トリノがFWブレカロを獲得! ヴォルフスブルクから買取OP付きのレンタルに

2021.09.01 03:44 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トリノは8月31日、ヴォルフスブルクからクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(23)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

イタリア『トゥットスポルト』などが報じるところによれば、今回の移籍は100万ユーロ(約1億3000万円)の有償レンタルとなり、買い取りオプションの金額は1100万ユーロ(約14億3000万円)となるようだ。

ブレカロはディナモ・ザグレブの下部組織出身で、2016年夏にヴォルフスブルクに完全移籍で加入。その後、シュツットガルトへのレンタルを経て2017年12月に復帰を果たすと、2018–19シーズンから主力に定着した。

左右のウイングを主戦場に突破力と動き出しに特長を持つ23歳は、昨シーズンのリーグ戦で29試合7ゴール3アシストの数字を残してクラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。

クロアチア代表として通算27キャップを誇る実力者は今夏のヴォルフスブルク退団を希望していた中、ビジャレアルやラツィオへの移籍が取り沙汰されたが、最終的にトリノ移籍を決断した。


関連ニュース
thumb

『SUZUKI』のロゴも存在感を放つ、トリノ115周年記念ユニはえんじベースのシンプルなデザインに

トリノは1日、クラブ創立115周年を記念した特別ユニフォームのデザインを発表した。 ユニフォームサプライヤー『Joma』によって仕立てられた記念ユニフォームは、チームカラーのえんじ色をベースとしている。光沢が抑えられ各ロゴを白であしらうなど、襟付きでシンプルながらもスタイリッシュなデザインとなった。 左胸にはクラブの象徴である雄牛があしらわれ、その下にクラブの創立日“3 Dicembre 1906”の文字が。フロントの中央ではメインスポンサーである日本の自動車メーカー『SUZUKI』のロゴが存在感を放っている。 襟の内側にはトリノがこれまで獲得した7つのスクデットと5つのコッパ・イタリアを示すパッチが施され、首元の背面にもクラブ名とともに“La Nostra Storia ÉLenggenda(我々の歴史と伝説)”の誇り高いメッセージが刻まれた。ショーツやソックスもえんじに白字で統一されている。 GK用のユニフォームは黒がベースだ。ロゴやエンブレムなどはオレンジから朱色にかかるような色味のデザインとなっている。 なお、着用は2日に行われるセリエA第15節、ホームでのエンポリ戦を予定しているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】トリノのクラブ創立115周年記念ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW76QywI63M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW76QywI63M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW76QywI63M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Torino Football Club(@torinofc1906)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 21:05 Thu
twitterfacebook
thumb

公式戦3連勝のローマ、モウリーニョ監督は“ウノゼロ”勝利に喜び 「選手には5-0で勝つより好きだと言った」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がチームのパフォーマンスを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは28日に行われたセリエA第14節でトリノと対戦した。公式戦連勝中のチームはこの日も32分にFWタミー・エイブラハムのゴールで先制に成功。後半には攻勢に出た相手にボールを握られるも、身体を張った守備でピンチを凌ぎ切り、1-0で勝利した。 この結果、公式戦3連勝と好調のローマはリーグ5位につけており、トップ4をうかがう状況となっている。 試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はクリーンシートを達成したチームに対して満足感を露わに。大量得点で勝利するよりも、こうした勝利を好むと語った。 「我々はいつもよりラインを少し深めに設定した。相手の2人のセンターバックもとても深い位置にいて、2人のフォワードを持つ我々が相手にプレッシャーをかけるのは簡単ではない」 「彼らは守備力の高いチームだが、2点目を取ることはできたと思う。そうすれば、終盤にもう少し違ったプレーができただろう。とはいえ、私はこのような形での勝利をとても気に入っている。試合終了後には選手たちに対して、『5-0で勝つよりも好きだ』と言ったよ」 「(ブライアン・)クリスタンテや(ジョルダン・)ヴェレトゥはいなかったが、(アマドゥ・)ディアワラは良い試合をしたし、(ヘンリク・)ムヒタリアンも素晴らしかった。本来のポジションでプレーしていなかった(カルレス・)ペレスも良くやったね。選手たちには本当に満足しており、これはチームの勝利だ」 「我々が上手く守ったことは重要だった。もう1点は欲しかったが、全員がピッチ全体でしっかり守っており、試合が終わったとき私はこういう勝利がとても好きだと思ったよ。ジェノア戦やゾリャ戦では、今日と違うタイプの勝利だった」 また、モウリーニョ監督はチームがこれからも向上していくと強調。ミッドウィークに行われるセリエA第15節のボローニャ戦に向け、早くも気を引き締めている。 「我々の順位表の上にも下にも素晴らしいチームがいるが、チームは前に進み続ける。水曜日には友人のシニシャ・ミハイロビッチに会うのが楽しみだが、ボローニャ戦は厳しい試合になるだろう」 2021.11.29 16:04 Mon
twitterfacebook
thumb

エイブラハム弾を守り抜いたローマが開幕以来の連勝!《セリエA》

セリエA第14節、ローマvsトリノが28日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 5位のローマ(勝ち点22)は前節、ジェノア相手に苦戦を強いられながらも、18歳の新星フェリックス・アフェナ=ギャンの圧巻のドッピエッタの活躍で2-0の勝利。リーグ戦の連敗をストップした。さらに、直近のヨーロッパ・カンファレンスリーグではザニオーロとエイブラハムの活躍でゾリャに4-0の快勝を収め、最終節を前にグループステージ突破を決めた。 公式戦3連勝を目指す今回のホームゲームでは11位のトリノ(勝ち点17)と対戦。モウリーニョ監督はこの一戦に向けて前節から先発3人を変更。累積警告のヴェレトゥに代えてディアワラ、クンブラとショムロドフに代えてスモーリング、ザニオーロを起用した。 立ち上がりから優勢に試合を進めるローマは、好調のザニオーロの積極的な縦への仕掛けを軸にチャンスを窺う。だが、10分過ぎには筋肉系のトラブルによってペッレグリーニがプレー続行不可能となり、15分にカルレス・ペレスのスクランブル投入を余儀なくされた。 以降はトリノの圧力に晒されて守勢に回ったローマだが、守護神パトリシオを中心に何とかピンチを凌ぐと、復調気配を見せる背番号9が決定的な仕事を果たす。32分、カウンターから左サイドでイバニェス、ムヒタリアンと繋ぎムヒタリアンから斜めのグラウンダーパスがボックス中央のエイブラハムの足元に入る。ここでエイブラハムは絶妙なファーストタッチと身体をうまく倒してシュートコースを作り出し、右足のシュートをゴール右隅へ流し込んだ。 さらに、勢いづいて攻めるローマは直後の37分にもボックス内で仕掛けたエル・シャーラウィがDFボンジョルノに倒されてPKを獲得。だが、長いVARのレビューの結果、崩しの起点となった場面で微妙ながらもエイブラハムの戻りオフサイドを取られる。続く45分にはカルレス・ペレスからの左クロスをゴール前のエイブラハムがドンピシャのヘッドで合わすが、今度はGKミリンコビッチ=サビッチの驚異的な反応に阻まれた。 1点リードで迎えた後半、ローマはコンディションで勝るアウェイチームの攻勢に晒されて序盤から耐える時間帯が続く。自陣の深い位置で再三のセットプレーを与えて幾度もフィニッシュまで持ち込まれるが、身体を張った守備で何とか耐え抜く。 以降は前がかりな相手に対してザニオーロやエル・シャーラウィの長い持ち上がりを生かしたカウンターを繰り出していくが、周囲のサポートや最後のプレー精度を欠きなかなかフィニッシュで攻撃を終われない。 後半半ばを過ぎてトリノは後ろを削ってザザやバゼッリ、ピアツァら攻撃的なカードを切っていくが、その中で足を痛めたベロッティがプレー続行不可能となり、サナブリアのスクランブル投入を余儀なくされるアクシデントも発生。 その後、最少得点差で試合終盤を迎えたローマは88分になってようやく最初の交代カードを切る。エル・シャーラウィを下げて負傷明けのビーニャをピッチに送り出した。さらに、後半アディショナルタイムにはクンブラの投入で相手のパワープレーを何とか凌いだローマは、リーグ2試合連続のクリーンシートで3連勝を達成した開幕以来の連勝を飾った。 2021.11.29 04:10 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場の10人サンプドリア、守備の崩壊止まらずトリノに完敗《セリエA》

サンプドリアは30日、セリエA第11節でトリノとのアウェイ戦に臨み、0-3で完敗した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節アタランタ戦を落とした15位サンプドリア(勝ち点9)は、吉田が3バックの中央で先発となった。 13位トリノ(勝ち点11)に対し、サンプドリアは17分に失点する。サナブリアのダイレクトパスで守備を崩されると、最後はプラートにゴールを許した。 失点後もトリノにポゼッションを許したサンプドリアは37分に初シュート。右クロスにトールスビーが頭で合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 すると迎えた後半、52分に追加点を許す。CKをはね返されたロングカウンターの流れからボックス右への進入を許したシンゴにシュートを決められた。 そして67分、アドリエン・シウバが抗議により2枚目のイエローカードを受けてサンプドリアは数的不利となった。 終盤にかけても成す術のないサンプドリアは追加タイム3分、ベロッティにゴールを許して0-3で完敗。守備の崩壊が止まらず敗れている。 2021.10.31 05:46 Sun
twitterfacebook
thumb

6連勝で暫定首位浮上のミラン、決勝弾のジルーは「エネルギーに満ちたプレーに満足」

ミランのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、勝利への貢献を喜んだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ジルーは26日にサン・シーロで行われたセリエA第10節のトリノ戦に先発出場。14分にMFラデ・クルニッチからのボールを確実に決め先制点をマークすると、チームは攻勢に出てきた相手チームを最後まで抑え切り、1-0で勝利した。 この結果、ミランはリーグ6連勝で暫定首位に浮上。ジルーにとっては今季リーグ戦4ゴール目となり、調子を上げてきている。 試合後のインタビューに応じたフランス代表FWは、チームが発揮したパフォーマンスに満足感を露わに。勝ち点3を得られた重要性について語っている。 「僕たちは良い試合をしたと思うよ。トリノは強くてアグレッシブなチームだ。(グレイソン・)ブレメルとは何度も対戦したが、素晴らしいディフェンダーだね」 「今日は最初からうまくいき、トリノにあまりチャンスを作らせなかった。守備もしっかりしていたと思うから、とても満足しているよ。今日は勝ち点3こそが最も重要だったからね」 「3日おきに試合をするのは簡単なことではない。それでも僕たちは、いつもアグレッシブでエネルギーに満ちたプレーをしているから満足だ。もちろん、すべてが完璧というわけではなかったけど、この勝ち点3には満足している」 また、ジルーはこれまでの4ゴールはすべてホームで獲得していることに言及。「僕はホームでしか得点できないってことかな? つまりは、次のゴールはアウェイで決めるということさ」と、アウェイで得点を記録するのは時間の問題だと断言した。 2021.10.27 13:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly