マルセイユ、2部降格シャルケMFアリをレンタルで獲得

2021.09.03 00:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルセイユは2日、シャルケのモロッコ代表MFアミーヌ・アリ(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。買い取りオプションは付いていないとのことだ。

フランス出身でモロッコ代表の攻撃的MFであるアリは、2017年夏にナントからシャルケに加入。シャルケでは公式戦119試合に出場して13ゴール23アシストを記録。主力としてプレーしていたが、昨季はシャルケの30年ぶり2部降格の危機を救うことはできなかった。

マルセイユでは今夏、フランス代表MFフロリアン・トヴァンがメキシコのティグレスに移籍していた。


関連ニュース
thumb

飛んできたのは“豚の頭”、19年前のエル・クラシコを覚えているか?

ピッチに投げ入れられた最も衝撃的なものはなんだろうか。 21日に行われたリーグ・アン第14節のリヨンvsマルセイユでは、スタンドから中身が入った状態のペットボトルが投げ入れられた。これがMFディミトリ・パイエの左耳付近を直撃し、パイエは頭を押さえながら倒れ込んでしまう。試合は一時中断を経て、中止にまで追いやられる事態となっていた。 19年前のエル・クラシコ、2002年11月23日に行われたカンプ・ノウでのバルセロナvsレアル・マドリーの一戦では、豚の頭がピッチに投げ入れられたのを覚えているだろうか。 元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴは2000年夏にバルセロナからレアル・マドリーへという禁断の移籍を決行。バルセロナのファンからは猛烈な反感を買っていた。前述のクラシコで、マドリーの一員としてカンプ・ノウに足を踏み入れたフィーゴに対してはブーイングの嵐。ライターやコインなども投げ入れられた。 その中でも異色だったのが豚の頭だ。CKでボールをセットした際に、あるバルセロナのファンがフィーゴに向かってそれを投擲。当たりはしなかったものの、様々な意味で衝撃を与えたことは間違いなかった。 当時のクラシコは一時中断こそしたものの、試合は継続。ゴールレスに終わっている。何事もなかったために、笑い話として語れるものの、ケガにつながっていれば大きな問題に発展していたことは間違いないだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】ピッチに投げ入れられた豚の頭</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">On this day in 2002, Barcelona fans threw a pig&#39;s head at Luis Figo before he took his corner at the Camp Nou <br><br>Figo left Barca for Real Madrid two years earlier. <a href="https://t.co/j3ZgOQ85dW">pic.twitter.com/j3ZgOQ85dW</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1463119883055599616?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.24 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

LFPがマルセイユ戦での一部サポーターの愚行を受け、リヨンへの暫定処分決定

LFP(フランス・プロリーグ機構)規律委員会は22日、リヨンに対して次回ホームで行われるスタッド・ランス戦を無観客で行うことを命じた。 リヨンは21日、マルセイユをホームに迎えてリーグ・アン第14節を開催。しかし、試合開始早々の5分にCKから試合を再開しようとしたMFディミトリ・パイエに対し、スタンドから中身が入った状態のペットボトルが投げ入れられると、パイエ左耳付近を直撃。死角からの衝撃にパイエは頭をおさえながら倒れ込んでしまった。 この行為により試合中断。両チームの選手がロッカールームへと引き上げること、一時は再開の様子見せたが、マルセイユが拒否したため、2時間後に試合中止が決定した。 これを受け、LFP規律委員会は22日に緊急会議を開催。そして、リヨンへの最初の処分として、12月1日に本拠地グルパマ・スタジアムで行われるリーグ・アン第16節スタッド・ランス戦の無観客開催を決定した。 なお、今回の事件に対するリヨンの責任問題や当該試合の取り扱いについては12月8日に最終的な判断が下されるとのことだ。 2021.11.23 00:01 Tue
twitterfacebook
thumb

リーグも「強く非難する」と声明、頭部に中身入りのペットボトルが直撃…マルセイユMFパイエの負傷で試合打ち切り

21日に行われたリーグ・アン第14節のリヨンvsマルセイユの一戦は、1人のサポーターの愚行により中断となった。 試合開始早々の5分、マルセイユがCKを獲得し、MFディミトリ・パイエがボールをセットしているその時だった。スタンドから中身が入った状態のペットボトルが投げ入れられると、パイエ左耳付近を直撃。死角からの衝撃にパイエは頭をおさえながら倒れ込んでしまった。 マルセイユだけでなくリヨンの関係者も不快感をあらわにしたこの行為により、試合は一時中断。両チームの選手がロッカールームへと引き上げることとなった。結局、試合は約2時間後に中止が決定。再開されることはなかった。 リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長が『アマゾン プライム』で語ったところによると、試合は一度再開の決定がなされたものの、マルセイユ陣営からの強い反対もあり、打ち切りとなったとのことだ。 今シーズンのリーグ・アンでは観客同士や観客と選手の衝突が多発。8月に行われたリーグ・アン第3節のニースvsマルセイユでも、スタンドから投げつけられたペットボトルがCKを蹴ろうとしたパイエに直撃し、試合が打ち切りになっていた。 LFP(フランス・プロリーグ機構)はこの件に関して声明を発表している。 「LFPは、リヨンとマルセイユの試合中にディミトリ・パイエに暴力が振るわれたことを強く非難する。この卑怯な攻撃に続いて、ディミトリ・パイエは差別的な侮辱の対象となった」 「シーズン当初からLFP規律委員会が下してきた決定(勝ち点の取り消し、試合の閉鎖、スタンドの閉鎖)や、スタジアムで暴力を振るう人物をより効果的に制裁するための働きを政府当局と共同で行ってきたにもかかわらず、今回の新たな重大な事件によって、試合の安全性は主催クラブと地元当局の責任であり、試合の再開または停止に最終的な責任があることを再認識させられた」 「このような状況下で、サンテティエンヌvsアンジェの試合と同様に、地域の県知事がリヨンvsマルセイユの試合の再開を決定したことに遺憾の意を表する」 「リーグ・アンがピッチ上での魅力を取り戻しているときに、このような深刻な事件が繰り返されることで、フランス国内および国際的なリーグのイメージが壊されている」 「これらの新たな、そして極めて深刻な事件を受けて、LFP規律委員会は明日、緊急会議を開催する」 <span class="paragraph-title">【動画】スタンドから投げ込まれたペットボトルがパイエの頭部を直撃する瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWjQvprtmp7/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWjQvprtmp7/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWjQvprtmp7/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.22 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

関心報道のチェルシーは…? レスターの新たな逸材フォファナ、夢のクラブを明かす!

レスター・シティのU-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナ(20)が将来、夢見るクラブを列挙した。 2020年10月にサンテチェンヌからレスターに加入したフォファナ。イングランド初上陸だったが、高い身体能力と守備センスを武器にプレミアリーグ28試合を含む公式戦38試合に出場して、DFジョニー・エバンスとDFチャグラル・ソユンクの間にしっかり割って入った。 そんなフォファナだが、今年8月初旬に行われたプレシーズンマッチのビジャレアル戦で腓骨を骨折した影響でいまだ今季の出場なし。年内の復帰も厳しい様相だが、他方面から視線を集めるビッグタレントのひとりであり、先日にチェルシーの接触が取り沙汰されている。 昨季の活躍ぶりを受けて、もはや引く手数多といわれるフォファナ。レスターとの契約も2025年まで残り、早々に実現しそうにないが、『Actu Foot』で夢の目的地を尋ねられると、生まれ故郷のクラブであるマルセイユを含めつつ、いくつかのビッグクラブを挙げた。 「夢見るクラブ? マルセイユ、レアル・マドリー、バルセロナ。プレミアリーグだと、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ。でも、夢を叶えるために努力をしないといけない。努力すれば、何だって成し遂げられるはずだ」 なお、レスターを率いるブレンダン・ロジャーズ監督はフォファナに噂されるチェルシーからのコンタクトについて質問されると、「まったくない」と返している。 2021.11.19 16:55 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルからレンタル中のゲンドゥージ、マルセイユ残留を希望 「ここで長くプレーしたい」

アーセナルからマルセイユにレンタル移籍しているフランス代表MFマテオ・ゲンドゥージ(22)だが、来季以降の残留を望んでいるようだ。フランス『RMC Sport』が伝えている。 ゲンドゥージは2018年夏にロリアンからアーセナルに加入。しかし度重なる素行不良が問題視され、2020-21シーズンはミケル・アルテタ監督の構想外となりローンという形でヘルタ・ベルリンでプレー。そして今季はマルセイユへ買い取りオプション付きの1年契約でレンタル移籍することになった。 マルセイユではホルヘ・サンパオリ監督の信頼を勝ち取り、今季ここまで公式戦全17試合に出場して3ゴール3アシストを記録。リーグ・アン第9節リール戦ではキャプテンマークを巻くなど、チームの中心選手として活躍している。 そんなゲンドゥージは、「ここで長くプレーしたい」とマルセイユでのプレー続行を希望。加えて、サンパオリ監督との関係は良好だともコメントしている。 「僕は小さい頃から、勝利への欲求とピッチで常にベストを尽くしたいという情熱をいつも持っていた。そして、その姿勢がマルセイユにハマったんだ」 「アーセナルとの契約はまだ残っているけど、僕はマルセイユでやるべきことに集中しているよ。将来的に身を置きたいクラブなんだ」 「ここはとても居心地がいい。だからこれからもマルセイユでプレーを楽しみたい」 「(サンパオリ監督とは)サッカーに対する姿勢や考え方が同じなんだ。シーズンが始まってから彼と一緒に歩んできたし、これからもそうするだろうね。僕がより良くなるように毎日助けてくれるんだ」 2021.11.12 18:16 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly