ミランがアドリ&メシアスを獲得! 前者は完全移籍も前所属ボルドーにレンタル

2021.09.01 05:21 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは8月31日、ボルドーのフランス人MFヤシン・アドリ(21)、クロトーネのブラジル人MFジュニオール・メシアス(30)の2選手の獲得を発表した。パリ・サンジェルマンのアカデミー育ちでフランスのアンダーカテゴリーの代表で常に主力を担ってきたアドリは、2019年2月からボルドーでプレー。昨シーズンはチームが残留争いを強いられた中、攻撃的MFやセントラルMFを主戦場にリーグ戦35試合2ゴール5アシストの数字を残していた。

186cmの恵まれたサイズに加え、足元のテクニックとパスセンス、創造性を兼ね備えた万能型のMFは、ドリブルとラストパスでチャンスを創出し、長いレンジから枠を捉える強烈なミドルシュートで自らゴールもこじ開けられる、インテルに旅立ったトルコ代表MFハカンチャルハノールの後継者としては打ってつけのプロフィールを持つ。

フランス『レキップ』によると、ミランはアドリ獲得に向けて総額1000万ユーロ(約12億9000万円)の移籍金を支払うことになるという。

なお、ミランと2026年までの5年契約にサインしたアドリだが、今シーズン終了まではレンタルという形でボルドーに残留する。

一方、ブラジル出身のメシアスはカザーレ・カルチョ、キエーリ・カルチョ、ゴッツァーノとイタリアの下部カテゴリーを渡り歩いた苦労人。2019年に加入した当時セリエBのクロトーネでセリエA昇格に貢献すると、昨シーズンは自身初のセリエAの舞台で躍動。チームが1年での降格を強いられた中、個人としてはセリエAで36試合に出場し、9ゴール4アシストを記録した。

セカンドトップや攻撃的MFを主戦場とするベテランMFは、買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍での加入となり、背番号は「30」に決定している。

関連ニュース
thumb

【セリエA第23節プレビュー】2位ミランvs5位ユベントス開催

前節は首位インテルがアタランタとの上位対決を引き分け、連勝が8でストップ。しかし、2位ミランがスペツィアに不覚を取って消化試合の一つ少ないインテルが2ポイント差としている。迎える第23節、2位ミラン(勝ち点48)vs5位ユベントス(勝ち点41)の上位対決が開催される。 ミランは前節、終盤のミスジャッジもあって格下スペツィアに痛恨の敗戦。リーグ戦での連勝が3で止まった。ただ、ユベントス戦に向けては現状のベストメンバーで臨める状況。切り替えて勝利を取り戻し、次節インテルとのダービーに臨めるか。 一方のユベントスは前節、FWディバラの2戦連発弾でウディネーゼに勝利。契約延長問題に揺れる中でのチームを勝利に導くゴールとなった。そして火曜に行われたコッパ・イタリアではDF吉田不在のサンプドリアに4-1と快勝。この試合でも途中出場のディバラがゴールを挙げており、ミラン戦に向けて好調ディバラがキーマンになりそうだ。 インテルは前節、互いのGKの活躍もあってアタランタ相手にゴールレスドロー決着となった。そして水曜に行われたコッパ・イタリアではエンポリに追い込まれながらもDFラノッキアのファインゴールで延長戦に持ち込み、MFセンシの今季初弾で準々決勝進出を決めた。好調なチーム状態を維持する中、今節は17位ヴェネツィア(勝ち点18)とのホーム戦に臨むが、ここは必勝としてダービーに挑みたい。 土曜にはラツィオvsアタランタの好カードも開催される。8位ラツィオ(勝ち点35)は前節、最下位サレルニターナにFWインモービレのドッピエッタで快勝。さらに火曜に行われたコッパ・イタリアでもウディネーゼとの延長戦の末、インモービレの決勝ゴールで勝ち上がった。ここまで波に乗れずにいるサッリ体制のラツィオだが、アタランタを下して上位戦線に踏みとどまれるか。 対する4位アタランタは前節、前述のようにインテルにゴールレスドロー。GKムッソの再三の好守もあって引き分けに持ち込んだ。ミラノ勢に食らいつくためには勝利が求められるが、好調だったFWムリエルが離脱。FWサパタの復帰も遅れており、先発が予想されている若手FWピッコリの活躍が求められる。 FWインシーニェを負傷で欠いた中、FWロサーノのドッピエッタでボローニャを退けた3位ナポリ(勝ち点46)は、最下位サレルニターナ(勝ち点11とのホーム戦に臨む。MFファビアン・ルイスが復帰したボローニャ戦は危なげない試合運びを見せたが、最下位相手に快勝となるか。 最後に7位ローマ(勝ち点35)は、11位エンポリ(勝ち点29とのアウェイ戦に臨む。ローマは前節、新戦力MFセルジオ・オリベイラのデビューPK弾が決勝点となってウノゼロ勝利。そして水曜に行われたコッパ・イタリアでは2部のレッチェ相手に逆転勝利。公式戦2連勝とした中、ここは必勝として更なる勢いに乗りたい。 ◆セリエA第23節 ▽1/21(金) ヴェローナ 2-1 ボローニャ ▽1/22(土) 《23:00》 ジェノアvsウディネーゼ 《26:00》 インテルvsヴェネツィア 《28:45》 ラツィオvsアタランタ ▽1/23(日) 《20:30》 カリアリvsフィオレンティーナ 《23:00》 ナポリvsサレルニターナ スペツィアvsサンプドリア トリノvsサッスオーロ 《26:00》 エンポリvsローマ 《28:45》 ミランvsユベントス 2022.01.22 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元セレソンのロビーニョ、禁固9年確定…2013年に集団強姦

元ブラジル代表FWロビーニョ(37)の有罪判決が確定した。イギリス『BBC』が報じている。 ロビーニョはミランに在籍した2013年にミラノ市街のナイトクラブで22歳のアルバニア人女性を集団で強姦した疑いがかけられ、2017年に有罪判決。9年間の禁固刑が言い渡された。 だが、この判決に不服のロビーニョ側は上告。そこから2020年12月の控訴審での敗訴もあったが、ローマの最高裁判所は19日にロビーニョ側の訴えを棄却して、当初の判決を支持した。 そんなロビーニョだが、現在はブラジルに滞在中。同国の法律では国民の引き渡しが禁じられており、収監される可能性が低いようだが、イタリアも刑に服すよう要請できるという。 かつてレアル・マドリーやマンチェスター・シティ、広州恒大(現・広州FC)などでも活躍したロビーニョはトルコでのプレーを経て、2020年10月からサントスに復帰。しかし、事件発覚で契約も1週間ほどで白紙となり、プレーから遠ざかっている。 2022.01.21 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが今冬にケシエ獲得に動く! フリーとなる今夏の争奪戦回避の意向

トッテナムが今冬の移籍市場でミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の獲得に動くようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 アントニオ・コンテ監督は今シーズンのトップ4フィニッシュに向け、今冬のタイミングでのチーム刷新を図る。ここまでは右ウイングバックのレギュラー候補として、ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(25)の獲得を優先事項としている。 その一方で、フランス代表MFタンギ・エンドンベレが完全に構想外となったことで、手薄な中盤の補強として以前から関心を示すケシエの獲得に力を注ぎ始めているようだ。 今シーズン限りでミランとの契約が終了する中、契約延長を固辞するコートジボワール代表MFは、フリーとなる今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンや国外の強豪クラブの有力なターゲットとなっている。 そういった中、トッテナムは今夏の争奪戦を避けるため、今冬のタイミングでミランに移籍金を支払う形での獲得へプラン変更したようだ。 現在、ミランとトッテナムではイングランド人DFジャフェット・タンガンガの移籍を巡る交渉を行っていると見られており、その話し合いと並行する形でケシエ獲得交渉を進めていく考えのようだ。 なお、ケシエ個人に関しては先日にトッテナムが獲得レースをリードしているとの報道も出ており、条件面において良い話し合いができているようだ。 2022.01.21 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

CBに負傷者相次ぐミラン、トッテナムの若手DFをレンタルで獲得か

ミランがトッテナムのU-21イングランド代表DFジャフェット・タンガンガ(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在セリエAで2位につけ、熾烈なスクデット争いを繰り広げているミランだが、センターバックが相次いで負傷。デンマーク代表DFシモン・ケアーはヒザを負傷して今季絶望となり、イングランド代表DFフィカヨ・トモリも13日に行われたコッパ・イタリアで左ヒザ内側半月板を損傷して、1カ月程度の離脱になると報じられている。 『スカイ・スポーツ』によると、スクデット争いで後れを取らないためにもセンターバックの補強が急務なミランは、タンガンガをレンタルで獲得するプランを持っているようだ。 トッテナムのアカデミー出身のタンガンガは、2019年9月に行われたEFLカップでファーストチームデビュー。翌年にはプレミアリーグデビューを飾るなど高い期待が寄せられているが、昨シーズンは度重なる負傷に悩まされ、公式戦13試合の出場に留まることに。今シーズンも公式戦17試合に出場しているが、プレミアリーグでの先発は8試合に留まっており、主軸の地位を築くまでには至っていない。 選手本人も、現在負傷中のDFクリスティアン・ロメロ、DFエリック・ダイアーが復帰した後の出場機会減少を危惧しているという。そのため、クラブ間でレンタル移籍に合意すれば、ミラン行きが実現する可能性は高まると見られている。 2022.01.19 13:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ミスジャッジで連勝ストップのミラン、ピオリ監督は「不当な扱いを受け冷静さを失った」

ミランのステファノ・ピオリ監督が敗戦を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ミランは17日に行われたセリエA第第22節でスペツィアと対戦した。立ち上がりから多くのチャンスを作りながらもなかなか得点を奪えない時間が続いたが、前半アディショナルタイムにFWラファエル・レオンのゴールで先制に成功。しかし、後半に入り同点とされると、終了間際にはMFジュニオール・メシアスが劇的勝ち越しゴールを挙げるも審判が直前のミランに対するスペツィアのファールを取ったことで取り消しに。この判定に冷静さを欠いたチームは直後に逆転を許し、1-2で敗れた。 セリエAでの連勝が「3」でストップし、インテルを抜き暫定首位に立つチャンスを逃した敗戦について、インタビューに応じたピオリ監督は不運な判定に落胆。同時に、チームの決定力不足についても改善が必要だとしている。 「我々の責任については、謝罪をしてくれた審判と共有されるべきだと思う。あのシーンまで、イーブンのプレーではあまり笛が吹かれていなかった。私は選手を落ち着かせようとしたが、うまくいかなかったね。不当な扱いを受けたことで、冷静さを失った。残念だ。前半は多くのチャンスがあり、1-0で終わるはずではなかった。ここから反応しなければならない」 「暫定首位に立つチャンスがあったが、挫折してしまった。ただ、長いシーズンのなかでは誰もが悪い日を過ごすものだ。今夜はその悪い日だったが、また立ち直らなければならない。反撃が必要になるだろう。このネガティブな結果、そして奇妙な試合の後で、大きな欲求を与えてくれる相手と出会うのは良いことだ。今は次の試合に向け、我々に力を与えてほしい」 「少し流動性に欠けていたと思う。我々は7、8ゴールを決める機会があったが、相手のGKは信じられなかったね。ゴール前でいくつかミスがあれば勝てないものだが、負けてしまった。この結果は重い」 2022.01.18 10:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly