J3藤枝の2選手が新型コロナ陽性、富山では関わった選手・スタッフが検査

2021.08.31 10:43 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
藤枝MYFCは31日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性診断を受けたことを発表した。

クラブの発表によると、両選手は29日に発熱があり、トップチームの選手・スタッフ全員が抗原検査を実施。1人が陽性判定となり、他の選手やスタッフは陰性となった。

その結果、当日の活動を見合わせ、選手・スタッフ全員がPCR検査を受けたところ、30日に2選手が陽性判定を受けたとのことだ。

両選手ともに、28日に行われたアウェイでのカターレ富山戦への遠征に参加。その日まで発熱などはなかったが、戻ってから37度の発熱があったとのことだ。

もう1名の選手も遠征時には発熱などはなかったが、29日に37.8度の発熱。抗原定性検査では陰性だったが、PCR検査では陽性だった。

濃厚接触者の特定に関しては関係各所の指導に沿って適宜対応するとしている。

また、9月4日のカマタマーレ讃岐戦に関しては、キックオフ3時間前にJリーグオンサイト検査を実施し、陰性だったもののみが試合にエントリーされる。

なお、対戦相手だった富山ものこの件を報告。関係した可能性を否定できない選手17名、関係者6名のオンサイト検査を実施し、30日に陰性が確認。会話をした選手2名、関係者3名については、31日にPCR検査を追加で実施するとのことだ。


関連ニュース
thumb

最終節のYS横浜戦で退場処分の藤枝・須藤大輔監督、出場停止処分はなし

Jリーグは9日、藤枝MYFCの須藤大輔監督への処分について発表した。 5日で2021シーズンのJリーグの全日程が終了。藤枝は明治安田生命J3リーグ最終節でY.S.C.C.横浜と対戦していた。 この試合では0-3でYS横浜が勝利していたが、須藤監督は85分に主審より退場処分を受けていた。 Jリーグは懲罰基準に照らして審議した結果、同監督のテクニカルエリアを出て、競技中のフィールドに入り審判員に意義を示した行為は、「きわめて反スポーツ的な行為」に相当すると判断、1試合の出場停止(ベンチ入り)処分とすると発表した。 しかし、全日程が終了していることに加え、出場停止処分の対象となる同レベルの大会がないこと、また停止処分となる対象試合が1試合で翌シーズンへ繰り越さないことから、須藤監督のベンチ入り停止はないこととなった。 すでに須藤監督は来シーズンの続投が決定。シーズン開幕戦でも指揮することができる。 2021.12.09 11:04 Thu
twitterfacebook
thumb

J3で10位に終わった藤枝、須藤大輔監督の続投を発表「『藤枝スタイル』を表現したい!」

藤枝MYFCは6日、須藤大輔監督(44)の続投を発表した。 須藤監督は、現役時代は水戸ホーリーホックや湘南ベルマーレ、ヴァンフォーレ甲府、ヴィッセル神戸、そして藤枝でプレー。J1通算45試合6得点、J2通算177試合35得点などを記録。2007年のナビスコカップ(現YBCルヴァンカップ)では得点王にも輝き、2010年に藤枝で引退した。 引退後は山梨学院大学のコーチを務めた後、2018年6月から12月までガイナーレ鳥取の監督を務め、今年7月から退任した倉田安治監督の後任として藤枝で監督に就任した。 今シーズンは明治安田生命J3リーグでチームは10位に終わっていたが、来季も続投が決まった。 須藤監督はクラブを通じてコメントしている。 「藤枝MYFCを支え、応援してくださっている全ての皆様、1年間共に戦っていただき誠にありがとうございました。2021年の目標であるJ2昇格を達成できず大変申し訳ございませんでした。監督交代という難しいシーズンにも関わらず、選手たちは直向きに日々の練習を全うし、全員が同じ方向を向き努力して参りました。そんな選手たちを今一度讃えていただけたらと思います」 「昨日スタジアムで発表させていただきましたが、私須藤大輔は2022年も引き続き藤枝MYFCの監督として指揮をとらせていただく運びとなりました。スポーツの世界、結果が全てだということは重々承知しております。勝利からの逆算で指揮を取らせていただいております」 「ただ、勝つだけが全てではないということも私の理念としてございます。「つまらないサッカーだけど勝つよね」という言葉の違和感が頭の中に反響音として存在しております。勝利至上主義でもあるこの言葉の先には、勝てなくなったら何も残らないというリスクもあるということ。そして私の根底にあるスポーツには全ての人が幸せになるパワーが満ち溢れているということ。だからこそ私は声を大にして【サッカーはエンターテイメント】だという言葉を発しております」 「軽く言わせていただいている訳では全くございません。言葉を発する以上責任が発生することも承知しております。それでも超攻撃的で直向きに走り、仲間の為に闘い、スペクタクルを表現する。観ている方に感動や勇気、希望、非日常空間を感じていただき、心を震わせるサッカーをという『藤枝スタイル』を表現したい!つまらなくても勝てば良いではなく、心を奪われる、そんなサッカーをして勝つという両極を掴み取りたいと」 「簡単ではないですし、「言うのは簡単だよね」と言われることも重々承知の上で、この二極を掴み取り、必ずJ2昇格を成し遂げたいと考えております。不甲斐ない結果で終戦を迎えた2021年のこの悔しさを胸に、一回りも二回りも大きく、強く逞しくなった新生藤枝を是非皆様に表現させていただくべく、情熱と責任を持ち指揮を取らせていただきたいと思います」 「クラブの気概を感じていただき、支えていただきたくご挨拶とさせていただきたいと思います。2022年を達成感と笑顔で締め括れるよう藤枝MYFCと共に歩んでいただきたく思います。何卒よろしくお願い申し上げます」 2021.12.06 12:12 Mon
twitterfacebook
thumb

藤枝、チーム最年長39歳の秋本倫孝が今季退団 「とても良い思い出ができました」

藤枝MYFCは3日、DF秋本倫孝(39)の今季退団を発表した。 チーム最年長の秋本は法政大学を卒業後、2005年にヴァンフォーレ甲府でプロ入り。京都サンガF.C.やカターレ富山、タイ・ホンダFCを経て、2019年から地元クラブの藤枝に活躍の場を移した。 その藤枝では初年度から主力としてプレーを続けたが、今季は明治安田生命J3リーグの最終節を残して1試合の出場のみ。第16節の富山戦を最後に出番なしが続いている。 契約満了に伴い、今季限りで藤枝を去る秋本はクラブを通じて、別れの挨拶をした。 「藤枝MYFCに関わる全ての皆様へ。3年間応援していただきありがとうございました。今年はなかなか試合に出れずとても悔しいシーズンでしたが、毎日自分らしくサッカーを楽しむことができました」 「地元静岡でサッカーができたこと、藤枝の素晴らしいスタジアムで試合ができたこと、とても良い思い出ができました。近い将来にJ2昇格する日が来ることを願っています。ありがとうございました!」 2021.12.03 12:35 Fri
twitterfacebook
thumb

J3藤枝がDF稲積大介、DF森本大貴、GK大杉啓との契約満了を発表

藤枝MYFCは1日、DF稲積大介(24)、DF森本大貴(26)、GK大杉啓(24)との契約満了を発表した。 稲積は兵庫県出身で、滝川第二高校、日本体育大学を経て、2020年に藤枝に入団。2シーズンでJ3通算32試合に出場し2得点を記録していた。 森本は米子北高校から関東学院大学を経て2018年に松本山雅FCへと入団。その後、SC相模原、FCマルヤス岡崎への期限付きを経て、今シーズン藤枝に完全移籍で加入した。J3では通算15試合に出場した。 大杉は静岡学園高校から日本体育大学を経て、卒業後にオーストラリアへ渡り下部リーグでプレー。2020年に神奈川県社会人サッカーリーグ1部の品川CCへと加入し、今シーズンから藤枝に加入した。J3では通算2試合の出場だった。 3選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF稲積大介 「2年間ありがとうございました。まだまだ力不足です。これが現実です!しっかり受け止めてまた成長した姿を見せれるように頑張りたいと思います」 「ファン、サポーターの皆様!このコロナ禍の中、応援もできない中でもスタジアムに足を運んでくれたり陰ながら応援してくれることが自分にとってモチベーションになっていました。本当にありがとうございました」 ◆DF森本大貴 「今シーズンをもちまして、チームを離れることになりました。1年という短い期間でしたが、藤枝MYFCで色々な経験や成長をさせてもらいました。個人的には悔しい気持ちの方が多いですが、それでもどんな時でも応援してくれたファン・サポーターの皆さん、スポンサー様、藤枝MYFCに関わる全ての方々に感謝しています。本当にありがとうございました」 ◆GK大杉啓 「今シーズンをもちましてチームを離れることになりました。プロとして1年間を過ごし、経験豊富なチームメイトや指導者の方々からたくさんのことを吸収することができたと思います」 「ホーム戦での藤枝総合の雰囲気がとても大好きでした。また、遠いアウェイ戦でも太鼓やゲーフラ、手拍子で精一杯応援してくれるファン・サポーターの皆様の姿に心を打たれました」 「このチームで来シーズンもプレーできないのは悔しいですが、より成長してまたお会いできることを楽しみにしております。1年間という短い間でしたが、ありがとうございました」 2021.12.01 12:58 Wed
twitterfacebook
thumb

藤枝、6年在籍の鮫島晃太ら4選手の今季退団発表…「本当に悔しい」

藤枝MYFCは30日にGKシューラー・マテウス(27)、MF鮫島晃太(29)、MF枝本雄一郎(33)、MF清本拓己(28)の今季退団を発表した。 シューラー・マテウスは今季から入団したものの、明治安田生命J3リーグでここまで出番なし。2016年に加入した鮫島は7試合に出場している。 枝本はFC琉球、鹿児島ユナイテッドFCを経て、藤枝に今季復帰したが、出場なし。2019年7月からプレーする清本は7試合1得点を記録している。 今週末の最終節を前に契約満了による今季退団が発表された4選手はクラブを通じて、それぞれ別れの挨拶をした。 ◆シューラー・マテウス 「今シーズンでクラブを離れます。チームメイトやコーチングスタッフから多くのことを学ぶことができた年でした。私はサッカー選手として、そして人として成長することができました。リーグ戦でチームを助けられなかったのは残念です。次のステージで頑張ります。いつも私をサポートし、知識を伝えてくれたシジマールGKコーチに感謝します。また私を歓迎してくれた藤枝MYFCサポーター、スタッフ、そしてクラブに関わる全ての皆様に感謝します」 ◆鮫島晃太 「6年間藤枝でサッカー出来るとは思っていませんでした。プロ初ゴールを決めたのは藤枝でした。本当に嬉しかったのがつい先程の出来事のように思います。藤枝での思い出は本当にたくさんあります。この6年間藤枝のJ2昇格という目標に向かって全力で頑張ってきましたが、今回藤枝を去らないといけないことが本当に悔しいです。これからも藤枝MYFCと僕の事を応援していただけたら嬉しいです! 僕個人的にもまだまだサッカーを頑張って行きたいと思います! 6年間本当にありがとうございました!」 ◆枝本雄一郎 「今シーズンで藤枝MYFCを離れることになりました。J2昇格という目標を達成することできず、残念です。僕個人としても、藤枝に戻ってきてプレーするチャンスをもらえたのに、チームに貢献できなくて本当に悔しい気持ちでいっぱいです。今後は他のチームでプレーするチャンスがあるなら燃え尽きるまでサッカーを続けたいと思います。1年間応援本当にありがとうございました」 ◆清本拓己 「リリースの通り、チームを離れることになりました。藤枝に来てから怪我ばかりでチームに何も貢献できませんでしたが、自分のやれることはやったつもりです。来年藤枝がJ2に昇格できることを心から願っています。2年半応援ありがとうございました」 2021.11.30 13:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly