大宮が今季初の連勝でついに降格圏を脱出、栃木はFW豊田陽平の2ゴールで残留争う山口との一戦を制す【明治安田J2第28節】

2021.09.05 21:18 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
5日、明治安田生命J2リーグ第28節の3試合が行われた。

試合前の時点で最下位に位置する大宮アルディージャは、突然の監督交代となった東京ヴェルディをホームに迎えた。

前節は松本山雅FCにホームで5カ月ぶりに勝利した大宮が、立ち上がりから主導権を握って試合を進める。

まずは3分、大宮はボックス手前右でFKを獲得。これを馬渡が壁の外を巻いて直接狙ったが、GKマテウスが横っ飛びでセーブする。

高い位置からプレスをかける大宮に対し、東京Vはパスをつないでビルドアップを目指すが、微妙なパスのズレが目立ち、良い形で攻められない。

10分にも大宮がチャンス。大きなサイドチェンジから黒川が出したパスに反応した馬渡がボックス右からクロス。これに菊地が合わせに行くが、わずかに届かない。

それでも11分に大宮がスコアを動かす。左サイドを奥抜がドリブルで運ぶと、中央へパス。これをハーフスペースの菊地がスルーすると、ボックス中央でパスを受けた河田が落ち着いて蹴り込み、大宮が先制する。

19分には左サイドからの河面の低いクロスに、飛び込んだ河田がニアサイドで合わせるが、薄く当たりすぎてシュートは枠に飛ばない。

東京Vは推進力を持って大宮ゴールに迫る。左サイドバックの山口が積極的に攻め上がると、多くのCKを獲得。しかし、なかなか決定機を作ることができない。

さらに29分には大宮がビッグチャンス。河田がプレスバックでボールを奪うと、小島から左サイドの奥抜へ展開。その奥抜はドリブルを仕掛けてカットインからシュート。しかし、ブロックされる。東京Vはその後のプレーで積極性を見せていた山口にアクシデント。ハムストリングを痛めプレー続行不可能となる。

大宮は32分にもビッグチャンス。奥抜が左サイドから右足アウトサイドでクロス。これに対して黒川がファーサイドで飛び込むが、わずかに届かない。

東京Vは裏を狙ってゴールに迫る回数を増やす中、大宮はしっかりと対応。すると38分、右サイドでボールを持った黒川が小島へとパス。小島は絶妙なタイミングで裏に抜ける菊地へと浮き球のパスを通すと、菊地は巧みなトラップからシュート。GKマテウスはセーブするが、奥抜がこぼれ球を蹴り込み、大宮が追加点を奪う。

大宮の2点リードで迎えた後半。両チーム選手交代はないまま迎えたが、東京Vが先にスコアを動かす。48分、山下のダイレクトパスを受けた端戸がスルーパス。これに反応した梶川がパスを選択。フリーで走り込んだ杉本が蹴り込み、東京Vが1点を返す。

1点を返された大宮は52分にアクシデント。河面が足を痛めてピッチを去り、山田を起用する。東京Vも同点ゴールの杉本、アシストの梶川を下げ、小池と新井を投入。攻撃陣を入れ替え、同点ゴールを目指していく。

東京Vが終始押し込み続けて大宮ゴールに迫る展開が続く後半。大宮は守備を固め、サイドからのクロスに対してしっかりと対応していく。

長い時間押し込んでいく東京Vは、GKマテウスもハーフウェイライン付近まで上がって全員で攻撃。ラストプレーではボックス内左から新井がDFをかわしてシュート。これは枠に飛ぶが、クロスバーに嫌われてゴールならず。その流れから最後まで攻め込むがGK南がキャッチ。そのまま試合は終了し、大宮が2-1で勝利。今シーズン初の連勝で、降格圏を脱出した。

また17位の栃木SCはホームに14位のレノファ山口FCを迎えた一戦。この試合では、途中加入の元日本代表FW豊田陽平が躍動する。

立ち上がりからホームの栃木が攻め込むと4分に先制する。谷内田のスルーパスに反応した有馬がシュート。GK関が飛び出てセーブ。これがこぼれ球になると西谷が浮き球のボールを前線へ。これを豊田が無人のゴールにバックヘッドで決め、栃木が先制する。

なお、このプレーで痛めたGK関はその後プレーを再開するも、10分にプレー続行不可能となり、吉満と交代する。

先制を許した山口だったが、25分に1点を返す。石川からのロングフィードに反応した草野が背中でトラップ。これを蹴り込み、山口が同点に追いつく。

追いついた山口は48分、抜け出した草野がボックス内からシュート。しかし、これは枠を外れる。後半立ち上がりに押し込まれた栃木は55分、石川がカットインからクロスを上げると、ファーサイドで谷内田がヘディングシュート。これが決まり、栃木が勝ち越しに成功する。

さらに73分には柳が豪快なシュート。ロングスローの流れからこぼれ球を拾いボックス手前から右足一閃。これが右隅に決まり、リードを広げる。

山口は86分に相手の守備対応のミスを突いた河野が豪快に蹴り込み1点差に。しかし、山口の反撃はここまで。栃木が栃木が連勝を収めた。

12位のファジアーノ岡山と21位の愛媛FCは互いに決め手がなく0-0のゴールレスドローとなった。

▽9/5(日)
栃木SC 3-1 レノファ山口FC
ファジアーノ岡山 0-0 愛媛FC
大宮アルディージャ 2-1 東京ヴェルディ

▽9/4(土)
ブラウブリッツ秋田 1-0 ザスパクサツ群馬
SC相模原 1-0 ジェフユナイテッド千葉
ヴァンフォーレ甲府 3-0 京都サンガF.C.
松本山雅FC 0-4 ジュビロ磐田
アルビレックス新潟 0-0 ギラヴァンツ北九州
モンテディオ山形 0-1 水戸ホーリーホック
ツエーゲン金沢 0-4 FC町田ゼルビア
V・ファーレン長崎 3-1 FC琉球

関連ニュース
thumb

長崎と新潟の上位対決はドロー決着に、愛媛は最下位脱出【明治安田J2第34節】

明治安田生命J2リーグ第34節の5試合が16日に各地で行われた。 3位のV・ファーレン長崎(勝ち点62)は、4位のアルビレックス新潟(勝ち点61)とホームで対戦。8ポイント差で追う2位京都サンガF.C.を捉えるには、勝ち点「3」が是が非でも必要な上位対決となった。 しかし、先手を取ったのは新潟。左サイドのスペースに走り込んだ島田がクロスを上げると、一度は相手DFに処理されるも、ボックス内でこぼれ球を拾った鈴木が反転して左足のシュート。これがゴール右上に決まり、鈴木の2試合連続となる得点で、先制に先行する。 1点を追う長崎だが、34分にはさらに厳しい状況に。新里が自陣でのパス回しにおいて、コントロールミスを冒し、相手FWにボールを奪われてしまう。たまらず足を引っかけ、プレーを切った新里だったが、このタックルが決定機阻止とみなされ、退場処分を下されてしまった。 リードを奪われ、さらに10人となったホームチーム。それでも後半からは分厚い攻撃を展開する。それまでにも再三のチャンスを作ると、69分には右CKから、キッカーの加藤が左足で蹴ったボールに、二見が頭で合わせ、同点に追いついた。 その後は攻め合う展開となるも、両チーム決定機は作れず。1-1のまま試合終了となり、自動昇格圏内となる2位との勝ち点差を「3」縮めることは叶わなかった。 一方、ホームに7位モンテディオ山形を迎えた21位SC相模原は、0-1で敗戦。降格圏脱出がさらに遠のく結果となった。 そのほか、最下位愛媛FCはアウェイでFC琉球と対戦。試合終盤の決勝点で1-0と辛勝し、19位まで順位を上げた。 ◆第32節 ▽10/16(土) ブラウブリッツ秋田 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 FC町田ゼルビア</span> SC相模原 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 モンテディオ山形</span> ギラヴァンツ北九州 2-2 東京ヴェルディ V・ファーレン長崎 1-1 アルビレックス新潟 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 愛媛FC</span> ▽10/17(日) ファジアーノ岡山 vs 松本山雅FC 栃木SC vs ジュビロ磐田 ジェフユナイテッド千葉 vs 大宮アルディージャ ツエーゲン金沢 vs ヴァンフォーレ甲府 レノファ山口FC vs 水戸ホーリーホック ザスパクサツ群馬 vs 京都サンガF.C. 2021.10.16 20:47 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田U-18MF藤原健介が来季昇格! 「1日でも早くチームに貢献」

ジュビロ磐田は15日、同クラブU-18でプレーするMF藤原健介(17)の来季加入内定を発表した。 藤原はU-15カテゴリーから磐田に籍を置く磐田東高校の3年生。「正確な技術を持ち、視野が広く展開力に優れており、前線に効果的なパスが出せる選手。高いレベルの中でも、堂々とプレーができるメンタリティを併せ持ち、セットプレーキッカーとしても高い能力を持つ」選手だという。 地元でもある磐田で来年からプロキャリアを歩み出す藤原はクラブ公式サイトを通じて、喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「生まれ育ったこの町、そして小さい頃から見てきたクラブでキャリアをスタートできることを嬉しく思います。家族やこれまで関わってくださった関係者の皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、1日でも早くチームに貢献できるように頑張りたいと思います」 2021.10.15 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

東京V下部組織育ちの日大MF大森渚生が栃木加入内定! 「全身全霊をかけて闘います」

栃木SCは15日、日本大学に在学するMF大森渚生(22)の2022シーズン加入内定を発表した。 今季からFC東京のトップチームに昇格したDF大森理生を弟に持つ大森は東京ヴェルディ下部組織出身。今年3月のデンソーチャレンジカップでは関東C・北信越選抜にも選出された。 大森は栃木入りを受け、クラブの公式サイトを通じて喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「2022シーズンより栃木SCに加入させていただくことになりました、日本大学サッカー部の大森渚生です」 「プロサッカー選手としてのキャリアを栃木SCの一員としてスタートさせて頂けることを大変嬉しく思います。関わってくださった方々にこの場をお借りして感謝申し上げます」 「栃木SCの“常に前に進み続ける”アグレッシブで魅力的なサッカーを体現する中で、自身の武器である左足を最大限活かし、勝利に貢献出来るよう日々精進します」 「私は根っからの負けず嫌いなので、全ての局面で勝負にこだわり、栃木SCに関わる皆様と共に多くの勝利の喜びを分かち合えるよう全身全霊をかけて闘います。ファン・サポーターの皆様、応援の程よろしくお願い致します」 2021.10.15 11:45 Fri
twitterfacebook
thumb

愛媛GK辻周吾が一般女性と入籍「夫婦2人とも幸せと思える家庭を」

愛媛FCは14日、GK辻周吾(24)の入籍を発表した。 クラブの発表によると、辻は10月6日に入籍。お相手は一般の方とのことだ。 辻はクラブを通じてコメントしている。 「この度10月6日に入籍致しました。今以上に責任を持ち、夫婦2人とも幸せと思える家庭を築いていきたいと思います。今後も熱い応援、よろしくお願いします」 辻はジェフユナイテッド千葉の下部組織出身で、2016年にサガン鳥栖へと入団。2018年からは横浜FCへと期限付き移籍し、2019年に完全移籍。2020年から愛媛でプレーしている。 愛媛では2020シーズンの明治安田生命J2リーグで1試合に出場。今シーズンは出場機会がない。 2021.10.14 17:20 Thu
twitterfacebook
thumb

岡山が米子北MF佐野航大の加入内定を発表! 町田MF佐野海舟の弟

ファジアーノ岡山は13日、米子北高校に在学するMF佐野航大(18)の来季加入内定を発表した。 FC町田ゼルビアでプレーするMF佐野海舟を兄に持つ佐野は岡山県出身の中盤。今夏の全国高校総体で米子北の背番号「10」として、準優勝に導き、大会優秀選手にも輝いた。 地元クラブである岡山でのプロキャリアスタートを受け、クラブを通じて喜びの思いとともに意気込みを語っている。 「来季からファジアーノ岡山に加入することになりました佐野航大です。プロサッカー選手になるという小さい頃からの夢を、地元である岡山で叶えることができ、大変嬉しく思います。子どもたちに笑顔と夢を与えられるような選手になれるよう、大変な世の中ではありますが、感謝の気持ちを忘れずに努力していきます。よろしくお願いいたします」 2021.10.13 12:55 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly