは30分にも決定機。ショートカウンターから最後は松尾のスルーパスを、ボックス内でサウロ・ミネイロがシュートも、再びGK西川がセーブする。

ホームの横浜FCが押し込みながら試合を進めたが、先制したのは浦和だった。ボックス右でボールを持った小泉が左足で鋭いクロス。これをボックス内中央で汰木がヘッド。これが決まり、決定機を作れていなかった浦和が汰木の今季リーグ戦初ゴールで先制する。

浦和の1点リードで迎えた後半。浦和はアシストの小泉を下げて、キャスパー・ユンカーを起用する。すると横浜FCは46分、安永のパスをオフサイドラインぎりぎりで受けた松尾がボックス内からシュートも、酒井がブロックする。

浦和は連続したCKで押し込むと50分には柴戸の縦パスを受けたキャスパー・ユンカーがボックス内でキープし反転してシュート。こぼれ球を岩波がシュートも、ブロックされる。

浦和の連続攻撃を凌いだ横浜FCは、56分にチャンス。酒井のパスをカットした高橋がドリブルで運び出さずにフェリペ・ヴィゼウへとパス。ボックス内右でシュートも、枠を外れる。

浦和は59分にチャンス。柴戸の裏へのパスに抜け出した酒井が巧みにヒールパス。これを江坂がシュートで狙うが、DFがブロックする。これで得たCKから江坂がクロス。こぼれ球をつなぐとアレクサンダー・ショルツのパスを受けた江坂が、ボックス内右からニアヲンラッタ強烈シュート。しかし、GKスベンド・ブローダーセンがセーブする。

さらに浦和は押し込むと、62分にも決定機。江坂のスルーパスを受けた伊藤が汰木とスイッチ。ドリブルで抜いてゴールへ迫るが、GKブローダーセンがなんとか凌ぐ。

66分にもビッグチャンス。自陣で相手ボールを奪った酒井がビルドアップから裏へ抜け出すと、完全に独走。ボックス内まで持ち込みシュートチャンスだったが、突破を試みて相手に防がれる。

横浜FCはこのピンチからボールをつなぐと、左サイドからクロス。これをGK西川がファンブルしこぼれると、倒れたジャーメイン良のところへこぼれ、そのままシュート。しかし、西川が飛び出てなんとかセーブする。

横浜FCも徐々に攻め手を見つけると、75分にもチャンス。浦和のライン裏に安永が浮き球のパス。これにジャーメイン良が反応して受けに行くが、酒井が絞って対応する。

互いに選手を入れ替えて迎えた試合終盤。横浜FCのセットプレーから浦和が一気に仕留める。88分、横浜FCがFKを獲得。クロスからこぼれ球を韓浩康がシュート。これがブロックされると、さらにジャーメイン良もシュート。しかし、これもブロック。すると、ここから浦和がロングカウンター。大久保が拾いドリブルで運ぶと、スルーパスに反応したユンカーがシュート。しかし、飛び出たGKブローダーセンがスーパーセーブ。横浜FCは凌いだかと思われたが、こぼれ球が大久保の下にこぼれると、無人のゴールへと蹴り込み、浦和が追加点を奪った。

浦和はそのまま残り時間を消化しタイムアップ。リーグ戦の無敗を5試合に伸ばし勝ち点を「48」に伸ばし3位争いに生き残り。横浜FCは再び最下位に転落する可能性が出てしまった。

横浜FC 0-2 浦和レッズ
【浦和】
汰木康也(前34)
大久保智明(後44)

関連ニュース
thumb

柏がU-12からU-18まで所属した東京国際大学MF落合陸の2023年加入内定を発表「強い柏レイソルを取り戻す為」

柏レイソルは27日、東京国際大学のMF落合陸(22)が2023シーズンから加入することが内定したと発表した。 千葉県出身の落合は、柏の下部組織で育ち、U-12、U-15、U-18と経験。その後VONDS市原に加入し、現在は東京国際大学の3年生として在学中だ。 アカデミー時代を過ごした古巣への加入が内定した落合は、クラブを通じてコメントしている。 「2023年シーズンから柏レイソルに加入することになりました、東京国際大学の落合陸です。小中高と在籍し、想い入れのある柏レイソルにプロサッカー選手として戻ることができ、とても光栄に思います。ここに至るまでに関わって下さった指導者、共に戦ってきた仲間や友人、そして何より辛い時期、苦しい時期でも常に背中を押してくれ、信じて支えてくれた両親、家族にはとても感謝しています」 「私は育成年代時に観てきた強い柏レイソルを取り戻す為に覚悟を持ってここに来ました。私自身、簡単な道ではなく険しい道のりを辿ってきました。様々な壁を乗り越え、成長し逞しくなって柏レイソルに戻ってきた自信があります。一番最高で大好きなサポーターの皆様の前で新しい落合陸の姿をピッチの舞台で表現し、期待を結果として応えられるように精進してまいります。応援宜しくお願いします」 2021.10.27 16:31 Wed
twitterfacebook
thumb

不安定な戦い続いた広島、城福浩監督が退任…今季は沢田謙太郎HCが指揮

サンフレッチェ広島は26日、城福浩監督(60)の退任を発表した。なお、残りのシーズンは沢田謙太郎ヘッドコーチ(51)が指揮を執ることとなる。 城福監督は、アンダー世代の日本代表監督を務めた後、2008年にFC東京の監督に就任。2010年まで指揮を執ると、2012年から2014年まではヴァンフォーレ甲府で指揮。2016年にFC東京の監督に復帰していた。 その後日本サッカー協会(JFA)に入り、関東地域統括ユースダイレクター 兼 ナショナルトレセンコーチなどを務めると、2018年に広島の監督に就任する。 就任1年目の2018シーズンは明治安田生命J1リーグで17勝6分け11敗の成績を残し2位にはいるが、2年目の2019シーズンは6位、3年目の2020シーズンは8位、そして今シーズンはここまで11勝12分け10敗で10位と、年々順位を下げていっていた。 今シーズンはシーズン当初こそ8戦無敗と良い形でスタートするも、その後6戦未勝利など調子を落とすと、後半戦も安定した戦いを見せられず。23日に行われた第33節のベガルタ仙台戦では、2-0と降格圏のチームに完敗。サポーターからは非難の声も挙がっていた。 城福監督はクラブを通じてコメント。今後の発展を期待するとしている。 「このたび、サンフレッチェ広島の監督を退任することになりました。約4年間、良いときも苦しいときもありましたが、常にチーム一丸となって戦う姿勢を貫いてくれた選手、スタッフ、そしてどんなときでも心強いサポート、温かい応援をしてくださったファミリーの方々に深く感謝申し上げます」 「今年、積み上げてきた成果を残り5試合ファミリーの皆さんにお見せしたい、そして喜びを分かち合いたいと思っていましたので、シーズン最後まで一緒に戦うことができなくなったことは大変残念ではありますが、来年以降、チームがさらなる高みにいくこと、そして来る新スタジアムでのシーズンで優勝を争うチームになることを信じております。4年間、本当にありがとうございました」 今シーズン終了までの暫定指揮を執る沢田ヘッドコーチは、現役時代は柏レイソルと広島でプレー。引退後は、広島でユースのコーチやトップチームのコーチ、ジュニアユース、ユースで監督を歴任するなど、チームの育成を支え続けてきた。 城福監督就任後の2018年にはトップチームのコーチとなると、2020年からはヘッドコーチに就任していた。 沢田新監督もクラブを通じてコメントしている。 「今回、このような状況になったのもヘッドコーチである自分が城福監督を助けることができず、もっともっと何かできたのではないかと悔いが残っています」 「監督を任された以上、残り5試合は責任と覚悟を持ち、持てるモノをすべて選手に伝え、少しでもチームが良くなるように全力を尽くします」 2021.10.26 10:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューヒーロー賞に“大器”鈴木彩艶! GK史上2人目、浦和史上5人目の受賞

2021シーズンにおけるJリーグYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞に先の東京オリンピックにも飛び級でメンバー入りした浦和レッズのGK鈴木彩艶(19)が輝いた。 同賞はグループステージから準決勝までの各試合会場における報道関係者の投票をもとにJリーグの村井満チェアマンを含む選考委員会が最終決定。各チームの若き才能が候補入りするなか、鈴木が栄誉を手にした。 鈴木はガーナ人の父と日本人の母を持ち、浦和の下部組織で育った身長190cmの若き守護神。2019年2月にクラブ史上最年少の16歳5カ月でプロ契約を勝ち取り、今季から正式にトップチーム昇格を果たした。 そんな今季は元日本代表GK西川周作という大きな存在もあり、明治安田生命J1リーグでここまで6試合の出場にとどまるが、ルヴァンカップでプレーチャンスを確保。12試合中9試合でゴールマウスを守った。 浦和の選手として2011年のFW原口元気以来、5人目の受賞者となる鈴木は25日に出席したオンライン会見で喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「今回、ニューヒーロー賞を受賞でき、大変光栄に思います。(ベスト4に終わった)チームとしては望むべき結果ではなかったですが、この大会でデビューでき、そこからの試合を通して、みなさまに評価していただいたのを本当に嬉しく思います。今後はこの賞に恥じないようプレーしていきたいです」 また、「年齢についてはよく言われますが、ピッチに立てば関係ないと思っています」と自らのスタンスも明かした鈴木はJリーグでも有力クラブのひとつである浦和での受賞により価値を感じているようだ。 「浦和レッズという偉大なクラブでゴールを守るというのは大きな責任が伴ってくると思いますし、そのなかでプレーさせてもらってきたので、もっともっと試合に出て、チームのために戦える選手になっていきたいです」 そんな鈴木だが、GKの受賞になると、2001年の曽ケ端準氏(鹿島アントラーズ)以来、2人目。他と比べると、若いうちからプレーチャンスを掴みづらいポジションでもあるだけに、より価値を持つ受賞となる。 それだけに今大会を浦和の優勝でも飾りたいところだが、残念ながら準決勝で敗退。鈴木も30日に本拠地の埼玉スタジアム2002で予定する決勝に勝ち進めなかった悔しさを認めたが、学びの場としたいと述べた。 「負けた悔しさはありますが、このファイナルを通して自分自身、見て学ぶこともたくさんあると思います。そういったところは吸収していって、この賞を通してもっともっとGKにフォーカスされていくと良いなと思います」 2021.10.25 15:05 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京、大卒ルーキーの蓮川壮大が全治約4カ月の負傷離脱

FC東京は25日、DF蓮川壮大の負傷離脱を報告した。 蓮川は右足関節前距腓靭帯損傷および、両足関節骨棘障害・三角骨障害で21日に手術。手術日から全治4カ月を要する見込みだ。 23歳の蓮川は今季、かつてアカデミーにも籍を置いたFC東京に明治大学から入団。ここまで公式戦13試合に出場していた。 2021.10.25 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪、乾のJリーグ10年ぶりのゴールなどで辛勝! 横浜FMは優勝遠のく痛い敗戦に【明治安田J1第33節】

明治安田生命J1リーグ第33節、セレッソ大阪vs横浜F・マリノスが24日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、2-1でホームのC大阪が勝利を収めた。 リーグ戦は連敗中だが、YBCルヴァンカップではファイナリストとなったC大阪。喜田陽と松田力が公式戦8試合ぶりの先発を飾り、負傷明けの清武もベンチに入った。 一方、逆転優勝のためには1試合も落とせない横浜FMだが、連勝中ではあるものの、相手の対策に苦しむ試合が続いている。前節の北海道コンサドーレ札幌戦からはスタメンを5人変更。古巣対戦となる杉本、水沼らが先発に名を連ねた。 試合はC大阪が幸運な形で6分に動かす。乾がショートコーナーから喜田とのワンツーでボックス左に侵入し、右足アウトの細かいタッチからグラウンダーのシュート。これがチアゴ・マルチンスに当たってGK高岡の逆を突く恰好でゴールに吸い込まれ、乾のJリーグ10年ぶりとなる得点でホームチームが先制点を挙げた。 先手を取られた横浜FMは攻め急ぐような速攻が目立ち、ファイナルサードでの精度を欠いてしまう。フィニッシュまで持ち込めずにいると、再び桜色にチャンスが到来。21分、センターサークル内から藤田がスルーパスを送ると、抜け出した松田力が持ち運んでボックス左からプレゼントパス。これを加藤が流し込み、リードを広げた。 34分にも乾のスルーパスから松田力が力強いドリブル突破を見せ、ボックス内で潰れてこぼれ球に加藤。だが、右足のシュートは枠の左へそれた。 攻撃のリズムが生まれない横浜FMは、前半の終了間際に松原の強引なミドルシュートから左CKを獲得すると、これがゴールに結び付く。水沼のクロスに合わせたのは實藤。西尾に競り勝ってヘディングでネットを揺らし、1点を返して試合を折り返した。 後半もC大阪は乾が攻撃のタクトを振る。早々にミドルシュートでゴールを脅かすと、ドリブルから岩田のファウルを誘発。これで得たボックス手前左からのFKを藤田が直接狙ったが、右ポストをかすめて枠外へそれた。 横浜FMは再三クロスを送るも、前半同様フィニッシュまでは持ち込めない。それでも60分に右の高い位置でFKを得ると、水沼のクロスに再び實藤。だが、このヘディングはバーを越えた。 C大阪は左足の付け根付近を痛めた松田力を下げ、61分に清武をピッチに送り出す。横浜FMも71分にエウベルとレオ・セアラを投入すると、ようやく攻撃が活性化。途中出場の2人が絡んでシュートシーンが増える。さらには、仲川に代えて4試合ぶりの出場となる宮市に期待を掛けた。 終盤は何としてでも勝利が欲しい横浜FMが両サイドからひたすらクロスを入れ続け、C大阪のボックス内をボールが飛び交う展開に。だが、優勝への執念を見せるアウェイチームの猛攻をC大阪がしのぎ切ってタイムアップを迎え、小菊体制でのホームでの初勝利。名古屋グランパスとの連戦になる天皇杯準々決勝、ルヴァンカップ決勝に向け、大きな弾みを付けた。 セレッソ大阪 2-1 横浜F・マリノス 【C大阪】 乾貴士(前6) 加藤陸次樹(前21) 【横浜FM】 實藤友紀(前43) 2021.10.24 21:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly