ナポリがカメルーン代表MFザンボ・アンギサを獲得! 昨季フルアムで奮闘の守備的MF

2021.09.01 02:11 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは8月31日、フルアムからカメルーン代表MFアンドレ=フランク・ザンボ・アンギサ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

なお、フルアムは今回の移籍決定前に同選手との契約を2024年6月30日まで延長している。

マルセイユでプロキャリアをスタートし、2018年にフルアムへ完全移籍したザンボ・アンギサ。翌年にはビジャレアルに1年間の武者修行に出て、昨夏にフルアムへ復帰した。

昨シーズンはチームが残留争いを強いられた中、プレミアリーグ36試合に出場。持ち味のフィジカル能力を生かしたボール奪取や正確な散らし、果敢な持ち出しと個人としては印象的なパフォーマンスを披露していた。

そのため、クラブが2部降格となったことで、今夏の退団が有力視されていた中、ナポリ移籍が決定した。

関連ニュース
thumb

指揮官共に退席となった太陽デルビーはゴールレス! ホームで意地見せたローマがナポリの開幕連勝を「8」でストップ《セリエA》

セリエA第9節、ローマとナポリによるデルビー・デル・ソーレが24日にスタディオ・オリンピコで行われ、0-0のドローに終わった。   現在、4位のローマ(勝ち点15)は前節のユベントス戦に0-1で惜敗し、今季3敗目を喫した。さらに、ミッドウィークのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では敵地ノルウェーの寒さ、人工芝の影響を考慮して主力を温存して臨んだ結果、モウリーニョ監督史上初の1試合6失点を喫する屈辱の惨敗を喫し、今季初の公式戦連敗となった。その敗戦からのバウンスバックを図る勝利必須の一戦ではユベントス戦と全く同じメンバーを採用し、負傷明けのザニオーロも無事スタメンに入った。   一方、スパレッティ新監督の下で開幕8連勝と完璧なスタートを切った首位のナポリ(勝ち点24)。前節はトリノ相手に苦戦を強いられたものの、オシムヘンの後半終盤のゴールによってウノゼロの勝利。さらに、ミッドウィークのヨーロッパリーグ(EL)ではレギア・ワルシャワを相手に3-0の快勝を収めてグループステージ初白星を挙げている。敵地で9連勝を狙ったこの一戦ではレギア・ワルシャワで温存した主力を復帰させ、トリノ戦と全く同じメンバーで臨んだ。   戦前はアウェイチーム圧倒的優位と見られたデルビー・デル・ソーレだが、試合の入りはボデ/グリムト戦での惨敗を払しょくしたいホームチームが気合の入った入りを見せる。前から圧力をかけるローマは開始7分にボックス内でペッレグリーニがフィニッシュまで持ち込むと、以降もザニオーロを起点に積極的な仕掛けを見せる。   一方、ナポリも時間の経過と共にボールの主導権を奪い返し、背後を狙うオシムヘンが相手の最終ラインを押し下げて、空いたスペースをインシーニェとポリターノの両翼やジエリンスキが効果的に使いフィニッシュの局面に顔を出していく。   以降は積極的に最終ラインと駆け引きするオシムヘンを起点に攻めるナポリ、切り替えで上回り鋭いカウンターを仕掛けるローマという構図の下で一進一退の攻防が続くが、互いに最後の精度を欠く。28分にはジエリンスキからボールを奪ったクリスタンテからの絶妙なスルーパスにエイブラハムが抜け出すが、ボックス内でのシュートを枠の右に外してしまい、絶好機を逸する。その後、ナポリは前半終了間際にインシーニェが両チームを通じて最初の枠内シュートを放ったが、これはGKパトリシオのセーブに阻まれた。   互いに選手交代なしで臨んだ後半は、立ち上がりからナポリが押し込む時間帯が続く。ハーフタイムの修正によってローマにカウンターチャンスを与えず、厚みのある攻撃を継続する中、60分過ぎに続けて決定機。まずは60分、ボックス右に抜け出したインシーニェの折り返しにオシムヘンが飛び込むと、DF2枚と交錯した中でクリアボールが右ポストを叩く。さらに、63分にはジエリンスキの左CKを再びオシムヘンが頭で合わすが、今度はクロスバーを叩いた。   一連のピンチを辛くも凌いだローマは、相手の攻め疲れに乗じてここから反撃を開始。66分にはカルスドルプの浮き球のパスに反応したペッレグリーニがゴール右で右足のダイレクトボレーを放つが、これは惜しくも枠を外れる。さらに、72分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でペッレグリーニの正確なクロスをゴール前にフリーで飛び出したマンチーニが頭で合わすが、これもわずかに枠の左へ外れた。   互いに前線のメンバーを入れ替えてデルビーらしい白熱の攻防を最後まで繰り広げていく両者。81分には前半からレフェリングにフラストレーションを募らせていたモウリーニョ監督が執拗な抗議で2枚目のカードをもらい、退席処分となる。   その後、最終盤にかけてもどちらに転んでもおかしくない拮抗した展開が続いたが、最後にパワーを振り絞ったローマの攻勢をDFクリバリ中心に凌ぎ切ったナポリが、このまま0-0で試合をクローズ。   この結果、白熱のデルビー・デル・ソーレはゴールレスドローに終わり、ホームで意地を見せたローマがナポリの開幕からの連勝を「8」でストップした。なお、同試合後、敵将モウリーニョと同様にマッサ主審の判定に不満を溜めていたスパレッティ監督が、試合後に判定を揶揄する拍手のジェスチャーでレッドカードを掲示され、指揮官2人とも退席処分となっている。 2021.10.25 03:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリに痛手…ELで負傷交代のDFマノラスが右大臀筋の損傷

24日にローマとの一戦を控えるナポリだが、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスが離脱することとなった。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズンもナポリの守備の要としての活躍が期待されているマノラス。しかし、直近のリーグ戦では出場機会がないと、17日のセリエA第8節のトリノ戦は負傷で欠場していた。 しかし、21日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のレギア・ワルシャワ戦は先発出場。センターバックとしてプレーしたが、72分に負傷交代を余儀なくされていた。 このところケガがちのマノラスだが、ナポリは22日に状態を報告。検査の結果、右大臀筋に低度の損傷が見つかったとのことだ。なお、すでにリハビリを始めているとのことだ。 2021.10.22 23:04 Fri
twitterfacebook
thumb

EL初白星のナポリ、安堵のスパレッティ監督「今夜以上の結果を出すのは難しい」

ナポリのルチアーノ・スパレッティ監督がヨーロッパリーグ(EL)での初勝利を喜んだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 ナポリは21日に行われたELグループC第3節でレギア・ワルシャワと対戦した。ここまで1分け1敗とELで勝利のなかったナポリだが、この日はグループ首位の相手チームに対して攻勢を続けると、76分にロレンツォ・インシーニェのゴールで先制に成功。その後はFWビクター・オシムヘン、FWマッテオ・ポリターノにも得点が生まれ、3-0で勝利した。 ELグループ初勝利を挙げたナポリはグループ2位に浮上しており、決勝トーナメント進出に向け大きな白星となっている。試合後のインタビューに応じたスパレッティ監督も、難敵相手の勝利に喜びを露わにした。 「今夜以上の結果を出すのは難しいだろう。我々はELに興味がないと言っていた人たちに対して、選手たちからの答えが出たね。レスター・シティに勝っている相手に対して、我々はゲームをリードし続け忍耐強かった。もう少し、フィニッシュに運があっても良かったはずだ」 「選手交代の効果について? 攻撃陣に多くの選手がいる場合、我々はバリエーションを見つけることができる。つまり、2人のトレクァルティスタがいれば、勝つためのプレーを見つけやすくなるのだ」 また、スパレッティ監督はチーム全員が共通の目標に向かって進んでいく重要性を強調。それができていない選手に対しては、しっかり対処する必要があると語った。 「全員が個人の結果を考えていては、チームの勝利はあり得ない。共通の目標達成に辿り着くためには、正しい姿勢が必要なのだ。選手たちがそれを理解していればそれに越したことはないが、理解していないときには諭す必要がある」 2021.10.22 13:00 Fri
twitterfacebook
thumb

インシーニェの1G1Aでナポリがグループ首位のレギア・ワルシャワを下して初勝利【EL第3節まとめ】

ヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第3節が21日にヨーロッパ各地で行われた。 グループCではナポリがレギア・ワルシャワをホームに迎えた中、3-0で勝利した。 前節のスパルタク・モスクワ戦で今季公式戦初黒星を喫しEL未勝利が続くナポリは、直近のトリノ戦からスタメンを7人変更。オシムヘンやポリターノ、ジエリンスキ、GKオスピナらに替えてメルテンスやロサーノ、エルマス、GKメレトをスタメンで起用した。 EL2連勝中のレギア・ワルシャワに対し、徐々にペースを握るナポリは12分に相手DFのクリアをボックス左横で拾ったメルテンスがカットインからシュートを放ったが、これは相手GKが好セーブ。 さらに23分には、インシーニェのループパスをバイタルエリア中央でロサーノが競り合うと、こぼれ球に反応したメルテンスがボックス内から右足ボレーで合わせたが、シュートはゴール左に逸れた。 攻勢を続けるナポリは、29分にも敵陣でのボール奪取からメルテンスのラストパスを受けたロサーノが決定機を迎えたが、シュートは相手GKのブロックに阻まれた。 迎えた後半も主導権を握るナポリは、54分にデンメ、56分にインシーニェ、61分にメルテンスと立て続けにチャンスを迎えるがゴールネットを揺らすことができない。 先制点の遠いナポリは、72分にメルテンスとマノラスを下げてペターニャとポリターノを投入。すると76分、右サイドから仕掛けたポリターノのクロスをボックス中央のインシーニェがハーフボレーで叩き込み、待望のゴールを奪った。 さらにナポリは、80分にもインシーニェとのワンツーでボックス右から侵入した途中出場のオシムヘンが飛び出したGKのニアサイドを抜くシュートを流し込んだ。 その後も危なげない試合運びを見せるナポリは、試合終了間際の95分にもポリターノがゴールネットを揺らし、3-0で完勝。グループ首位のレギア・ワルシャワを下したナポリがEL初勝利を飾っている。 ■ELグループステージ第3節結果 ◆グループA スパルタ・プラハ 3-4 リヨン レンジャーズ 2-0 ブレンビー ◆グループB PSV 1-2 モナコ シュトゥルム・グラーツ 0-1 レアル・ソシエダ ◆グループC ナポリ 3-0 レギア・ワルシャワ ◆グループD フランクフルト 3-1 オリンピアコス フェネルバフチェ 2-2 アントワープ ◆グループE ラツィオ 0-0 マルセイユ ロコモティフ・モスクワ 0-1 ガラタサライ ◆グループF ルドゴレツ 0-1 ブラガ ミッティラン 1-1 ツルヴェナ・ズヴェズダ ◆グループG ベティス 1-1 レバークーゼン ◆グループH ウェストハム 3-0 ヘンク ラピド・ウィーン 2-1 ディナモ・ザグレブ 2021.10.22 06:01 Fri
twitterfacebook
thumb

インシーニェPK失敗もオシムヘンの終盤弾でナポリが開幕8連勝《セリエA》

ナポリは17日、セリエA第8節でトリノをホームに迎え、1-0で勝利した。 前節フィオレンティーナに逆転勝利として開幕7連勝としたナポリ(勝ち点21)は、現状のベストメンバーで臨んだ。 前節ユベントスに善戦しながらも惜敗した11位トリノ(勝ち点8)に対し、3トップにオシムヘン、インシーニェ、ポリターノと並べたナポリは10分、オシムヘンが強烈なミドルシュートでトリノを牽制。 続く20分にもオシムヘンがヘディングシュートでゴールに迫ったナポリは、25分にPKを獲得する。FKの流れからボックス内のディ・ロレンツォがコネに倒された。 しかし、キッカーのインシーニェはシュートをGKミリンコビッチ=サビッチに止められ、先制とはならない。 ハーフタイムにかけてもナポリが押し込んだが、スコアは動かせずゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もナポリが攻勢をかけると、57分に先制しかける。マリオ・ルイの左サイドからのFKをディ・ロレンツォが頭で合わせてネットを揺らした。しかしVARが入り、オフサイドがあってノーゴールに。 続く63分、交代直後のロサーノが左ポスト直撃のシュートを浴びせたナポリは65分にはピンチを迎えるも、ブレカロのゴール至近距離からのシュートはGKオスピナが好守で凌いだ。 すると終盤の81分、ナポリが均衡を破る。ボックス内での分厚い攻めの流れから、ルーズとなった浮き球のボールをオシムヘンが頭で押し込んだ。 これが決勝点となってナポリが勝利。開幕8連勝を達成している。 2021.10.18 03:02 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly