ノリッジ、昨季リバプールでプレーしたカバクをシャルケからレンタル移籍で獲得!

2021.08.31 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジは30日、シャルケからのトルコ代表DFオザン・カバク(21)の獲得を発表した。移籍形態は買い取りオプション付きのレンタル移籍で、背番号は「15」を着用する。

カバクはガラタサライのアカデミー出身で、2018年7月にファーストチームへ昇格。2019年1月にシュツットガルトへ移籍すると、昨夏にシャルケに完全移籍で加入。

シャルケではセンターバックとしてブンデスリーガ14試合に出場していたが、今冬にセンターバックにケガ人が相次いだリバプールへレンタル移籍すると、公式戦13試合に出場していた。

また、2019年11月にデビューしたトルコ代表では、これまで12キャップを誇り、今夏に行われたユーロ2020のメンバーにも選出されたが、出場機会はなかった。

ノリッジへの加入が決まったカバクは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「ファミリーの一員になれたことをとてもうれしく思っている。ファンの皆さんの前でプレーし、いくつかの点を取ることを楽しみにしているよ」

「ダニエル・ファルケ監督と話をしたが、彼のプロジェクトや彼が僕に言ったことにとても感銘を受けた。彼と彼のプロジェクトを信じている」

「昨年プレミアリーグでプレーしてとても楽しかった。だから、またプレーしたいと思っていたし、そのためにここに来たんだ。プレミアリーグでプレーして、チームに何かを与えたいと思っているよ」

「このジャージを着て、ファンの皆さんの前でプレーするのが楽しみだ。勝利に貢献してファンの皆さんに喜んでもらえるように頑張るよ」


関連ニュース
thumb

スパーズが開幕以来の3連勝! ルーカス&サンチェス初弾にソンが2戦連発!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第15節、トッテナムvsノリッジが5日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが3-0で快勝した。 現在、6位のトッテナム(勝ち点22)は前節、ブレントフォードに2-0の快勝を収めてリーグ連勝を達成。開幕以来の3連勝を目指す今節は降格圏の19位に沈むノリッジ(勝ち点10)をホームで迎え撃った。 コンテ監督は中2日での連戦に向け、体調不良のエメルソンに代えてタンガンガを右ウイングバックに配置した以外、同じメンバーを採用した。 共に新体制移行後、リーグ無敗を継続する両者の一戦はアウェイチームが先にゴールへ迫る。開始3分、右サイドで深い位置を取ったイダーからの折り返しをボックス中央のプッキがダイレクトでシュートするが、これはGKロリスの好守に遭う。 一方、この直後に古巣初対戦のスキップが中央突破から最初の枠内シュートを放ったトッテナムは、2本目の枠内シュートをゴールに結びつける。10分、バイタルエリア中央でダビンソン・サンチェスから足元にパスを受けたルーカス・モウラが鮮やかなターンからソン・フンミンとパス交換し、前向きな状態でペナルティアーク付近に運んで右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左上隅の完璧なコースを射抜いた。 ルーカスの今季リーグ戦初ゴールとなる弾丸ミドルシュートで幸先よく先制に成功したトッテナムだが、以降は後方から丁寧にボールを動かすノリッジにボールを握られて反撃を許す展開に。さらに、20分過ぎには試合前からハムストリングに不安を抱えていたと思われるレギロンがプレー続行不可能となり、セセニョンがスクランブル投入される。 前半半ばを過ぎてコンテ監督から守備面の修正が入ったか、前線からの圧力を強めて相手のプレーにようやく制限をかけられるようになったホームチームは、試合の主導権を掌握。3トップの連携やセセニョンの縦への仕掛けを軸に、カウンターからチャンスを作り出していく。 29分にはボックス中央でソン・フンミンからの折り返しに反応したケインのワンタッチシュート、39分にはルーカスのスルーパスに抜け出したケインが前に飛び出したGKクルルのポジションを確認してミドルループでゴールに迫ったが、いずれも枠に飛ばすことができず。試合は1-0のスコアで折り返した。 後半もボールを握られる形となったトッテナムは、背後を積極的に狙うイダーの対応にやや苦戦。59分にはボックス内でのプッキのシュートをゴール前のイダーに触られてあわやというピンチを招くが、これは枠の左に外れる。 展開を考えれば、早い時間帯に2点目を奪って試合を決めたいトッテナムは62分にタンガンガを下げてドハーティを右のウイングバックに投入。この交代で左偏重の攻撃のバランスを修正する。 65分にはペナルティアーク付近でパスを受けたケインがバランスを崩しながらも左足の鋭いグラウンダーシュートを枠の右下隅へ飛ばすが、これはGKクルルのビッグセーブに遭う。だが、このプレーで得た右CKの場面でキッカーのソン・フンミンが右足アウトスウィングのボールを入れると、ニアでベン・デイビスが頭で触ったボールが中央の相手DFに当たってこぼれると、これをサンチェスが冷静に右足で蹴り込んでルーカスに続く今季リーグ戦初ゴールとした。 この2点目で勝利に大きく近づいたトッテナムは気落ちするノリッジを相手に畳みかける攻めを見せていく。ホイビュルクやケインが相手GKクルルを脅かすシュートを見せると、決定的な3点目を奪い切る。 77分、右サイド深くでドハーティが鋭角にマイナスへ折り返したボールをベン・デイビスが回収。スキップとのワンツーでそのままボックス内へ侵入したベン・デイビスが中央のソン・フンミンへ繋ぐと、右への持ち出しでDFを外した韓国代表が右足のシュートをゴール左隅へ突き刺し、2試合連続ゴールとした。 その後、殊勲のルーカスを下げてベルフワインを最後のカードとして切ったトッテナムは、試合終盤にかけてアウェイチームの攻勢に晒されたが、相手の決定力不足にも助けられてこのまま3-0で試合をクローズ。 下位に沈むノリッジ相手に完勝のトッテナムが開幕以来のリーグ3連勝を飾り、暫定5位に浮上している。 2021.12.06 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「一体何をしているんだ?」レジェンドも呆れる愚行、最下位なのに開始10分で一発退場に「狂気だ」

クラブのレジェンドも流石に苦言を呈さざるを得なかった。 問題が起きたのは30日に行われたプレミアリーグ第14節のニューカッスルvsノリッジの一戦だった。 未勝利で最下位のニューカッスルと、19位のノリッジの対決。ボトム2の最下位を争う対決は、1-1のドローに終わっていた。 問題のシーンは前半10分に訪れた。0-0で迎えた中、ノリッジがスローインからボールを繋ぐと、フィンランド代表FWテーム・プッキばドリブルで持ち出し、GKと一対一の局面を迎えようとしていた。 すると、ニューカッスルのDFシアラン・クラークがプッキの手を掴み倒すと、これはDOGSOを取られ、主審も迷わずレッドカードを提示していた。 今季初勝利を懸けた戦い、さらに勝ち点差3の下位同士の対決とあって、とても重要な一戦だったが、たった10分で数的不利に陥らせてしまったクラーク。ニューカッスルのレジェンドとして知られる元イングランド代表FWアラン・シアラー氏は、『アマゾン・プライム』の中継でコメンタリーを務めていたが、あり得ないファウルに呆れた様子を隠さなかった。 「一体何をしているんだ? 我々は個人のミスについて話している」 「最初にプッキにボールを渡したところだが、まだ試合の序盤だから放っておけば良い。もし彼が得点したとしても、まだ挽回のチャンスはある。あの時、シアラン・クラークがテーム・プッキを引き倒したのは、とても愚かな判断だった」 「これが最初のミスだ。彼は一体何をしているのだ? 彼が行かなければいけなかったのならだ、行かせてあげれば良い」 「1-0から11人で立ち直る時が来た。主審は選択の余地がなく、絶対に正しい判断だった。狂気だ」 このプレーには、元ニューカッスルのFWレス・ファーディナンド氏も「狂ったような反応だった」と酷評。誰が見ても明らかな愚かなファウルだった。 <span class="paragraph-title">【動画】レジェンドも呆れる愚かすぎるファウル</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jPnv60f3plI";var video_start = 6;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.01 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

カリスマ料理研究家のノリッジオーナーがボトム対決で…まさかの寝落ち「この試合のハイライト」

観戦者が眠ってしまうほどの試合内容だったのだろうか。 イギリスでは知らぬ者なしとまで言われるカリスマ料理研究家デリア・スミス女史(80)。サッカーファンの間でもノリッジの共同オーナーを務めていることで知られている。 そのスミス女史は、ノリッジのアウェイゲームに来訪。11月30日に行われたプレミアリーグ第14節、エディ・ハウ新監督率いる最下位ニューカッスルvsディーン・スミス新監督率いる19位ノリッジという、新たな指揮官同士の一戦を観戦に訪れた。 開始10分で退場者を出したニューカッスルを相手に先制を許したノリッジだったが、79分にフィンランド代表FWテーム・プッキのボレーで追い付く。数的優位を生かし、さぁここからという場面だったが、カメラがとらえたのはなんと試合中に目を閉じるスミス女史の姿だった。 疲労が溜まっていたのか、試合が退屈だったのかは定かではないが、ファンはここぞとばかりに反応。「この試合のハイライト」、「少し昼寝をしているだけ」、「いいゲームだったみたいね」など、大いにいじられることとなった。 結局、逆転ゴールを奪うことはできなかったノリッジ。オーナーを満足させるには至らなかったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ノリッジのオーナーが試合中に寝落ち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wake up, Delia, this one isn&#39;t over yet!<a href="https://twitter.com/hashtag/PLonPrime?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PLonPrime</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/NEWNOR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NEWNOR</a> <a href="https://t.co/7IXVahylUg">pic.twitter.com/7IXVahylUg</a></p>&mdash; Amazon Prime Video Sport (@primevideosport) <a href="https://twitter.com/primevideosport/status/1465792043452665868?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.01 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ノリッジがディーン・スミス監督を招へい! アストン・ビラ解任から1週間のスピード就任

ノリッジは15日、ディーン・スミス氏(50)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2024年夏までの2年半となる。 ノリッジでは先日、2017年夏から指揮を執っていたダニエル・ファルケ監督が解任となった。昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)を制覇し、1年でのプレミアリーグ返り咲きを果たしたが、今季はここまで1勝2分け8敗の最下位に低迷していた。 一方、ディーン・スミス監督もまた、2018年10月に就任したアストン・ビラをプレミアリーグ昇格に導いていたが、今季は夏の大型補強も実らず、ここまで3勝1分け7敗という成績で解任に。 その解任発表からわずか1週間でのスピード就任となった50歳指揮官は、チームのプレミアリーグ残留を目標に掲げ意気込みを語っている。 「目まぐるしい7日間だったが、ノリッジを指揮し、プレミアリーグに戻ってこれてとても嬉しく思う」 「この4年半の間に、このサッカークラブには素晴らしい成果を上げたのは間違いない。これからはプレミアリーグで生き残ることを究極の目標として、その仕事を継続し、改善していくことが、私とクレイグ(シェイクスピア)の仕事だ」 「ノリッジ・シティはビッグクラブであり、クラブやコミュニティの一員であることの意味を十分に理解している筋金入りのサポーターたちがいる」 「私はノリッジがヨーロッパで活躍していた時代に生まれ育ったが、その頃のことはよく覚えているし、キャロウ・ロードやノリッジを訪れるたびに、ファン、スタッフ、選手の間のつながりを実感する。我々全員が協力して、キャロウ・ロードをビジターチームにとって本当に厳しい場所にしなければならない」 2021.11.15 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位ノリッジのディーン・スミス招へいが決定的に! 2年半契約にサインへ

ノリッジ・シティのディーン・スミス氏(50)招へいが決定的となった。 イギリス『スカイ・スポーツ』など複数の現地メディアが伝えるところによれば、ノリッジとスミス氏は13日午前に2024年6月までの2年半の契約で口頭合意。また、契約に必要な手続きもほぼ完了しており、14日か週明けの15日にも公式にアナウンスされる見込みだという。 昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのノリッジだが、今シーズンのプレミアリーグではここまで1勝2分け8敗の最下位に低迷。6日に行われた第11節のブレントフォード戦では待望の今シーズン初勝利を挙げていたが、直後にダニエル・ファルケ監督を解任していた。 その後任人事に関しては、昨シーズン途中までチェルシーを指揮していたフランク・ランパード氏が有力候補に浮上も、最終的に話し合いは決裂。これにより、クラブはもう一人の候補とされていたスミス氏に一本化していた。 2018年に指揮官に就任したアストン・ビラをプレミアリーグ昇格に導いたスミス氏は、以降2シーズン1部残留に導いていたが、今シーズンはエースMFジャック・グリーリッシュの売却資金を元手に積極補強を敢行した中、3勝1分け7敗の16位に低迷。とりわけ、直近の5連敗という泥沼の状況を受け、今月7日に解任されていた。 なお、スミス氏率いる新生カナリーズの初陣は20日にホームで行われるサウサンプトン戦となる。 2021.11.14 08:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly