マルセイユ、2部降格シャルケMFアリをレンタルで獲得

2021.09.03 00:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユは2日、シャルケのモロッコ代表MFアミーヌ・アリ(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。買い取りオプションは付いていないとのことだ。

フランス出身でモロッコ代表の攻撃的MFであるアリは、2017年夏にナントからシャルケに加入。シャルケでは公式戦119試合に出場して13ゴール23アシストを記録。主力としてプレーしていたが、昨季はシャルケの30年ぶり2部降格の危機を救うことはできなかった。

マルセイユでは今夏、フランス代表MFフロリアン・トヴァンがメキシコのティグレスに移籍していた。


関連ニュース
thumb

アレクシス・サンチェスのマルセイユ行きに待った!ガラタサライが土壇場で横槍

マルセイユ行き間近とされているチリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)だが、ガラタサライが待ったをかけているようだ。トルコ『Hurriyet』が報じている。 先月末からマルセイユ移籍の噂が取り沙汰されるようになったサンチェス。先日にはインテルとの契約解除が発表され、フランス行きに拍車がかかることになった。 マルセイユのパブロ・ロンゴリア会長も交渉を認め、延長オプション付きの1年間という具体的な契約内容も伝えられているが、数日以内にメディカルチェックに進もうかというチリ代表FWに、土壇場でガラタサライが接触しているようだ。 報道によれば、ガラタサライはバルセロナやインテルでサンチェスとチームメイトだったMFアルダ・トゥランとMFハカン・チャルハノールのトルコ人プレイヤーを介して説得を試みているようで、エルデン・ティムール副会長はミラノで直接口説きにかかったという。 また、説得材料として年俸300万ユーロの2年契約という、マルセイユを凌ぐ好オファーを用意。『Hurriyet』は、元バルセロナFWの気持ちが傾き始めていると主張している。 2022.08.09 20:36 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルがサンチェスとの契約解除を発表

インテルは8日、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2019年夏からインテルで過ごすサンチェス。昨季も出場数だけなら公式戦38試合を記録したが、使われ方は限定的で、ベルギー代表FWロメル・ルカクの復帰した新シーズンでは、さらなる序列低下が見込まれていた。 インテルは公式サイトで「3つのトロフィー獲得したアレクシスの3シーズンに感謝するとともに、彼の残りのキャリアに幸運が訪れることを願っている」と、感謝の声明を発表している。 なお、フリーとなったアレクシスにはマルセイユ行きが噂されており、先日には同クラブのパブロ・ロンゴリア会長がサンチェスと接触したことを認める発言をしたとフランス『レキップ』が伝えていた。 2022.08.09 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

サンチェスが2年契約でマルセイユへ! 今週中にも移籍完了

チリ代表FWアレクシス・サンチェス(33)のマルセイユ移籍が決定的なようだ。 2019年夏からインテルで過ごすサンチェス。昨季も出場数だけなら公式戦38試合を記録したが、使われ方は限定的で、ベルギー代表FWロメル・ルカクが復帰しての新シーズンではさらなる序列低下が見込まれている。 給与的にインテルも残しておけず、今夏の移籍が濃厚視されるなか、マルセイユ行きが専らの噂に。そして、移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、マルセイユ加入が決まった模様だ。 インテルとの契約を来季まで残すサンチェスだが、数日前に合意済みの解除が正式に決まった後、今週中にもマルセイユ行きが完了する見通し。マルセイユとは2024年6月までの契約になるという。 なお、フランス『レキップ』によると、マルセイユのパブロ・ロンゴリア会長はサンチェスとの接触を認める発言をしている模様だ。 2022.08.08 16:58 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマMFヴェレトゥがマルセイユに完全移籍

マルセイユは5日、ローマのフランス代表MFジョルダン・ヴェレトゥ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は1100万ユーロ(約15億1000万円)、アドオン450万ユーロ(約6億2000万円)とのことだ。 ヴェレトゥはアストン・ビラやフィオレンティーナなどを経て、2019年夏にローマに加入。ローマでは公式戦131試合に出場して22ゴール16アシストを記録した。 昨季はチームの主軸として開幕を迎えたものの、今年1月ごろから序列が低下し、途中出場がメインに。今夏はジョゼ・モウリーニョ監督の構想外となり、かねてより退団が取り沙汰されてきた。 ナントでプロデビューを飾ったヴェレトゥは、2016-17シーズンにレンタル先のサンテチェンヌでプレー。それ以来の母国復帰となる。 2022.08.06 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセイユがローマのヴェレトゥ獲得で大筋合意、買取OP付きの1年レンタル

マルセイユがローマのフランス代表MFジョルダン・ヴェレトゥ(29)のレンタル獲得に漕ぎ着けたようだ。 ヴェレトゥはアストン・ビラやフィオレンティーナなどを経て、2019年夏からローマに在籍。優れたPKキッカーとして名高く、ローマでの3年間で記録したセリエA20得点のうち、11得点はPKによるものだ。 昨季はチームの主軸として開幕を迎えたものの、今年1月ごろから序列が低下し、途中出場がメインに。今夏はジョゼ・モウリーニョ監督の構想外となり、かねてより退団が取り沙汰されてきた。 フランス『フットメルカート』によると、マルセイユは買い取りオプションが付帯した1年レンタルでローマと大筋合意。ヴェレトゥの給与はすべてマルセイユ側で負担し、4日に行われる会談で最終決定される見通しとみられている。 マルセイユとローマは良好な関係を築いており、昨夏にもトルコ代表FWジェンギズ・ウンデル、元スペイン代表GKパウ・ロペスの取引を実施。両選手とも1年レンタルでマルセイユに加入し、のちに完全移籍へと切り替えている。 2022.08.04 20:59 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly