インテルのオーストリア代表MFラザロがベンフィカにレンタル移籍

2021.08.31 22:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベンフィカは31日、インテルのオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。

契約期間は2022年6月までの1年間で、買い取りオプションなどは付いていない。

ラザロは、ザルツブルクのアカデミー出身。2012年7月にファーストチームへと昇格すると、ヘルタ・ベルリンへのレンタル移籍を経て、2018年7月に完全移籍。2019年7月にインテルへと完全移籍した。

2020年1月にはニューカッスルへとレンタル移籍すると、2020-21シーズンはボルシアMGへとレンタル移籍を経験していた。

右サイドハーフを主戦場に、左サイドハーフや両ウイング、両サイドバックがこなせるユーティリティ性を持っているラザロ。2020-21シーズンはボルシアMGで公式戦28試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。

インテルでは公式戦11試合の出場に終わっているが、ベンフィカは貴重なサイドアタッカーを手にした。



1 2

関連ニュース
thumb

CL初陣となったチャビ監督、「結果には不満」と語りながらもパフォーマンスは評価「ゴール以外は全て完璧だった」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督が、ベンフィカ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 バルセロナは23日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節でベンフィカをホームに迎えた。 勝利すれば決勝トーナメント進出が決定する一戦。チャビ監督にとって、初のCLでの指揮となった試合だったが、チームは押し気味に試合を進めながらも肝心のゴールが奪えない。 結局最後までチャンスを生かせずにゴールレスドローで終了。決勝トーナメント進出は、最終節に持ち越されることとなった。 チャビ監督は試合を振り返り、結果に不満を見せながらも、試合の内容には満足感を見せた。 「素晴らしい顔合わせだった。結果には不満がある。我々がプレーした試合は勝つためのものだった。もし我々がゴールを決めていたら、素晴らしい試合になっていただろう」 「怒っているわけではない。残念なことだった。チャンスを逃していた。我々にはあまり嬉しくないポイントだった」 「しかし、ポジティブに考えれば、残り1試合、ミュンヘンで勝たなければならないということだ。別の弾がある」 「このようにプレーすることで勝てるだろう。全体的に、我々が望んでいるものに近いチームのイメージに満足している」 また、大事になる最終節のバイエルン戦についても言及。現在2位にいながらも、勝たなければベンフィカに逆転される可能性があるだけに、しっかりと戦いたいとコメント。勝利できると意欲を見せた。 「ミュンヘンまでは2週間ある。正しい道を歩めるだろう。今日の試合は激しさ、ディフェンス、デュエル、多くのチャンスを作り、ベンフィカは我々のプレーに付き合ってくれた…残念なのは、ゴールがなかったことだ」 「全力を尽くした。選手たちは全力を尽くし、疲れ切っていた。しかし、もっとチャンスを掴む必要がある。もっと大胆になる必要もある。我々はゴールを欠いていた」 「チームを見る限り、私は楽観的だ。誰にでも勝てるという気持ちがある。しかし、うまくいかないこともある。ただ、ゴールが足りなかった。惜しいことだ。ゴール以外は全て完璧だった」 「勝つためにミュンヘンへ行く。それ以外に方法はない。そしてキャラクターを大切にしていく。我々は自分たちに依存している」 「誰とでも争えるだろう。ミュンヘンへ行って勝つことを考えればいいだけだ。我々はそういった幻想を持っている」 2021.11.24 11:57 Wed
twitterfacebook
thumb

チャビCL初陣バルセロナは堅守ベンフィカとゴールレス…2位キープも自力突破は敵地バイエルン戦の勝利必須に《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループE第5節、バルセロナvsベンフィカが23日にカンプ・ノウで行われ、0-0のドローに終わった。 開幕連敗スタートもディナモ・キエフ相手の連戦をいずれも1-0でモノにし、グループ2位に浮上して今節を迎えたバルセロナ(勝ち点6)。この間にチャビ新監督を迎えたチームは、直近のエスパニョールとのダービーを同じく1-0で勝利し、レジェンドの初陣を白星で飾った。 そして、チャビのCL初陣となった今回の一戦では前回対戦で0-3の完敗を喫した3位のベンフィカ(勝ち点4)を相手にリベンジと共に、突破を決める勝ち点3を狙った。エスパニョール戦からは先発3人を変更。ミンゲサ、エリック・ガルシア、イリアスに代えてアラウホ、ラングレ、デミルを起用し、デミルとジョルディ・アルバがウイングバックに入る[3-4-3]を採用した。 立ち上がりからリズム良くボールを動かして攻勢を仕掛けるバルセロナは、8分にボックス右に侵入したデミルが得意の左足を振っていきなりゴールに迫るが、これはGKの好守に遭う。 以降は3バックの両脇に入るアラウホやラングレの攻撃参加をアクセントに的を絞らせない攻めで幾度か良いシーンを作っていく。27分にはカウンターから中央のニコ・ゴンサレスがドリブルで長い距離を運んでボックス右に走り込むアルバにラストパス。だが、アルバのシュートはコースが甘くGKヴラチョディモスに阻まれる。 一方、守勢が続くベンフィカだが、粘り強い守備でピンチを凌ぎつつ相手の高い最終ラインの背後を狙う形で幾度かホームチームに冷や汗をかかせる。 そして、34分には右CKの場面でエヴェルトンのクロスをゴール前でDFラングレを振り切ったヤレムチュクがダイビングヘッドで合わすが、これはGKテア・シュテーゲンの見事な反射神経を前にはじき出される。さらに、直後の右CKの流れからオタメンディが強烈なシュートでゴールネットを揺らしたものの、ここはエヴェルトンのCKがゴールラインを割っていたとの判定でゴールは認められず。 互いに決定機を作り合った中、前半終了間際の42分には右サイドからドリブルで内に切り込んだデミルが狙いすました左足のコントロールシュートをファーポストへ飛ばすが、これは惜しくもクロスバーを叩いて先制点とはならなかった。 後半も試合の主導権を握るバルセロナだが、最後の局面で精度や連携が合わず、決定機まであと一歩という状況が続く。57分には相手の高いラインの背後に抜け出したデパイがボックス内で深い切り返しを見せてDFヴェルトンゲンをかわすが、必死に戻ったDFオタメンディの見事なカバーに阻まれて絶好機を逸する。 一方、狙いとするカウンターの形を作れないベンフィカは59分、ジョアン・マリオ、ヤレムチュクを下げて、より機動力があるターラブト、ヌニェスを同時投入。その狙い通りにヌニェスが相手を引っくり返す場面を創出する。 最終節の相手がバイエルンであることを考えると、勝ち切りたいバルセロナは66分にデミルを下げて切り札のデンベレを投入。すると、交代直後の67分には早速右サイド深くで鋭い仕掛けを見せたデンベレがゴールライン際で浮き球のクロスを供給。これにゴール前のフレンキー・デ・ヨングが飛び込むが、ヘディングシュートは相手GKのファインセーブに遭う。 その後はフレッシュな選手の投入で均衡を保とうとするベンフィカに対して、バルセロナが攻勢を仕掛ける状況が続く。83分には左サイドのアルバからのアーリークロスに完璧なタイミングで抜け出したアラウホが見事なボレーシュートをゴールネットへ突き刺す。だが、これは抜け出しのタイミングでオフサイドを取られ、土壇場での先制点とはならず。 その後、アラウホとラングレを下げてエリック・ガルシア、デストを投入して前がかるホームチームだったが、相手の守備をこじ開けられない。すると、後半アディショナルタイムの93分には完全に背後を取られてヌニェスとセフェロビッチに2対1の数的優位のカウンターを許したが、ここはGKテア・シュテーゲンの好守とセフェロビッチのシュートミスに救われ、何とか失点を免れた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、チャビ監督のCL初陣をゴールレスドローで終えたバルセロナは2位こそキープしたものの、最終節での自力突破には敵地でのバイエルン戦勝利が必須という厳しい状況となった。 2021.11.24 07:08 Wed
twitterfacebook
thumb

カンプ・ノウ帰還のグリマルドが将来的な古巣復帰を希望 「ドアを閉めるつもりはない」

ベンフィカのスペイン人DFアレックス・グリマルド(26)が古巣バルセロナへの復帰願望を口にしている。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 バルセロナの下部組織出身の攻撃的左サイドバックのグリマルドは、2015年12月末にベンフィカへ完全移籍で加入。バルセロナ仕込みのテクニックとスピードを武器に、ここまで公式戦221試合16ゴール44アシストを記録するなど、不動の左サイドバックとして活躍している。 その実力派DFは、23日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のグループE第5節で古巣の本拠地カンプ・ノウに初凱旋となる。そのエモーショナルな一戦を前に、グリマルドは将来的な古巣復帰を希望していることを明かした。 「バルセロナは常に僕の家であり、ドアを閉めるつもりはないよ。否定はしないし、いつも心にあることだ。僕はそこで育ったし、小さい頃からの夢の一つだった」 「僕はラ・マシアに住んでいて、そこで育ち、教育を受け、人生でいくつかの価値観を学んだんだ。ラ・マシアで過ごしたことをとても誇りに思っている。だから、たとえ次の試合でゴールを奪ったとしても祝うつもりはないよ」 古巣への復帰願望を認めた一方、グリマルドは自身をプレーヤーとして大きく成長させたベンフィカへの愛情も口にしている。 「ベンフィカは僕に多くのものを与えてくれた。クラブは僕に賭けてくれ、トッププレーヤーへ飛躍する手助けをしてくれたクラブなんだ。ここでプレーヤーとして、そして人間として成長することができた。多くのことを改善し、ヨーロッパで競争している」 「バルセロナで育ったことをとても光栄に思うけど、今はベンフィカにいて、とても幸せなんだ」 2021.11.23 22:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカへのリベンジを意識せず…グループ突破を重視するアルバ「僕ら次第」

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバが23日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループE第5節のベンフィカ戦を展望した。 グループEの4試合を消化して2勝2敗の勝ち点6で2位につけるバルセロナ。開幕2連敗スタートと大きく躓いたが、そこからの2連勝で盛り返し、このたびの2ポイント差で3位のベンフィカ戦に勝利すれば、グループステージ突破が決まる。 立ちはだかるベンフィカは第2節のアウェイゲームで0-3の完敗を喫した嫌なイメージが残る相手だが、同じ相手に敗れるわけにいかないバルセロナ。チャビ・エルナンデス監督と前日会見に出席したアルバはまず予想される展開に言及した。 「1戦目と同じような展開になるだろうね。彼らはカウンターアタックを得意としているが、質もある。個々もすごく優れていて、どう戦うべきかも心得ている。彼らがどの出てくるか読めないけど、1戦目と同じやり方でプレーしてくると思う」 そして、スペイン人左サイドバックはこの対戦をリベンジマッチととらえるのではなく、自分たちの手でグループステージ突破を決めるための試合として挑むべきだと語った。 「明日はそれを証明しなくてはならない。今、ここで言っても仕方ないことだが、あの試合は勝つに値するものだったと思う。多くのチャンスを作りながら、ゴールを決めることができなかった」 「だから、僕らが3-0で勝利するに至らなかったんだ。僕はこの試合を家で観ていたけど、僕らのチームの出来が悪かったとは思わなかった。でも、リベンジマッチだととらえるべきではない。ベスト16に進出できるかどうかは僕ら次第だ」 2021.11.23 17:10 Tue
twitterfacebook
thumb

勝てばグループ突破のバルサ、チャビ監督「戦う準備はできている」

バルセロナのチャビ・エルナンデス監督がチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ突破に意気込みを語った。 グループEの4試合を消化して、2勝2敗の勝ち点6で2位につけるバルセロナ。23日にホームで行われる第5節では2ポイント差で3位につけるベンフィカと対戦する。 バルセロナにとって、勝てばグループステージ突破が決まる重要な一戦。20日に行われたラ・リーガ第14節のエスパニョール戦が初陣だったチャビ監督にとってはCLで初めての指揮となる。 そのチャビ監督は試合に先駆けた会見で、名将ジョルジェ・ジェズス監督率いるベンフィカとのタフな試合展開を予想した。 「明日は難しい試合になるだろう。経験豊富な監督がいる素晴らしいチームが相手だ。ベンフィカは非常にフィジカルが印象的なチームで、優れたストライカーもいる。CLの試合は激しく、速いペースで進行するだろうが、我々も戦う準備ができている。勝利すればベスト16に進むことができる」 「ベンフィカはとても優れたチームであり、ジョルジェ・ジェズスには尊敬の念を抱いている。魂のこもったチームで、素晴らしいセンターバック、優れたミッドフィールダー、そして非常に強力なフォワードを擁するトップレベルのチームだ。だが、我々の目標は勝つことであり、困難な状況に直面することを承知の上で自分たちのアイデアを試合に反映させるつもりだ」 そして、スペイン人指揮官はベスト16進出がかかる試合に向けて準備を進めているとし、選手たちにもこのチャンスをいま一度理解してほしいと語った。 「我々はバルセロナなのだから、毎週、あるいは3日おきに試合をこなしていかなくてはならない。明日の試合はチャンス。チャレンジでもあり、私はそれが好きだ。チームの守備、攻撃、精神面の準備を整えて、彼らに明日がベスト16に進出するためのチャンスであるというのを改めて理解してもらいたい」 2021.11.23 15:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly